高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:イスラ・ドラーダ (黄金の島) / Isla Dorada

未開の島で獣を使い熟して宝探し
イスラ・ドラーダ (黄金の島) / Isla Dorada
メーカー: Fun Forge (ファンフォージ, フランス), 国内版発売元アークライト
発売年: 2011年
作者: Bruno Faidutti (ブルーノ・フェイドゥッティ, 代表作:『あやつり人形』,『インカの黄金』など多数) & Alan R. Moon (アラン・ムーン, 代表作:『チケット トゥ ライド』シリーズ,『インカの黄金』など) & Andrea Angiolino (アンドレア・アンジョリーノ, 代表作:『ウィングス・オブ・ウォー』シリーズ) & Piergiorgio Paglia (ピエジョルジオ・パグリア, 代表作:『ウィングス・オブ・ウォー』シリーズ)
10才~大人, 3~6人用, 所要60~90分, ルール難度:★★(2)

イスラ・ドラーダ:箱

『イスラ・ドラーダ (黄金の島)』は、各自がバラバラに目指す目的地を訪れるため、島内の道筋に合った生き物のカードをうまく使って探検隊のコマを導き、財宝を稼ぐゲームです。

イスラ・ドラーダ:展示用写真

毎回、

  1. 探検隊コマ(全員共通の1個)を誰が動かすか、競りで決める
  2. 探検隊コマを移動させ、各自、その場所が得点や減点の対象になっているなら提示
  3. カードの補充

を1ラウンドとして、全16ラウンドを行ない、目的地の達成得点を競います。

誰しもが、自分の指示カードに記された目的地に探検隊コマを導きたいと狙っています。 探検隊コマを導くには、つながっている道筋の種類(山岳、平原、砂漠、など)に合った冒険カードを持っていなければなりません。山岳地帯ならヤク、砂漠ならラクダ、といった具合です。
毎ラウンド、いったい誰が全員共通の探検隊コマを動かすのかを決めるため、冒険カードを何枚出せるのかの競りを行ないます。競りは、目的地を宣言しながらカード枚数を競り上げていくため、行かれては困る方向は、カードをたくさん消費してでも止めたくなるでしょう。

こうして競りの決着がついたら、実際にコマを移動させます。到着した場所の得点カードや減点カードを持っている人は提示しなければなりません。
そして冒険カードを補充して…、という風に進めていきます。

イスラ・ドラーダ:カード例

冒険カードには、ビッグフットやリヴァイアサンを召喚して道筋を通せんぼするもの、競りでライバルを口封じするもの、人からカードを奪うもの、到着地点を少しだけずらすもの、…などなど、たくさんの効能があり、これらをここぞというタイミングでうまく使っていくのも大事です。
また、ゲームの最後に条件を明かすボーナス得点があり、「○○と○○を通っていないと○点」「ラクダカード1枚につき○点」など、さまざまな22種類もの条件があります。どうもおかしな行動をしているなと思ったら…、などということも多々起こります。

全16ラウンドを終えたとき、ボーナス点を集計してもっとも得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 目的地の指示と手持ちの冒険カードを鑑みて旅の計画を練りつつ、競りでの申告でライバルたちが行きたい目的地を察知して、そこを避けたり、また同じ方向であればうまく利用したりしながら、じっくり腰を据えつつも強烈なカードの効能で攻撃し合うドタバタ感が楽しくて盛り上がる、大人向けとしてお薦めのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/30(木) 23:14:16|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:カミサド / Kamisado

踏まれた色の駒が動ける変則将棋
カミサド / Kamisado
メーカー: Huch&Friends (フッフ&フレンズ, ドイツ), 発売年: 2009年 (原版2008年)
作者: Peter Burley (ピーター・バーリー 代表作: 『テイクイットイージー』)
8才~大人, 2人用, 所要20分, ルール難度:★☆(1.5)

ドイツ 2010年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
カミサド:箱

『カミサド』は、交互に自分の駒を進めていき、「踏んだ床の色が次に相手が動かせる駒の色」を念頭に、相手側のラインに到達させることを目指す、2人専用の対決ゲームです。

カミサド:展示用写真

白軍か黒軍となって、交互に、オレンジや赤などの異なる8色が印された自分の駒を動かしていき、1個でも相手側のラインに到達することを目指します。
※ 写真では対戦状況を横から見ている形になっています。

駒を進めるときには、前方の〈真っ直ぐ〉か〈斜め真っ直ぐ〉の3方向で好きな場所まで進められます。
ただし、自分の番で進められる駒の色は、前回相手の駒が移動して踏んだ床の色に依存しています。つまり、駒を進める場所を考えるにあたって、相手の駒が来られないような壁の意味だけではなく、相手の行動を制限したり、ときには誘導したりすることを考慮する必要があるのです。

こうしてゲームを続けていき、先に1個でも相手側のラインに到達した人が勝ちです。

ここがオススメ: とてもシンプルなルールで、毎回、最大でも14マス分くらいしか選択肢はないのですが、先々まで見通そうとすると考えることはとても多く、ちょっとしたひらめきで相手が見えていなさそうな勝ち筋に導いていくのが楽しい、じっくり型のオススメゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/27(月) 13:34:05|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:蒸気の時代 / Age of Steam

株発行/敷設/運搬で鉄道会社経営
蒸気の時代 / Age of Steam
メーカー: Eagle Games(イーグルゲームズ, USA), 発売年: 2002年
日本語版発行元: アークライト
作者: Martin Wallace (マーティン・ワレス, 代表作: 『蒸気の時代』『ブラス』など多数)
10才~大人, 1~6人用, 所要120分, ルール難度:★★☆ (2.5)

