高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

7/19, 8/21, 9/12 ゲームイベント「親子でお座敷 ゲームとお寿司」

親子向けゲーム会 7月・8月・9月分のお知らせです。

2010.6.20親子ゲームイベント:にぎわい

昨日20日に行なった『親子でお座敷 ゲームとお寿司 第3回目』は、16組 39名と、これまでで最多参加の親子ゲーム会となりました。ご参加いただいた皆さん、どうもありがとうございました!

2010.6.20親子ゲームイベント:宴会場 2010.6.20親子ゲームイベント:用意したゲーム

39名のみなさんで、次のゲームを楽しく遊びました。

2010.6.20親子ゲームイベント:ラビリンス 2010.6.20親子ゲームイベント:すすめコブタくん
2010.6.20親子ゲームイベント:どこにいるの? 2010.6.20親子ゲームイベント:ねことねずみの大レース
2010.6.20親子ゲームイベント:にぎわいその2 2010.6.20親子ゲームイベント:お寿司のランチ

来月7月19日(月・祝日)と翌月8月21日(土曜)、そして9月12日(日曜)にも、同じく高円寺の幸寿司(こうずし)さんの宴会場にて、親子向けのボードゲーム&お食事会「親子でお座敷 ゲームとお寿司」の第4~6回を行ないます!

幸寿司ゲーム卓イメージ
広々とした宴会場

「幸寿司」は、すごろくやから西へ徒歩5分ほどにある、老舗の寿司処です。何箇所もある幸寿司さんの会場のうち、とても広い宴会場(なんと100名収納可!)をお借りしてのゲーム体験会です。
幸寿司さんWebサイト


10:00~13:00の3時間をボードゲームやカードゲームで遊びます。『インカの黄金』や『ワイルドバイキング』など、小学生以上の親子向けにお勧めの、新旧約20品目をご用意します。
ルールはスタッフがご案内しますのでご安心ください。

ランチにぎり寿司セット

ゲームで遊んだら、13:00から美味しいお寿司をいただきましょう! にぎり寿司と茶碗蒸し、味噌汁、デザートをご用意します。 ネタは当日のお楽しみとなりますので、写真のとおりではありません。
ゲーム遊びを踏まえて、会話も楽しく盛り上がることでしょう。 なお、大盛りや追加、ワサビ抜きなどのリクエストは当日お伺いします。

開始時間
10:00 現地集合
参加対象
小学生以上の親子 (中学生以上や大人の親子でもOKです!)
参加費
お一人につき 1,800円(大人/子供共通、食事代込み)
定員
40名(予約制)

ご予約は、お電話 03-6657-3537か、または下記 予約フォーム(携帯電話も可)でどうぞ。
なお、お友だちなど、親子以外の参加者は承れませんのでご注意ください。

  • 7/19 予約申込フォーム
  • 8/21 予約申込フォーム
  • 9/12 予約申込フォーム

夏の暑い最中、クーラーの効いた涼しい屋内での楽しいひとときとしてぜひお越しください。


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2010/06/26(土) 22:07:32|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ストレイシーフ

3種のカードを虚実混ぜて重ねる
ストレイシーフ / Stray Thieves
製作元: oink games(オインクゲームズ, 日本), 発売年: 2010年
作者: 佐々木 隼(ささき じゅん)
6才~大人, 2~6人用, 所要10分, ルール難度:★(1)

ストレイシーフ:箱

『ストレイシーフ』は、ライバルの重ね方を読みつつ、自分も3種類のカードを使い分けて重ねていき、より多くカードを集めようとするゲームです。

7枚の自分の色のカードを手札として、代わりばんこに1人1枚ずつ、裏向きに重ねていきます。このとき「盗賊で!」「じゃあ騎士で!」など、カードの種類を虚実混ぜて宣言することで盛り上がるでしょう。
全員が重ね終わったら、最初に重ねた方から順番で公開し、重ねたカードの種類に応じて 誰がカードを取れるのかを確認します。

