高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:コードネーム / Codenames

ヒントで25語内の部分集合を導く
コードネーム / Codenames
メーカー: Czech Games Edition (チェコゲームズ, チェコ共和国), 発行年: 2015年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2016年
作者: Vlaada Chvátil (ヴラーダ・フヴァチル, 代表作:『スルー・ジ・エイジズ』『ギャラクシートラッカー』など多数)
14才~大人, 2~8人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2016年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
大賞受賞
ドイツ 2016年
ファン投票賞 (Deutscher Spiele Preis)
第2位
すごろくやゲーム大賞ロゴ すごろくやゲーム大賞
2016年 大賞受賞
コードネーム(日本語版):箱

『コードネーム』は、赤青のスパイ2チームに分かれ、各リーダーが、分布図に基いて場の25語内の自チームのスパイ達を一度により多くチームメイトに当てさせるべく、連想ヒント1語を捻り出して伝えるゲームです。

コードネーム(日本語版):展示用写真

赤スパイと青スパイの2チームに分かれて戦います。

各チームから「スパイマスター」と呼ばれるリーダー1人ずつを選び、この2人だけが自立型の「スパイ分布」カードを見られる位置につきます。

この、毎回ランダムで選ばれる「スパイ分布」カードには、場に5×5のマス状にカードで用意された、暗号(コードネーム)で表わされた25人のスパイそれぞれについて〈赤青どちらのチームか〉という区別が示されています。

コードネーム(日本語版):セットアップ後

写真でいうと、コードネーム「エンジン」や「ピアノ」は赤スパイですし、コードネーム「サメ」や「救急車」は青スパイです。

リーダーは、この「スパイ分布」に従って、連想ヒントで自チームのコードネームをメンバーに当てさせ、相手チームよりも先に自チームのスパイを全員特定させることを目指します。

チーム交互に番が回ってきます。リーダーは、25個のコードネームをよく見た上で、「これしか該当しないはず」のつもりで、「演奏会」などの連想ヒントを〈ひとこと〉で出し、メンバーに当ててもらいます。

その連想ヒントを聞いたメンバーが指したカードが、もし自チームのものなら、自チームの色タイルがそこに被せられます。しかし、それが〈ただの一般人〉だったり、さらには相手チームのものだったりすると、貴重な機会を使ったのにも拘らず、相手を有利にしてしまいます。

そして、特に気を付けなければならないことが2つあります。

1つは〈暗殺者〉です。
暗殺者は、スパイ分布カード上で〈黒い×〉で示されており(写真では「タイ」)、このコードネームを連想させてしまうと、問答無用でそのチームは負けになってします。

もう1つは、「タカで、2枚。」というように、複数を当てられるような連想ヒントとその枚数を示せることです。 これにより「1枚ずつ確実に当てていけばいいさ。」が通用しません。とはいえ、複数当てを狙ったために、連想当てがズレてしまい、暗殺者や相手チームのスパイを当てさせてしまうようなことは避けなければなりません。

この、「特定のものは除外した上で複数の言葉を当てられるような連想ヒントの捻り出し」がこのゲームのいちばんの魅力です。

こうして、交互に番を行なっていきながらゲームを続けていき、いち早く自チームのスパイを全員特定、つまり、自チームの色タイルをすべて使いきったチームが勝ちです。

ここがオススメ: シンプルなルールで、大人ならではの語彙を活かし、うまく当てさせるための連想ヒントを捻り出したり、思いもよらないような連想で盛り上がったりするのが楽しいゲームです。特定の言葉には該当しないような複数の連想ヒントを捻り出すのはかなり難しく、それゆえにうまく当ててもらったときの嬉しさはひとしおです。
短時間でじっくり楽しめつつも盛り上がる、大人向けとして超おすすめのゲームです。

言葉の代わりにイラストカードで遊ぶ、姉妹品の『コードネーム・ピクチャーズ』もあります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2017/01/16(月) 21:51:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3753-d52aba13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)