国際ゲーマーズ賞 2003年
(International Gamers Award)
大賞受賞
蒸気の時代:箱

『蒸気の時代』は、開拓時代の北アメリカを舞台に、鉄道会社の経営者となって、都市間に路線を敷設し、都市間で商品を輸送してはお金を稼ぐことで自社鉄道網を拡大していく重厚ゲームです。

蒸気の時代:展示用写真

最初は、路線も何もなく、商品が置かれた都市が点在している状態から始めます。
うまく資金やりくりしながら路線を敷いて広く展開し、都市間で商品を運べるように鉄道網を拡大していきましょう。

タイルを置いて路線を敷設(ふせつ)するためには、資金が必要です。
まずは、「株式を発行」と称して“返せない借金”をして資金を調達します。株式を発行すれば資金を調達できるものの、支払い時期のたびに発行した株式につき1ドルを支払わなければなりません。収入を予想した上で計画的に発行する必要があります。

蒸気の時代:近影

資金が調達できたら、好きな場所にタイルを置いて路線を敷設することができます。地形と敷設コストを考え、うまく都市間をつないで自社鉄道区画を増やしていきましょう。

自社鉄道区画ができれば、都市に置かれた商品(色取り取りのコマ)を、必要とされている都市に運搬することで収入を得ることができます。先にライバルに運搬されてしまわないよう、運搬する商品の順番や路線の置き方がとても大切です。

こうしてゲームを続けていき、規定回数のラウンドを終えたとき、収入量と敷設した路線を総合した資産価値がもっとも高い会社の経営者が勝ちです。

ここがオススメ: ゼロからの鉄道網開拓というロマンを感じながら、ちょっとした失敗が命取りになるシビアさを2~3時間に渡って楽しめる、大人向けのじっくり型ゲームとしてお薦めです。

世界最大のボードゲームファンサイト「Boardgame Geek(ボードゲームギーク)」にて、10点満点の高評価コメント(英語, 日本語機械翻訳版)が数ページに渡ってたくさん寄せられています。

誤訳訂正付き 日本語版に同封されている説明書にバランス上問題になる誤った翻訳が見られるため、訂正用紙をお付けしています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/23(木) 14:43:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:天九紙牌

手札を読み合い数札セットで勝負
天九紙牌(てんきゅうかみはい)
制作: ピグフォン (日本), 製作: 萬印堂 (まんいんどう, 日本)
発売年: 2011年 (原版不明 12世紀頃), 作者: 不明
8才~大人, 4人用(2~3人も可), 所要15分, ルール難度:★★ (2)

天九紙牌:箱

『天九紙牌』は、各自に配られた手札の構成を読み合い、1~4枚の数カードを組み合わせて出していきながら、手札から最後に繰り出すカードの組で勝利してライバルの持ち得点を奪う、麻雀のルーツとも呼べる、ギャンブル色の濃いカードゲームです。
12世紀頃から伝わる、ドミノ牌のルーツともいわれる中国伝統の汎用ゲーム牌『天九牌 (てんきゅうはい、テンカオハイ)』の遊び方のひとつ、『天九 (テンカオ)』を、牌の雰囲気を保ったまま、ゲームに必要な記号や数字を付記することで、より手軽に遊べるようにと作られたカードゲームです。

天九紙牌:展示用写真

赤と白の、1~13までの変則的な枚数構成のカード32枚を使います。
配られた手札8枚の構成を考え、毎回リーダーが決めた枚数を選んでカードを出していきます。

リーダーが選んだ色構成(赤1枚だけ、赤と白の2枚構成、赤と白と白の3枚構成、など)で、同じ数のみ、しかも前の人よりも小さな数のカード組を出すことができれば、場に繰り出して今回の勝利を主張していきます。もし出せなければ同じ枚数を捨てなければなりません。
1人1回ずつ、出すか捨てるかしたら、最後に出した人が今回の勝利者となり、つぎのリーダーになることができます。

これを繰り返していき、手札がなくなった最後の回で勝利者となった人が、ライバルの持ち得点を奪い取ります。つまり、回の途中での勝利はリーダー権を取ることであり、最後の回で勝たなければあまり意味がないのです。
このため、手札のカード構成を考えて、どの時点でリーダー権を取りにいくか、リーダーになったときには何を出すか、計画を考えなければなりません。とはいえ、手札によってはどうしようもないかもしれません。

一方、確率的にとても低い構成のカード組を出したり、最弱の数のカードで勝利したりすることができれば、麻雀の役満のように、とても大きな勝利得点を得ることができます。もし手札にこれらの可能性があるならば、積極的に狙っていきましょう。

こうして、同じ人が報酬を獲得するたびに得点レートが2倍、3倍、…と跳ね上がっていきながらゲームを続けていき、あらかじめ決めておいた条件(回数や、誰かが破産したら、など)でゲーム終了、もっとも得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: ほとんど手札の構成に翻弄されながら、ある勝利をきっかけにして麻雀のように流れを引き寄せられればガッポリ稼げる夢を見て、「あと1時間やれば負けを取り返せるはず」という泥沼にハマりかねないギャンブル性が楽しい、薄暗い部屋が似合う大人の手軽なゲームとしてお薦めです。

ただし、遊び方説明書が“荘”, “場”, “局”といった麻雀知識に依存しているため、ルール解読に際して麻雀に慣れた方が1人は必要です。

もともとの天九牌では、牌に印された穴の色や数字は、ゲームでの色や数字とまったく関係がなく、星座のように「○○の形に見えるから10」といった“暗号”として遊ばれていたものだったのですが、この『天九紙牌』では、それらのゲームに必要な情報をカードに判りやすく明記することで、かなり遊びやすくなっています。
また、牌をぎゅっと薄く圧縮したような、厚めで硬く、側面まで黒く塗られている贅沢仕様のカードです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/21(火) 18:55:08|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:カンパニーレ / Campanile