ストレイシーフ:図解

「貴族」はただの得点の素です。
「盗賊」がめくられたら、それまでにめくられたカードをすべて、盗賊の持ち主が獲得します。
もし、その盗賊の直後に「騎士」がいたら、その持ち主が盗賊の戦利品を横取りします。 しかし、直前に盗賊がいなければ、騎士はただの得点です。 騎士のカードは各自1枚しかありませんので、慎重に置かなければなりません。

こうして、すべてをめくったら、誰が何枚(何点)獲得できたかを数えて、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 繰り返して遊ぶうちに、なかなか変えにくい各自の言い方や出し方の癖を読んで狙い撃ちするのが楽しい、すぐに遊べて盛り上がれるお勧めのゲームです。1枚だけしかない騎士のカードがハマって高得点が取れたときにとても嬉しい!
例えば、上記の図解では、赤色の人が、盗賊→騎士と続けて出していますが、これではあまり旨みがありません。高得点を狙うとしたら…?という思惑の読み合いが必要になります。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/06/22(火) 22:04:58|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クメル / KHMER

1枚ずつ捨てつつ得点上限を調節
クメル / KHMER
製作元: 賽苑(さいえん, 日本), 発売年: 2010年
8才~大人, 2人専用, 所要5分, ルール難度:★☆(1.5)

クメル:遊戯中イメージ

『クメル』は、得点の上限に収まる範囲内で高得点を取るべく、手札と場の数値カード合計を調節するカードゲームです。

代わりばんこに、手札から数のカードを選んで場に出すことで、手札の合計値を減らしつつ、得点の上限となる場のカードの合計値を上げていきます。

ここぞというタイミングを睨んで「終了」が宣言されたら、互いの手札を公開して、場の得点上限範囲内でより高得点の人が勝ちです。

全カードの数値構成が分かってくると、自分がどのように出しても相手が有利だと判ることがあります。ときには、場のカードを拾って公開された手札にしたり、特定の数値だけをゲームから除去したりする選択も選んでいきましょう。

ここがオススメ: 比較的かんたんなルールで、短時間で終わりますが、互いの手の内が判らないようにしながら勝利に導かなければならない、シビアな情報戦が楽しめるゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/06/22(火) 15:54:26|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ダズル

札2枚の得点か強さの配分に悩む
ダズル / Dazzle
製作元: 賽苑(さいえん, 日本), 発売年: 2010年
10才~大人, 2人専用, 所要15~20分, ルール難度:★☆(1.5)

ダズル:箱

『ダズル』は、2人が交互に、相手から渡された2枚のカードの色と数字を見た上で、どちらを得点要素にするか、どちらを得点獲得の綱引きの強さとするのかを決めていき、総合得点で競うゲームです。

ダズル:展示用写真

色で分けられた4列の勝負場所があり、最初は何も置かれていませんが、ゲームを進めていくと、コマの下に「得点」としてカードが蓄えられ、その向こう側と手前側に、その得点を取る人を決める綱引きの「強さ」としてカードが並べられていきます。

ゲーム終了時、各列ごとに、自分側の強さ(カードの数字合計)が大きい方に、得点として置かれたカード束が与えられ、この得点カードの数字合計で勝敗が決まります。

ダズル:手札

代わりばんこにカードを置くにあたって、相手から受け取ったカードを置く、という少し変わった手順を取ります。 相手から強制的に渡された2枚を、色に従いつつ、片方を「得点」、もう片方を「強さ」として置かなければなりません。場の状況を考えて、勝てそうな列には「得点」として、得点が高くなりそうな列には「強さ」として置いていきましょう。

また、この「渡しては置かせる」を交互に繰り返していくため、自分の手札はすべて相手が使うことになります。自分が不利にならないよう、どのタイミングで、どんなカードの組み合わせを相手に渡していくのかもよく考えなければなりません。


