高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

2011年11月末発売の新作ゲーム情報:その3

5~12人で遊びます。
16世紀のフランスで発祥と言われているゲームが元になっています。

新作ゲームのカード、特別効能カード


  1. 2011/10/31(月) 12:13:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁

大人の狼ゲーム会 11/10 & 11/20 参加予約受付中

大人のための『狼ゲーム会』第21回と第22回を開催します。

  • 第21回:11月10日(木曜平日) 夜 19:00~21:00
  • 第22回:11月20日(日曜) 昼 14:00~16:00

2011-10-13 狼ゲーム会の様子

定員10名で、ウソつき狼と村人の生き残りゲーム「狼ゲーム」を行ないます。
会場は、これまでと同じ、すごろくやから徒歩3分の洋食飲み屋「クルや」さんです。 http://kuruya.noraya.jp/

10/13の第19回目では、親子での参加がなんと2組もいらして親子対決が見ものでした。
『この子だったらこうは言わない!』とお母さんが言い切る時は、理詰めを越えた説得力があり、こんなドラマもあるんだなぁと思ってしまいました。

クルや店内写真

お酒も飲めておいしい食事もできる(オムライスは特におすすめ!)とても素敵なお店で、当日貸切でお酒を飲みながら(もちろんソフトドリンクもご用意しています)、ゲームを楽しんで頂けます。


タブラの狼』に代表される狼ゲームは、ルールは簡単なのに、ふだん見えない人間の狡猾さが見えて盛り上がる、とても面白いゲームです。ただ、最低9人を必要とするため、なかなか遊びにくいゲームでもあります。
この、大人の狼ゲーム会では、初めての方向けに当店で調節した遊び方で、飲み物を飲みながら、初対面のみなさんでも楽しんでいただけるはずです。
この機会に是非、沢山のご参加をお待ちしております。
遊び方はスタッフがご案内しますので、初めての方でもすぐにゲームが出来ます。ご安心下さい。

日時
第21回 2011年11月10日(木) 19:00~21:00
第22回 2011年11月20日(日) 14:00~16:00
ゲーム会場
クルや (洋食飲み屋 / JR高円寺駅から徒歩3分)
参加対象
20才以上の方
参加費
お一人 2,000円(1ドリンク付)
定員
10名 (要予約)
お問い合わせ先
すごろくや (03-6657-3537)

参加をご希望の方は、記入フォームのページにてご予約をお申し込みください。

定員に達し次第、予約申し込みを締め切らせていただきます。なお、たくさんの申し込みをいただいた場合には、初めて参加される方を優先することがあります。ご了承ください。

ご参加、お待ちしておりますー!


  1. 2011/10/27(木) 18:40:51|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

2011年11月末発売の新作ゲーム情報:その2

数字を使った大型のカードで遊びます。

新作ゲームのカード、裏面と14

[過去記事] 情報:その1


  1. 2011/10/27(木) 13:34:47|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

2011年11月末発売の新作ゲーム情報:その1

今日から少しずつ、すごろくや制作の新作ゲームの情報を出していきます。
11月末に発売の予定です。

新作ゲームのカードその1
新作ゲームのカードその2

  1. 2011/10/24(月) 16:56:50|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:交易王 (Catalyst社 北米版) / Merchants

相場の流行りを鑑みて商材を準備
交易王 (Catalyst社 北米版) / Merchants
メーカー: Catalyst game labs (カタリスト, USA), 発売年: 2010年 (原版は2007年)
作者: Reiner Knizia (ライナー・クニツィア, 代表作: 『ケルト』『インジーニアス』など多数)
13才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度: ★☆ (1.5)

交易王 (Catalyst社 北米版):箱

『交易王』は、6種類(色)の交易品を取捨選択しながら、なるべく自分だけ高値で売却できるように、カードによって相場価格を塗り替えていくゲームです。
※ ドイツ Pegasus社の名作『交易王』の北米仕様です。ゲーム内容はまったく同じです。

交易王 (Catalyst社 北米版):展示用写真

16~17世紀、新大陸発見時代の貿易商となって、綿やインディゴ、毛皮などの商材を仕入れて高値で売りさばき、一番の大金持ちを目指しましょう。

1人ずつ代わりばんこに番が回ってきます。誰かが、手札から何か1色のカードを出して場の相場を塗り替えると、(その人だけではなく)全員に、その色の商材(キューブ)を持っている分だけ、相場(=その色が見えている枚数)に応じた金額が支払われます。
このため、各自、色の流行り廃りを考えて、前もって手持ちの商材を入れ替えておかなければなりません。

