高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ティカル II / Tikal II

幻の寺院で隠し部屋や宝物を探索
ティカル II:失われた寺院 / TIKAL II
メーカー: GameWorksSáRL(ゲームワークス, フランス), 発売年: 2010年
作者: Michael Kiesling (ミヒャエル・キースリング) & Wolfgang Kramer (ヴォルフガング・クラマー), このコンビでの代表作:『トーレス』、『ティカル』など多数
12才~大人, 2~4人用, 所要90分, ルール難度:★★(2)

ティカル2:箱

【リリース文より】

ドイツの1999年ゲーム大賞とファン投票ゲーム賞のダブル受賞を果たした、巨匠ヴォルフガング・クラマーとミヒャエル・キースリングによる探検ゲーム、ティカルの続編が登場です。

ティカル2:展示用写真

舞台は、前作『ティカル』の探検の10年後。まだ調査の手が伸びていない寺院が眠っているのが発見されました。そこは長く忘れられていた王に関係があり、様々な脅威と、黄金が待ち受けているでしょう。冒険が始まったのです‥‥。

ゲームはタイルを配置していくことで寺院の探検を行なっていきます。
待ち受けるのは様々な部屋、聖域、宝物、そして黄金! 探検の結果、もっとも勝利得点を獲得したプレイヤーが勝利します。

ティカル2:フィギュア

ただし、探検は一筋縄ではいきません。毎ラウンドプレイヤーは寺院周辺を探検してアクションタイルを手に入れ、そのアクションタイルで寺院の中を探検する考古学者に新しい部屋などを探索させるのです。
得点方法はいくつかあり、宝物を手に入れることや、寺院の部屋を探索したりすることで得点を得ることができます。
探検は計画的に行わなくてはならず、2ラウンドにわたる調査を終えた後、最も得点を獲得できたプレイヤーが勝者となります。


[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/23(木) 11:55:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:おばけの試験カードゲーム / Schloss Schlotterstein - Das Kartenspiel

短時間で住人12人を覚えて抑える
おばけの試験カードゲーム / Schloss schlotterstein - Das Kartenspiel
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2010年
作者: Kai Haferkamp (カイ・ハファーカンプ) & Markus Nikisch (マルクス・ニキシュ, このコンビでの代表作:『おばけの試験』 )
4才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★(1)

おばけの試験カードゲーム:箱

『おばけの試験カードゲーム』は、毎回のお題の絵を短時間で覚え、そこにどんな住人が描かれていたかを思い出して、1人1枚ずつカードを獲得していき、正解得点を競うゲームです。

おばけの試験カードゲーム:展示用写真

小さな見習いおばけたちの“怖がらせ試験”がはじまります。
毎回、1人がおばけリーダーとなって、全員で記憶勝負をします。

おばけの試験カードゲーム:おどかしカードの住人たち

おばけリーダーがカードをめくると、今回の住人12人が明らかになります。 さあ、5秒間や10秒間など、リーダーが適当な時間を計っている間に、カードにどんな住人が描かれているのか、サイズの大小や重なりに惑わされないよう、じぃーっとよく見て覚えましょう。


カードが裏返されたら、おどかしタイムのはじまりです。 1人ずつ代わりばんこに、場にある住人カードのうち、絵に描かれていたと思うものを1枚ずつ取っていきます。
絵の中で大きく目立っていた住人は誰もが覚えているため、早目に取られてしまうでしょう。

おばけの試験カードゲーム:みならいおばけ

全員が「もうこれ以上は覚えていない」とパスしたら答え合わせです。
正解した分だけ、自分のおばけコマを前へ進めます。でも、もし間違っているものがあると、その分だけ戻ってしまいます。


