高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:金庫破りのジギ / Siggi Safeknacker

数の大小を賭けて金品を集める
金庫破りのジギ / Siggi Safeknacker
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Heinz Meister (ハインツ・マイスター, 代表作: 『スティッキー』『名探偵ラビット』など多数)
7才~大人, 2~5人用, 所要10分, ルール難度:★(1)

金庫破りのジギ:箱

『金庫破りのジギ』は、指示された金庫カードの数値を見て、山札からめくるカードの数値がそれよりも高いか/低いかを当てることでご褒美を集めるゲームです。

金庫破りのジギ:展示用写真

自分の番でサイコロを振り、示された色の金庫の数値を見て、山札からめくるカードの数値がそれよりも高いか/低いかを予想します。
カードの数値は1~52まであります。それまでに出た数値の傾向などから確率を考えて予想しましょう。

もし予想が外れてしまうと、めくったカードが今回の色の金庫に蓄積されていきます。もし予想が当たった場合には、これらの蓄積されたカードをすべて獲得できます。

また、予想を外してしまうと、さらにそれまでに獲得したカードが没収されてしまいます。
これを回避するため、それまで獲得したカードを裏向きにすることで「安全な場所にしまう」ことができます。しかし、これを行なうには、その回の予想を放棄しなければならないため、金庫のカード蓄積状況と自分の獲得枚数をよく考えて判断しましょう。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。獲得したカードの枚数がいちばん多い人が勝ちです。

ここがオススメ: だいたい8割くらいは当てられるものの、ときどき予想を覆すものが出て盛り上がります。予想が外れるたびに場の状況を“おいしく”するため、自分の番のときに「安全な場所に確保しようと思っていたけど、ここは勝負したい…」と気持ちが揺れる、ギャンブル風の手軽なゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2011/07/25(月) 13:26:51|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:いるのは俺たちチキンだけ / Nobody But Us Chickens

鶏/狐/犬の一斉札公開を読み合う
いるのは俺たちチキンだけ / Nobody But Us Chickens
メーカー: Z-Man Games (ズィーマンゲームズ, カナダ), 発売年: 2011年 (原版2003年)
作者: Kevin G. Nunn (ケヴィン・ヌン)
8才~大人, 3~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

いるのは俺たちチキンだけ:箱

『いるのは俺たちチキンだけ』は、各自がせーので一斉に出したカードによって、得点要素が蓄積されたり、蓄積された得点を獲得できたりするため、全員の思惑を読み合い、うまく手札の1枚を選んでいくゲームです。

いるのは俺たちチキンだけ:展示用写真

手札9枚は全員同じ構成です。大きく分けて、

ニワトリ:
得点の素。これを出すと場の得点が累積される。4点の高得点や減点の-1点があったりする。
キツネ/ネズミ:
これを出した人は場の得点を獲得できる。
番犬:
これを出したとき、もしキツネ/ネズミを出した人がいれば、その人たちには何も与えずに自分が得点を貰える。

の3種類があります。
毎回、手札からこれだ!という1枚を選んで、全員でせーの!で出して勝負します。ということは、常に番犬やキツネのカードを出したいところですが、それぞれ1枚ずつしかなく、一度使ったカードは2度と使えないので、ニワトリの得点がたくさん累積されてから、など、どこで使うのかをよーく考えなければなりません。

また、番犬は最強のカードかと思いきや、キツネ/ネズミという敵がいるときだけ作用するため、彼らが出されていないときに番犬を出してしまうと、得点をもらえずに貴重な番犬を消費、という悲惨な状況を生んでしまいます。

これらを踏まえて状況を鑑み、「そろそろ得点が溜まってきているから、誰かがキツネを出す…、ということで番犬を出す…、と全員が思うだろうからここはあえてニワトリを出す…」といった読み合いや、「今回はキツネでいくかんね!」などのハッタリのかましあいでうまく高得点を狙っていきます。

せーの!の勝負を9回行なって手札の9枚を使い切ったら1ラウンド終了です。獲得したニワトリの得点合計を得点シートに付け、人数分のラウンドを行なったらゲーム終了、総合得点がいちばんの人が優勝です。

ここがオススメ: 高得点の獲得を狙って、場の状況や、各カードの消費し具合を鑑みつつ、それぞれの性格や癖を読み合うのが楽しくて、意外な結果に驚いて盛り上がる、大人向けの気軽なゲームとしてお薦めです。 ずばり読みが的中してうまくいったときの嬉しさは格別です。
ラウンドごとに、キツネや番犬を出した人が複数いたときの獲得優先度を表すマーカーが移動するため、解ってくると「この状況なら被っていても美味しいはず」といった微妙なタイミングも計れるようになってきます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/07/23(土) 10:11:52|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