もし、他の人が持っていない色の商材をいくつか用意し、その色の相場をいっきに塗り替えることができれば、自分だけ大量の報酬が得られることになります。
しかし、ライバルたちは、その後その色の相場カードを塗り替えてしまうでしょうから、彼らの番の間にまったく報酬が得られない、ということになるかもしれません。

お金が溜まってくると、有利な「持てる商材が増える」「手札補充に有利」「商材交換に有利」「報酬が余計に貰える」といった権利カードを購入することができます。状況を鑑みつつ、無駄な出費をしないように上手に購入していきましょう。

こうしてゲームを続けていき、補充用の山札がなくなったらゲーム終了、もっともお金を多く持っている人が勝ちです。

ここがオススメ: とてもシンプルなルールながら、ライバルたちの商材の準備具合や手札の枚数、色ごとのこれまで使われた枚数、そして所持金状況などを鑑みつつ、ここぞというタイミングで自分だけ連続して大量に稼ぐ計画を練るのが楽しい、緻密な戦略好きの大人にお薦めのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/10/18(火) 16:50:57|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ラミィキューブ / Rummikub

番号タイルを組み替えて場に出す
ラミィキューブ / Rummikub
メーカー: Jumbo (ジャンボ, ドイツ), 発行年: 2011年 (原版1977年)
作者: Ephraim Hertzano (エフライム・エルツァノ)
8才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 1980年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
大賞受賞
2011年 仕様
ラミィキューブ2011年版:箱

『ラミィキューブ』は、手持ちの色番号タイルを、補充しながら、〈同色連番〉か〈異色同数〉の3枚以上の組み合わせを作って場に出したり、場への追加や組み替えやをしたりして、いち早く無くすゲームです。

ラミィキューブ:展示用写真

タイルは1~13の番号×4色分で構成されています。手持ちのタイルを3枚以上を組み合わせて、「同じ色で連番(ストレート)」か「同じ番号で異なる色」を作っては場に出していきます。出せるかぎりは組み合わせをいくつでも、何枚出しても構いません。

1人ずつ代わりばんこに〈組み合わせを場に出す〉か〈山から補充〉を繰り返していくと、場には各自が出したタイルの組み合わせの塊がたくさんできていきます。
しかし一方で、手持ちのタイルだけではそのうちに組み合わせが作れなくなっていきます。 実は、単に〈組み合わせを場に出す〉だけではなく、すでに場にある組み合わせの塊に対して〈タイルを追加する〉ことができ、これがこのゲームの最大の特徴です。

場に出されたタイル群は全員のものです。例えば、誰か他の人が作った[3]・[4]・[5]の末尾に[6]を加えても一向に構いません。
さらに、3枚以上の「同色連番」か「同値異色」の組み合わせ条件さえ守れば、場にある組み合わせをバラバラにして自由に組み替えることができるため、うまく組み替えを行なえばいっきにたくさんの手持ちタイルを出せるのです。

このため、各自、場と手持ちの状態をよーく見ながら、「あそこの端っこで余ってる[青7]と[赤7]をもってきて、手持ちの[黒7]を足して、あそこの黄色の連番を分割して[黄4]を差し込んで、…」という具合に、頭の中で何段階もの組み替えをシミュレートし、よりたくさんのタイルを出せるように頭をフル回転させます。

こうしてゲームを続けていき、誰かが手持ちのタイルをすべて無くしきったら、その人の勝ちです。
慣れてきたら、人数分の回数を行ない、累計した合計得点で競うと良いでしょう。

ここがオススメ: 頭から煙が出そうなくらい、何段階もの過程を集中して考えるのが楽しい、子供から大人までじっくり遊べる超お薦めのゲームです。
多段階で考える過程でところどころ抜けていることに気付かず「あれっ…? 何をやろうとしてたんだっけ…。」などと途方に暮れることもよくありますが、考えに考えぬいた場の組み替えとタイル追加が成功したとき、他のゲームでは得られない、鼻の穴からポン!と花が咲きそうなスッキリ感が得られます。そうしたスッキリする気持ちよさのためか、女性にとても好まれる傾向のあるゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2011/10/18(火) 01:52:46|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:タイムライン / Timeline

事象カードを発明発見年で並べる
タイムライン / Timeline
メーカー: Hazgaard Editions (ハズガード, フランス), 発行年: 2010年
作者: Frédéric Henry (フレデリック・アンリ)
8才~大人, 2~8人用, 所要 15分, ルール難度:★ (1)