こうしてまた、次のリーダーが新しいカードをめくってみんなが覚えて…、とゲームを続けていき、全12回を終えたときに、自分のおばけをいちばん進めている人が勝ちです。

ここがオススメ: ほんの数秒の間に集中して覚えるにあたって「マイナー路線でいこう」などと方針を決めつつも、覚えたものを早々に他の人に取られて悶絶しそうになり、ついつい「たしかいたような気がする」ギャンブルに走ってしまうのが楽しい、幅広い年齢の家族やお友だち同士で楽しめるおすすめのゲームです。
最初のうちは「こんなの簡単」と覚えられても、回数をこなしていくと前の記憶だったのかどうか、混乱をきたしてしまいます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/12/21(火) 21:47:02|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
  5. | 印刷用の体裁

6人以上で遊べるおすすめゲーム集

こんにちは。
年末年始などに活躍する、ルールが比較的かんたんで、6人以上で遊べるおすすめゲームをご紹介します。

対象年齢とルール難易度順です。

連続枚数を狙う、考える神経衰弱

イチゴリラ(新タイル版)

3才~大人, 2~6人用, 所要15分, ルール難度:★, ¥1,470

背中に乗って一緒に進むコブタ達

すすめコブタくん (DVD付) / Rüsselbande

4才~大人, 2~7人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥5,200

すごろくや製 説明DVD付き

ドイツ 2001年キッズゲーム大賞:最終候補

140の質問で気持ちや考えを聞く

アンゲーム / The Ungame

5才~大人, 2人~, 所要30分, ルール難度:★, ¥1,800

町や道タイルを繋げて部下で統治

カルカソンヌ(日本語版, DVD付) / Carcassonne - Japanese Edition

6才~大人, 2~5人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥3,200

すごろくや製 説明DVD付き

ドイツ 2001年ゲーム大賞:大賞

漢字の組み合わせで多様な遊び方

熟語トランプ

7才~大人, 1~8人用, 所要10分, ルール難度:★, ¥1,260

新8ゲーム等,熟語で遊び尽くす本

熟語トランプ大全

8才~大人, 1~10人用, 所要10分, ルール難度:★, ¥740

1人5秒以内、難問揃いの古今東西

バズイット! / Buzz It!

7才~大人, 2~10人用, 所要20分, ルール難度:★, ¥3,150

場の図形をよく見て棒を掴み取る

ジャングルスピード / Jungle Speed

7才~大人, 2~15人用, 所要10分, ルール難度:★☆, ¥2,700

混ぜても遊べる高難易度の図形集

ジャングルスピード拡張カード / Jungle Speed L'extension

7才~大人, 2~80人用, 所要15分, ルール難度:★☆, ¥2,100

止め時を計り袋の動物タイル引く

チーキーモンキー / Cheeky Monkey

7才~大人, 2~6人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥4,000

数字列の端に数札を置いて攻める

モウ / MOW

7才~大人, 2~10人用, 所要15分, ルール難度:★☆, ¥2,500

2人が半分ずつ描いた絵を当てる

ジャジャーン! / Tadaaam!

8才~大人, 4~9人用, 所要30分, ルール難度:★, ¥5,000

全員のお題ポーズをタイマー撮影

フォトパーティ / Photo Party

8才~大人, 6~15人用, 所要15分, ルール難度:★, ¥1,570

振り付け組んでリアルダンス対決

クレイジーダンシング / Crazy Dancing

8才~大人, 6~24人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥1,570

クモやハエの札をウソ混ぜて回す

ごきぶりポーカー(DVD付) / Kakerlakenpoker

8才~大人, 2~6人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥1,800

すごろくや製 説明DVD付き

全員が持つ指定札の数合計を予想

サギ師 / Hochstapler

8才~大人, 3~7人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥1,500

先に退いた者負けの根性すごろく

勝利への道 / VerfliXXt

8才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥3,000

ドイツ 2005年ゲーム大賞:最終候補

嘘付く狼男&村人,会話での殺戮劇

タブラの狼(2009年版) / Lupus in Tabula - 4th Edition

8才~大人, 8~25人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥2,800

『タブラの狼』進行役補助セット

タブラの友。(2009年版用)