札を繋げて塔を高め順位を賭ける
カンパニーレ / Campanile
メーカー: DDD Verlag (デーデーデー, ドイツ), 発売年: 2009年(原版1995年)
作者: Hanno Kuhn (ハノ・クーン) & Wilfried Kuhn (ヴィルフリード・クーン)
10才~大人, 2~5人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 1996年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補(Auswahlliste)
カンパニーレ:箱

『カンパニーレ』は、カードをつなげて5つの塔の高さをにょきにょきと伸ばしていきつつ、決算時に得点が稼げるように、高さがより上位になりそうな塔に賭けチップを置いていくゲームです。

カンパニーレ:展示用写真

前半と後半の2ラウンドで、決算時、塔(鐘楼, 寺院の梵鐘をつるす建造物 = カンパニーレ)の高さに応じて貰える得点を競うゲームです。
1人ずつ代わりばんこに、手札から選んだ塔パーツのカードを1枚場に出して補充、を繰り返して、全員共通の場にある塔の高さをにょきにょきと伸ばしていきます。

また「この塔は高くなるだろう(またはするつもり)」という塔に見当を付けて、賭けチップを置いていきます。 もし、この賭けチップを置いた塔が、ゲームの中盤と終盤に起こる決算のときにより高い塔になっていれば、大きな得点を得ることができるからです。

しかし、上位になりうる塔には、ライバルももちろんチップを置いてくるでしょう。賭けチップには1~3の影響力があり、この影響力の合計が大きい人しか高得点をもらえないため、ライバル同士でチップ置きの攻防が展開されます。ただし、むやみに賭けられるほどチップの枚数は多くありません。 高さ1位の塔で2番目の報酬に甘んずるならば、2位や3位の塔で1番目の報酬を狙った方が得策かもしれません。

また、カードで塔を伸ばす際にも、重ね方によって1・2・3段階をどのくらい伸ばすのか考える必要があります。自分が高得点を狙う塔であればより大きく伸ばし、そうでもなければ小さく伸ばしたいところですが、ライバルはその思惑を読んだ上で賭けチップを仕掛けてくるかもしれません。

こうしてゲームを続けていき、山札の中盤と終盤の2回の決算を終えたらゲーム終了、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 各自が出した塔カードの種類や伸ばし具合、賭けチップの置き方、どの種類のカードを補充したかなど、さまざまな状況を鑑みて、どの塔を伸ばしてどのタイミングで賭けていくのかの読み合いが悩ましくて楽しい、じっくり考える大人向けの手頃な駆け引きゲームとしてお薦めです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/21(火) 12:43:23|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ひも電 ~輸送編~

ひもで路線を繋ぎ商品運搬で得点
ひも電 ~輸送編~ / String Railway - Transport
発行元: OKAZU brand (日本), 発売年: 2011年
作者: 林 尚志 (はやし ひさし, 代表作: 『ひも電』)
10才~大人, 2~5人用, 所要30~75分, ルール難度:★★(2)

ひも電 ~輸送編~:箱

『ひも電』は、自色のひもを自由に曲げて置いて点在する都市間をつなぎ、よく多くの貨物とその種類を運んで得点を競うゲームです。

ひも電 ~輸送編~:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、決められた行動回数をうまく使って〈ひもで路線を敷く〉〈物資を都市に供給〉〈物資を都市間で輸送して獲得〉などを行なっていきます。
これを全員で5周するとゲーム終了、それまでに集めた物資(色キューブ)の色の組み合わせで得点が問われます。

ひも電 ~輸送編~:近影

物資を獲得するには、まずは輸送する路線を確立しなければなりません。点在する都市カードにひもを敷くと、その間に物資の輸送経路を確立したことになります。物資には6色あり、それぞれ決められた都市まで運ばないと獲得できないため、物資の種類と位置をよく考えて路線をつないでいきましょう。

路線を敷く際、他のひもをまたいで路線を作ろうとすると行動回数のロスになってしまいます。相手の邪魔になるような路線作りも大切です。

こうして、輸送する色経路のノルマなどを達成していきながら、全5ラウンド終えたときにもっとも得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 決められた土台がないフィールドで、ひもを使ってうまく自在に路線をつなげていったり、うまく計画を立てて物資を輸送したりするのが楽しいゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/20(月) 14:25:40|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:スタンプス / stamps

価値高まるよう切手を競(せ)って売却
スタンプス / stamps
発行: ドロッセルマイヤー商會 / ニューゲームズオーダー / オインクゲームズ
発売年: 2011年(原版 1992年)
プロデュース:渡辺 範明 (わたなべ のりあき)
作者: Reiner Knizia (ライナー・クニツィア, 代表作: 『モダンアート』『ヘックメック』『水晶をとりもどせ!』など多数)
アートディレクション:佐々木 隼 (ささき じゅん), イラスト:菊地 洋平 (きくち ようへい)
10才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★

スタンプス:箱

『スタンプス』は、アンティーク切手の売買家となり、5種類のアンティーク切手を競りに掛けることで価値を高めつつ、売却・購入してお金を稼いでいくゲームです。
1993年に発行された競りゲームの名作『モダンアート』のテーマを変えたリメイクタイトルです。

スタンプス:展示用写真

建物、乗り物、植物など、テーマ別の5種類の切手(各12~16枚)チップが、各自に何枚か、ランダムに配られます。 1人ずつ代わりばんこに、出品者となって、それらの手持ちの切手チップから1枚を出し、他全員を対象とした競りに掛けます。最高額を提示した人が、その切手を獲得できます。

切手のテーマごとに、それまでに出品/取り引きされた切手の枚数に応じて価値が変動します。ゲーム中の節目にやってくる、全4回ある決算時には、今回取り引きされた枚数が多かったテーマの切手の所持者には大きな売却額が転がりこむことになりますが、ほとんど取り引きされなかった切手テーマは無価値のクズになってしまいます。

