高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:腹ぺこヒナの成長物語 / Kleiner Vogel, großer Hunger

要求食物を揃えてヒナ鳥を育てる
腹ぺこヒナの成長物語 / Kleiner Vogel, großer Hunger
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2016年
作者: Tim Rogasch(ティム・ロガシュ,代表作『リッチモンド貴婦人』『ハムスター秘密基地』)
3才~大人, 2~4人用, 所要10〜15分, ルール難度:★ (1)

腹ぺこヒナの成長物語:箱

『腹ぺこヒナの成長物語』は、卵から生まれたての食欲旺盛な自分のヒナを、食べたい〈ごちそう〉とサイコロが示したものが合うたびにチップを集めながら少しずつ育てて、いち早くはばたけるようにしてあげるゲームです。

腹ぺこヒナの成長物語:展示用写真

各自、自分のヒナの育成を担当します。手元のタイルの積み重なりのいちばん上をめくると、卵から生まれたばかりのヒナと、食べたい〈ごちそう〉の絵柄が示されます。

毎回サイコロが振られると、全員共通のものとして、いも虫や種などの〈今回食べられるごちそう〉が示されます。 各自、もしそのごちそうが自分のヒナが食べたいものに含まれるなら、そのごちそうチップを中央から取ってタイルに乗せます。 食べたいものではなかったり、すでに食べたものだったりした人は何ももらえません。

タイル上のごちそうがすべて埋まったら、1段階成長します。そのタイルをめくって、少し成長したイラストとともに、より多くの〈食べたいごちそう〉が示されます。

ときどき、サイコロが2種類のごちそうを一度に示します。このとき、例え両方とも食べられたとしても片方しか選べません。 残りはどんなごちそうが必要かなどを考えて決めましょう。

こうしてゲームを続けてヒナを少しずつ育てていき、いち早くすべてのタイルをめくって小鳥としてはばたけるようになった人が勝ちです。

ここがオススメ: かわいいヒナたちが成長するさまがとても愛らしく、全員一様に振りかかる〈運〉が、ヒナと成長段階ごとの好き嫌い条件で少しずつ差を生むことで一喜一憂するドラマが盛り上がるゲームです。とはいえ運だけではなく、サイコロの〈2種類どちらかごちそう〉による選択の絶妙な悩ましさもポイントです。
とても気軽に楽しめる、幼い子どもと一緒に遊べるゲームとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/05/07(日) 14:40:57|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ルミナ / Lumina

記憶の施設探しで道辿り妖精収集
ルミナ / Lumina
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2016年
作者: Udo Peise(ウド・ペイセ) & Marco Teubner(マルコ・トイブナー,代表作:『13諸島の秘宝』など)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ルミナ:箱

『ルミナ』は、過去の記憶を頼りにタイルをめくり続け、現れた場所から場所へとうまく道を伝ってコマを運ぶことで光る妖精を見つけ、いち早く5匹の光る妖精チップを集めるゲームです。

ルミナ:近影

ここは美しい海を越えて遠く離れたルミナ島。夏になると、不思議な光る妖精たちを見つけにたくさんの冒険者たちが訪れます。 でも、恥ずかしがり屋の妖精たちは、島にある古い難破船や神秘的な遺跡に隠れていたりするので、そう簡単には見つかりません。

ルミナ:展示用写真

島中に隠れている光る妖精を見つけに行きましょう。妖精はボード上にチップとして常に4枚置かれています。

1人ずつ代わりばんこに、自分の冒険者コマを妖精の場所まで進めるべく、伏せられたタイルをめくります。出てきた場所の絵柄をボード上から探し、もし、今いるところから直接道でつながっている場所ならそこに進めますが、遠くの場所ならそこで自分の番はおしまいです。
もし自分のコマを進められたなら、さらに続けてめくって、つながっている場所なら進む、を繰り返します。

最初うちは当てずっぽうでめくるのでほとんど進めませんが、過去の記憶を頼りにできるようになると次々と場所を進めるようになります。とはいえ、とても全ては覚えられません。何歩か進んでは次の人の番、を繰り返していきます。

