高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:チューリップ・バブル / Tulip Bubble

暴落時期を鑑み球根種売買で稼ぐ
チューリップバブル(第三版) / Tulip Bubble
発行元: ぐうのね (日本), 発行年: 2016年(初版2015年)
作者: 紅陽 (こうよう)
10才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

チューリップ・バブル:箱

『チューリップ・バブル』は、各自チューリップの投機家となって、徐々に高騰する6品種×赤白黄色の花球根の値動きと入荷状況、愛好家の需要などを見定めつつ、安く購入し高く売ることでバブル崩壊時までに収益を競う、オランダでの史実を題材にしたゲームです。

チューリップ・バブル:近影

17世紀のオランダで実際に起こった、チューリップ球根の価格が異常に高騰して突然下降した(泡=バブルのように弾けた)ために経済に大打撃を与えた社会事件をテーマにしています。

全員、チューリップの花球根でひと儲けしようと目論む投機家となって、毎ラウンド市場に並ぶ6品種×3色(赤白黄)のチューリップカードを購入したり、売却したりします。

チューリップ・バブル:展示用写真

毎ラウンドが終了する度に、市場に少なくなっている(=より買われた)色の花は価値が高まり、余り気味な色のは価値が下がります。 さらに、毎ラウンドめくられる〈相場変動カード〉によって、意外な色種が上下します。 今何が安く買えて、次に何が高まるのかを予想したり操作したりすることで、うまく高値で売却して利益を稼いでいきましょう。

また、特定の品種や色の組み合わせでチューリップを欲しがっているマニアたちのリクエストも提示されています。 もし彼らのリクエストを満たせれば大きな利益となりますので、どの組み合わせが効率的か、や、次回ラウンドの入荷予定にも目を配る必要があります。

このため、市場での品種購入ではライバルと希望が被りがちになります。 希望が被った場合には競りが発生します。ただし、ゲームを通して所持金は常にギリギリであることや、落札したときに競り値を釣り上げた分はライバルに分配されてしまうため、むしろ手番順の優先度を活かして絶妙な初値を設定することが重要になります。

こうしてゲームを続けていき、相場変動カードの終盤でランダムな「バブル崩壊」が現れたときに所持金額が一番高いか、バブル崩壊までに異常に高価な「伝説の黒いチューリップ」を購入できた人が勝ちです。

ここがオススメ: 常にジリ貧の状態で、ときには借金をしながら売却と購入を繰り返し、少しずつ利益が出て資産が拡大する喜びが楽しめるゲームです。相場変動カードによってかなり展開が異なりますので、何度も遊びごたえがあります。
じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。美しいイラストのチューリップカードやチューリップ型のコマなど、豪華なコンポーネントも魅力です。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/20(水) 20:36:30|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:みんなでぽんこつペイント

丸と直線縛りの絵画ジェスチャー
みんなでぽんこつペイント
発行元: モグワイ (日本), 発行年: 2017年(原版2011年)
作者: ちかすず (『トゥーアンリミテッド』『じゃんけんノーボーダー』など)
6才~大人, 3~12人用, 所要10分, ルール難度:★ (1)

みんなでぽんこつペイント:箱

『みんなでぽんこつペイント』は、毎回、お題カードのリスト候補からサイコロで決まった「とあるもの」を、それを1人だけ知らない回答者に当ててもらうべく、他全員で、真円と直線だけのできるだけ画数が少ない図を捻り出して描いて発表するゲームです。

みんなでぽんこつペイント:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに回答者になります。 お題カードとサイコロで決まった「あるもの」をそれ以外の人にいっせいに絵で描いてもらい、1人ずつ発表してもらいながら、もし当てられれば、その当てたきっかけになった絵を描いた人と一緒に得点がもらえます。

ただし、絵といっても、真円と直線だけしか描いてはいけません。 また、1人ずつ発表する順番は、真円を1画、直線1本を1画と数えて、より少ない合計画数で描けた人で決まります。

