高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ドラゴン・ディエゴ

他人が玉で狙ったマトを予想する
ドラゴン・ディエゴ / Diego Drachenzahn
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2009年
作者: Manfred Ludwig (マンフレッド・ルートヴィヒ, 代表作: 『ねことねずみの大レース』など多数)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★(1)

ドイツ 2010年
キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)
大賞受賞

ドラゴン・ディエゴ:箱

『ドラゴン・ディエゴ』は、火炎弾を吐くドラゴンとしてビー玉を転がして的を狙いつつ、他の人はどの的を狙おうとしていたかの予想をして、得点を稼いでいくゲームです。

ドラゴン・ディエゴ:遊戯中

毎回、代わりばんこに、1人が炎の弾を吐くドラゴン・ディエゴの役、その他が予想する役を行ないます。

ドラゴン・ディエゴ役の人は、山から引いたタイルの絵をこっそりと見て、今回得点になる1マスを確認します。なるべくたくさんそのマスに入るように、3個のビー玉を1個ずつ指で弾きます。しかし、マスの幅はビー玉の大きさギリギリなので、少しコントロールが狂うだけで、となりのマスに入ったり、あらぬ方向へ飛んでいったりします。

ドラゴン役が3個を弾き終えたら、今度は他の人たちの番です。いったいドラゴン役はどのマスを狙おうとしていたのか、手持ちのカードによって予想します。ビー玉がたくさん入っているからといって、そこが狙いとは限らないのがミソです。

カードをせーの!で公開して答え合わせを行ない、ドラゴン役には狙ったマスに入れられた分の得点が、他の人たちには予想が当たった分だけ得点が与えられます。

こうしてまたドラゴン役を交代して、と繰り返していき、規定回数を終えたらゲーム終了。いちばん得点を獲得した人の勝ちです。

ここがオススメ: ドラゴン役は明確にバレない程度にマスを狙い、他の人たちはドラゴン役の技量と性格を考えて予想を立てますが、なかなか思い通りにいかずに「え~っ!」と笑いを誘う、わりと大人向けにもお勧めのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/05/30(日) 21:28:03|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:国富論拡張セット

軍事コマや生産場、タイルの追加
国富論拡張セット:戦雲 / Wealth of Nations: War Clouds
メーカー: TableStar Games (テーブルスター, USA), 発売年: 2010年
作者: Peter Hansell (ピーター・ハンセル)
13才~大人, 2~6人用, 所要120分以上, 追加ルール難度:★★(2)

国富論拡張セット:戦雲:箱
国富論拡張セット:戦雲:内容物

【リリース文より】 あなたの国は、もはやこれ以上軍拡競争に耐えることができません。剣は抜かれてしまったのです。後はどう返すか。敵国へ侵攻するのか、国境防衛に重きを置くのか?選ぶは戦争か、それとも平和か?

「戦雲」は、戦略ゲーム「国富論」の最初の拡張セットです。このセットには、戦争をするための新ルール、新たな生産場、高度産業タイル、公式第2版ルール、国富論を2人でプレイするルールが入っています。


[ボタン:取り扱いリストで確認/購入]

混合種や金融、軍需タイルの追加
国富論拡張タイル:高度成長 / Wealth of Nations Super Industry Tiles
メーカー: TableStar Games (テーブルスター, USA), 発売年: 2010年
作者: Peter Hansell (ピーター・ハンセル)
13才~大人, 2~6人用, 所要120分以上, 追加ルール難度:★(1)

国富論拡張タイル:箱
国富論拡張タイル:内容物

【リリース文より】 あらゆる国家は競争のために常に革新し続けなくてはなりません。そのような国家のために、この新しい高度産業タイルがあります!

この「国富論」の第2拡張セットには、新たな高度産業タイルのルール、農場と発電所の両方で機能する統合経済タイル、メガバンクを生みだす金融センタータイル、戦争を支援する軍需産業タイルなどが含まれます。


[ボタン:取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/05/28(金) 16:24:02|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:サファリツアー / Wilde Bande

出し続けられる動物札2種を選ぶ
サファリツアー / Wilde Bande
メーカー: AMIGO (アミーゴ, ドイツ), 発売年: 2009年
作者: Haim Shafir (ハイム・シャフィール, 代表作: ハリガリ)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★(1)

サファリツアー:箱

『サファリツアー』は、毎回定められた2種類の動物カードを出し続けて、出せなくなったら脱落し、最後の1人になれればそれまで出されたカードをごっそりもらう、カードを集めるゲームです。