10才~大人, 9~25人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥680

お題の印象から意味深な絵を推理

ディクシット / Dixit

8才~大人, 3~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥4,700

ドイツ 2010年ゲーム大賞:大賞

身振りで相方を操り座席を揃える

トウキョウ・トレイン / Tokyo Train

8才~大人, 4~8人用, 所要10分, ルール難度:★☆, ¥1,570

6枚目にならないよう数札を選ぶ

ニムト(日本語箱) / 6 Nimmt

8才~大人, 3~10人用, 所要15分, ルール難度:★☆, ¥1,000

ドイツ 1994年ゲーム大賞:最終候補

ミス避けて他人のポーズをご指名

リズム&ボール / Rythme and Boulet

8才~大人, 4~12人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥1,570

ライバルを出し抜き宝石を集める

インカの黄金 / Incan Gold

8才~大人, 3~8人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥3,000

役割を隠し、金塊狙って穴を掘る

お邪魔者(日本語版, DVD付) / Saboteur - Japanisch

8才~大人, 6~10人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥1,500

すごろくや製 説明DVD付き

役割43種、狼男vs村人の決定版

究極の人狼 (日本語版) / Ultimate Werewolf: Ultimate Edition - Japanese

8才~大人, 6~69人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥3,150

登場人物となり物語を鮮かに彩る

ファブラ / Fabula

8才~大人, 3~8人用, 所要30分, ルール難度:★★, ¥4,400

すごろくや製 ルール補足付き

サイコロ8個でイモ虫タイル争奪

ヘックメック / Heckmeck am Bratwurmeck

8才~大人, 2~7人用, 所要30分, ルール難度:★★☆, ¥2,000

頭と末の字札でスピードしりとり

ワードバスケット

10才~大人, 2~8人用, 所要10分, ルール難度:★☆, ¥1,500

言葉を頼りに絵を模写し得点競う

アイデンティク / Identik

12才~大人, 3~10人用, 所要20分, ルール難度:★☆, ¥4,400

ドイツ 2010年ゲーム大賞:最終候補

ドタバタ交渉で商談を取り付ける

アイム ザ ボス / I'm the Boss!

12才~大人, 2~6人用, 所要60分, ルール難度:★☆, ¥5,600

各自の趣向を考えて贈り物を選ぶ

ギフトトラップ (日本語版) / GiftTRAP - Japanese Edition

12才~大人, 3~8人用, 所要60分, ルール難度:★☆, ¥4,200

すごろくや製 誤ルール補足付き

ダイス30個、ウソ混ぜて出目予想

ブラフ / Bluff

12才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆, ¥4,000

ドイツ 1993年ゲーム大賞:大賞


  1. 2010/12/21(火) 13:10:42|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クレイジーダンシング / Crazy Dancing

振り付け組んでリアルダンス対決
クレイジーダンシング / Crazy Dancing
メーカー: Cocktail Games (カクテルゲームズ, フランス), 発売年: 2009年
作者: Xavier Duthillieux & Nicolas Thiou
8才~大人, 6~24人用, 所要20分, ルール難度:★(1)

クレイジーダンシング:箱

『クレイジーダンシング』は、8ビートに対して上下半身の振り付けカードを組み合わせ、実際のダンスでチーム戦を行なうゲームです。

クレイジーダンシング:展示用写真

3チームに分かれて勝負します。
まず、適当なチームが審査員となり、写真のように、8ビートに対して、上半身と下半身の振り付けカードをランダムに、配置します。

練習を経て、適当な曲(Bee Gees, Daft Punkなど、お薦め曲がたくさん紹介されています)に合わせて残りの2チームがその振り付けでダンス勝負をします。
審査員に評価されるのは、手足の正確な位置、リズム感、チームメンバーの連携と同調です。 より優れているチームに1ポイントが与えられます。

こうして、審査員チームと踊るチームを交代しながら続けていき、最高得点を取ったチームが優勝です。
慣れてきたら、「ジャンプ」や「シャウト」などのより難しい振り付けカードに挑戦することもできます。

動画を見た方がより雰囲気が伝わるでしょう。

ここがオススメ: 1人では気恥ずかしい不慣れなダンスも、みんなでやると楽しくなってとても盛り上がる、年末年始など、人が集まるときにたいへんお薦めのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2010/12/20(月) 18:31:40|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ライナー・クニツィアの革命万歳 / Long Live the Revolution!

