高円寺0分すごろくや (印刷用)

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

ゲーム紹介:ディクシット:オデッセイ / Dixit Odyssey

単独でも12人まで遊べる第3作目
ディクシット:オデッセイ / Dixit Odyssey
メーカー: Libellud (リベリュー, フランス), 発売年: 2011年
作者: Jean-Louis Roubira (ジャン=ルイ・ルビラ), イラストレーター: Marie Cardouat (マリー・キャドゥア)
8才~大人, 3~12人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

ディクシット:オデッセイ:箱

『ディクシット:オデッセイ』は、意味深な絵柄のカードを感受性を生かして予想する人気のゲーム『ディクシット』が、まったく新しい絵柄のカード84枚とともに、このセットだけで最大12人まで遊べる「もうひとつのディクシット」です。

ディクシット:オデッセイ:展示用写真

また新たに、不思議な美しい84枚のカードが揃いました。 カードのサイズは元のオリジナル版とまったくで、かつ裏面も同じ模様ですので、混ぜた上で84枚を選んでも構いませんし、これだけで遊んでもオーケーです。
今度の絵柄からは、いったいどんなフレーズが思い浮かぶのでしょうか。

オリジナルの『ディクシット』と比べて、以下の点が特徴です。

  • 得点ボードとコマ、投票用の用具が一新され、最大12人まで遊べるようになりました。
  • オリジナルルールに加えて、7人以上だと2ヶ所に予想できるルールが追加されました。
  • 大人数で遊ぶためのチーム戦ルールが追加されています。
  • 語り部役ですら先に適当なお題を作ってからカードを選出し、「ここは選んじゃダメ」の地雷候補を設ける、「ディクシットパーティ」という別の遊び方が追加されています。
  • このオデッセイの箱に、これまでの『ディクシット』『ディクシット2』のカードがすべて収納できるようになりました。

ここがオススメ: 新しいカードによって『ディクシット』を初めて遊んだときのような新鮮な気持ちで再び楽しめて、さらに大人数による追加ルールでさまざまな遊び方が楽しめるようになった、大人数で集まれる大人向けとしてお薦めのゲームです。
投票用のボードとピンが少々使いづらいのですが、手で持ち、覆い隠してピンを挿してから公開するようにすると良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


ディクシット:オデッセイ:プロモーションカード

初回入荷分には、プロモーションカード1枚が付いています。 [2011.10.20追記:] このプロモカード特典は終了しました。


関連記事
  1. 2011/09/02(金) 22:30:07|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8