高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:スパイフォール / Spyfall

質問重ね"状況知らず"を炙り出す
スパイフォール / Spyfall
メーカー: Hobby World (ホビーワールド, ロシア), 発行年: 2014年
国内版発売元: ヘムズユニバーサルゲームズ, 国内版発行年: 2016年
作者: Alexander Ushan (代表作:アレクサンダー・ウスハン)
13才~大人, 3~8人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2016年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
スパイフォール(日本語版):箱

『スパイフォール』は、他全員が知っているのに、秘密裏に割り当てられるスパイ役の1人だけが知らされていない「カジノ」「飛行場」などの〈今回の場所〉について、全員で指名形式の質問をしながらそのスパイをあぶり出そうとするゲームです。

スパイフォール(日本語版):展示用写真

毎回、ゲームを遊ぶたびに、「カジノ」や「飛行場」など、同じ〈場所〉カードが束になって分けられているチャック袋30個の中から、ランダムで1つだけを選び、表側を見ないようにして各自に1枚ずつ配ります。

スパイフォール(日本語版):カード束

全員に同じ場所のカードが配られているかと思いきや、あらかじめ1枚だけ混ぜられている〈スパイ〉カードを受け取ってしまった人だけは、今回のお題である〈場所〉が判りません。

さあ、全員でこの〈お題知らず〉のスパイをあぶり出していきましょう。
1人ずつ、自分の番が来たときに怪しいと思う人を指名し、この場所についての質問をします。例えば、「ここに始めて行ったのはいつごろかな?」「ここで使うお金ってどのくらい?」といった具合です。

スパイフォール(日本語版):状況群

これらの質問内容や、質問の答えによっては、スパイにお題の場所を悟らせてしまうかもしれません。自分はちゃんとお題を知っていることを伝えつつ、スパイにはお題を悟らせないような質問や回答を心掛けましょう。
お題の場所にそぐわないようなおかしなことを言った人には、より多くの質問が浴びせられるかもしれません。

こうして、制限時間内で質問と回答を続けていきながら、途中で1人1回のチャンスを使って疑わしい人を指名して票を集め、もし全票一致だったら、その疑われた人の真偽を確かめる勝負に出ます。さて、その人は本当にスパイだったのでしょうか…?

慣れてきたら、うまく勝った陣営に入る得点をゲームを繰り返すたびに累計していって個人得点を競ってみたり、各お題カードに個別に記されている〈役割〉を演じることで、さらに深みのある質問と回答が楽しめるでしょう。

ここがオススメ: 「お題を知っている人には解る」ギリギリの線での質問や回答の妙が楽しいゲームです。 お題を知らされていないスパイ役は、他の人たちがやりとりする質問と回答をヒントに、うまく口裏を合わせなければなりません。かなりハードです。顔が硬ばって冷や汗が出そうになります。また、各自、少しずつお題に対する知識や感じ方の個人差があるため、誰もが怪しく思えてとても盛り上がります。
手軽に楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/17(火) 22:00:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

すごろくやゲーム大賞2016発表:コードネーム

「すごろくやゲーム大賞2016」の発表です。

すごろくやゲーム大賞2016ロゴ

「すごろくやゲーム大賞」は、2005年の開業準備の段階から毎年選んでおり、当初はお店でお客さんに「実は昨年度のすごろくや大賞はこれなんですよ」といった形式でお伝えしていました。書籍『ボードゲームカタログ 201』にも掲載しています。

大賞の選考基準は、次のような4つの柱を軸とし、お店での紹介やゲーム会、イベントなどで実際にいろんな方に遊んでいただいた経験を基にして独自に選んでいます。

  • すごろくやで取り扱いがある(あった)。
  • より多くの人が楽しめる大衆性がある。
  • 面白さにゲーム作りを牽引するような新しさや独自性がある。
  • 商品として成り立っており、その位置付けに新しさがある。

遊ぶ人を選ぶような、難しい手順を踏むようなゲームであっても、突出した面白さや新しさを優先することもあります。

これまでの受賞タイトルは次のようなものでした。

昨年2016年の、すごろくやが選ぶベストゲーム「すごろくやゲーム大賞2016」は、『コードネーム / Codenames (発行元:チェコ共和国 Czech Games Edition社 / 国内発売元:ホビージャパン)』です!

コードネーム(日本語版):箱

『コードネーム』は、全員が2チームに分かれ、それぞれのリーダーが、場のカード25枚の名詞群から特定のものだけを一度により多くチームメイトに当てさせるべく、その当ててほしい何枚かに共通する連想ヒントを捻り出して伝えるゲームです。

コードネーム(日本語版):展示用写真

語彙の豊富さや、他者の心情・理解度への洞察を必要とすることから、最低14才と対象年齢のハードルは高いものの、ルールはシンプルで、似たような言葉の中から一部だけを連想させるための「言葉を濾過する言葉」が悩ましい、抽象思考を遺憾なく発揮できる新しい仕組みを設けている点、そして、対象人数の幅は2〜8人と広く、例えうまくいってもいかなくても盛り上がり、何度もいろんな人とチーム構成を変えながら、ぜひヒントを出すリーダーをやってみたい!と思わせる、「繰り返し遊びたい欲」を発揮させる点を評価し、大賞とさせていただきました。

残念ながら、2017年1月15日現在は品切れとなっています。春ごろの再入荷を予定しています。

ヒントで25語内の部分集合を導く

コードネーム (日本語版) / Codenames

14才以上,2〜8人用, 所要15分 , 解読難度:★★ 確認/購入

なお、次選(最終候補3タイトルと準候補18タイトル)は次のようになっています。

【 最終候補 】

協力し賽の印で食材升目を埋める

マウスマウス(ムムムッ!) / Mmm!