赤か青か勢力を鑑みて手札を残す
ライナー・クニツィアの革命万歳 / Long Live The Revolution!
メーカー: Wargames Club Publishing (ウォーゲームズクラブ, 香港), 発売年: 2010年
国内版販売元: ホビージャパン (日本)
作者: Reiner Knizia(ライナー・クニツィア, 代表作:『ケルト』『インジーニアス』など多数)
8才~大人, 3~5人用, 所要10分, ルール難度:★(1)

クニツィアの革命万歳:箱

『ライナー・クニツィアの革命万歳』は、最終的に勝つのが赤軍なのか青軍なのか、勢力判断をしつつ、最後に勝利した色の手札をなるべく多く残すように、毎回手札の1枚を選んでいくカードゲームです。

クニツィアの革命万歳:展示用写真

ランダムに配られた手札の青と赤の数字カードを、毎回1枚ずつ選び、せーので一斉に公開します。 この公開された数字の合計によって、その回の勝利勢力が赤なのか青なのかが決まります。

この、回ごとの勝負を繰り返し、先に4回勝利したほうの色勢力が得点の素となります。
各自、手札に残したカードの中に、勝利した軍勢の色があれば、1枚につき1点と数えて得点集計を行ないます。

これを踏まえて、勝ちそうな勢力の色のカードはなるべく残さなければなりません。しかし、残すということは、毎回の勝負において、その色が勝ちにくくなってしまうのです。

ここがオススメ: 毎回の勝負の中で、誰がどちらの勢力を勝たせようとしているかなど、勢力の優勢/劣勢を睨みつつ、手札の残し具合を調整していく損得勘定が悩ましい、じっくり派の手軽なゲームとしてお勧めのゲームです。
ルールはシンプルで、絵柄もワンニャン王国といった雰囲気のファンシーなものですが、計画性と状況に応じた調整力が発揮される点が面白みにつながっているゲームのため、かなり大人向きと言えます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/13(月) 16:14:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:セベク / Sobek

減点札と併せて商品を種別に収集
セベク / Sobek
メーカー: GameWorksSáRL(ゲームワークス, フランス), 発売年: 2010年
作者: Bruno Cathala (ブルーノ・カサラ, 代表作:『モウ』など)
8才~大人, 2~4人用, 所要40分, ルール難度:★☆(1.5)

セベク:箱

古代エジプト神の名前に由来する『セベク』は、毎ラウンド、自分の得点コマを進めるべく、欲しい商品カードがあったら途中の不要な減点商品カード込みで獲得し、種類ごとに集めるゲームです。

セベク:展示用写真

商品カードを同種3枚以上集めては出して得点し、その分だけ自分の得点コマを進めて100点を目指します。

セベク:商品カード

商品カードは6種類あり、さらにそれぞれに0~3の得点の倍率が描かれています。同じ種類を3枚以上集めて出せば、枚数×倍率マークの数が得点となるため、効率良く集めていきたいところです。


毎ラウンド、この商品カードが、場に表向きでランダムに並べられています。
1人ずつ代わりばんこに、手前の方からカードを取っていきます。

セベク:カードの取り方

もし、欲しいカードが奥の方にある場合には、その途中にあるカードを「汚職」と称して、まとめて減点カード置き場に蓄えなければなりません。
同種カードを3枚以上、そしてできれば高倍率のカードが欲しいので、どうしても欲しい遠くのカードは、減点もやむなしと獲得しましょう。

こうして続けていき、同種カードが3枚以上が揃ったら、そのセットを手元に出して得点の素とします。

セベク:キャラクターカード

場に並んでいるカードの中には、「減点を減らす」「汚職なしで取れる」など、強力な効能を発揮するキャラクターカードがありますが、これらは裏向きで置かれているため、減点を引き取ってまで遠くのキャラクターカードを取るかどうか、悩みどころです。


