高円寺0分すごろくや (印刷用)

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

ゲーム紹介:犯人は踊る

手札の移動と探索で犯人札を特定
犯人は踊る
メーカー: すごろくや (日本), 発行年: 2015年(原版2013年)
作者: 鍋野ぺす (鍋野企画), イラスト: 鍋野たま (鍋野企画)
8才~大人, 3~8人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

犯人は踊る(2015年すごろくや版):箱

『犯人は踊る』は、たった1枚の犯人カードが、誰もが「持っていたくない」と嫌われて全員の手札から手札へと秘密裏に巡っていく中で、所在を推理して最後の持ち主を当てるカードゲームです。

人は踊る(第三版):カード6枚サンプル

事件が起きました。犯人は今日この場所に集まった、私たちの中にいます。
バラバラに配られた全員の手札の中に、たった1枚だけ〈犯人〉カードがあります。この〈犯人〉を持っている人を当てられれば勝ち、当てられてしまうと負けです。

犯人は踊る(第三版):展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、手札から1枚くり出しては、その効能を使っていきます。例えば〈目撃者〉は、誰かの手札をすべて見られます。また〈探偵〉を使えば、「きみが犯人だ!」と1人を告発できます。

犯人を持っていることを見られたり、当てられて負けてしまうのは嫌なので、〈取り引き〉や〈情報交換〉などで左隣や任意の誰かに渡してしまいましょう。渡したその人が犯人なのですから、自分が当てられるチャンスです。
でも、同じように、人の手へ、また人の手へと、どんどん渡っていきます。「こうきて、ああきて、今はあそこにあるはずだ…」と、よく見て所在を推理しましょう。

他のいろいろなカードも巡ってきます。〈探偵〉が手に入れば「きみが犯人だ!」と当てにいけます。しかし、確信があったにもかかわらず、相手の回答は「違います」だったりします。なぜでしょうか?
〈アリバイ〉カードを併せて持っているからかもしれません。もしかしたら、少し前に二者間で渡されたのは〈犯人〉ではなかったのかもしれません。

実は〈犯人〉カードでも勝つことができます。手札を使うたびに、各自の手札枚数は次第に減っていきます。最後の手札1枚が〈犯人〉だったとき、自分の番で逃げ切りが成立します。枚数が限られた〈探偵〉は、確信をもって使わなければ〈犯人〉を逃がしてしまうかもしれないのです。

こうしてゲームを続けていき、〈犯人〉を当てたらその人の勝ちで〈犯人〉の負け、〈犯人〉が逃げ切ったらその人の勝ちで他全員の負けです。

ここがオススメ: みんなでわいわいカードを渡しながら、「なるほどなるほど、むふふふ」「えー、またこのカードかぁー」などと情報を集めていき、〈犯人〉を持っているのを当てられてしまうドキドキや、予想外のハプニングで貴重な手札が巡るドラマが盛り上がる、子供から大人まで手軽に遊べる超おすすめのゲームです。
ゲーム内容に合った、ゆるくて可愛いイラストも魅力です。

2014年 第二版: 2014年春の改訂版では、次のような変更点があります。

  • 共犯者なのに犯人ではない、新しい「たくらみ」カードが追加されました。
  • カードイラストが1枚1枚すべて別のものになりました。
  • カード構成が調整されています。
  • 自由な役割を作れる白紙カード2枚入り。
  • 説明書が新しくなりました。
  • 箱の絵が少し変わっています(窓の中で踊っているのが2人)。

2015年 第三版: 2015年秋の改訂版では、次のような変更点があります。

  • すごろくやとの共同制作により、カードテキスト・説明書を全面的に見直し、さらに簡潔に、とてもわかりやすくなっています。
  • 他全員が目をつぶる中で犯人とだけアイコンタクトを取る「少年」カードが追加されました。
  • より低価格になりました。
  • カード構成が調整されています。
  • 「いぬ」の効能が犬らしく変わりました。
  • 「第一発見者」は今回の事件内容を考える役目になりました。
  • カード裏面のデザインが変わりました。
  • 箱が形状が変わり、より薄型になりました。格安で全国配送できる投函便をご利用いただけます。
  • 箱の絵が少し変わっています(窓の中で踊っているのが2匹)。
  • 白紙カードは入っていません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


取り扱い販売店

すごろくや以外にも、下記お店でも販売中です。(2017年8月時点)

関連記事
  1. 2014/01/10(金) 17:37:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6