出品者はこれを睨んで、価値の高まりを期待させつつ、入札額を焚き付けていきます。一斉公開や順番、指し値など、切手チップごとに設定された競りの方式5種類をうまく使いこなすのも大切です。
もちろん、入札側も、自分の手札や所持金、決算時の売却額を鑑みて、損をしない範囲で競り落とす価格を見極めなければなりません。

出品者が代わりながら競りを続けていき、規定枚数が出されると決算が起こります。これを4回分行ないます。 毎回のテーマごとの価値は蓄積されていくため、回を追うごとに、大きな売却額を期待して、やりとりされる額も大きくなっていきます。

こうして全4回が終わるとゲーム終了です。もっとも多くの所持金を持っている人が勝ちです。

ここがオススメ: 細かなルールと競りのバリエーションに仕込まれたさまざまな要素が思惑に溶け込んで見事に絡みあい、熱い駆け引きを楽しめるお薦めのゲームです。
チップは本物の切手サイズで、アートワークはおしゃれでとても可愛らしいのですが、勝利するためには、絵の内容には興味のない、金儲け主体の冷酷な売買業者に徹しなければなりません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2011/06/18(土) 18:33:39|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:西部幽霊鉄道 / Spectral Rails

西部に彷徨う霊魂達を列車で回収
西部幽霊鉄道 / Spectral Rails
メーカー: Z-man (ズィーマン, カナダ), 発売年: 2011年
作者: Morgan Dontanville (モルガン・ドンタンヴィル)
10才~大人, 3~4人用, 所要75分, ルール難度:★★ (2)

西部幽霊鉄道:箱

『西部幽霊鉄道』は、荒廃した西部の町間に幽霊列車を走らせ、さまよう霊魂たちを乗車させては安息の町へと運んで、その数を競うゲームです。

西部幽霊鉄道:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、自分の色の列車に対して〈その町で霊魂タイル回収〉→〈列車の移動〉→〈町に着いた霊魂を獲得〉を繰り返し、獲得した霊魂タイルの数や種類に応じた得点を競います。
ボード上のそれぞれの霊魂タイルがどの町に行きたがっているか、よく把握して計画を練りましょう。

列車の移動は、通常手札のカードを1枚以上手元に出して、その合計数分だけのマスを進めることで行なっていくのですが、その際に自分の色のスティックで足跡のように残る“霊気雲(れいきぐも)”を利用できるのがこのゲームの特徴です。

西部幽霊鉄道:近影

自分の霊気雲を踏むように進むことはできませんが、ライバルの霊気雲ならば、数カードを出す必要なく、つながっている限り一気に遠くまで進むことができます。
このため、人の霊気雲を利用すること、また自分のを利用されないようにすることがとても大切になります。
また、霊気雲のスティックはすぐにストックから無くなるため、不足したときにボード上のどこから回収するかも重要です。

移動の際に支払うカードは、出せる枚数と合計数に縛りがあるため、むやみにたくさん使うことはできません。また、全員が行動をパスすると、前回までに使ったカードの半分だけが手元に戻ってくるため、タイミングを見計らって「次回のために今回はカードをあまり出さない」という判断も重要になります。

こうしてゲームを続けていき、チェックポイントを3回通過するとラウンド終了、全2ラウンドを終えたらゲームは終わりです。
獲得した霊魂タイルの枚数得点と、霊魂が所属する地域を揃えたボーナスを集計し、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: ボード上の霊魂タイルとその降ろし先を睨みつつ、ライバルが残した霊気雲がどうなっているか、またどうなるかを予測して、 計画を練ったり、ライバルの人に阻止されたり、といったやりとりが楽しい、一風変わった仕組みを持つ鉄道ゲームです。

和訳ルール訂正補足付き:輸入代理店による和訳ルールにいくつか誤りがあるため、訂正補足書をお付けしています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/16(木) 20:19:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:あわてんぼ魔女 / Schusselhexe

1~4要素の条件に合う材料を探す
あわてんぼ魔女 / Schusselhexe
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Markus Nikisch (マルクス・ニキシュ) & Dr. Sabine Kubesch (ザビーネ・クベシュ) & Laura Walk (ラウラ・ヴァルク)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★(1)~★☆(1.5)

あわてんぼ魔女:箱

『あわてんぼ魔女』は、サイコロの指示だと魔女のコマがどこまで進むのかを、頭の中で考え、そこにある釜に必要な「足りないもの」を探して当てるゲームです。

あわてんぼ魔女:展示用写真

魔法の薬を大きな釜で調合しています。でも、あわてんぼ魔女は、それぞれの釜で、何かの材料を1つずつ入れ忘れているのです。あわてんぼ魔女の手助けをして、ごほうびの魔法の薬をたくさん集めましょう。

このゲームは、サイコロやコマなどのたくさんの要素を、自由に組み合わせることができるようになっています。


まずは、1~6が出るサイコロ1個と、あわてんぼ魔女のコマだけ、という、いちばん簡単な遊び方を紹介します。

1人ずつ代わりばんこに、答える役を担当します。
毎回、答える役の人は、となりの人に振ってもらったサイコロをよく見て、あわてんぼ魔女が時計回りでどこまで進むのかを、頭の中で考えます。 この間、他の人たちは、「♪1、2、3、4、5、6、フェクス! ほんとに魔法にかかったみたい…」と呪文を唱えます。呪文を唱え終わったら、サイコロをカップで隠してしまいます。

あわてんぼ魔女が進んだ場所の目の前にある釜には、何かの材料が足りないはずです。絵をよーく見て、補うべき材料のチップをボードの周りから選びましょう。
カップを開けて検証し、本当に合っていれば、ごほうびに魔法の薬チップを貰えます。

