高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介: ブラフ / Bluff

ハッタリ重視のサイコロ出目予想
ブラフ / Bluff
メーカー: Ravensburger (ラベンスバーガー, ドイツ), 発売年: 2009年(原版1987年)
作者: Richard Borg (リチャード・ボーグ, 代表作: 『バトルロア』など)
12才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

ドイツ 1993年
ゲーム大賞(Spiel des Jahres)
大賞受賞

ブラフ:展示用写真

『ブラフ』は、各自が、自分用のサイコロ5個を振ってこっそり確認した出目情報を元に、全員分の出目を予想して、1人ずつウソを混ぜながら出目に応じた総個数を吊り上げていき、告発で勝負するゲームです。

まず始めに、各自、自分のカップに5個のサイコロを入れて振ります。

ブラフ:自分の出目を確認 それぞれ、自分のカップ内のサイコロの出目を確認します。
☆は、どの目としても数えられるジョーカーのような目です。

ブラフ:他の出目を予想する これで準備完了です。
他のカップ内のサイコロを想像し、どの目がいくつあるのか、時計回りで予想していきます。

ブラフ:予想を示す 予想は、ゲームボード上の赤サイコロが示す数字で行ないます。
この写真の例では、「3が4個はある。」と予想しました。自分のカップ内には、3が2個と、☆(何にでも数えられる)が1個ありましたので、4個というのは妥当です。

次に予想する人は、必ずこれまでよりも、個数や目の数を大きくしていかなければいけません。
なので、いつかは自分でも「ないかもなぁ」と思うような予想を示す必要があります。 例えば「3は10個ある!」というように。

それを聞いた次の人が、どう考えても怪しいと思えば「ブラフ(ウソだ)!」と宣言し、全員のカップを開けます。もし言うとおりウソだった、また逆にウソではなかったら、ミスした方のサイコロが減らされます。もし1個も無くなったらゲームから抜けます。

こうして、少し減ったサイコロでまた最初からやりなおす、を繰り返すことで次々に脱落していき、最後の1人になったら勝ちです。

ここがオススメ: 出目が見えるサイコロは自分のだけ。他の人の出目は判らないので、人が言った合計予想を参考にするのですが、これを利用したウソ予想で情報操作を行なって、場を混乱させたり、それを見抜くのが楽しい、シンプルだけど大人専用という、超おすすめのゲームです。
確率を考えるのはそれなりに大事ですが、それを上まわる強気のウソが勝利につながります。

ブラフ日本語版:箱

日本語版: 輸入元:カワダ社,販売元:アークライト社による日本国内流通版が2017年6月に発売になりました。メーカーはこれまで同様ドイツのラベンスバーガー社ですので、内容物は同じものです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事

  1. 2006/07/10(月) 21:38:12|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/151-03b40fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

調布ゲームデザイン会(前編)

 本日は調布でゲーム会。いつものようにパルコの地下で昼食を買い、ディスカウントストアでお菓子とドリンクを買ってしゃこ宅で行き、お昼を食べてからゲーム開始。
  1. 2010/02/16(火) 10:24:45 |
  2. 土屋つかさの今か無しか

ゲーム会

 土曜日はお友達の家でゲーム会でした。13時に集合してお友達のマンションに移動、昼食を食べつつ遅刻のメンバーを待ちます。今日は5人。
  1. 2010/02/22(月) 17:22:11 |
  2. 土屋つかさの今か無しか