高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:チャオチャオ / Ciao, Ciao...

出目を自己申告するウソ付き双六
チャオチャオ / Ciao, Ciao...
メーカー: Drei Hasen (ドライハーゼン, ドイツ), 発行年: 2013年 (原版1997年)
国内版発売元: メビウスゲームズ, 国内版発行年: 2013年
作者: Alex Randolph (アレックス・ランドルフ, 代表作:『ハゲタカのえじき』『ガイスター』など多数)
8才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

チャオチャオ(2013年版 日本語版):箱

『チャオチャオ』は、自分だけがサイコロの結果を見て、出目の自己申告によって自分のコマで橋を渡っていきながら、都合が悪いときにウソを織り交ぜてやり過ごしたり、人のウソを見破って穴に落としたりするゲームです。

チャオチャオ(2013年版 日本語版):展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、筒の中でサイコロを振ってその結果を自分だけ確認し、出た目を他の人たちに伝えます。出目が1・2・3・4のどれかならそのまま自分のコマを進められますが、×印だと食虫植物の穴に落ちなければなりません。「あー、2でした」などとウソをついてコマを進めましょう。

ところが、他の人に怪しまれると「ウソだ!」と告発されてしまいます。
告発した人と、された人。真実を確かめ、間違っていた人のコマが、穴に落とされてしまいます。チャオ(さようなら)…。 自分のコマが穴に落ちたら、手持ちの新しいコマで橋のたもとからやりなおしです。

こうしてゲームを続けていき、先に誰かのコマ3つが橋を渡りきったらゲーム終了。渡った時の得点合計が一番高い人が勝ちです。

ここがオススメ: ブラフ(自信ありげなウソ)系ゲームの名作です。それは明らかにウソだろう、という状況になったときに、誰が告発するかの押し付け合いが盛り上がります。 あと少しで橋を渡れそうな人ほど、ここまで来て落とされたくないと考えるために、告発しづらくなってしまうのです。それを逆手に取ってあえて強気のウソを通したり、ウソっぽい演出で本当のことを言って告発を誘ったりするなど、いろいろな作戦が考えられるでしょう。
手軽に心理戦が楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2006/06/29(木) 21:47:49|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/140-ad39199d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)