高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ひつじがいっぴき / Ein Schaf

札の羊を数え1,2,3,…と順に出す
ひつじがいっぴき / Ein Schaf
メーカー: グランディング (日本), 発行年: 2012年
作者: 菅沼 正夫 (すがぬま まさお, 代表作:『街コロ』)
イラスト: 原田 みどり (はらだ みどり)
5才~大人, 2~5人用, 所要5分, ルール難度:★☆ (1.5)

ひつじがいっぴき:箱

『ひつじがいっぴき』は、1,2,3,4…と、1人ずつ、描かれた羊の数が増えるようにカードを出しながら、一早く手札をなくして宝物を集めるカードゲームです。

ひつじがいっぴき:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、手札から条件に合うカードを選んで出しながら、いち早く手札をなくすことを目指します。

1,2,3,4,…と数が1つずつ増えるように、最初の人は「1」と言いながら、羊がちょうど1匹描かれているカードを出し、次の人が「2」と言いながら、羊がちょうど2匹のカードを出し、次の人が「3」と言いながら…、と続けていきます。

カードを出す際、描かれている羊の合計さえ合っていれば、2枚や3枚の組み合わせで出しても構いません。じょうずに足し算ができれば、いっきに枚数を減らすことができるでしょう。
でも、もし手札をどう組み合わせても出せないときには、山札から1枚もらわなければなりません。

また、羊1匹だけのカードを持っていれば〈また1匹目からやりなおし〉ができます。そのため、手札に〈羊1匹カード〉は温存しておきたいところですが、数の組み合わせの微調整には便利なカードのため、出しどきに悩むかもしれません。

こうしてゲームを続けていき、誰かがちょうど手札をなくすようにカードを出せたら、その人はご褒美の〈おたからカード〉を貰えます。
また最初から始めてこれを繰り返していき、おたからカードに描かれたおたからを先に5個集められた人の勝ちです。

ここがオススメ: 全50枚がすべて異なる物語仕立ての可愛らしいイラストの中から、羊が何匹いるのかを数えて上手に組み合わせを出すのが楽しい、子供も一緒に遊べる手軽なゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2012/07/21(土) 16:40:15|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2301-9f004864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)