サファリツアー:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、手札から動物カード1枚を選んで場に出す→補充する、を繰り返していきます。
しかし、出せる動物は、すでに場に置かれた2種類のどちらかだけです。 または、ジョーカー扱いのツーリストカードでも構いません。

もし、出せるカードがない、もくは、出したくないときには、「降参!」といって今回の勝負から降りましょう。
こうして、次々とライバルが脱落しながらも、カードを出し続けられた最後の1人になれたら、それまで溜まったカードをごっそりともらい、これが得点の元となります。つまり、勝負がエスカレートしていき、どんどん場の枚数が溜まっていけばいくほど、負けられなくなってしまうのです。

そしてまた次はまっさらな状態から始めます。1枚目と2枚目を出す人が、今回の動物の種類を決めることができます。
どうしても自分が不利な動物がいるときには、特別な「アニマルカード」を出すことで、途中で自分に有利な動物に切り替えていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、補充用の山札が尽きたら終了の合図です。最後にいちばんカードを集めた人の勝ちです。

ここがオススメ: 誰でもできるようなとても簡単なルールながら、ヒートアップしてカードがたくさん溜まった後に獲得できたときの嬉しさは格別の、楽しく盛り上がれる、子どもさんを交えたご家族にお勧めのゲームです。
『ノイカードゲーム』に近い楽しさがありますが、数字の足し算ができなくても楽しめるので、もっと下のお子さんでも遊ぶことができるでしょう。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/05/28(金) 12:43:50|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:出発進行!

各自の損得考え車両タイルを選ぶ
出発進行! / Volldampf voraus!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2009年
作者: Thilo Hutzler (ティロ・フッツラー, 代表作:『コケッコ・ゲルダ』)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆(1.5)

出発進行!:箱

『出発進行!』は、場の車両タイルを選んでは自分のボードに配置し、列車を完成させて、タイルの枚数を競うゲームです。

出発進行!:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、場にめくられた4枚のタイルの中から1枚を選んでは、自分の操車場ボードに配置していきます。
ボードには、蒸気機関車、貨物列車、高速鉄道といった3種類の列車があり、それぞれ対応したマスに車両タイルを連結させることで、出発可能な状態に近づいていきます。

どれかの列車のマスがすべて埋まったら出発進行です。その列車に並べた車両タイルを積み重ねて山にします。
もし、自分がこれまで積み重ねた山が他の誰のよりも高ければ(=枚数が多ければ)、蒸気機関車のコマを手元に引き寄せることができます。

しかし、この蒸気機関車のコマはひとつしかありません。もし誰かが列車を完成させて、自分の高さ(合計枚数)が越えられると、蒸気機関車のコマは奪われてしまいます。
ライバルのボードをよく見て、誰がどの列車を作ろうとしているのかを察知し、有益なタイルを取らせないようにしましょう。

タイルには特殊なものもあり、「クレーン車両」はどんな車両としても使えて、「連結士」は人のボードからタイルを奪うことができ、「車掌さん」は選べずに置かれたまま、ラウンドの終了を促します。

こうしてゲームを続けていき、車掌さんのタイルが3枚現れたら「しゅっぱつしんこーう!」と1ラウンド終了。そのタイミングで蒸気機関車のコマを持っている人に、ごほうびの宝石が与えられます。
ふたたび、まっさらな状態から始めて…とラウンドを繰り返していき、先に宝石を2個獲得した人の勝ちです。

ここがオススメ: 鉄道をテーマに、状況をよく見てタイルの損得を考えつつも、いきなり終わりを告げる車掌さんにドキドキするのが楽しい、子どもも交えて手軽に遊べるお勧めのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2010/05/28(金) 00:28:41|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲームグッズ紹介:ドミニオンパンツ:フルセット

遊び易くする便利ツール全部入り
ドミニオンパンツ:フルセット
メーカー: すごろくや, 発売年: 2010年

ドミニオンパンツ 陰謀用 第二版

話題のゲーム『ドミニオン』を、より簡単に、より便利に遊ぶために作られた当店人気のオリジナルグッズ『ドミニオンパンツ』の「ぜんぶ入り」です。
基本セット用をはじめ、これまで発売された拡張セットやプロモーションカード用の17点が入っていて、個別に揃えるよりも安価でお得なセットです。
(※ 「得点財宝用」は1セット分しか含まれておりませんのでご注意ください)

