高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

「ほぼ日」に「すごろくや」

こんばんは。
今日、最近ゲームを一緒に遊んでなくて久しいイカさん(仮名)から、ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞, http://www.1101.com/)に紹介されているよ、と連絡をもらいました。

見てみると『今日のダーリン』という日替わりの扉のエッセイで、先日すごろくやで買ったゲーム、と取り上げていただきました。とても嬉しかったです。

その昔在籍した糸井さんの『エイプ』でも、実はテレビゲームだけでなく、カードゲームをいくつか出していました。
もう15年くらい前になりますが、『ハーベスト』や『Jランナー』、『ラメカ』『はなまる作文カードゲーム』『スロットブラザース』『エドカ』などなど、今遊んでも遜色ないものでした。
もし、これらの貴重なカードゲームを目にする機会がありましたら、ぜひ遊んでみてください。


  1. 2009/10/17(土) 21:15:51|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

高円寺フェス2009での新作カードゲーム×2

こんにちは。 先日もお知らせした、11月7日と8日の土日2日間で、高円寺の街中の商店160件と商店街が一同に催しを行なう大文化祭『高円寺フェス2009』の続報です。

すごろくやでは、

  • 当日のみ100円のオリジナルゲーム第二弾『イチゴリラ』新発売
  • 同じくのゲーム第三弾『グースカ・パースカ』新発売
  • 『グースカ・パースカ』ゲーム大会
  • 夜の大人のゲーム大会

を予定しています。

イチゴリラ:カード

『イチゴリラ』は、神経衰弱(メモリーゲーム)に ありそうでなかった新しい仕掛けを入れた、可愛らしい絵柄の、誰でも2~6人くらいまで楽しめるカードゲームです。原案はポケモンカードゲームの大山功一さんです。


グースカ・パースカ:カード(仮)

一方の『グースカ・パースカ』は2人専用で、ジャンケンと得点をベースに、とある仕掛けによって情報戦までもが繰り広げられる、シンプルなのに読み合いの深~い対戦ゲームです。原案は『熟語トランプ』『ナイスミドル』の居椿善久さんです。


どちらも昨年の『すすめ!!海賊さん』同様、各デザイナーさんと一緒に店主がトータルデザインまで作り込んだ、かなりの自信作です。
小さい子から誰でも『おおーっ!』と楽しめる『イチゴリラ』と、読み合いがシビれる『グースカ・パースカ』、あなたはどちらがお好みでしょうか!?
フェス当日は100円(店頭のみ)、フェス後は500円での販売となりますので、この機会をお見逃しなく!

ゲーム大会については、また追ってお知らせします。

すごろくやは、この半年間、この高円寺フェスの実行委員として中心になって動いております。
このため、最近ほとんどゲーム紹介ができておりません。申し訳ないです…。
今年は宝探し的な要素を入れたスタンプラリー&福引き(1等1万円!)などなど、ありとあらゆるいろいろな催しで楽しめる高円寺フェス、ぜひ11月7日と8日は高円寺にお越しくださいー。


  1. 2009/10/11(日) 15:21:52|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

10/10&11 吉祥寺 おもちゃ市場に出店します

こんばんは。
今週末の土日(10日&11日)、東京 吉祥寺で開催される「おもちゃ市場」に、今年もすごろくやが出店することになりました(10:00~19:00)。
※ お店は通常通り営業しています。

吉祥寺駅の北側、東急百貨店の北側広場で、さまざまな珍しいおもちゃ屋さんがテント村の形式で立ち並びます。

吉祥寺おもちゃ市場2008写真

大きな地図で見る

この「おもちゃ市場」イベントは、毎年開催される「吉祥寺アニメワンダーランド2009」の一環として行なわれます。

すごろくやブースでは、『フルスロットル・カードゲーム』や『お菓子の魔女』など、誰でも簡単に遊べるゲームを展示・販売する予定です。

また、隣のブースでは『どうぶつしょうぎ』の体験会が行なわれる予定です。
10日(土)は、14:00~16:00の間だけ、イラストを担当した女流棋士の藤田麻衣子さんがレクチャーしてくださるそうですよ。

もしよろしければ遊びにいらしてくださいー。


  1. 2009/10/05(月) 22:21:12|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:お菓子の魔女 / Knusperhexe

山崩し的に屋根からカードを抜く
お菓子の魔女 / Knusperhexe
メーカー: HABA(ハバ, ドイツ), 発売年: 2009年
作者: Heinz Meister(ハインツ・マイスター, 代表作: 『スティッキー』『カエルの飛び込み大会』など多数)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆

お菓子の魔女:箱

『お菓子の魔女』は、屋根として重ねられた たくさんのお菓子カードを、1枚ずつ引き抜いて集めるゲームです。

お菓子の魔女:展示用写真

童話に出てきた、お菓子の家の屋根から少しずつお菓子をいただいちゃいましょう。でも、魔女が目覚めないように気をつけて!

1人ずつ代わりばんこに、屋根に重なっているお菓子カードを1枚引き抜いては、描かれているお菓子を確認して自分の手元に重ねていきます。もし、さっき取ったのと同じ種類のお菓子を取ってしまったら、屋根に戻さなければなりません。

こうしてゲームを続けていき、カード同士が支えきれずに屋根が崩れてしまったら、一番カードを多く持っている人がごほうびのキャンディをもらって1ラウンド終了です。これを繰り返して、キャンディを先に2個もらった人が優勝です。

ここがオススメ: 慎重に、ぎりぎりの線を睨みながら1枚1枚抜いていく緊張感が楽しいゲームです。お菓子カードを屋根に戻さねばならないとき、他の人達がそのカードを取れないように、難しい場所に挿し入れましょう。
たった1枚が抜けたことで ザァッ!と豪快に崩れるさまは見ものです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2009/10/01(木) 17:33:42|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