ゲーム紹介: ククカード / Cucco

2 Comments
すごろくや

手札1枚、最小数避けて隣と交換
ククカード / Cucco
メーカー: グランペール (日本), 発行年: 2011年 (原版16世紀)
ルール・解説: 草場 純 (くさば じゅん), イラスト: 齋藤 由加 (さいとう ゆか)
12才~大人, 5~15人用, 所要30~60分, ルール難度:★★ (2)

チップ付き 2011年版
ククカード (2011年版):箱

ククカードは20種×2枚の合計40枚で構成された、ヨーロッパの伝統的なカードゲームです。

自分に配られた1枚のカードが強いか? 弱いか? を判断して、隣のプレイヤーとカードの交換などを行ないます。 そしてすべてのプレイヤーの中で一番“弱い”カードを持っているプレイヤーが負けになるのです。 たった1枚の手札で勝敗を決するエキサイティングな生き残りカードゲームです。 多人数で遊べる『クク(カンビオ)』を中心に『キッレ』『トリオンフォ』といった遊びを楽しむことができます。

2011年版 過去2007年から発売していた“グランペール”製の同名商品に、薄い紙製のチップを同梱したリニューアル版です。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事
すごろくや
Posted byすごろくや

Comments 2

There are no comments yet.
ほむほむ  

このゲームは、カンビオも善いけどキッレも面白くて何度もあそんでしまいます。
ところで質問なんですが、「トリオンフォ」と「コック」のルールについて。
台札を出した人がトリックに勝って、カードを貰うという事はあるんでしょうか?

2012/01/17 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |   
すごろくや店主  

ほむほむさん

残念ながらそこまではわかりません。
メーカー/販売元に確認してみていただけますか?

2012/01/17 (Tue) 20:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply