高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:サバイブ! / Survive

沈みゆく島から島民を脱出させる
アイランド (旧名:サバイブ!) / Survive: Escape from Atlantis!
メーカー: Stronghold Games (ストロングホールドゲームズ, USA), 発売年: 2012年 (原版1982年)
作者: Julian Courtland-Smith (ジュリアン・コートランドスミス, 代表作:『サバイブ!』)
8才~大人, 2~4人用, 所要60分, ルール難度:★★(2)

アイランド:箱

『アイランド』は、徐々に沈みゆく伝説の島アトランティスから、自分の色の島民を脱出させ、鮫や海龍などが迫る危険な海を渡って避難することで得点を競う、パニック映画テイストのゲームです。

サバイブ!:展示用写真

海底火山の噴火により、伝説の島アトランティスは今まさに沈もうとしています。
1人ずつ代わりばんこに、

  1. 島民やボートを3アクション分移動させる
  2. 低い方から(平地→森林→山岳)陸地タイルを取り除く
  3. サイコロで指示された海獣を動かす

を繰り返していき、より多くの自分の島民を、ボードの四隅にある島に避難させることを目指します。

サバイブ!:紹介シーン#1 島からの脱出

めいめい、沈みゆく島からボートや泳ぎで島民の脱出を図ります。


サバイブ!:紹介シーン#2 クジラ

なるべくなら、安全で移動能力の高いボートで避難島まで行きたいところですが、ライバルはクジラを使ってドッバーン!とボートを破壊し、乗組員を海に落としてしまいます。


サバイブ!:紹介シーン#3 サメ

海に落ちれば、ライバルはサメを近づかせ、泳いでいる人を食べようとします。


サバイブ!:紹介シーン#3 海龍

海龍を動かせば、動きが遅いものの、ボートであろうが泳ぎ手であろうが一飲みにしてしまいます。


サバイブ!:紹介シーン#5 上陸

うまく難を避けて避難島に上陸できればもう安全です。


サバイブ!:紹介シーン#6 アクションタイル

自分で場所を決めて取り去っていく島のタイルには、「サメ登場」「クジラ撃退」「海龍ジャンプ」など、さまざまな効能がありますので、タイミングを見計らって使っていきましょう。


サバイブ!:紹介シーン#7 火山

こうしてゲームを続けていき、ついに山岳タイルまでもが沈みはじめ、火山がめくられたらゲーム終了です。


サバイブ!:紹介シーン#8 集計

島民コマの底には得点が書かれています。無事に避難できた島民の得点を合計し、最高得点の人が勝ちです。
実は、ゲームを始める前に、この得点を見た上でコマの置き場所を決めるので、誰がどのコマを生かそうとしているのか、またコマは見捨てようとしているのかを察知することもとても大切です。


サバイブ!:紹介シーン#9 イルカ

慣れてきたら、5つの挑戦ルールが待ち受けています。(※ 旧版の『サバイブ』のみです)
中でも、水中に潜ることになったり、身を守ってくれるイルカコマが登場する“挑戦ルール5”は、よりドラマティックな展開になるでしょう。


ここがオススメ: 常に危険が迫っている状況下で、ボートの相乗りによって互いに攻撃しない協定を結んだり、出し抜く形で自分だけ脱出したりといった喜怒哀楽のドラマが楽しくて盛り上がる、家族や仲の良い友だち同士にお薦めのゲームです。

旧版『サバイブ』と新版『アイランド』の違い 旧版『サバイブ』が木製コマであったのに対し、新版『アイランド』ではコマは全てプラスチック製になっています。また『サバイブ』ではイルカコマが入っていて5つの応用ルールが入っていたのですが、『アイランド』では基本ルールのみとなっています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2011/04/09(土) 17:46:56|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁

コメント

友人と二人でやってみました。
シンプルなルールとデフォルメされたコマに徐々に沈んでいく様子や、海獣たちが見事に表現され雰囲気のよさが際立ちます。

コマの点数を確認するまで勝敗がわからないのもよいですね。

ルールの導入も簡単で、短時間でサクッと終われるわりに、スリルが味わえる良ゲームでした。

2戦ほどおえたあと2色担当でもやってみましたが、こちらは火山噴火のリミットが鍵でした。

切り離す場所の加減で、火山噴火がわかるかもしれない(白い筋が入っているものとそうでないものがあるため)
青いコマの文字が読みづらい

といったあたりが気になりました。

青いコマには、表示をしなおしてもいいのですが、もともとのカラーは水色でもよかったのかなぁ・・・
噴火のほうはゲームの要となる部分なので、よく見たらわかる(かもしれない)のは改善必須だとおもいます。

  1. 2011/09/09(金) 01:23:18 |
  2. URL |
  3. 涅槃 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

はじめまして、早速ですがひとつ質問です。

こちらのゲームは日本語版というものは存在するのでしょうか?
基本的なルール等はわかっているのでそこまで問題ではないのかもしれませんが、
挑戦ルールがまだわかっていないことや、出来れば各ゲームの言語を統一したいと思っておりまして・・・。

お手数かとは思いますが、よろしければご回答よろしくお願い致します。
  1. 2011/10/02(日) 17:52:44 |
  2. URL |
  3. ゆーぴー #.vjKhiP6
  4. [ 編集]

いえ、日本語版は現時点ではありません。
よろしくお願いします。
  1. 2011/10/02(日) 17:56:12 |
  2. URL |
  3. すごろくや店主 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/1862-cf1e718b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)