これを繰り返していき、全員で4周したらおしまいです。もっとも魔法の薬を集めた人が勝ちです。


つぎに、「全部入り」の、もっとも複雑な形式を紹介します。
この形式では、あわてんぼ魔女の他に、魔法使いフェクスのコマが登場し、特殊な指示サイコロ3個が追加されます。

あわてんぼ魔女:サイコロ指示

基本的なルールや流れは同じなのですが、追加サイコロによって、〈今回動かすのは誰か〉〈どっちの方向に周るのか〉〈探す釜は目の前か後ろか〉が変化します。


しかも、魔法使いのフェクスはたいへん天邪鬼(あまのじゃく)で、彼が動くときには、周る方向と釜の前後を常に逆に捉えなければならず、かならず後ろ向きに歩くという、頭がこんがらがりそうな動きをします。

さあ、ごほうびが運良く1個くらいは取れるのでしょうか?
サイコロやコマは好きなように組み合わせて遊ぶことができます。全員いっせいに考える応用ルールもあります。

ここがオススメ: さまざまな応用ルールの組み合わせによって、小さな子供から大人まで混乱する様が楽しめるお手軽なゲームです。

HABA社のフェクス(Fex)シリーズ: このHABA社の新しいフェクス(Fex)シリーズは、神経科学と知育に関するドイツの研究所との共同制作によって生み出されたラインナップです。
遊ぶ人たちと環境に応じて条件やルールをいろいろと入れ替えることで、状況に応じた柔軟な応用力を発揮させ、発達科学でいうところの“実行機能(結果を予測して行動や思考を制御する力)”の発達を促しています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/11(土) 20:57:09|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:おてんばモリー / Molly Mief

絵の中の指定動物を数えて鳴らす
おてんばモリー / Molly Mief
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: (代表作: )
6才~大人, 2~6人用, 所要10~15分, ルール難度:★(1)

おてんばモリー:箱

『おてんばモリー』は、毎回提示される風景の絵の中に、指定された動物が何匹いるかを探し数えて、正しいと思うブザーを早押しするゲームです。

おてんばモリー:展示用写真

陽気なスカンクのおてんばモリーがやってきます。へびや猫、クモなど、動物のみんなは、彼女の“特別な香り”を感じてあちこちに隠れてしまいます。いったい何匹いるのでしょうか?

毎回、親の係の人が、サイコロを振って動物6種類のうち1種類を決め、カードをめくって風景の絵を公開します。
さあ、その他の人たちは、いっせいに絵をよーく見て、隠れている指定の動物を探して数えましょう。

おてんばモリー:カード例

もうこれ以上は見つからないと思ったら、われ先にと正解の数のブザーを鳴らして抑えていきます。

全員抑えるか諦めるかしたら答え合わせをしましょう。正解の人は、今回の絵のカードをもらえます。もし間違ったブザーを抑えてしまった人は、すでにもらったカードを1枚減らされてしまいます。

こうして、親の係を変えながらゲームを続けていき、先に5枚集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 早く探し数えてブザーを抑えたいので、ついつい焦ってしまい、見逃しが発生して盛り上がる、子供から大人まで気軽に楽しめるお薦めのゲームです。
どの絵もいじわるなくらい体のほんの一部だけが描かれているので、大人でもかなりてこずります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/11(土) 18:03:00|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:宝石ハンター / Juwelenjagd

指の感触でタイルの凹み数を探る
宝石ハンター / Juwelenjagd
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Herbert Biella (ヘルベルト・ビーラ)
6才~大人, 2~4人用, 所要 15~25分, ルール難度:★☆(1.5)

宝石ハンター:箱

『宝石ハンター』は、指先の感触だけでタイル裏面のくぼみ個数を数えることで、毎回、指示された正しい数になるようなタイルを2枚集めて宝石を獲得するゲームです。

宝石ハンター:展示用写真

若く優秀な海賊候補のための海賊試験のはじまりです。
なるべく高得点を獲得できるように、赤色の宝石(=3点)、青色の宝石(=2点)、緑色の宝石(=1点)をできるだけたくさん集めることを目指します。

宝石ハンター:半分島タイルの穴

宝石を獲得するには、毎回、数字サイコロ2個によって指示される数の分ちょうどになるように、宝のありかを揃えなければなりません。
宝のありかは、場の“半分島(はんぶんじま)”の裏面に、くぼんだ穴として記されています。サイコロで示された数とちょうど同じ穴の数を持つ半分島2つを揃えることで、宝石獲得のチャンスを得ていきます。


宝石ハンター:遊戯中

試験は常に全員同時のスピード勝負で行なわれます。場にある半分島タイルを、素早く、次々に確認して穴の数を探らなければなりません。
また、さらにやっかいなことに、穴を探るときに目で見てはならず、タイルの裏面を指先で触った感覚だけで数えなければならない、というのがこのゲームのミソです。


もたもたしていると、せっかく数を確認した半分島をライバルに持っていかれてしまいます。 もし、これだ!というタイルのペアを見つけたら、すばやく手元で組み合わせて大きな島を作り、場の海賊島から赤い海賊船を掴み取りましょう。以降、2番目の人は青色の船、3番目の人は緑色の船という風に、我先にと奪い取っていきます。

さあ、答え合わせです。赤色の海賊船を奪った人からチェックし、穴の数が合っていれば1個3点の赤い宝石をもらえます。次は青色(=2点)、そして緑色(=1点)、という順番です。
しかし、もし誰かが揃えた数を間違っていたら、宝石を受け取る権利が次の人(赤→青→緑→…)に渡されます。この結果、次々と宝石を受け取る権利が渡されるため、遅すぎて何もできなかったのに、例えばすべての宝石(=6点)を受け取ることがあるのです。