また、同種3枚以上のセットを、早いタイミングで出すともらえるタイルの効果なども活用していきましょう。

こうしてゲームを続けていき、ラウンドが終了するたびに清算します。得点コマを進めたり戻したりしながら、100点のマスに到達した人が勝ちです。

ここがオススメ: 毎ラウンド使いきるカード内容が同じため、どのカードが出ている/出ていないを鑑みて、ライバルが欲しい種類/要らない種類を把握しつつ、減点が増えるリスクを避けるのか、誰かに取られてしまうよりはと手を出すのかの損得勘定に悩ましい、手軽ながら悩みどころのあるところがお薦めのゲームです。
回数をこなすと、大胆にいくべきところは大胆にいく豪快さが必要なことが解ってくるでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/11(土) 23:37:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ファウナ・ジュニア

動物180種の生息地/特徴を賭ける
ファウナ・ジュニア / Fauna Junior
メーカー: Huch & Friends (フッフ・フレンズ, ドイツ), 発売年: 2010年
作者: Friedemann Friese (フリーデマン・フリーゼ, 代表作:『電力会社』『ファウナ』など多数)
6才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

ファウナ・ジュニア:箱

『ファウナ・ジュニア』は、動物の生息地域や体重、体長を賭けて得点を競う名作『ファウナ』を、6才くらいの子供でも遊べるようにしたゲームです。

ファウナ・ジュニア:展示用写真

毎回、180種類の動物から無作為に選ばれた1種類が賭けの対象となります。
カードの上半分、名前と絵だけを見て、生息地や特徴を表す4つの要素に対して、どれが正解かを考えます。

  1. 湿地、砂漠、など、どういった地形/気候の場所に住んでいるか:6択
  2. 「自転車以上で人未満」など、大きさはどのくらいか:6択
  3. 子供を卵で生むかどうか:2択
  4. 草木だけを食べるかどうか:2択

さあ、1人ずつ代わりばんこに、ボード上の自信のある場所に自分の賭けコマを置いていきましょう。
各置き場所には、高得点の場所があります。ここには賭けコマが1個しかおけませんので、誰もが自信がありそうなところは早目に抑えたいものです。

こうして、全員が賭けコマ4個を置ききったら、カードの下半分を見て答え合わせです。 正解の場所にコマを置けた人は、その分得点をもらいます。
そしてまた次の動物を…、と繰り返して、誰かが規定の得点に達したらその人の勝ちです。

ここがオススメ: 元の『ファウナ』は、大人にとっては超お薦めであるものの、「ジャングルは解るけど、世界のどこにあるかは知らない」など、世界地図がおぼつかなかったり、重さや長さの感覚が身に付いていなかったりする小学生にはお勧めできませんでした。
この『ファウナ・ジュニア』は、生息地や大きさ/特徴を簡素化し、動物候補も比較的メジャーな180種類になって、賭けの配当もあまり差が付きすぎないように配慮されたことで、小学生から大人まで、幅広い年齢層にお薦めできます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/10(金) 18:55:16|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム情報誌紹介:ゲームリンク Vol.6

攻略/紹介/付録付きゲーム情報誌
ゲームリンク Vol.6 / GameLink Volume 6
発行: アークライト (日本), 発行年: 2010年
B5判 72ページ

ゲームリンクVol.6:表紙

『ゲームリンク』は、ボードゲームの攻略や新作紹介が充実した、ゲーム付録付きのフリーク向けボードゲーム情報誌です。

この第6号では、今年10月にドイツのエッセンで開催された、世界最大のボードゲームフェスタ『エッセン・シュピール』のリポートを中心に特集が組まれています。

また、付録として『電力会社』のプロモーション用倉庫カード3枚や、当店でもお薦めの『ギフトトラップ』のカードだけを使うカンタンルールなどを収録し、『レース・フォー・ザ・ギャラクシー拡張1:嵐の予兆』のリプレイ(遊んだ内容・会話を文章にして雰囲気を伝えようとするもの)の掲載など、ボードゲーム愛好家のための情報が満載です。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/10(金) 14:50:48|
  2. その他の商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ストレイシーフ拡張セット