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/05/24(月) 19:43:33|
  2. その他の商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:果樹園メモリーゲーム

覚えておいた果物をめくって収穫
果樹園メモリーゲーム / Obstgarten - Das Memo Spiel
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2009年
作者: Anneliese Farkaschovsky (アンネリーゼ・ファルカショフスキー, 代表作: 果樹園)
3才~大人, 2~4人用, 所要10~15分, ルール難度:★

果樹園メモリーゲーム:箱

『果樹園メモリーゲーム』は、めくられた果物タイルの内容を覚えておき、サイコロで示された色と合うものをうまく見つけていくゲームです。

果樹園メモリーゲーム:展示用写真

たいへん! 甘くておいしい果物がたくさんなっている果樹園に、お腹をぺこぺこにすかせたカラスが近づいています。カラスが果樹園につくまでに、みんなで協力して、先にすべての果物を穫りつくしましょう。

果樹園メモリーゲーム:開始状態

16枚の果物タイルが伏せられています。1人ずつ、代わりばんこにサイコロを振り、出た色に合う果物(青リンゴ・洋ナシ・サクランボ・プラム)が見つけられるように、タイルを1枚めくります。


もし、サイコロの指示と合っていれば、その果物を自分のバスケットにもらえますが、違っていたら伏せて元に戻します。
もちろん、最初のうちは当てずっぽうですが、だんだん、どこに何の果物があるのかが判ってきます。

また、サイコロには色以外にも、特別な、色を選べる「バスケット」や、カラスが一歩ずつ進んでしまう「カラス」マークもあります。

こうしてゲームを続けていき、先にカラスが果樹園の入口まで進んでしまったら全員の負け、それよりも前にすべての果物タイルを穫りつくすことができたら全員の勝ちです。
各自が獲得したタイル枚数で競争する応用ルールもあります。

ここがオススメ: カラスの進行にドキドキしながら、「あそこはたしか赤だった」「そこだけは違うと思う」など、みんなの協力でタイル内容の記憶を補い合って立ち向かう、幼児からでも楽しめるおすすめのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/05/22(土) 15:24:31|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

雑誌記事紹介:情報誌VISA 2010年6月号

雑誌掲載記事のご紹介です。

情報誌VISA 2010 6月号:表紙

VISAカードのゴールド会員向けに配布されている月刊情報誌『VISA(ビザ, VJAグループ発行) 』2010年6月号(No.446) 定価397円(税込)に、すごろくや と、取り扱っているゲームの紹介記事を掲載していただきました。

“遊びのある暮らし提案マガジン”をコンセプトに、国内・海外特集に加え、生活関連特集、チケットガイド、特選ツアー情報、各種サービス情報など、暮らしに役立つフレッシュな情報を満載した内容でお届けしているこの「VISA」。この6月号では、「ワンダーフォーカス」として、ベルギー、ブリューゲル街道の紹介を筆頭特集としています。

そして、特集#2では「知遊派宣言:ボードゲーム熱狂」として、「海外と日本のボードゲーム事情」「女流棋士・高橋和さんがカルカソンヌに初挑戦」「ボードゲーム指名買い」「人生ゲーム クロニクル」「海を越えた同人ボードゲーム」など、なんと10ページにわたってボードゲームの大きな特集が組まれています。

情報誌VISA 2010 6月号:ボードゲーム特集ページ

この情報誌『VISA』は、飛行機内でも読めるそうです。もし機会がありましたらご覧になってみてください。

【掲載されたゲーム】

ゴミ4種を分別して報酬を稼ぐ

アールエコ(ドイツ版) / R-Öko

8才~大人, 3~5人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥1,500

毎回変わる環境で牧畜農耕を営む

アグリコラ(日本語改訂版, ルールガイド付) / Agricola - Japanese Edition

12才~大人, 1~5人用, 所要120分, ルール難度:★★☆, ¥8,900

すごろくやオリジナル ルールガイド付き

ドイツ 2008年ゲーム大賞:特別賞

背中で判る赤と青のおばけチェス

ガイスター / Geister

10才~大人, 2人専用, 所要15分, ルール難度:★☆, ¥2,800

ドイツ 1982年ゲーム大賞:最終候補

資材を組み合わせて道や街を作る

カタンの開拓者(第4版) / The Settlers of Catan (4th Edition)

