高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:交易王 / Handelsfürsten

相場の流行りを鑑みて商材を準備
交易王 / Handelsfürsten
メーカー: Pegasus Spiele (ペガサス, ドイツ), 発売年: 2009年(原版は2007年)
国内版発売元: ニューゲームズオーダー (日本), 国内版発行年: 2014年
作者: Reiner Knizia (ライナー・クニツィア, 代表作: 『ケルト』『インジーニアス』など多数)
12才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

交易王(ニューゲームズオーダー版):箱

『交易王』は、6種類(色)の交易品を取捨選択しながら、なるべく自分だけ高値で売却できるように、カードによって相場価格を塗り替えていくゲームです。

交易王(ニューゲームズオーダー版):展示用写真

16世紀の貿易商となって、木綿や銅、胡椒などの商材を仕入れて高値で売りさばき、一番の大金持ちを目指しましょう。

1人ずつ代わりばんこに番が回ってきます。誰かが、手札から何か1色のカードを出して場の相場を塗り替えると、(その人だけではなく)全員に、その色の商材(キューブ)を持っている分だけ、相場(=その色が見えている枚数)に応じた金額が支払われます。
このため、各自、色の流行り廃りを考えて、前もって手持ちの商材を入れ替えておかなければなりません。

もし、他の人が持っていない商材をいくつか、色を揃えて用意し、その色の相場をいっきに塗り替えることができれば、自分だけ大量の報酬が得られることになります。
しかし、ライバルたちは、その後、その色の相場カードを塗り替えてしまうでしょうから、彼らの番の間にまったく報酬が得られない、ということになるかもしれません。

お金が溜まってくると、有利な「持てる商材が増える」「手札補充に有利」「商材交換に有利」「報酬が余計に貰える」といった権利カードを購入することができます。状況を鑑みつつ、無駄な出費をしないように上手に購入していきましょう。

こうしてゲームを続けていき、補充用の山札がなくなったらゲーム終了、もっともお金を多く持っている人が勝ちです。

ここがオススメ: とてもシンプルなルールながら、ライバルたちの商材の準備具合や手札の枚数、色ごとのこれまで使われた枚数、そして所持金状況などを鑑みつつ、ここぞというタイミングで自分だけ連続して大量に稼ぐ計画を練るのが楽しい、緻密な戦略好きの大人にお薦めのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2011/01/23(日) 21:50:57|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/1759-57f79a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)