高円寺0分すごろくや (印刷用)

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

ゲーム紹介:思うにブタは2歩進む! / Ich glaub, mein Schwein pfeift!

選択歩数を予想させ進むブタ競争
思うにブタは2歩進む! / Ich glaub, mein Schwein pfeift!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2016年
作者: Heintz Meister (ハインツ・マイスター, 代表作:『スティッキー』『窓ふき職人』など多数)
5才~大人, 2~5人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

思うにブタは2歩進む!:箱

『思うにブタは2歩進む!』は、周回コース上で自分のコブタをたくさん進めてリンゴを集めるべく、となりの人に大きな値で予想をハズさせるように1〜6の歩数カードを1枚ずつ選ぶ、人のクセを読み合う心理戦レースゲームです。

思うにブタは2歩進む!:展示用写真

ブタ牧場内での甘〜いリンゴを集める競争です。
周回コース上を自分のブタでぐるぐると走ることで、2つのチェックポイントにあるリンゴチップを集めていきます。

1人ずつ代わりばんこに、1・2・3・4・5・6の歩数カード6枚のうち1枚をこっそり選んで伏せ、その歩数をとなりの人に予想させ、〈ハズさせる〉ことで自分のコブタを進めていきます。

ハズさせたときに宣言された数がそのまま自分のコブタを進める歩数になります。 例えば、〈1〉を伏せておいて「5!」と予想させたなら、5歩も進められるのです。
そしてさらに、使った歩数カードはそのままにして、残りの歩数カードからまた1枚を伏せて予想させ…と続けられます。 相手のクセを見抜いて連続してハズさせましょう。

とはいえ、「ハズした数の分だけ進む」のだと、あまり大きな歩数は予想してもらえないようにも思えます。
しかし実は、予想するほうの人にとっては、もし伏せた歩数を当てられると、その歩数分だけ自分のコブタを進められるため、ついつい当てられるような気がして大きな歩数を予想してしまいます。 カードを伏せるほうの人は、「小」→「小」→あえてまた「小」などと、うまく揺さ振りをかけていきましょう。

またさらに、都度コブタを進めて着地したとき、もしそのマスに他のブタがいたならば、〈ジャンプ〉として同じ歩数でもう一度進められます。しかも、もしまた着地地点にコブタがいるなら、連続して進められるのです。
このため、もしジャンプが利用できそうな状況になると、「ジャンプできるおいしい歩数」を巡るアツい読み合いが発生することになります。

こうして、歩数の読み合いによってコブタたちを周回コース上で走らせながら、2箇所あるエサ箱マスを通過するたびにリンゴチップを獲得し、先に4枚目を集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: かわいいコブタのレースゲームかと思いきや、『手本引き』のようなアツい読み合いの心理戦が楽しめるゲームです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
  1. 2017/07/17(月) 03:34:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0