タイムライン:箱

『タイムライン』は、「車輪」や「小惑星」「カラーテレビ」などのカードを、発明や発見がなされた年が1列に正しく並ぶように配置していき、ノルマをいち早く無くすゲームです。

タイムライン:展示用写真

「車輪」や「小惑星」「カラーテレビ」などのイラストカードが、各自の手元にノルマとして置かれます。これをいち早く無くした人が勝ちです。

1人ずつ代わりばんこに、手元に置かれたカードから1枚を選んで、全員共通の場の列に置いて加えていきます。加えるときには、発見や発明された年代の並び順が合うように、端に置いたり、間に差し込んだりしなければなりません。

毎回、カードを置くたびに年代順をチェックします。裏面の年表記を公開し、もし間違っていたら、捨て札にして新たな1枚を手元に補充しなければなりません。もし合っていれば、そのままにして手元のカードを1枚減らせたことになります。

こうしてゲームを続けていき、いち早く手元のカードをなくした人が勝ちです。

ここがオススメ: 「これはきっとあの事件の後だからこの年代だな…」と、世界史レベルの関連性を考えて発明年や発見年を推測していくのが楽しい、大人用の手軽なゲームです。
自分の手元のカードについて知っている/知らないよりも、各自のカードが公開されていることを利用して、次の人が持っているカードの中で簡単に置かれそうなものを察知し、そこに近い年代のものを先に置いて次に置きづらくする、といった工夫が大切です。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/10/16(日) 16:57:53|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム情報誌紹介:アメージングテーブルゲーム 2012

お手軽ゲーム中心の情報誌第二弾
アメージングテーブルゲーム 2012
発行: 八重洲出版(やえすしゅっぱん, 日本), 発行年: 2011年
A4変型判 オールカラー90ページ

アメージングテーブルゲーム2012誌:表紙

『アメージングテーブルゲーム 2012』は、幅広い年齢層に応えるお手軽なボードゲーム・カードゲームを、大きな写真記事で紹介している総合情報誌(ムック)の第二弾です。

アメージングテーブルゲーム2012誌:中身

「2012年 超ハマる!! 21ゲーム大紹介」「子供から大人まで、みんなで楽しめるゲーム」「手軽に遊べるカード&タイルゲーム」「癒し系おばけゲーム特集」などなど、前号では紹介しきれなかったお薦めのボードゲーム・カードゲームが、さまざまなカテゴリーに分けられ、魅力を伝える大きな写真付きで掲載されています。

その他、ボードゲームが当たる豪華懸賞、ゲーム付録『なんてったってさいたま』(『なんてったってホノルル』の日本地名ミニ版)』など、充実の一冊です。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2011/10/15(土) 13:26:18|
  2. その他の商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:くるりんパニック / Loopin' Louie

迫る飛行機を弾きニワトリを守る
くるりんパニック / Looping Louie
メーカー: Hasbro (ハズブロ, USA), 発売年: 2011年 (原版1992年)
作者: Carol Wiseley (キャロル・ワイズリー)
4才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★ (1)

ドイツ 1994年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
キッズゲーム特別賞 (Sonderpreis Kinderspiel, 後のキッズゲーム大賞に相当)
くるりんパニック(2011 ドイツ語版):箱

『くるりんパニック』は、自分のニワトリチップを落とされないように、クレーンの中心がぐるぐる周ることで飛び回る飛行機をパドルで跳ね上げ、ライバルに押し付けるゲームです。
※ このゲームは、ルーウィーが自動で回る機構のため、単3電池が2本必要です。

くるりんパニック(2011 ドイツ語版):遊戯中

たいへん、農場のニワトリたちが飛行機乗りのルーウィーに狙われています! 何もせずに放っておけば、ルーウィーはぐるぐる回りながらニワトリチップを蹴飛ばして落としてしまいます。

3枚のニワトリチップが落とされたら人から脱落してしまいます。落とされないように、ルーウィーが自分のところに回ってきたらパドルを押して跳ね上げて迎撃しましょう。

しかし、ただ跳ね上げるだけではいけません。パドルを押す力加減を調節し、他の人のところへ、迎撃できない角度で落ちるように仕向けたり、大きく跳ね上げることでグルンとトリッキーな動きを狙ったりしていきます。

こうしてゲームを続けていき、自分のニワトリチップ3枚とも落とされた人から脱落、最後に残った1人が勝ちです。

ここがオススメ: 単純かと思いきや、実はさまざまなテクニックが発揮できて、子供から大人までわあわあ言いながら気軽に遊べるお薦めのアクションゲームです。
むしろ力加減が巧みな大人同士で遊ぶことをお勧めします。2人で遊ぶのはあまりお勧めしません。遊ぶならせめて3人以上が良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/10/14(金) 17:31:29|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:なんてったってホノルル / Ausgerechnet Honolulu