こうしてゲームを続けていき、10ラウンド行なってストックの宝石が尽きたらゲーム終了、価値の高い宝石をいちばんたくさん集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 早い者勝ちの緊張感の中で、指先の感覚だけで凹み具合を探り、穴の数を認識していくのが楽しい、子供から大人まで気軽に遊べるお薦めのゲームです。
タイルの大きさと穴の配置が絶妙にいじわるにできていて、大人が両手で探ってもかなり間違えることと、おこぼれがもらえる仕組みが秀逸で、例え自分が早目に探し当てられなかったとしても、おこぼれで宝石をもらえるかもしれない期待感にワクワクします。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2011/06/11(土) 00:50:29|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ジャイアントステップ / Zwerg Riese

巨人が歩む地形札を揃え町を巡る
ジャイアントステップ / Zwerg Riese
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Marco Teubner (マルコ・トイブナー, 代表作: 『ミイラのたからもの』『サフラニート』)
6才~大人, 2~4人用, 所要20~25分, ルール難度:★★(2)

ジャイアントステップ:箱

『ジャイアントステップ』は、各自ドワーフとなって、町から町ヘ移動して金貨を集めるため、肩に乗る巨人のひとまたぎの地形を考えてカードを集め、うまく旅の計画を立てるゲームです。

ジャイアントステップ:展示用写真

黄金が大好きなドワーフたちのお話です。賢いドワーフは、町から町へと移動するのに、巨人リックの肩に乗って連れていってもらうのです。

ボード上の町々に置かれている高価な金貨を集めましょう。
1人ずつ代わりばんこに、〈地形カードをめくって集める〉か〈巨人に乗って旅に出る〉かを選んで繰り返していきます。

ジャイアントステップ:コンパス動き

巨人に乗って旅をするには、巨人のひとまたぎごとに踏み込む場所の地形カードが必要です。しかし、巨人を動かすときにはまるでコンパスのように動かすので、実際にどういうルートでいくのか、あらかじめ検討をつけながら地形カードを集める必要があるのです。


ジャイアントステップ:旅の計画

地形カードは、「もう止める」と決めるまで山札からめくり続けることで集めていきます。できればたくさん欲しいものですが、もし途中で山賊カードを引いてしまうと、今までめくったカードを他全員に1枚ずつ分配することになってしまうので引き際が肝心です。

もしうまく計画通りに巨人を歩かせることができ、次の町まで辿り着いたら、そこの金貨を貰えます。新たな拠点として、次の計画を練りましょう。

こうしてゲームを続けていき、補充用の金貨も含めて、すべての金貨が取られたらゲーム終了。集めた金貨の価値の合計がいちばん多い人が勝ちです。

ジャイアントステップ:雷雲

何度か遊んで慣れてきたら、雷雲(かみなりぐも)を導入してみましょう。この雲には巨人リックが触れないため、ライバルを大きく迂回させるような邪魔をすることができます。


ここがオススメ: より高価な金貨がある町を目指して、「ああいって、こういって…」と、地形の並びを考えて、目分量で旅の計画を練るのが楽しい、子供から大人までじっくり楽しめる、かなりお薦めのゲームです。
「旅に出る」と決めたものの、予想外の地形の並びによって失敗すると悶絶しそうになります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/10(金) 14:27:56|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ダンジョンクエスト / DungeonQuest

宝を持ち帰る剣と魔法の迷宮探索
ダンジョンクエスト / DungeonQuest (3rd Edition)
メーカー: Fantasy Flight Games (ファンタジーフライト, USA), 発売年: 2010年
日本語版発売元: アークライト
作者: Jakob Bonds & Dan Glimne & John Goodenough
12才~大人, 1~4人用, 所要90分, ルール難度:★★(2)

ダンジョンクエスト:箱

『ダンジョンクエスト』は、剣と魔法のファンタジー世界を舞台に、ランダムに生成されるダンジョンで、モンスターと戦い、財宝を集めるゲームです。

ダンジョンクエスト:展示用写真

リリース文より:

プレイヤーはランダムにダンジョンタイルを引き、ダンジョンを造り、どの迷路を進むのか選択します。進んだタイルに対応するカードを引くと、モンスターが出るかお宝が出たり、危険な罠に陥ったりします。
モンスターが出現した場合は戦闘が発生し、キャラクターの能力とキャラクターの戦闘カードを駆使した緻密な戦いが楽しめます。

しかし、このゲームにはタイムリミットがあります。日没になると、ダンジョンの出口が自動的に閉まる仕組みです。取り残された冒険者たちは、ドラゴンの怒りの餌食になってしまうでしょう。 危険なダンジョンで、あなたはどのくらいの量の宝物を得て、生きて脱出できるのでしょうか。

ソロプレイルールもついているので、1人でも楽しめます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

世界最大のボードゲームファンサイト「Boardgame Geek(ボードゲームギーク)」にて、10点満点の高評価コメント(英語, 日本語機械翻訳版)がたくさん寄せられています。


  1. 2011/06/10(金) 12:58:44|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム情報誌紹介:ゲームリンク Vol.9

攻略/紹介/付録付きゲーム情報誌
ゲームリンク Vol.9 / GameLink Volume 9
発行: アークライト (日本), 発行年: 2011年
B5判 72ページ

ゲームリンク Vol.9 表紙

『ゲームリンク』は、ボードゲームの攻略や新作紹介が充実した、ゲーム付録付きのフリーク向けボードゲーム情報誌です。

この第9号では、「積んで演じて騒いで! みんなのパーティゲーム」の特集を中心に、最新ゲーム情報が掲載されています。

また、付録として、ゲーム『ギフトトラップ』の作家、ニック・ケレット氏本人による簡単版ルールと追加カード48枚の『ギフトトラップ・ライト』、ゲーム作家ジェイムズ・アーネスト氏 (代表作『キル・ドクター・ラッキー』)による、東欧の心霊スポットを舞台にしたボードゲーム『ホテル・トランシルヴァニア』、『アセンション』のプロモーションカード1枚(英語版)を収録しているなど、ボードゲーム愛好家のための情報が満載です。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/09(木) 12:36:27|
  2. その他の商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