10才~大人, 3~4人用, 所要60分, ルール難度:★★☆, ¥5,600

ドイツ 1995年ゲーム大賞:大賞

町や道タイルを繋げて部下で統治

カルカソンヌ(日本語版, DVD付) / Carcassonne - Japanese Edition

6才~大人, 2~5人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥3,200

すごろくやオリジナル 説明DVD付き

ドイツ 2001年ゲーム大賞:大賞

お題の印象から意味深な絵を推理

ディクシット / Dixit

8才~大人, 3~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥4,700

考古学の知識を蓄えて遺跡を発掘

テーベの東 / Jenseits von Theben

10才~大人, 2~4人用, 所要90分, ルール難度:★★☆, ¥6,800

ドイツ 2007年ゲーム大賞:最終候補

循環を鑑みて自分の山札を育てる

ドミニオン(日本語版) / Dominion - Japanese Edition

8才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥4,700

ドイツ 2009年ゲーム大賞:大賞

競りで積み木を売買し積み上げる

バウザック / Bausack

8才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥8,500

連携駆使し世界の病原感染を断つ

パンデミック(日本語版) / Pandemic - Japanese Edition

10才~大人, 2~4人用, 所要45分, ルール難度:★★, ¥4,200

すごろくやオリジナル ルール補足付き

ドイツ 2009年ゲーム大賞:最終候補

職業と建物を駆使して生産・経営

プエルトリコ / Puerto Rico

12才~大人, 3~5人用, 所要120分, ルール難度:★★☆, ¥5,000

ドイツ 2002年ゲーム大賞:最終候補

日本 2002年 国内投票 フリーク部門 1位

ダイス30個、ウソ混ぜて出目予想

ブラフ / Bluff

12才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥4,000

ドイツ 1993年ゲーム大賞:大賞

頭と末の字札でスピードしりとり

ワードバスケット

10才~大人, 2~8人用, 所要10分, ルール難度:★☆, ¥1,500

船と海賊船の巡りを鑑み宝石稼ぐ

ワイルドバイキング・ボードゲーム / Wilde Wikinger - Machen fette Beute

7才~大人, 2~5人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥3,990


  1. 2010/05/18(火) 17:23:47|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ファウナ / FAUNA

動物360種の生息地/体長を賭ける
ファウナ / Fauna
メーカー: Huch & Friends (フッフ・フレンズ, ドイツ), 発売年: 2008年
作者: Friedemann Friese (フリーデマン・フリーゼ, 代表作: 電力会社)
10才~大人, 2~6人用, 所要45分, ルール難度:★☆(1.5)

ドイツ 2009年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)

ファウナ(日本語版):箱

『ファウナ』は、カードとして1種類ずつ出題される、360種類の実在する動物に対して、生息地域や体重、体長などを推測してうまく当て、得点を稼いでいくゲームです。

ファウナ:展示用写真

カードによって360種類の動物のうち1枚が無作為に選ばれ、今回のお題となります。

動物のほとんどは、世界中の、見たこともないようなマイナーなものばかりです。カードの上半分、名前とイラストだけから、各自、「おそらく生息地はここだろう」「きっと体長はこのくらいかな?」などと推測します。

ファウナ(日本語版):カード4枚サンプル

さあ、1人ずつ順番に、手持ちのコマから1個ずつ出して、ボード上で生息地と思われる地区のマスや、体重、体長、尻尾の長さのマスを抑えていきましょう。
1回の手番では1箇所のマスしか抑えられません。また、誰かが抑えてしまったマスにはもう置けませんので、自信があって高得点が狙えそうなマスや、他の人には置かれたくないマスをよく考えなければなりません。

答え合わせのとき、間違った場所に置かれたコマは没収されてしまい、次回から賭けたくても賭けられなくなってしまいます。コマがある程度置かれてきて、もう得点できるマスがなさそうなら、「パス」を宣言して賭けから降りましょう。

こうして、全員がパスしたら答え合わせです。カードの下半分を公開し、正解ぴったしのマスには高得点、正解の隣のマスには小得点が与えられます。

こうしてまた次の動物が出て…、とゲームを続けていき、誰かが規定の得点に達したらゲームは終了、最多得点者が優勝となります。

ここがオススメ: それなりに普通の動物知識があるがゆえに、未知の動物を見たときにも「たぶん…」と推測ができたり、ライバルが抑えた場所に不安を覚えたり、でも正解はぜんぜん違っていて「エ~ッ!!」と全員で驚愕したりと、とてもかんたんなルールで誰でもドラマチックに楽しめる、超おすすめのゲームです。
メーカーの対象年齢には「10歳以上」とありますが、体毛や形状などから世界地図上の生息地がある程度推測できないと面白みに欠けてしまいます。適性はせめて高校生以上くらいだと思われます。例えば「ジャングルにいそう」と思っても、そのジャングルが世界地図上のどこにあるのか判らなければただの当てずっぽうになってしまいます。