大人の狼ゲーム会 8/7 & 8/25 参加予約受け付け中

大人のための『狼ゲーム会』第15回と第16回を開催します。

  • 第15回:8月7日(日曜) 昼 14:00~16:00
  • 第16回:8月25日(木曜平日) 夜 19:00~21:00
2011-07-14 狼ゲーム会写真

定員10名で、ウソつき狼と村人の生き残りゲーム「狼ゲーム」を行ないます。
会場は、これまでと同じ、すごろくやから徒歩3分の洋食飲み屋「クルや」さんです。 http://kuruya.noraya.jp/

クルや店内写真

お酒も飲めておいしい食事もできる(オムライスは特におすすめ!)とても素敵なお店で、当日貸切でお酒を飲みながら(もちろんソフトドリンクもご用意しています)、ゲームを楽しんで頂けます。


タブラの狼』に代表される狼ゲームは、ルールは簡単なのに、ふだん見えない人間の狡猾さが見えて盛り上がる、とても面白いゲームです。ただ、最低9人を必要とするため、なかなか遊びにくいゲームでもあります。
この、大人の狼ゲーム会では、初めての方向けに当店で調節した遊び方で、飲み物を飲みながら、初対面のみなさんでも楽しんでいただけるはずです。
この機会に是非、沢山のご参加をお待ちしております。
遊び方はスタッフがご案内しますので、初めての方でもすぐにゲームが出来ます。ご安心下さい。

日時
第15回 2011年8月7日(日) 14:00~16:00
第16回 2011年8月25日(木) 19:00~21:00
ゲーム会場
クルや (洋食飲み屋 / JR高円寺駅から徒歩3分)
参加対象
20才以上の方
参加費
お一人 2,000円(1ドリンク付)
定員
10名 (要予約)
お問い合わせ先
すごろくや (03-6657-3537)

参加をご希望の方は、記入フォームのページにてご予約をお申し込みください。

定員に達し次第、予約申し込みを締め切らせていただきます。なお、たくさんの申し込みをいただいた場合には、初めて参加される方を優先することがあります。ご了承ください。

ご参加、お待ちしておりますー!


  1. 2011/07/18(月) 19:40:04|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲームグッズ紹介:カードシャッフラー(手動式) / Karten Misch Maschine

130枚対応手回し式カード混ぜ機
カードシャッフラー (手動式) / Karten Misch Maschine
メーカー: AMIGO (アミーゴ, ドイツ), 発売年: 2006年

カードシャッフラー:箱

『カードシャッフラー(手動式)』は、カードをよく切り混ぜることができるゲーム用の便利グッズです。

カードシャッフラー:展示用写真

一塊のカードを入れて(約130枚まで)ハンドルを回すと、自動的に左右の山に振り分けられ、カードを切り混ぜることができます。
数回繰り返し行なうことで、かなりよく混ぜることができます。

押し出す部分の厚み調整ができるようになっているので、厚いカードでも大丈夫です。
対応カードサイズは90×60mmくらいまでですので、ほとんどのカードゲームは対応しています。『ニムト』や『お邪魔者』など、枚数が多目のカードゲームは特に重宝します。
ただし、一部の『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』や『クク』、トランプなどのポーカーサイズ(88×63mm)はわずかに大きいため引っ掛かってしまいますのでご注意ください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/07/16(土) 18:53:22|
  2. その他の商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:レジスタンス / The Resistance

スパイを見極め作戦担当者を選ぶ
レジスタンス / The Resistance
メーカー: Indie Boards and Cards (インディー, USA), 国内発売元: ホビージャパン
発売年: 2010年
作者: Don Eskridge (ドン・エスクリッジ)
13才~大人, 5~10人用, 所要30分, ルール難度: ★☆(1.5)

レジスタンス:箱

『レジスタンス』は、各自、秘密の役割カードによって、作戦を3回成功させようとする組織側と作戦を密かに3回分失敗させようとするスパイ側に分かれ、会話での推理と誘導によって作戦遂行メンバーを選ぶゲームです。

レジスタンス:展示用写真

全員、自分の正体を隠しながら、本来行なわれるべき行動を邪魔をしようとするのは誰なのかを探っていくタイプのゲームです。
圧政を強いる政府に抵抗しているレジスタンス勢の中で、全員の4割ほどの人数(5人なら2人、等)がスパイとして紛れ込んでいます。