浅草ゲームマーケット2011春、に出展します

東京都立産業貿易センター 台東館外観

こんにちは。
今週末の6月12日(日曜)に開催されるイベント『ゲームマーケット 2011 春』のご案内です。
⇒公式サイト:http://gamemarket.jp

『ゲームマーケット』は、毎年春に開催される 国内最大のボードゲームの祭典で、新作&創作ゲームの体験や購入ができる、ボードゲーム愛好家のためのイベントです。


会場:
東京都立産業貿易センター(台東館) 4階 & 5階
日時:
6月12日(日曜) 10:00~17:00
入場料:
事前/当日に購入のカタログ(800円)を提示
主催:
ゲームマーケット事務局
運営:
株式会社アークライト
公式ウェブサイト:
http://gamemarket.jp/

すごろくやでは、オリジナルゲーム『ストリーム!』や、『ジャイアントステップ』『耳を澄ませて!』『千とひとつの宝物』などのHABA社のお薦め新作タイトルなど、体験・購入できるゲームをたくさんご用意します。

また、恒例の、これまで店頭で紹介用に使っていたサンプル用ゲームも格安でご提供します。
「おひとり様1個」縛りのため、チャンスは相当最後まで残されているはずです。
サンプルゲームの販売は15:30から開始する予定です。毎年長蛇の列となりますのでお早めにどうぞ。

他にもたくさんのブースで創作ゲームや新作ゲームの販売が行なわれます。ご都合合いましたらぜひ遊びにいらしてください。

ゲームマーケット2011春カタログ

入場券の代わりにもなっている、各ブースの出展者案内のカタログを、すごろくやでも現在お売りしています。 各ブースの事前の目星づけも踏まえてぜひどうぞ。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2011/06/06(月) 14:37:57|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:耳を澄ませて! / Lausch Genau!

揺する音で全員の玉個数を当てる
耳を澄ませて! / Lausch Genau!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Helmut Ast (ヘルムート・アスト)
7才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★(1)

耳を澄ませて!:箱

『耳を澄ませて!』は、各自がカップの中に仕込んだ宝石の数を、揺すったときの音で感じ取り、全員の宝石の合計数を当てるゲームです。

耳を澄ませて!:展示用写真

【物語】泥棒の街から来た金庫破り集団が家から家へと忍び込んでいます! 彼らは金庫を少し揺らすことで、金庫を破る暗号を探ろうとしています。 うまく音を聞き分けてたくさんの家々の金庫を破り、競争の結果、黄金の金庫破りトロフィーを受け取るのはいったい誰なのでしょうか?

全員、自分のついたての中で、カップの中に0~4個の宝石を仕込んでから前に出し、代わりばんこに揺らして音を立てます。

さあ、全員が仕込んだ宝石の合計はいくつなのか、ダイヤルを回して数を予想しましょう。
せーの!でカップを開けて答え合わせをし、ボード上の自分のコマを進めていきます。ぴったりなら家3軒(マス)分、1つ違いなら家1軒(マス)分です。

こうしてゲームを続けていき、家々のマスを進んで、先にゴールに辿り着いた人が“盗みの達人”として勝ちです。

ここがオススメ: 「カラカラ…」という音をよく聞き分ければ判りそうなのですが、大人でも驚くほど当てられないため、ぴったり当てたときの喜びは格別です。カップの中に、宝石の上下も含めてどのように入れるのか、どのように揺するのかの工夫が楽しい、子供から大人まで気軽に盛り上がるお薦めのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/06(月) 13:07:58|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ターボチーム / Turbo Team

うんちで妨害、サイコロ動物競争
ターボチーム / Turbo Team
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Bernhard Lach (ベルンハルト・ラフ) & Uwe Rapp (代表作: ウヴェ・ラップ)
5才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ターボチーム:箱

『ターボチーム』は、うんちをライバルの進路妨害として活用しつつ、色サイコロを3段階に振るチャンスをものにしながら、自分の動物チームを全員ゴールさせるゲームです。

ターボチーム:展示用写真

各自、自分のコースボード上で動物たちを進め、全員ゴールまで導くことを目指します。
代わりばんこに、〈色サイコロをグループごとに1~3回振る〉→〈出た色に合わせて動物を進める〉を繰り返していきます。

色サイコロは、1投目は1個、2投目は2個、3投目は3個というように増えていきますが、どの時点でも“うんち”の印が出てしまうと、すべて台無しになって自分の番が終わってしまいます。 また、うんちが出ると、他に人にうんちコマを置かれて進路を妨害されてしまいます。
流れを見極めて「もうここで振るのを止める」タイミングを図る必要があります。

一方、もし金色に輝くトロフィー印が出れば、動物を進めるときには色を自由に選べたり、うんちを取り除いたりできますし、振ったときにうんちと同時に出れば、うんち効果を打ち消す作用があります。

こうしてゲームを続けていき、先に自分の動物たちを全員ゴールに導いた人が勝ちです。

ここがオススメ: トロフィーを期待してさらに振るのか、うんちを恐れて振るのをやめるのか、悩ましい判断が楽しいゲームです。
最初に運良くたくさん進んだ人がいても、どれかの色がゴールしてしまうと以降はその色が無意味になるため、後半はわりと拮抗するようになっています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/06/05(日) 17:26:20|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:アベカエサル / Ave Caesar

