高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ジャジャーン! / Tadaaam!

2人が半分ずつ描いた絵を当てる
ジャジャーン! / Tadaaam!
メーカー: Repos Production(レポズ, フランス), 発売年: 2010年
作者: Friedemann Friese (フリーデマン・フリーゼ, 代表作:『電力会社』など) & Marcel-André Casasola Merkle (マルセル=アンドレ・カサソラ・メルクル, 代表作:『フェレータ』など) & Andrea Meyer (アンドレア・マイヤー, 代表作『リンク』)
8才~大人, 4~9人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

ジャジャーン!:箱

『ジャジャーン!』は、1人がお題の右半分だけを描き、もう1人がその左半分を描いて、第三者にお題を当ててもらうゲームです。

ジャジャーン!:展示用写真

「マウス」や「うし」「ホーマー・シンプソン」など、難易度に応じた8種類のお題が書かれたカードが110枚、つまり880問のお題が用意されています。

今回の難易度を決めたら、全員、自分のカードでお題を確認します。さあ、各自、手元にあるボードを左側の扉を閉じて、お題の右側半分だけをペンで描きましょう。

何人かが「できた!」と言ったら、そこでストップ。全員、お題カードと扉を閉じたボードを左隣に渡し、右半分がどう描かれたかは判らないまま、「きっとこう描いているはず」と察して、今度はその人が左半分を描きます。

同じように、何人かが「できた!」と言ったら、そこでストップ。答え合わせです。

ジャジャーン! 絵を描いたペアごとに、どういう絵を描いたのか、扉を開いて発表します。
他の人たちは、それがいったい何なのかを、早いもの勝ちで1問だけ答えます。うまく正解できれば、その人と描いたペアに得点が与えられます。

こうしてゲームを続けていき最高得点を目指します。
自分たちで問題を作り合うミニボードを使うルールや、ルーレットによって無理難題の制限が掛かる上級ルールなどもあります。

ここがオススメ: 「きっと普通はこう描くはず」と信じて、まったく噛み合わないものを描いていたり、奇跡に近いような絵を描くことができたりと、発表した後の品評会で盛り上がる、家族や友だち同士でお薦めのゲームです。
難易度は少し高目くらいが良いでしょう。カードに貼って日本語化させるシール付きです。

すごろくや監修: 説明書とお題880問をすごろくやで監修させていただきました。誰も知らないようなお題がないように、難易度を踏まえつつ楽しく遊べるようにしたつもりです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


[2012-03-22追記:] メーカー絶版とのことです。

関連記事
  1. 2010/10/14(木) 22:34:19|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/1635-c13d5146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)