つまり、細かな描写の上手さは必要ありません。 むしろ、構図や連想させるようなシチュエーションの想像力が問われるのです。

こうして、出題→お絵描き→1人ずつ発表→得点、を、回答者を変えながら繰り返していき、いちばん得点が高かった人が勝ちです。

ここがオススメ: 「絵のジェスチャーゲーム」の一種ですが、できるだけ少ない画数で描かないとライバルよりも発表の機会で遅れをとってしまうため、絵の巧さではなく「大胆な特徴描写」が必要になるゲームです。いっぽうで、画数の少なさにこだわるあまり「何だかさっぱりわからない」絵も続出します。そんな「わかるわけない」絵でも、いろんな人の構図を組み合わせることで次第に判るようになってくるのが楽しくて盛り上がります。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/14(木) 15:19:13|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:箱庭鉄道 / Mini Rails

49マス内で路線拡大と株式を競う
箱庭鉄道 / Mini Rails
メーカー: Moaideas Game Design (モアイデアズ, 台湾), 発行年: 2017年
作者: Mark Gerrits (マーク・ゲーリッツ)
15才~大人, 3~5人用, 所要40〜60分, ルール難度:★★ (2)

箱庭鉄道:箱

『箱庭鉄道』は、場に並べられた鉄道会社6社(色)のマーカーを選んでは、〈株券〉として手元に獲得するのか、〈線路〉としてボード上に敷設(ふせつ)して株価を変動させるのかを決め、最終的な6社の株価に応じた得点を競うゲームです。

箱庭鉄道:展示用写真

全員の共有物として、色で分けられた鉄道会社6社があり、ボード上でこの6社のマーカー配置による勢力拡大が行なわれることで、株価(=得点)が変動していきます。

中央市場ボード(写真右下)に、6社のマーカーが袋からランダムに配置されています。
1人ずつ代わりばんこに、コマの並び順で自分の番を行なっていきます。自分の番を示すそのコマを取り、市場に並んだ6社のマーカーのうちどれかを選択して置き換え、取ったそのマーカーを〈株価マーカーとして手元の損益のボードに置く〉か〈その会社の勢力拡大線路として地形に配置する〉かを選ぶ、を繰り返していきます。

〈株価マーカーとして手元の損益のボードに置く〉と、まずは0点ですが、その会社が勢力を拡大するたびにその分だけ得点が入ります。

〈その会社の勢力拡大線路として地形に配置する〉と、その会社が勢力を拡大したものとして、その会社の株価マーカーを持っている全員が利益(得点)を得ます。利益は配置した地形マスに描かれたポッチの個数です。しかし、減益になってしまう〈赤いポッチ〉もいくつか存在します。

今後の有望性や、誰が得するか/損するかを見極めつつ、取得する会社マーカーや配置するマスを選びましょう。

こうして、コマ並びに従ってマーカーと置き換えながら、自分の番を全員が2回行なったら1ラウンド終了です。 特に決算などは行ないません。市場に必ず余るマーカー1個を、「課税対象」として市場ボード上で避け、再度、袋からランダムで引いた会社マーカーを市場に補充して…と次ラウンドを始めます。

次のラウンドでの手番順は、先ほどマーカーと置き換えてできたコマの並びで決まります。つまり、会社マーカー選びは、次ラウンドの手番優先順位も考える必要があるのです。

こうしてゲームを続けていき、6ラウンドを終えるとゲーム終了です。
ただし、各ラウンドで余ったマーカー計6個によって、課税対象の会社が決まり、恐ろしいことが起こります。 一度でも課税対象となった、つまり「余るほど動きが鈍かった」会社は、各自の損益ボード上で、どんなマイナスでも「0」として免除されます。逆に、一度も課税対象にならなかった、つまり「誰もが使いたがった」会社は、各自の損益ボード上で、どんなにプラスでも「0」にされます。
このため、ゲーム中では各自のマーカー選択による「このラウンドでは何が余るのか」の読みと計画性がたいへん重要になります。

