高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ダンシングエッグ / Eiertanz

ゴム卵を体のあちこちで挟み持つ
ダンシングエッグ / Eiertanz
メーカー: HABA(ハバ, ドイツ), 発売年: 2013年(原版2003年)
作者: Robert Fraga (ロベルト・フラガ, 代表作: 『言うとおり描いて!』『ふくろのネズミ』など)
5才~大人, 2~4人用, 所要約15分, ルール難度:★☆(1.5)

ダンシングエッグ(2013年新箱版):箱

『ダンシングエッグ』は、サイコロが指示するさまざまなアクションでゴム製のタマゴを獲得しつつ、それを落とさないよう、上手に体のあちこちに挟み持つゲームです。

ダンシングエッグ(2013年版):展示用写真

1人ずつ、代わりばんこにアクションサイコロを振り、「予測不可能な跳ね方をする、机で跳ねさせてキャッチ」や「早く机の周りを走る」、また「大声で鳴く」と微妙に絵柄の異なる「声を出してはいけない」など、さまざまな指示を達成できた人が、箱からタマゴを獲得していきます。

ダンシングエッグ:遊戯中

しかし、また別のサイコロに指示によって、もらったそのタマゴを、体のどこで持つのかが決まります。「あごの下で」「わきの下に」「ひざの間に」など、その後のアクションが辛くなるようなものばかりです。


こうしてゲームを繰り返していき、誰かがひとつでもタマゴを落としてしまったらゲームは終わりです。持っているタマゴの得点を数えて、いちばんの人が勝ちです。

ここがオススメ: みんながタマゴをいろいろな場所にはさんで持ったまま、ぎこちなくアクションをこなす様子がとてもおかしくて笑いを誘う、お友達や家族で盛り上がれるお勧めのゲームです。

ダンシングエッグ:日本語説明書の表紙

すごろくやオリジナル説明書付 代理店提供の説明書には、「タマゴ泥棒」などいくつかの要素が抜けているため、オリジナルルールにそった形で当店が制作した説明書をお付けしています。


2013年の新箱版: オリジナル(2003年)のパッケージはかわいい本物の紙製卵ケースだったのですが、2013年の新箱版で、頑丈な四角い箱にすべての内容物がゴロンと入っている仕様に変わりました。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2010/07/29(木) 13:42:19|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/1563-910c888b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)