高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ワンナイト人狼 超人ver

役職強化版、狼男&村人の特定劇
ワンナイト人狼(じんろう) 超人ver(ちょうじんバージョン)
発行年: 2014年
作者: 奥井 晶久 (おくい あきひさ)
10才~大人, 3~7人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ワンナイト人狼 超人ver:箱

人狼(じんろう)系ゲームが、わずか10分で決着がついて司会者がいなくても良いように、究極にシンプルにアレンジされた『ワンナイト人狼』。『ワンナイト人狼 超人ver』は、その『ワンナイト人狼』をベースとして、「CIA」や「狂人」など、登場人物全員に備わった特別な能力により、高度な駆け引きができるようになった上級者向け版です。

ゲーム紹介:ワンナイト人狼

ワンナイト人狼 超人ver:展示用写真

【物語】人狼がはびこる世界で、普通の人々はもはや なす術を失なっていた。
そんな未曾有の事態に、超能力者、忍者、CIAといった名だたる超人たちが立ち上がり、人類の最後の戦いがはじまった。

基本的な遊び方は『ワンナイト人狼』と変わりありませんが、5種類の8人全員が特殊な能力を備えています。

ワンナイト人狼 超人ver:超人たちカード

  • 正体がバレないようにシラをきる、おなじみの「人狼」。
  • 村人側で、狼とともに目覚め、狼の正体を知り、狼に疑念を抱かせる「CIA」。
  • 人間なのに狼側に所属し、狼に味方して村人側を混乱させる「狂人」。
  • 村人側で、〈身代わりの術〉によって他の人物と入れ替わる「忍者」。
  • 村人側で、他のカードを透視できる「超能力者」。

これら5種類の役割が高度に絡み合い、通常版『ワンナイト人狼』では得られなかった、より深い腹の探り合いが楽しめます。

ここがオススメ: 超人たちの能力の絡み合いによって、本格的な人狼ゲーム並みの読み合いが楽しめます。『ワンナイト人狼』をやりこんだ方や、通常の「人狼系ゲーム」でさまざまな役職を混ぜてやりこんでいる方におすすめのゲームです。

(このゲームに限りませんが)カードの裏面を比べて「よく見ると判る」レベルの傷や色の差は仕様となりますのでご注意ください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/11/29(土) 00:16:11|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3083-a1b5a2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)