よく「動物を憶えてしまったら面白くなくなりますよね?」と質問されることが多いゲームですが、まったく心配はいりません。動物は360種類もいて、そのうち1回のゲームで使うのはせいぜい10数枚です。また、遊んでみると分かりますが、今の問題に集中すると直前の問題カードですらあまり覚えてはいませんので、カード内容を覚えてしまって楽しめなくなることはほぼ考えられないでしょう。

日本語版 2013年1月に日本語版が発売になりました。ほとんどのテキストが日本語表記に置き換えられています。アルファベット表記は動物の学名と目/科のみです。
なお、本家ドイツ語版のみに付いている、設問動物の詳細が記された小冊子は付いていません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/05/18(火) 02:16:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ジャングルスピード / Jungle Speed

場の図形をよく見て棒を掴み取る
ジャングルスピード / Jungle Speed
メーカー: Asmodée (アスモデ, フランス), 発売年: 2011年(原版は1997年)
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2011年
作者: Pierrick Yakovenko & Thomas Vuarchex (Yako & Tom)
7才~大人, 2~10人用, 所要10分, ルール難度:★☆(1.5)

ジャングルスピード2011 日本語版:箱

『ジャングルスピード』は、次々にめくられていくカードの図形に目をこらし、お手付きができない緊張感の中、同じ形を察知して素早く棒を掴み取り、手持ちのカードを減らしていくゲームです。

ジャングルスピード2011 :展示用写真

1人ずつ順番に、自分の山札からカードをめくっていきます。次々と 似たような形の図形がめくられていく中、色には惑わされず「同じ形が揃った!」と見たら、素早くテーブル上の棒(トーテム)を掴み取ります。

ただし、トーテムを掴み取ることを許されているのは、その揃った形のカードを出している「当事者」だけです。
もし、当事者ではないのにトーテムに触れてしまった人は、「お手付き」として、場に出された全員のカードを引き取らなければなりません。

(正しい)当事者同士がトーテムの早取りを行なった場合には、当事者同士がこれまで出したカードの束を、取り遅れた方が引き取らなければなりません。

引き取らされたカードは山札に加えるので、「カードをすべて無くしたら勝ち」という条件から遠のいてしまいます。めくられるカードの形に目をこらして、常に素早くトーテムを取れる状態にしておきましょう。

カードの中には、「全員早取り」「色判定に切り替え」「全員めくり」という3種類の特別なイベントを起こすスペシャルカードもあり、これらが忘れた頃に出てきて場を混乱させます。

こうしてゲームを続けていき、誰かの手持ちカードが完全になくなったら、その人の勝ちとしてゲーム終了です。

動画を観ていただいた方が、どんなゲームの雰囲気かはすぐ判るはずです。海外での動画もたくさん投稿されています。“Jungle Speed”で検索してみてください。

ここがオススメ: 「当事者だけしか取ってはならない」がゆえに緊張する中で、ついつい間違えて爆笑を誘う、子供から大人まで幅広く盛り上がれる超おすすめのゲームです。よく、単純な反射神経ものだと思われることが多いのですが、実は「冷静になる」ことがいちばん大事です。
それぞれの図形が、緊張すると間違いを誘発するように、とても巧妙にできていることと、その枚数配分がポイントで、慣れてきても飽きる気がまったくしません。
スタッフを含めて、遊んだほぼ全員が「欲しい」と言い、また先日の親子ゲームイベントではダントツの人気をほこった大人気ゲームです。本国フランスでは100万個以上売れている、超有名ゲームだそうです。

簡単に遊ぶヒント 3種類のスペシャルカードは、若干ルールがややこしいため、簡単に遊ぶときには省いてしまっても良いでしょう。もし段階的に導入するなら、「全員めくり」「色判定に切り替え」「全員早取り」の順番をお勧めします。特に「全員早取り」は、ここから派生するルールがかなり複雑なので注意が必要です。