位置関係を保って都市名を並べる
なんてったってホノルル / Ausgerechnet Honolulu
メーカー: Huch & Friends (フッフ・フレンズ, ドイツ), 発売年: 2011年
国内販売元: ホビージャパン
作者: Bernhard Lach (ベルンハルト・ラフ) & Uwe Rapp (ウヴェ・ラップ)
10才~大人, 2~6人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2006年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
※ シリーズ初作の『Ausgerechnet Buxtehude』として
なんてったってホノルル:箱

『なんてったってホノルル』は、1人1枚ずつ、地図上の緯度か経度の関係を保ったつもりで場に並べられていくマイナーな都市名カードに対して、間違いを指摘することで得点を奪ったり奪われたりするゲームです。

なんてったってホノルル:展示用写真

世界中の都市名や名所が書かれた208枚のカードを使います。
1人ずつ代わりばんこに、山札から取った都市名カード1枚を、場に並べられた都市名カードに対して、緯度(南北)か経度(東西)の大小関係が合うように、新たに上下列の端に置いたり、途中に差し込んだりしていきます。
しかし、都市名は「ワガドゥグー」「バンダルスリブガワン」などその多くがまったく聞いたことのないような地名で構成されているため、名前の語感などから「おそらくこの辺だろう」と当て推量で並べることになります。

1人が都市カードを置くたびに、他の人が「それは違うんじゃないか?」と間違いを指摘するチャンスがあります。置いた1枚と隣の1枚をめくり、裏面の緯度経度を比較して確認しましょう。指摘した方とされた方の間で、ミスした方から得点コマを奪います。

こうして繰り返していき、途中で3回起こる「すべてめくって、関係が間違っている枚数を当てると得点」を経て、45枚を終えたらゲーム終了、いちばん得点を稼いでいる人が勝ちです。

ここがオススメ: 何となく世界中の地名を知った気になっている、大人ならではのいい加減な知識で「たぶんこの辺だろう」と置いた位置関係がまったく違っていたり、奇跡的に合っていたりと、ドラマチックに盛り上がる、気軽な大人向けとしてお勧めのゲームです。
位置に自信のある都市は、わざとぎりぎりの線で並べることで告発を誘うなどのテクニックも重要です。
カードが208枚もある中で毎回45枚しか使わず、しかも個々の都市名について「だいたいアフリカの辺り」までは覚えられても詳細まではとても覚えられないため、「覚えたら面白くなくなる」ということはあまり考えられません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/10/07(金) 20:36:47|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介: サバイブ!拡張:5~6人対応 / Survive: Escape 5-6 Player Mini Expansion

5~6人対応+総入れ替え用のコマ
サバイブ!拡張:5~6人対応 / Survive: Escape 5-6 Player Mini Expansion
メーカー: Stronghold Games(ストロングホールド, USA), 発売年: 2011年
作者: Stephen Buonocore (ステファン・ボーノコア) & Kevin Nesbitt (ケヴィン・ネスビット)
8才~大人, 2~6人用, 所要60分, ルール難度:★ (1, 追加分として)

サバイブ!拡張セット:5~6人対応:箱

『サバイブ!拡張:5~6人対応』は、沈みゆく島から島民を脱出させる、人気の『サバイブ!』を、5~6人まで遊べるようにしつつ、形が不揃いだったこれまでの木製コマをプラスチック製に総入れ替えする拡張コマセットです。

サバイブ!拡張セット:5~6人対応:展示用写真

白色とオレンジ色のコマが新たに加わり、最大6人まで遊べるようになりました。遊ぶ人数に応じて初期配置時に間引くものがあるだけで、基本的なルールはまったく同じです。

また、基本セットに入っている木製コマが微妙に不揃いで、慣れてくると微妙な形の差によって解ってしまうため、すべてのコマを総入れ替えするためのプラスチックコマが入っています。

さらに、一番分厚い山岳タイルの中でへりの部分などが痛んだものを想定して、交換のための山岳タイル5枚も含まれています。

ここがオススメ: あのB級パニック映画テイストのゲームが6人まで遊べるようになり、ボートの奪い合いや沈め合いなど、いっそう激しいやりあいが楽しめるようになったお勧めの拡張セットです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2011/10/04(火) 19:06:57|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