高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:大怪獣コトバモドス

人が作った文字9枚の3単語を復元
大怪獣コトバモドス
発行元: 一年中未来(いちねんじゅうみらい, 日本), 発行年: 2015年(初版2014年)
作者: 郡山 喜彦 (こおりやま よしひこ)
文字・イラスト: とよ田 みのる (とよだ みのる, 代表作『ラブロマ』『友達100人できるかな』)
7才~大人, 2~5人用, 所要5〜20分, ルール難度:★☆ (1.5)

大怪獣コトバモドス:箱

『大怪獣コトバモドス』は、ひらがなチップ9枚を使って、他の人が作った3文字言葉3つを時間制限内に復元して得点を競うゲームです。

大怪獣コトバモドス:展示用写真

各自、ひらがなチップ126枚から無作為に取った25枚を元に、3文字言葉3つ分を秘密裏に作ります。
答え合わせ用にメモしたら、その9枚をぐちゃぐちゃに混ぜて、隣の人に渡します。

各自、この人から渡された9枚を使って、3文字言葉3つ分の「復元」をいっせいに試みます。ところが、できた!と思っても、実はいくつかの組み合わせが考えられます。作った人の心理を読んで、素直に作るか、ひねりを加えるか、よく考えてみましょう。
でも、早く完成の宣言をしたほうがボーナス得点を期待できるかもしれません。また、誰かが完成宣言をすると、砂時計で猶予時間が設けられてしまいます。急いで完成させましょう。

猶予時間が尽きたら答え合わせです。きちんと復元できていた言葉につき得点がもらえます。

これで1ラウンド終了です。今度は渡す人を変えてラウンドを繰り返していき、4ラウンドでゲーム終了。より高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: チップのひらがな枚数構成が、日本語の文字使用頻度に合わせて洗練されていて、たとえ9枚でもさまざまな言葉が作れるようになっています。そのため、どんな言葉を作ろうか/復元しようかに頭を悩ますゲームです。慣れてくるほど「いや、この組み合わせは簡単すぎるから違うな…」といった読み合いが楽しめます。語彙を活かして手軽に盛り上がれる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしてとてもおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/12/10(木) 17:53:12|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3397-f942f6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)