FC2ブログ

高円寺0分すごろくや (印刷用)

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

ゲーム紹介: すすめコブタくん / Rüsselbande

背中に乗って一緒に進むコブタ達
すすめコブタくん(遊び方DVD付) / Rüsselbande
メーカー: Drei Magier Spiele (ドライマギア社, ドイツ), 発売年: 2001年
作者: Alex Randolph (アレックス・ランドルフ, 代表作:『ガイスター』『ハゲタカのえじき』)
4才~大人, 2~7人用(推奨4人以上), 所要20分, ルール難度:★☆(1.5)

ドイツ 2001年
キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)
最終候補(Nominierungsliste)

すすめコブタくん:箱

『すすめコブタくん』は、サイコロを振って自分のコブタくんを進めていき、他のコブタくんの背中に乗ったまま連れていってもらったりしながらゴールを目指すゲームです。

すすめコブタくん:展示用写真

すすめコブタくん:準備完了 タイルを組み合わせて道を作ったらゲームスタートです。

すすめコブタくん:サイコロで進む 時計回りで、自分の番になったらサイコロを振って、出た目の分だけ進んでいきます。

すすめコブタくん:進んで乗っかる 先にいるコブタくんと同じマスに辿り着いたら、背中に乗せてもらいます。

すすめコブタくん:一緒に進む 下のコブタくんが進むときには、上のコブタくんを背中に乗せたまま、一緒に連れていってくれます。
背中に乗った方が、よりたくさん進むことができそうです。

すすめコブタくん:サイコロの黒い目 サイコロには、ふつうの赤い目の他に、特別な「黒い目」があります。
黒い目が出た時には、コブタくんを進めた後、「もう一度振ってもいいし、振らなくてもいい」という選択ができます。

すすめコブタくん:振るか留まるか 何度でもサイコロを振って、より遠くまで進みたいところですが、もしコブタくんの背中に乗ったままなら、「振らない」という選択の方が良いかもしれません。
なぜなら、他のコブタくんの背中に乗せられたまま、もっと遠くまで進めるかもしれないからです。

こうしてゲームを進めていき、ゴールまで辿り着いたコブタくん(たち)が勝ちです。

ここがオススメ:
ベースはかんたんなスゴロクながら、背中に乗ったり乗られたりに一喜一憂し、サイコロを振る判断も悩ましい、とっても楽しいゲームです。

すすめコブタくん:積み木遊び

1人ぼっちにならないよう、ビリの人だけが受けられる恩恵があったり、ゴールを延長するチャンスがあったり、コマで積み木遊びができるようになっていたりと、気の効いた工夫に感心させられます。


すごろくや製のDVD&説明書付き 遊び方でつまづかないように気をつけて当店で翻訳・作成した、5分観ればすぐわかる映像DVDディスクと、図入りの日本語説明書をお付けしています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事
  1. 2007/01/06(土) 18:48:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8