高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ボーナンザ / Bohnanza

取り引きで豆を集め、育てて収穫
ボーナンザ / Bohnanza
メーカー: AMIGO (アミーゴ, ドイツ), 発売年: 1997年
作者: Uwe Rosenberg (ウヴェ・ローゼンベルク, 代表作:『ボーナンザ』『アグリコラ』など多数)
12才~大人, 3~5人用, 所要45分, ルール難度:★★(2)

ドイツ 1997年
ゲーム大賞(Spiel des Jahres)
候補(Auswahlliste)

ドイツ 1997年
アラカルト・カードゲーム賞 第1位
(á la carte Kartenspielpreis)

ボーナンザ(日本語版):箱

『ボーナンザ』は、各自、手元に同種豆カードを重ねる〈畑〉を設け、山札からのランダム入荷や手札を材料に全員で自由に相談して様々な豆を取り引きし、より多く重ねてから売却することでの高収入を競うゲームです。

ボーナンザ:展示用写真

ボーナンザ:8種類の豆カード 豆のカードはインゲンや大豆などの8種類があります。

ボーナンザ:行動1 時計回りで1人ずつ手番を行ないます。

ボーナンザ:行動2 1. 手札から豆を出して、自分の畑に蒔き(重ね)ます。

ボーナンザ:行動3 2. 山札からめくり、豆を入荷します。

ボーナンザ:行動4 3. 入荷した豆を元にして、他の人と豆を取り引きします。欲しい豆を貰い、要らない豆を譲ります。

ボーナンザ:行動5 4. 取り引きした豆を、畑に蒔きます。

ボーナンザ:行動6 5. 手札に豆カードを補充します。

ボーナンザ:価値の違い 畑で育てた豆は、いつどんな時でも収穫してお金に換えられます。
枚数の少ない豆種はより高く売れ、たくさん出回っている豆種は安いお金で売られます。

こうしてゲームを進めていきますが、このゲームの本当の特徴は以下の3つです。

  1. 豆を育てるための畑は2つしかありません。新しい豆を蒔こうと思ったら、すでにある豆を売るか、捨てなければなりません。
  2. 手札カードの順番を、絶対に変えてはいけません。取り引きの時に、手札からカードを抜くのは構いません。
  3. 豆を換金する時には、収穫した豆カードを裏向きにして「お金」に変えます。つまり、収穫されると、豆カードがどんどん減っていきます。
山札が3回なくなったら終了です。 お金が一番多い人が勝ちです。

ここがオススメ: 畑が2個しかなく、また手札カードの順番が変えられないので、否が応でも不要なカードを他の人に譲りたくなる所がポイントです。このため、活発な取り引きが起こり、さらに「タダでもいいから貰ってくれませんか?!(やや半泣き)」といった取り引きまでもが起こる楽しいゲームです。 ゲームが進むに従って減っていく豆カードの相場を見極めて、上手に取り引きを行ないましょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:取り扱いリストで確認/購入]
関連記事

  1. 2006/07/30(日) 23:55:47|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/179-41962c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)