全5ラウンドで、毎回「作戦を実行」として、実行メンバーが数人選ばれると、そのメンバーは全員、秘密裏に〈作戦成功〉〈作戦失敗〉のどちらかのカードを提出します。この結果、もし1枚でも〈作戦失敗〉が提出されていれば、その作戦は“失敗”となってしまいます。

作戦が3回失敗してしまうとスパイ側の勝利となります。作戦が失敗したということは、今回選ばれたメンバーの中にスパイがいるということですが、誰がどのカードを提出したかは判らないため、とりあえずその中の誰かがスパイであることや、なぜそのメンバーが選ばれたのか、また、さきほどの回はどうだったかなど、推理を働かせる必要があります。

一方、もし推理によってスパイだと特定されたとしても、ゲーム中に脱落することはありません。レジスタンス側は3回の作戦成功を達成することが目的なので、作戦実行のメンバー選出時に、スパイと思しき人間を選ばなければ良いのです。

しかし、スパイではないと思われるメンバーを選んだはずなのに、「そのメンバーは危険だ!」とその選出が反対され、また選びなおしになるかもしれません。反対したのはスパイだからなのでしょうか? それともその人だけが知っている情報があるのでしょうか…?

こうしてゲームを続けていき、作戦が3回成功すればレジスタンス側の勝ち、3回失敗すればスパイ側の勝ちです。

ここがオススメ:タブラの狼』や『ミラーズホロウの狼男』に代表されるような、疑心暗鬼に駆られながら犯人を特定する狼男系のゲームのテイストを持ちながら、特定の司会進行役が必要なく、ゲーム途中で脱落者も発生しないという優れた特徴を持った、大人向けの手軽なゲームとしてお薦めです。

レジスタンス:拡張カード 陰謀カード入り日本語版: 日本語版には、「深まる陰謀追加セット」として、「監視者」「立ち聞きされた会話」など、9種類15枚の特別な効力を発揮するカードが同梱されています。これらのカードにより、より悩ましい展開が楽しめるでしょう。

ルール訂正・補足付き: この日本語版に付属している「深まる陰謀追加セット」の説明書には、誤りを含む、おそらくまともに遊べない記述が含まれているため、当店では訂正・補足書をお付けしています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2011/07/12(火) 21:08:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:スモールワールド :アンダーグラウンド / Small World Underground

単独/混在可能な新世界と別種族
スモールワールド:アンダーグラウンド / Small World Underground
メーカー: Days of Wonder (デイズオブワンダー, USA), 発売年: 2011年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2012年
作者: Philippe Keyaerts (フィリップ・キーヤーツ, 代表作:『スモールワールド』)
8才~大人, 2~5人用, 所要30~90分, ルール難度:★★☆ (2.5)

スモールワールド:アンダーグラウンド (日本語版):箱

『スモールワールド:アンダーグラウンド』は、種族の隆盛衰退を操る国取り合戦ゲーム『スモールワールド』の舞台を地下世界に移し、まったく新しい種族や特殊能力を楽しめる、単独でも、基本セットと混在しても遊べる別バージョンです。

スモールワールド:アンダーグラウンド:展示用写真

「この世界は我々全員にとって充分大きいとは言えない。じゃあオレのためにそこをどいてくれ。」
これが、ゲーム賞を受賞したフィリップ・キーヤーツ作『スモールワールド』シリーズの精神です。2011年の最新作『アンダーグラウンド』は、新しい仕掛けが加えられ、この精神が保たれています。

『スモールワールド:アンダーグラウンド』は、地下世界を舞台に15種の風変わりな種族と21の特別な能力が入っている、拡張セットとして混在も可能な、単独で遊べる独立した新バージョンです。
デザイナーのフィリップ・キーヤーツは、すべて新しい種族と特殊パワー、そして特定地域で秘宝と偉大なる力を守護するモンスターをこのゲームに導入しました!

スモールワールド:アンダーグラウンド:近影

まずは基本の『スモールワールド』を遊ばれてからこの『アンダーグラウンド』に挑戦することをお薦めします。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/07/07(木) 14:17:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:花火 / Hanabi

連携推理で見えない数札を連ねる
花火 / Hanabi
メーカー: Cocktail Games (カクテルゲームズ, フランス), 発売年: 2016年 (原版2010年)
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2016年
作者: Antoine Bauza (アントワン・ボーザ, 代表作: 『世界の七不思議』)
8才~大人, 2~5人用, 所要25分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2013年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
大賞受賞