コース取りが命運分ける馬車競争
アベカエサル / Ave Caesar
メーカー: Pro Ludo(プロルード, ドイツ), 発売年: 2006年 (原版は1989年)
作者: Wolfgang Riedesser (ヴォルフガング・リーデッサー, 代表作:『アベカエサル』)
12才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

アベカエサル:箱

『アベカエサル』は、1~6のカードを出して自分の戦闘用馬車をコース上で進め、コース取りをうまく行なうことでライバルをブロックしつつゴールを目指す名作レースゲームです。

アベカエサル:展示用写真

古代ローマの闘技場が舞台です。
1人ずつ代わりばんこに自分の戦闘用馬車をコース上で少しずつ進めていき、3周して先にゴールすることを目指します。
馬車を進めるには、手札から1~6のカードを選んで消費しなければなりません。その数の分だけマス目を進ませることができます。

アベカエサル:接戦

コース上に何箇所か、中央分離帯で左右に分割されたところがあり、例えば内周側が1マスに対して外周側が3マスで構成されているなど、無駄な歩数を消費させられるようになっています。
このような無駄に数を消費するコースはできるだけ進みたくないものですが、「他者を追い越せない」「出せる限りはカードを出さなければならない」という厳しいルールによって、ライバルに内周をブロックされ、泣く泣く外周を通らなければならないことがまま起こります。

各自が進むために使う手札のカードは、自分専用の山札から補充するのですが、すべてのカードの数の合計は、そのような無駄なマス目を通ることをあまり想定していません。つまり、無駄なマス目を通ってばかりいると、カードが尽きてしまい、3周目のゴールに辿り着けない可能性があるのです。


アベカエサル:皇帝陛下万歳

また、ゴールするまでの1周目か2周目の終わりには、必ずシーザー皇帝の前の側道に入って止まり、金貨を献上して『皇帝陛下万歳(アベ・カエサル)!』を宣言しなければなりません。この謁見を行なわないと脱落となるため、各自、側道へのコース取りにしのぎを削ることになります。


こうしてゲームを続けていき、いち早く3周目のゴールに到達した人から高得点のポイントを受け取り、以降、2位、3位と低くなっていく得点を受け取って1ラウンドを終えます。
ボードの両面と逆順の組み合わせで全4ラウンドを行ない、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: ライバル同士が馬車をぶつけながらデッドヒートを繰り返す古代の闘技場の雰囲気たっぷりに、ブロックされて動けなかったり、外周の無駄なマス目を進まされたりして、「早く行ってくれ!」と爪を噛むような悔しさが盛り上がる、罵り合いが楽しめる大人向けとしてお薦めのゲームです。
ブロックされて動けないことを証明するために、手札を公開する遊び方をお薦めします。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2011/06/03(金) 11:05:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:マイファーストゲーム・誰に乗る? / Meine ersten Spiele - Tier auf Tier

サイコロ指示で動物のコマを積む
マイファーストゲーム・誰に乗る? / Meine ersten Spiele - Tier auf Tier
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Klaus Miltenberger (クラウス・ミルテンベルガー, 代表作: 『ワニに乗る?』)
2才~大人, 1~4人用, 所要10分, ルール難度:★(1)

マイファーストゲーム・誰に乗る?:箱

『マイファーストゲーム・誰に乗る?』は、色サイコロを振って出た印に従ってさまざまな動物ブロックを積み上げていく3種類の遊び方が楽しめる、2才からできるように設計された、初めてルールを伴って遊ぶのに適したゲームです。

マイファーストゲーム・誰に乗る?:遊戯中

「初めてのゲーム」と称されたこのシリーズは、次のようなゲームの基本的な動作を、遊びながら身に付けられるようになっています。

  • 人の番のときには手を出さずに集中し、順番を守る。
  • 自分の番になったら、サイコロを投げないように振る。
  • サイコロで出た色や印を認識し、それと対応するものを場から取る、または返す。
  • 取ったものを「自分のもの」として、触らずに手元に置いておく。

この『誰に乗る?』では、動物ブロックを積み上げる3つのゲームが楽しめます。

ゲームその1では、サイコロを使わずに、好きなお日さまタイルをめくって、出てきた絵の動物と同じブロックを上へ上へと積み上げていきます。
無事に乗せられればご褒美としてお日さまタイルを貰えますが、途中で崩してしまうともらえません。お日さまタイルが尽きたとき、いちばんお日さまタイルを多く集めた人は誰でしょうか?というゲームです。

ゲームその2では、サイコロを振って指示された方の草原ボードに、好きな動物ブロックを積み上げていきます。
無事に乗せられればご褒美としてお日さまタイルを貰えますが、途中で崩してしまうともらえません。 ときどき「どちらの草原に置いてもいいよ」の指示が出たらラッキー。安全な方を選んで置きましょう。
お日さまタイルが尽きたとき、いちばんお日さまタイルを多く集めた人は誰でしょうか?というゲームです。

ゲームその3はみんなの力を合わせる協力型のゲームです。
サイコロを振って指示された方の草原ボードに、好きな動物ブロックを積み上げていきます。
すべての動物を積み上げることができれば全員の勝ちですが、もし途中で崩してしまうとウサギが徐々にマス目を進み、10歩進んでゴールに到着してしまうと全員負けとなってしまいます。

ここがオススメ: 順番を守る・集中するなど、ゲームを遊ぶ上での基本的な要素が体験できて、どの遊び方もとても簡単ですが、本家『ワニに乗る?』と同じく〈積む動物は自由に選べる〉ので、置き方にひと工夫できるのがお薦めのゲームです。
木のおもちゃの老舗メーカー製だけに、ブロックやサイコロのサイズも、ちょうど幼児の手に合うように設計されています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2011/06/02(木) 15:26:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