国や版の違い 国ごとや版によって若干仕様が異なります。2009年ごろから取り扱っていた北米用のものは、安全のために棒が柔らかいソフトビニールでできていました。2011年以降の新しい版では、棒が木製に戻って、カードの図形もわずかにノイズ模様が入っています。拡張カードセットをお求めになるときにはご注意ください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/05/12(水) 22:12:05|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム情報誌:シュピール16号

ボードゲームが日本で日常的に広く遊ばれることを目指して、イベントなどのゲーム普及活動をされているNPO法人 世界のボードゲームを広める会 ゆうもあさんのゲーム情報誌『シュピール』16号(2010年春号)の紹介です。

ゲーム情報誌
シュピール 16号 / SPIEL Spring 2010
発行: NPO法人 世界のボードゲームを広める会 ゆうもあ, 発行日: 2009年3月31日
44ページ, B5判サイズ

ゲーム情報誌シュピール16号:表紙
  • [特集] エッセン国際ゲーム祭「シュピール'09」
  • アラカルト・カードゲーム賞2009 ―史上初の三冠達成―
  • ニュースダイジェスト
    ~できごと2009 Winter - 2010~
  • ゆうゲームズ・プロジェクト 木のおもちゃ屋さん紹介
  • [コラム] ボードゲームと親の欲:第3話「ドメモ」
  • [コラム] ボードゲームのしょ~もない楽しみ方「デザイナー買い」
  • [コラム] 日本の伝統遊び「桑名の漢詩カルタ」
  • 草場純の遊びの教室
    ~外遊びの巻 其之弐~ 毬つき
  • 国産ボードゲーム最前線
    ~日本語版新作ボードゲームを一挙紹介!~
  • クローズアップ・パイオニア
    第15回 『パンデミック』デザイナー M.リーコック氏
  • テーブルゲームフェスティバル2009
  • ゆうもあ活動れぽ~と:「『ゆうもあ』の活動を振り返って」「ゲーム会を開こう!」等

なお、残念ながら、今号をもって休刊となるとのことです。

バックナンバーの紹介記事


  1. 2010/05/02(日) 11:49:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:コルヌコピア

他人の果物めくりの成否を賭ける
コルヌコピア / Cornucopia
メーカー: Gryphon Games(グリフォン, USA), 発売年: 2010年
作者: Carlo A. Rossi (カルロ・ロッシ, 代表作:アルケミスト, 大勝負) & Lorenzo Tarabini (ロレンツォ・タラビニ)
8才~大人, 2~5人用, 所要45~60分, ルール難度:★★

コルヌコピア:箱

『コルヌコピア』は、枚数を宣言しつつ果物カードをめくって並べていき、条件を揃えて果物の束を完成させたり、他の人の番のときに完成するか失敗するかを賭けたりして、より多く得点を稼ぐゲームです。
「コルヌコピア(Cornucopia)」とは、さまざまな果物や野菜を羊の角(つの)型に編んだ籠に入れたもので、食べ物と豊かさの象徴を表すものです。日本では「豊穣の角(ほうじょうのつの)」と呼ばれているそうです。

コルヌコピア:ゲーム中の展開

代わりばんこに、めくる枚数を宣言してから、山札から果物カードをめくっては場に配置していきます。

場に5列ある果物の束は、同じ種類か別の種類の組み合わせでないとカードを配置できません。
もし、条件に合わずに配置できない果物をめくってしまうと、ペナルティを受けたり、手番を終わらされたりします。 逆に、もし果物を配置して5枚揃えば、コルヌコピアの「完成」としてご褒美がもらえます。

このようにして、自分の番ではカードをめくることで得点を稼いでいきます。めくる枚数の宣言は、なるべく少ない方が高得点となるので、場の状況や使われたカード、得点のうまみをよく考えて枚数を決めましょう。

一方で、他の人の番にも得点を稼ぐ方法があります。
めくる枚数が宣言されたら、その人が成功(完成)するか/失敗するかを、得点を賭けて勝負することができるのです。

もし完成すれば、賭け点が倍に。失敗すれば没収となります。こちらも、場の状況などをよく考えて賭けていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、ゲーム終了時の最高得点を目指します。

ここがオススメ: 当てずっぽうにめくったり賭けたりしているだけでは稼げないので、状況を考えて確率を計っていきつつも、意外な結果に一喜一憂するお薦めのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。


  1. 2010/05/01(土) 14:42:09|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