花火(2016年日本語版):箱

『花火』は、全員で協力して、自分からは見えない手札から、色別かつ番号順でより多くのカードを重ねられるように、お互いにヒントを出し合って推理していくゲームです。

花火(2016年日本語版):展示用写真

1~5の番号カードがそれぞれ5色分、ぜんぶで50枚の花火のカードを使います。
1人ずつ代わりばんこに、ランダムに配られた手札4枚の中から1枚を繰り出すことで、全員共通の場に、色別の1→2→3→4→5の連番を作っていきます。

しかし、手札の表側は常に相手の方に向けているので、自分だけ内容が判りません。逆に、他の人たちが持っているカードの内容は見えています。

自分の手札は見えないので、当てずっぽうで手札からカードを出してしまうと、いきなり4を出すなど、おかしな番号を出してしまいます。その色については、“失敗”としてそれ以上連番を伸ばすことができません。
このゲームは、連番として伸ばせた枚数が全員の評価得点となる“協力型ゲーム”のため、うかつな行動は取れないのです。

このため、まずは他の人にヒントを伝えましょう。任意の人の手札を指しながら、「君の〈これ〉だけが〈1〉だよ。」とか「君の〈これとこれ〉は〈青〉だよ。」という風に、他の人の手札にある番号か色のどちらかの要素を1つだけ教えられます。
これをお互いに行なうことで、しだいに自分の手札の内容がおぼろげながら掴めてくるのです。

しかし、ヒントを伝えるにはコストとしてチップを支払わなければなりません。ヒントを与えてばかりいると、どんどんチップが減っていってしまうので、特には「たぶん要らない」であろうカードを捨てることでチップの回復を計る必要があります。…でも、本当にそれは要らないカードなのでしょうか?

こうしてゲームを続けていき、補充用の山札が尽きるか、規定回数ミスをしたら、それまでに伸ばした色別の連番枚数の合計が全員の評価得点となり、ゲーム終了です。

ここがオススメ: 一風変わった「相談してはいけない協力型ゲーム」のため、「きっとこれを言えば解ってくれるだろう」というヒントをどのように組み立て伝えるかをよく考えて、ズバリ的中したり、ときには裏目に出てしまったりして盛り上がる、大人向けの手軽なゲームです。
初めてでもつい緻密にやってしまいがちになりますが、あまり考え過ぎるよりも「間違えたら次のゲームでうまくやろう」くらいの心持ちで何度も挑戦するのがよいでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2011/07/02(土) 17:48:02|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

大人の狼ゲーム会 7/14 & 7/31 参加予約受け付け中

大人のための『狼ゲーム会』第13回と第14回を開催します。

  • 第13回:7月14日(木曜平日) 夜 19:00~21:00
  • 第14回:7月31日(日曜) 昼 14:00~16:00
2011-06-26 狼ゲーム会

定員10名で、ウソつき狼と村人の生き残りゲーム「狼ゲーム」を行ないます。
会場は、これまでと同じ、すごろくやから徒歩3分の洋食飲み屋「クルや」さんです。 http://kuruya.noraya.jp/

クルや店内写真

お酒も飲めておいしい食事もできる(オムライスは特におすすめ!)とても素敵なお店で、当日貸切でお酒を飲みながら(もちろんソフトドリンクもご用意しています)、ゲームを楽しんで頂けます。


前回(6/26)は、たいへんノリの良いお客さんたちで大いに盛り上がって楽しく遊ぶことができました。

タブラの狼』に代表される狼ゲームは、ルールは簡単なのに、ふだん見えない人間の狡猾さが見えて盛り上がる、とても面白いゲームです。ただ、最低9人を必要とするため、なかなか遊びにくいゲームでもあります。
この、大人の狼ゲーム会では、初めての方向けに当店で調節した遊び方で、飲み物を飲みながら、初対面のみなさんでも楽しんでいただけるはずです。
この機会に是非、沢山のご参加をお待ちしております。
遊び方はスタッフがご案内しますので、初めての方でもすぐにゲームが出来ます。ご安心下さい。

日時
第13回 2011年7月14日(木) 19:00~21:00
第14回 2011年7月31日(日) 14:00~16:00
ゲーム会場
クルや (洋食飲み屋 / JR高円寺駅から徒歩3分)
参加対象
20才以上の方
参加費
お一人 2,000円(1ドリンク付)
定員
10名 (要予約)
お問い合わせ先
すごろくや (03-6657-3537)

参加をご希望の方は、記入フォームのページにてご予約をお申し込みください。

定員に達し次第、予約申し込みを締め切らせていただきます。なお、たくさんの申し込みをいただいた場合には、初めて参加される方を優先することがあります。ご了承ください。

ご参加、お待ちしておりますー!


  1. 2011/07/01(金) 17:09:31|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