こうしてゲームを続けていき、互いの手持ちカードが尽きたらゲーム終了です。各列に対してどちらが得点したのかを計上し、より高得点の人が勝ちとなります。

ここがオススメ: 自分の手札を見た上で、不利な列を悟られないように、じっくりと数字の重みを考えて、相手に渡すカードを選んでいくシビアさが楽しいゲームです。
また、カードも質感の異なる多重印刷が施されていて、とても豪華な印象を与えます。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/06/18(金) 14:49:35|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ラビリンス / Das verrückte Labyrinth

迷路の形を変えて進み宝を集める
ラビリンス / Das verrückte Labyrinth
メーカー: Ravensburger(ラベンスバーガー, ドイツ), 発売年: 1986年
作者: Max J. Kobbert (マックス・コバート, 代表作: 「ラビリンス」シリーズ)
7才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

ドイツ 1986年
ゲーム大賞(Spiel des Jahres)
候補(Auswahlliste)

ラビリンス:展示用写真
※ 写真はドイツ版のオリジナル仕様です。

『ラビリンス』は、タイルが敷き詰められてできた迷路を、列ごとにダイナミックに変えていき、自分のコマを目的の宝の場所まで導いていくゲームです。

壁と道の形が変化する、不思議な迷宮(ラビリンス)で宝探しをしましょう。各自に配られたカードの宝物を見て、その宝物が迷路のどこにあるかを確認します。
1人ずつ、代わりばんこに自分の色のコマを動かしていき、目的の宝物の場所に着くことを目指します。しかし、ほとんどの場合、迷路の壁が道を阻んでいるため、かんたんに辿り着くことはできません。

そこで「余ったタイル1枚を迷路に押し込んで迷路の形を変化」させていきます。
迷路はタイルが敷き詰められてできており、タイルを押し込むことで、壁と道が少しずつずれていくのです。

うまく迷路の形を変えては、コマを目的の宝物の場所まで導いていきましょう。 コマは「つながっている道の中でなら自由に動かせる」ので、道をつなげて、いっきに目的地まで行くことも狙えます。

目的地に辿り着いたら、カードを公開し、次のカードの目的地を目指します。
こうしてゲームを続けていき、決められた枚数をこなしてから、先にスタート地点(四隅の角)に戻った人が勝ちです。

ここがオススメ: 簡単ルールでじっくり考えるのが楽しく、「狙ってたのに自分の番になったら形が変えられてる!」などのドラマを生む、お薦めの名作ゲームです。2人用としてもお薦めです。
初めて遊んだときは自分のコマの周囲しか見えませんが、だんだん大きく盤面を捉えられるようになると、かなりダイナミックに道を確保することができるようになります。これだ!という活路を見出せたときの喜びはたまりません。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/06/17(木) 14:17:34|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:バボーン!拡張セット

ペア札+捨て山交換+0点札の活用
バボーン!拡張セット
メーカー: Josee Design (ジョゼデザイン, 日本), 発売年: 2010年
作者: 千石 一郎 (せんごく いちろう, 代表作: 百科審議官など)
8才~大人, 2~3人用, 所要10分, ルール難度:★☆(1.5)

『バボーン!拡張セット』は、ライバルの稼ぎ具合を睨みつつカードを次々めくるカードゲーム『バボーン!』に加えることで より楽しめるように作られた、追加カードセットです。

3種類の特別な能力を持つカードがあり、好みに合わせて1~3種類を選んで、ゲームを遊ぶ前に山に混ぜて使います。

バボーン拡張セット:1.5まるいものカード

「1.5カード」は、1枚だけだと1.5点ですが、2枚ペアだと5点として数える、お得なカードです。


バボーン拡張セット:レインボウカード

「レインボウカード」は、しょぼーんカードに夢を与えます。レインボウカードとセットにしてしょぼーんカードを6枚集めると、なんと6点になります。


バボーン拡張セット:グシャスカード

「グシャスカード」は、引いた人が任意のタイミングで使うことで、自分が手元に集めたカードと、今回バボーン!となって捨てられたカード束とを交換することができます。これにより、突然たくさんのまるいものを獲得できるかもしれません。