より悩ましくなる追加カード集
ストレイシーフ拡張セット
メーカー: oink games(オインクゲームズ, 日本), 発売年: 2010年
作者: 佐々木 隼(ささき じゅん, 代表作『ストレイシーフ』『藪の中』)
6才~大人, 2~6人用, 所要10分, ルール難度:★☆(1.5, 追加分として)

『ストレイシーフ拡張セット』は、読み合いゲーム『ストレイシーフ』に追加することで、1人1回だけの役割を与えられ、その使いどころが悩ましくなる拡張ルールのためのカードセットです。

ストレイシーフ拡張セット:カード4枚

5種類のスペシャルカードが追加されています。

  • 必殺の落とし穴“トラップ”
  • 情報収集のエキスパート“ニンジャ”
  • 嘘を見抜く法の番人“ジャッジ”
  • 鉄壁の防御“ロード”
  • 孤独な死体“コープス”

これらのスペシャルカードは、ゲームの前にランダムに1人1枚ずつ配られ、各カードが持つ効能をゲーム中1回だけ発動できます。
ここぞというタイミングを図って使っていきたいところですが、誰が何を持っているかの腹の探り合いも重要です。

また、追加のルールとして、「ラウンドゲーム」という、4人以上推奨の、色も職業も関係なくランダムに配り、数ラウンドに分けて行なうゲーム形式も用意されています。このラウンドゲームにもスペシャルカードが適用できるようになっています。

ここがオススメ: シンプルにまとめられた基本セットを、少し複雑にすることで、読み合いをより楽しめるようになるお薦めの拡張セットです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/09(木) 13:15:06|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:バーゲンハンター

数札勝負で掘り出し物を集める
バーゲンハンター(2010年版) / Bargain Hunter
メーカー: Valley Games (バレーゲームズ, カナダ), 発売年: 2010年(原版は1998年)
作者: Uwe Rosenberg (ウヴェ・ロゼンベルク, 代表作:『ボーナンザ』『アグリコラ』など多数)
10才~大人, 3~4人用, 所要45分, ルール難度:★☆(1.5)

バーゲンハンター:箱

『バーゲンハンター』は、数字カードを各自1枚ずつ出して、その記号と大きさで誰が総取りするかの勝負を繰り返しながら、狙った数字を集めたり、狙い損ねて引き取ったゴミカードの中から数字グループを拾ったりして得点を稼ぐゲームです。

バーゲンハンター:カード3枚

カードゲーム遊びの大きな分類として、トランプカードなどを使って、数字カードを各自が選んで1枚ずつ出し、その記号と大きさで誰が総取りするかの勝負を繰り返して得点を競う、『トリック・テイキングゲーム (Trick-Taking Game)』と呼ばれるものがあります。
※ そういう名前のゲームがあるわけではなく、似た形式の遊び方の総称です。

この『バーゲンハンター』も、そのトリック・テイキングゲームの流れを大きく汲んでいて、数字(1~9、ドライヤーやテレビなど、中古品の種類)が6色分という構成で、得点を競います。

毎回、色縛りが宣言されて各自が1枚ずつ出した数字カードのなかで、一番大きい数字を出した人がカードを総取りします。
この総取りした中に、自分が集めると決めた数字(中古品)があれば、得点に加えることができます。しかし、それ以外の数字(中古品)は、すべて自分のゴミ箱行きになって、マイナス得点が増えていってしまいます。
できるだけ、狙った数字を取れるように/マイナス得点を取らないように、大きな数字や切り札に相当するカードをうまく使って獲得していきましょう。

しかし、実はゴミ箱行きのカードも、ゲーム途中の節目で、同じ数字が集まっていれば拾い出して得点にできるチャンスがあります。そのチャンスを狙って、ゴミ箱の方にも狙った数字を集めていく必要があります。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了の合図です。獲得した数字カードの得点とゴミ箱カードのマイナスを集計して、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 各自が狙っている数字と手札の状況を探りながら、ここぞというタイミングを計って勝負を仕掛けるのが楽しい、緻密な勝負を好む方にお薦めのゲームです。

世界最大のボードゲームファンサイト「Boardgame Geek(ボードゲームギーク)」にて、高評価コメント(英語, 日本語機械翻訳版)が寄せられています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/07(火) 17:47:59|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

2011年カレンダー届きました!

