高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介: バルバロッサ / Barbarossa

閃きに大興奮!粘土の正体当て
バルバロッサ(2005年版) / Barbarossa
メーカー: daVinci(ダヴィンチ, イタリア), 発売:2005年
作者: Klaus Teuber (クラウス トイバー, 代表作: カタンシリーズ, バルバロッサ、貴族のつとめ、など多数)
12才~, 3~4人用, 所要60分, ルール難易度:★★

ドイツ 1988年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
大賞受賞
バルバロッサ:箱

『バルバロッサ』は、各自が想像した「お題」を粘土で曖昧に作り、その正体を当てることで得点を稼いでいくゲームです。

バルバロッサ:展示用写真

バルバロッサ:お題「お題」は、みんなが知っている物ならなんでも構いません。「カエル」「傘」「しゃちほこ」などなど。
1人につき2個(3人なら3個)を、「そう言われれば見える」くらい曖昧に作って中央に集めたら、ゲームスタートです。

バルバロッサ:コマを動かす時計回りに進めて、自分の番になったら、サイコロの目に合わせてコマを動かし、着いた場所に従って、質問や正体当て、含む文字を訊く、などを行ないます。

バルバロッサ:質問質問は、「はい」か「いいえ」で答えられるようなものでなければいけません。

バルバロッサ:正体当てまた、正体当ては、他の人に見えないよう、紙に書いて出題者に渡します。

バルバロッサ:正解で進める当たっていたら、矢をその粘土に刺して、得点ボードのコマを進めます。

この時、当てられた粘土の出題者のコマも進めることができます。
ただ、もしゲーム中盤なら進むことができますが、ゲーム序盤や終盤だと「判り易すぎる」「判り辛すぎる」ということで退かなくてはいけません。

こうして、誰かが得点ボードのゴールに辿り着いたらゲーム終了、その人の勝ちです。

ここがオススメ:正体を当てようとしても、粘土の形を見るとなぜか発想が偏ってしまい、質問をするたびに「そんなバカな!」というドツボにハマってしまいます。それが故に、突然イナズマのように閃く答えに大興奮!というおすすめのゲームです。
何度か絶版とリメイクを繰り返しましたが、この2005年版に含まれている粘土は、ロウのようなプラスチック粘土の一種で、ベタつかず練りやすく、渇くことがない優れたものです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


【2014.4.7追記:】このdaVinci社版はメーカー絶版につき取り扱っておりません。5~6人に対応した日本仕様のリメイク版があります。

関連記事
  1. 2006/10/13(金) 18:25:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
  5. | 印刷用の体裁

コメント

はじめまして。

こちらもいつも楽しく拝見させて頂いております。

バルバロッサは面白いですー。^-^
こっそり“難度の高い粘土”と呼んでいます。
今後の為にも、このページ、
プリントアウトしようと思いますー。
  1. 2006/10/13(金) 19:43:55 |
  2. URL |
  3. #NVSky45s
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/273-893f73f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ボードゲーム]バルバロッサプレイレポート

バルバロッサはすごろくやさんのブログ高円寺0分でもこちらの記事で綺麗に紹介してくれています。写真もそちらより転用させて頂きました(無許可なので問題があれば連絡下さい)。今日は久しぶりに3人でプレイしたので感想を少々記しておきます。メンバーのプレイ経験は4
  1. 2009/01/04(日) 06:04:45 |
  2. binnboの日記