もし妖精チップが置かれた場所にたどり着いたら、妖精を見つけたものとしてそのチップを貰えます。

そしてまた新しい妖精チップをボード上に用意して…とゲームを続けていき、先に5匹見つけられた人が勝ちです。

ここがオススメ: とても簡単なルールですが、人の記憶の許容量を突いた絶妙な枚数により、島の中をさ迷うような探索が楽しめます。〈人と同じ場所には進入できない〉ルールがぴりりと効いていて、「すぐ近くなのに遠回りさせられて間違う」ような邪魔しあいも盛り上がります。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/05/05(金) 19:50:18|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:菊花賽

賽の目と色で役作る簡略2人麻雀
菊花(きっか)(さい)
発行元: しのうじょう(日本), 発行年: 2017年
作者: 篠崎 高広 (しのざき たかひろ,代表作:『オールグリーン』など)
8才~大人, 2人専用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

菊花賽:ポーチ

『菊花賽』は、品評対象の菊の花として、袋から出しては振るサイコロの色と出目を取捨選択して手元で3個の組み合わせを完成させ、その強さに応じた得点の累計を競う、麻雀の駆け引きを極めてシンプルに楽しめる2人専用のゲームです。

菊花賽:展示用写真

各自、サイコロ2個を見せないように衝立の中に置きながら、交互に自分の番で袋からサイコロ1個を取り出して振ったときに〈その3個で完成〉させられるような組み合わせを作っていきます。

3個で〈完成〉する組み合わせは、色が3色バラバラか1色統一で、出目が連番か同数であればOKです。組み合わせの難易度によって得点が異なります。とはいえ、どの組み合わせでも初回でいきなり揃う、というほど簡単ではありません。

このため、毎手番で振ったサイコロの色と出目と、それまでの手元の2個を見比べて、より完成に近づけるべく、〈元々の2個のうち1個を捨てて今振ったサイコロを手元に入れる〉か、〈今振ったサイコロを捨てる〉かを選びます。
これを繰り返すことで、手元の組み合わせがより〈精錬〉されていき、いつかは完成することでしょう。

一方、自分で3個を揃えて完成させてもいいのですが、相手が今しがた捨てたサイコロを使っても完成させられます。 逆に、自分の番で捨てたサイコロは相手の糧にもなりえるため、次のようなことをヒントに、相手が「どんな組み合わせを揃えようとしているか」を察して捨てサイコロを選ばなければなりません。

  • これまで、どんな色のサイコロを振って何を出し、それを手元に入れたとしたら、狙える組み合わせとは何か。
  • 捨てられたサイコロの履歴から、それらが不要とされる組み合わせとは何か。

こうして交互に〈袋から取り出して振る〉→〈1個捨てる〉を繰り返し、先に組み合わせを完成させられたほうが、その難易度に応じた得点を得ます(写真の黒いサイコロで表します)。これを繰り返していき、先に規定点に達した人が勝ちです。

ここがオススメ: とてもシンプルなルールながらも、相手が新しく手に入れたサイコロと出目が判った上で捨てたサイコロとの比較ができるため、相手の狙いが察しやすく、麻雀の捨牌に悩む駆け引きの楽しさが味わえるゲームです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/05/01(月) 17:20:57|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:パクッとプリッと

うんちに変わる動物の好物合わせ
パクッとプリッと
メーカー: さかしんすがの (日本), 発行年: 2016年
作者: さかしん
5才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★ (1)

パクッとプリッと:箱

『パクッとプリッと』は、1人1枚ずつ場に散乱するカードをめくっては、お題動物の好物を探して、見つかって獲得するたびにその動物の〈うんち〉に交換することで、次第に場がうんちだらけになる、動物の排泄うんちくが学べる絵合わせメモリーゲームです。

パクッとプリッと:展示用写真

毎回、お題としてランダムにめくられたカードの動物の好物を探します。 1人ずつ代わりばんこに、場に散乱したカードを1枚めくっては、〈小魚〉や〈笹〉など、動物の食べ物を確認し、探しているものとは違うのであればまた伏せて次の人の番、を繰り返していきます。