お待たせしました!
2011年のすごろくやオリジナルカレンダーが到着しましたので、今から店頭でお買い上げ、もしくは通信販売にてご注文いただいた方全員にプレゼントします。

2011年のすごろくやカレンダー

すごろくやのねずみキャラクターを描いていただいた、イラストレーターの有澤(ありさわ) 好洋(よしひろ)さんによる描き下ろしイラストが2011年(1~12月)のカレンダーになりました。

海が見える海賊風味の男の子の部屋がテーマです。今回のもとても良い仕上がりになりました。
大きさは、横幅がB4サイズ(25.7cm)×縦がA3サイズ(42cm)と、いろんなところに飾れるお手頃サイズです。

無くなりしだい提供終了となりますので、お早目にどうぞ!


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2010/12/05(日) 12:34:31|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム『インカ帝国』の和訳説明書を差し替えました

先々月の10月に新しく荷した、指導者同士の地域開拓・発展競争ボードゲーム『インカ帝国』の和訳説明書を差し替えました。
ゲーム『インカ帝国』の紹介記事

インカ帝国:箱

元の英語訳を含めて、不足・不備が多く、ゲーム進行上致命的な部分が多々あったとのことで、これらが修正されています。

当店の通信販売にてご購入いただいた方々には差し替えた改訂版を送らせていただきます。店頭でお買い上げいただいた方は、店頭でのお受け取り、または郵送先をお知らせください。

よろしくお願いいたします。


  1. 2010/12/04(土) 12:29:33|
  2. 改訂・訂正のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:藪の中

容疑者3人中2人を調べ犯人を推理
(やぶ)(なか)
メーカー: oink games (オインクゲームズ, 日本), 発売年: 2010年
作者: 佐々木 隼(ささき じゅん, 代表作『ストレイシーフ』)
10才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆(1.5)

藪の中:箱

『藪の中』は、3人の容疑者の中で犯人を探るため、各自バラバラにその中の2人を見ながら、犯人を当てて無難に過ごすのか、情報操作によって後続の人を罠に陥れるのかを読み合う、情報・心理戦のゲームです。

藪の中:展示用写真

人型のカードが容疑者の候補です。それぞれ、表に2~8の数字が書かれていて、このうち3枚がランダムで選ばれ、裏向きのまま場に並びます(倒れている1枚は被害者)。

並べられた容疑者カード3枚の中で、いちばん数字が大きい1枚が犯人です。でも始めは誰にも解りません。しかも、もし「5」が容疑者の中にいるならば、条件が反転し、もっとも小さい数字が犯人となるのです。

使われなかったカードを少し見てから、捜査を始めましょう。
1人ずつ代わりばんこに、容疑者のうち2枚をこっそり見る→犯人だと思う1枚に推理チップを置く、を繰り返していきます。
このときに見られる2枚は、自由に選べるわけではなく、「直前の人が置いた推理チップ以外の場所(最初の1人を除く)」に強制的に決められてしまいます。ここがこのゲームのポイントです。

実は、ゲームの目的は、犯人を当てることではなく、「人の推理に同調した上で間違う」ほど増えてしまう、マイナスポイントをなるべく受け取らないようにすることです。逆に言えば、いかにも本当の犯人に思わせてライバルたちに推理チップを置かせることが重要になるのです。

これを狙って、全員、「ここが犯人だと思う」と推理チップを置きながら、実は「ここ以外を見たら、ここが犯人としか思えないはず(ホントは違うけど)」という罠を仕掛けているかもしれないのです。

全員が推理チップを置いたら答え合わせをします。犯人を正しく当てられた人は無傷です。間違えた人は、推理チップを1枚奪われ、しかも他人の推理に同調した人ほどマイナスポイントを取らなければなりません。