5才以上,2〜4人用, 所要15分 , 解読難度:★☆ 確認/購入

ルール補足付き

交換/強奪有りの悪賢い遺品競売

リッチモンド貴婦人 / Lady Richmond: Ein erzocktes Erbe

8才以上,2〜5人用, 所要30分 , 解読難度:★★ 確認/購入

質問重ね"状況知らず"を炙り出す

スパイフォール / Spyfall

13才以上,3〜8人用, 所要15分 , 解読難度:★☆ 確認/購入


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2017/01/16(月) 21:51:54|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:コードネーム / Codenames

ヒントで25語内の部分集合を導く
コードネーム / Codenames
メーカー: Czech Games Edition (チェコゲームズ, チェコ共和国), 発行年: 2015年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2016年
作者: Vlaada Chvátil (ヴラーダ・フヴァチル, 代表作:『スルー・ジ・エイジズ』『ギャラクシートラッカー』など多数)
14才~大人, 2~8人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2016年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
大賞受賞
ドイツ 2016年
ファン投票賞 (Deutscher Spiele Preis)
第2位
すごろくやゲーム大賞ロゴ すごろくやゲーム大賞
2016年 大賞受賞
コードネーム(日本語版):箱

『コードネーム』は、全員が赤青2チームに分かれ、赤青それぞれのリーダーが、場のカード25枚の名詞群から特定のものだけを一度により多くチームメイトに当てさせるべく、その当ててほしい何枚かに共通する連想ヒントを捻り出して伝えるゲームです。

コードネーム(日本語版):展示用写真

赤スパイと青スパイの2チームに分かれて戦います。

各チームから「スパイマスター」と呼ばれるリーダー1人ずつを選び、この2人だけが自立型の「スパイ分布」カードを見られる位置につきます。

この、毎回ランダムで選ばれる「スパイ分布」カードには、場に5×5のマス状にカードで用意された、暗号(コードネーム)で表わされた25人のスパイそれぞれについて〈赤青どちらのチームか〉という区別が示されています。

コードネーム(日本語版):セットアップ後

写真でいうと、コードネーム「エンジン」や「ピアノ」は赤スパイですし、コードネーム「サメ」や「救急車」は青スパイです。

リーダーは、この「スパイ分布」に従って、連想ヒントで自チームのコードネームをメンバーに当てさせ、相手チームよりも先に自チームのスパイを全員特定させることを目指します。

チーム交互に番が回ってきます。リーダーは、25個のコードネームをよく見た上で、「これしか該当しないはず」のつもりで、「演奏会」などの連想ヒントを〈ひとこと〉で出し、メンバーに当ててもらいます。

その連想ヒントを聞いたメンバーが指したカードが、もし自チームのものなら、自チームの色タイルがそこに被せられます。しかし、それが〈ただの一般人〉だったり、さらには相手チームのものだったりすると、貴重な機会を使ったのにも拘らず、相手を有利にしてしまいます。

そして、特に気を付けなければならないことが2つあります。

1つは〈暗殺者〉です。
暗殺者は、スパイ分布カード上で〈黒い×〉で示されており(写真では「タイ」)、このコードネームを連想させてしまうと、問答無用でそのチームは負けになってします。

もう1つは、「タカで、2枚。」というように、複数を当てられるような連想ヒントとその枚数を示せることです。 これにより「1枚ずつ確実に当てていけばいいさ。」が通用しません。とはいえ、複数当てを狙ったために、連想当てがズレてしまい、暗殺者や相手チームのスパイを当てさせてしまうようなことは避けなければなりません。

この、「特定のものは除外した上で複数の言葉を当てられるような連想ヒントの捻り出し」がこのゲームのいちばんの魅力です。

こうして、交互に番を行なっていきながらゲームを続けていき、いち早く自チームのスパイを全員特定、つまり、自チームの色タイルをすべて使いきったチームが勝ちです。

ここがオススメ: シンプルなルールで、大人ならではの語彙を活かし、うまく当てさせるための連想ヒントを捻り出したり、思いもよらないような連想で盛り上がったりするのが楽しいゲームです。特定の言葉には該当しないような複数の連想ヒントを捻り出すのはかなり難しく、それゆえにうまく当ててもらったときの嬉しさはひとしおです。
短時間でじっくり楽しめつつも盛り上がる、大人向けとして超おすすめのゲームです。

言葉の代わりにイラストカードで遊ぶ、姉妹品の『コードネーム・ピクチャーズ』もあります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/16(月) 21:51:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁
次のページ