もしめくった食べ物がお題動物の好物なら成功です。その食べ物カードを得点として貰い、代わりにその動物ならではの〈うんち〉カードを伏せてその場に置きます。
このうんちカードには、その動物のうんちの特徴が書かれています。例えばペンギンのは「ぴゅっととび出すうんち」であるなど、大人でも知らないような内容が多く、「へぇ〜、そうなんだ!」と感心することでしょう。

また次のお題動物をめくって…、とゲームを続けていくと、場のカードがうんちだらけになります。うろ覚えでうんちめくりが多発していくでしょう。

こうして続けていき、すべてのお題動物が出尽くしたらゲーム終了。成功した回数がいちばん多い人が勝ちです。

ここがオススメ: シンプルな絵合わせメモリーをベースに、うんちという題材によって子どもが「ぎゃはは」と喜ぶゲームです。楽しまれながら、動物の排泄物に対する知識が得られることで、ただ汚いものではなく「排泄物も動物の一部」という知育的な意識向上が期待できる点もポイントです。
手軽に子どもも楽しめるゲームとしておすすめします。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/04/30(日) 18:51:53|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:大どろぼうとズルい騎士 / Sly Knight Robbery

宝の値以内で数札を最後に重ねる
大どろぼうとズルい騎士 / Sly Knight Robbery
メーカー: COLON ARC (コロンアーク, 日本), 発行年: 2016年
作者: 田邉 顕一 (たなべ けんいち,代表作:『バルーンチャレンジ』『リスボン、世界への扉』など)
8才~大人, 3~4人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

すごろくやゲーム大賞ロゴ すごろくやゲーム大賞
2016年 準候補
大どろぼうとズルい騎士:箱

『大どろぼうとズルい騎士』は、全員が提示した「お宝」群の報酬値を狙って、決算時にカードを「最後に」重ねた人になれるよう、個々のお宝の値を合計値上限として数札を重ねていく駆け引きカードゲームです。

大どろぼうとズルい騎士:展示用写真

毎回、自分の色の数値カードからランダムで引いた5枚を元に、各自が2枚の「お宝」を手元に提示します。この値がそのまま得点となりますので、自分が提示したものも含めて、できるだけ高得点になるようにたくさんのお宝を狙います。

1人ずつ代わりばんこに、残りの数札3枚から1枚を選んで、狙うお宝の所に重ね、自分の〈狙い〉を主張します。すでに他の人の数札が置かれていたとしても重ねて構いませんが、重ねられた数値の合計がそのお宝の値(上限)を越えるものは置けません。

例えば、お宝〈7〉の所に〈8〉は置けませんし、〈7〉のお宝に〈1〉がすでに置かれているなら、重ねられるのは〈6〉以下、ということになります。

そして、それぞれのお宝に重ねられた〈狙い〉のうち、とにかく最後に数札を出した人がお宝を獲得します。つまり、お宝の上限ぴったり(余白0)の値になるように出せた場合は、確実にそのお宝を獲得できるのです。
ただし、なかなかちょうどの値のお宝はありませんし、もし「ちょうどの値」のお宝が狙えるならば、もっと得点が高いお宝を狙えることにもなります。とはいえ、「ちょうどの値」にできないと、誰かが後からその余白を狙って1や2を出してくるかもしれません。

こうして1枚ずつ出していき、誰もが出せなくなると決算です。個々のお宝を調べ、狙われた中で最後にカードを置いた人か、誰にも狙われなかったなら提示した本人が獲得しながら得点を計上します。残りのカードで再び手札5枚を用意し…と、3回分繰り返したらゲーム終了。いちばん得点合計が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: たった3枚しかない数札での獲得の攻防や、それを鑑みたお宝として出す2枚の選択など、随所にジワジワと解ってくる熱い駆け引き要素がちりばめられた見事なゲームです。
短時間でじっくり楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

すごろくやゲーム大賞2016の準候補に選ばせていただきました。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/04/28(金) 17:25:18|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁
次のページ