そしてまた新たな容疑者を用意し…とラウンドを繰り返していき、誰かの推理チップとマイナスポイントの枚数が規定数になったら、その人の負けとしてゲーム終了です。

ここがオススメ: 各自が得た情報の断片をよく考えた上で、人を陥れたり、危険を回避したりする読み合いがアツい、仲の良い友人同士にお薦めのゲームです。
「もしこれが間違っていたら一発で負け。だが…」という状況にとても緊張することでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

Twitterでの『藪の中』話題まとめ Togetter(トゥギャッター)という、Twitterの発言を収集して公開するサイトにて、この『藪の中』の公開から、試遊モニター募集、感想などの流れがまとめられています。

また、YouTubeにも雰囲気たっぷりの紹介動画(1分弱)が上げられていますのでご覧ください。

初版のルール訂正 作者の佐々木さんより、初版の説明書に、2ヶ所訂正ヶ所があったとのことで、訂正ヶ所を記した用紙をお付けしています。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2010/12/04(土) 00:00:08|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

すごろくや2010年12月の予定

こんばんは。今月12月の予定をお知らせします。

歳末特価キャンペーン

まずは、恒例、歳末の特別割引キャンペーンを始めました。
対象商品は36タイトル。27日までですのでお早めにどうぞ!

⇒ すごろくやサイトのゲームリスト(割り引き価格順)

2011年カレンダー配布します

お待たせしました! 6日頃から、恒例のすごろくやオリジナル2011年カレンダーを配布します。

2011年のすごろくやカレンダー

すごろくやのねずみキャラクターを描いていただいた、イラストレーターの有澤(ありさわ) 好洋(よしひろ)さんによる描き下ろしイラストが2011年(1~12月)のカレンダーになりました。

今回のも良いですよ~。海が見える海賊風味の男の子の部屋です。
大きさは、横幅B4サイズ(25.7cm), 縦A3サイズ(42cm)のお手頃サイズです。

6日のカレンダー到着以降、店頭・通信販売にてお買い上げの方全員にプレゼントいたします。 無くなりしだい提供終了となりますので、お早目にどうぞ!

TBSラジオに生出演します

タマフルバナー

あさって4日の土曜日、夜21:30~24:30放送のTBSラジオの超人気番組『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(通称タマフル)』に、すごろくや代表の丸田が生出演します(23:00から1時間ほど)。
公式ブログでの告知記事

「2010年・年忘れランキング祭り・第一弾! 年末年始に遊びたい、注目ボードゲームランキング・ベスト 10!」として、今注目の人気ゲームの動向を、初めて聴く人にも解りやすく紹介します。
約2年ぶり(!)の同番組生出演です。⇒その時の記事

ちなみに、スピードしりとりカードゲーム『ワードバスケット』の作者、小林俊雄さんも、この番組の映画レビューコーナー『シネマハスラー』を毎週欠かさずに聴いているそうですよ~。

日本橋三越本店 クリスマスワールドに出展します

昨年もお世話になった日本橋三越本店さんにて、15日(水)~24日(金)に掛けて行なわれる「2010三越クリスマスワールド」に出展します。
日本橋三越本店 12月イベントカレンダー

大きくカタログに掲載された『ねことねずみの大レース』『ワニに乗る?』『メイクンブレイク』や、直前の新聞折り込みやテレビCMで紹介される『すすめコブタくん』など、クリスマスプレゼントにぴったりのゲームを販売します。

そうそう、今年の6月頭に展示した『ワニに乗る?』のジャンボサイズも展示しますので、もしご都合あえば体験しにいらしてください。
6月に展示した際の記事

臨時営業日と年末年始のお休み

2010年12月のカレンダー

クリスマス直前の定休日、21日(火)と22日(水)は、臨時営業日として休まず営業します。通常どおり11:00~夜8時までです。

年末は27日(月)まで営業、28日(火)~翌年1月3日(月)までお休みをいただき、1月4日(火)は臨時営業、5日(水)は定休日で、6日(木)からの通常営業となります。

…といろいろと慌しい師走ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。


  1. 2010/12/03(金) 01:15:48|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