最終的な株価を合計し、いちばん高い人が勝ちです。

ここがオススメ: さまざまなことに影響する会社マーカー選択という無駄のない研ぎ澄まされたルールによって、比較的短時間で重厚鉄道ゲームのような線路敷設の陣取りや鉄道会社の株価変動の運営ドラマが味わえるゲームです。ルールはシンプルで、説明書の巻末1ページに収まるほどしかありません。 また、毎回異なる地形で遊べるようにボードが六角形パーツに分かれているのですが、組み合わせたときに継ぎ目の隙間が出ない成形も見事です。
じっくり楽しめる大人向けとして超おすすめです。ぜひ遊んでみてください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/09(土) 22:16:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クレイジービル / Palazzo Pazzo

足場を方向縛りで積み高みを競う
クレイジービル / Palazzo Pazzo
メーカー: milaniwood (ミラニウッド, イタリア), 発行年: 2017年
作者: Bice Dantona (ビーチェ・ダントーナ) & Bernardo Corbellini (ベルナルド・コルベリーニ)
5才~大人, 2人専用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

クレイジービル:箱

『クレイジービル』は、交互に木製ブロックをサイコロ指示の面を上にしてビルの好きなところに積んでは、自駒をその上に乗せ、ビルを崩さないようにより高い位置を競うゲームです。

クレイジービル:展示用写真

ブロック1個を基礎として、木製ブロックでビルを建設していきます。
1人ずつ代わりばんこ、サイコロを振り、そのS(小)/M(中)/L(大)で示された面をかならず上にして、ビルの中の好きなところに積みます。かならずしも上へ上へ積み上げるわけではないところがポイントです。

うまくブロックを積めたら、その上に自分の色の〈工事おじさん〉駒を運び乗せます。ブロックを積んだ位置によっては、駒が下がることもあるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、相手がビルを崩すか、ブロックを使い切ったときにより自分の駒が高いところにいると勝ちです。

ここがオススメ: 毎回、ブロックを置く面がランダムで指示されることで、遊ぶたびにまったく違う形状のビルができていきます。どこがどう支えているか、重心がどのように変化しているかを見極めて、戦略上、ときには安全に「いったん降りる」勇気も重要な「戦略バランスゲーム」です。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/08(金) 17:26:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ゴーゴージェラート! / Go Go Gelato!

指示通りにコーン上の色玉を移す
ゴーゴージェラート! / Go Go Gelato!
メーカー: Blue Orange (ブルーオレンジ, フランス), 発行年: 2017年
国内版発売元: テンデイズゲームズ, 国内版発行年: 2017年
作者: Roberto Fraga (ロベルト・フラガ, 代表作:『ダンシングエッグ』『ドクターエウレカ』など多数)
6才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

ゴーゴージェラート!:箱

『ゴーゴージェラート!』は、毎回、お題カードで指示されたジェラート群と同じ並び・同じ色の構成にするべく、全員が一斉に、コーンだけを取っ替え引っ替えしながら傾け、乗っているアイスクリーム玉をスピード勝負で移すゲームです。

ゴーゴージェラート!:展示用写真

1人ずつ、コーン4色分と色玉3個を持ってゲームスタートです。 毎回めくられるお題カードの指示通りの色構成になるように、空いているコーンを使ってアイスクリーム玉を移していきます。ただし、そう簡単ではありません。

コーンは、床と接している面積が小さいため、コーンを床に置いたままでアイスクリーム玉を移そうとすると倒れてしまいます。 必ず両手で2本のコーンを握りながら玉を移す必要があるのです。ライバルに負けないように急がなければなりません。

でも、アイスクリーム玉をコーンの上からこぼさないよう慎重に。 もしこぼすと、空いたコーン2本だけをうまく使って、挟むようにアイスクリーム玉回収しなければなりません。 床に落とそうものなら最悪です。

さらに、ときどき「コーン同士を塔のように積み重ねてその上にアイスクリーム玉」といったいじわるなお題も登場します。

こうして、お題通りにいち早く作れたがお題カードをもらい、新しいお題をめくり、…とゲームを続けていき、先に5枚目を集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: スピードと慎重さ、そして効率良く入れ替える頭を求められ、「玉こぼし」も含めてわあわあと盛り上がります。 手軽に楽しめる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/05(火) 14:52:37|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁
次のページ