店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/06/14(月) 15:40:43|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ドミニオン拡張:錬金術 / Dominion: Alchemy

新コストの秘薬など13種類の新札
ドミニオン拡張:錬金術 / Dominion: Alchemy
日本国内販売元: Hobby Japan(ホビージャパン)
メーカー: Rio Grande Games(リオグランデ, USA), 発売年: 2010年
作者: Donald X. Vaccarino(ドナルド・ヴァッカリーノ, 代表作:『ドミニオン』)
8才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★★

ドミニオン拡張:錬金術:箱

『ドミニオン拡張:錬金術』は、大型カードゲームの第一弾『ドミニオン』そして第二弾『ドミニオン:陰謀』のどちらかの基本セットを使って遊ぶ、新しい、強力な12枚の王国カードと、通貨とは異なる新しいコスト『ポーション』を提供する拡張セットです。基本セットがないと遊ぶことができません。

4個分の通貨コストで購入できる『ポーション』という新しい財宝カードが、別種のコストとして機能します。

新しい、強力な作用をもたらす12種類の王国カードのほとんどは、この『ポーション』をコストとして必要とします。例えば、アクションカード「ゴーレム」は、山札から次々とめくっていき、アクションカード2枚分の仕事を勝手に実行するという強力なものですが、このゴーレムを購入するには、通貨4コイン分と併せてポーションを消費しなければなりません。
つまり、まずはポーションを購入し、それが山札→手札を介したのちに使用できて、始めてこれらのカードを獲得できるのです。

また、『支配』という凄まじい効能を持つカードがあります。このカードを使用すると、次の、左隣の人のターンを乗っ取り、手札を見ながら自由に行動を操りつつ、獲得カードは自分が得る、ということができてしまいます。

ドミニオン拡張錬金術用ドミニオンパンツ

すごろくや特製ドミニオンパンツ: すごろくや特製のカードフォルダ、通称「ドミニオンパンツ」も、この『錬金術』用のものを御用意しております。


ここがオススメ: 新たなコストのポーションと、新たな効能を発揮する12枚のカードによって、再び新鮮な気持ちで楽しめて、さらに第一弾、第二弾、そして拡張:海辺のカードと組み合わせることで面白さが広がる、お勧めの拡張セットです。

拡張『収穫祭』とセットになりました: 『錬金術』単体でのパッケージは廃番となり、2015年に、多種札獲得の促進と各1枚の褒賞が特徴の拡張セット『収穫祭 / Cornucopia』とのセットパッケージになりました。

ドミニオン拡張:錬金術&収穫祭セット:箱

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/06/11(金) 12:49:54|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:みんなんカードゲーム

出題人数に合う質問を募って選ぶ
みんなんカードゲーム
メーカー: Josee Design (ジョゼデザイン, 日本), 発売年: 2010年
作者: 千石 一郎(せんごく いちろう, 代表作: 百科審議官)
12才~大人, 3~6人用, 所要15分, ルール難度:★☆(1.5)

みんなんカードゲーム:箱

『みんなんカードゲーム』は、サイコロで示された数字が答えになるような質問を募集して選び、また他の人はその質問ならこの数字だろうと予想して、全員の正直な答えを集計、正解を競うゲームです。

みんなんカードゲーム:展示用写真

「みんなでなんぼ(どのくらい)?」、略して「みんなん」を当てましょう。

代わりばんこに親を行ないます。サイコロによって1~6の数字が決まったら、

  • 「この一ヶ月で、観た映画の本数は?」
  • 「今日、靴を履いた(履き直した)回数は?」

などなど、「全員に聞いたら、きっと合計はその数字になるはず」の質問を、他の人から募ります。「腕の本数」など、明白なものはいけません。

いくつか出たら、その中から「きっとこの質問ならその数字になるだろう」というものを選びます。

質問が選ばれたら、他の人も予想のチャンスです。 「その質問だったらこの数字になるんじゃないの?」という数字を、手札のカードから数枚の組み合わせで選び、裏向きでセットし、全員せーの!で公開します。

さあ全員、今回の質問に正直に答えて、正解を数えましょう。

正解の数字ぴったりだった人は、自分のカードを減らすことができます。 ただし、うまくカードを選んで減らしていかないと、それ以降、予想はできても「その数字が作れない」ということになりかねません。

こうしてまた親が交代し…、とゲームを繰り返していき、ゲームが終了したときに、自分のカードがもっとも少ない人が勝ちです。

ここがオススメ: 「今年、母親と電話でしゃべった回数は?」「これまでに、告白された回数は?」など、プライベートなこともさらりと聞けて、「えー、みんなやってないの?」などなど、驚きから会話が盛り上がるのが楽しい、お勧めのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/06/08(火) 23:08:29|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ジャングルスピード拡張カード / Jungle Speed L'extension

混ぜても遊べる高難易度の図形集
ジャングルスピード拡張カード / Jungle Speed L'extension
メーカー: Asmodée (アスモデ, フランス), 発売年: 2011年(原版2003年)
作者: Pierrick Yakovenko & Thomas Vuarchex (Yako & Tom)
7才~大人, 2~10人用, 所要15分, ルール難度:★☆(1.5, 追加分として)

ジャングルスピード拡張カード:箱

『ジャングルスピード拡張カード』は、人気のゲーム『ジャングルスピード』の図形をより複雑にしたカードを、差し替えたり混ぜたりすることで遊ぶ、上級者用の追加カードセットです。

ジャングルスピード拡張カード:新たな絵柄

78枚の新しいカードと、基本セットにも入っている「スペシャル色判定カード」2枚が入っています。

図形はどれも基本セットのものに似たものですが、「一部が違う」「重なりが違う」など、よく見ると違う、上級者向けの高難易度判定を要するものばかりです。
これらの新カードと基本カードをすべて差し替えても構いませんし、特定の図形グループだけを使ったり、大人数用にすべてを混ぜたりしても構いません。

また、新しいスペシャルカードも2種類入っていて、

ジャングルスピード拡張カード:内側の手

“内側渦巻きの手”は、全員一斉に、トーテムを倒さないようにしつつ、トーテムの上に素早く手を重ねていかなければなりません。


ジャングルスピード拡張カード:時計回りの矢印

“時計回りの矢印”は、以降、自分の図形として注目するのが、左隣の人が出したカードの図形に切り替わります。実際にやると解りますが、いったんこの「隣のが自分」をやってから普通の状態に戻ると、なぜか自分の図形に注目できないので、とても混乱します。


ここがオススメ: 似たような紛らわしいカードばかりで、出てくるたびに「んっ?」「おっ!?」とトーテムを取る手を伸ばしたり引っ込めたりを繰り返してしまう、図形判定に慣れた上級者にお勧めのカードセットです。
一見、基本セットと分別するのが大変そうですが、実は角にある小さなシンボルで区別ができるようになっています。

旧版とは合わせて遊べません: この拡張カードセットは、2011年に新たにリニューアルしたジャングルスピード基本セット専用です。それ以前に流通していたものとはカード裏面の模様が異なるため、合わせて遊ぶことはできません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/06/04(金) 23:16:21|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

今週末まで、大型「ワニに乗る?」を展示中

ワニに乗る:通常版とプロモーション大型版

今週末の日曜日(6日)まで、人気のゲーム『ワニに乗る?』のジャンボサイズを店内で展示しています。写真手前がオリジナルサイズです。
もちろん、遊べちゃいます。個々の動物が重く、安定しているので、かなり積み上がります。崩れるときには、ガラガラガシャーン!とすごい勢いで崩れます。


  1. 2010/06/04(金) 17:58:10|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