高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:カフェインターナショナル・カードゲーム / Cafe International - Das Kartenspiel

隣合う卓の国籍考え各国人を着席
カフェインターナショナル・カードゲーム / Cafe International - Das Kartenspiel
メーカー: AMIGO (アミーゴ, ドイツ), 発行年: 2013年(初版2001年)
作者: Rudi Hoffmann (ルディ・ホフマン, 代表作:『カフェインターナショナル』『ドラダ』) & Roland Siegers (ローランド・ジーガース)
10才~大人, 2~4人用, 所要45分, ルール難度:★★ (2)

カフェインターナショナル・カードゲーム:箱

『カフェインターナショナル・カードゲーム』は、並んだテーブル5卓の周囲に、国籍や男女の組み合わせ条件を満たして各国人を置き、得点したり、組み合わせを困難にしてライバルを失点に追い込んだりするカードゲームです。
ドイツの1989年ボードゲーム大賞(Spiel des Jahres)を受賞した『カフェ・インターナショナル』のカードゲーム版です。

カフェインターナショナル・カードゲーム:展示用写真

カフェインターナショナル・カードゲーム:テーブルだけ状態

ここ「カフェインターナショナル」には、さまざまな国の人たちが集います。
アメリカ、インドなど、国籍指定のテーブルカードが5枚、×の形に並べられています。このテーブルの周囲(上下左右)に、手札から1枚、テーブルごとの国籍と男女比率の条件が合うようにゲスト(各国人)カードを出すことで得点を得られます。


置いたゲストに対して、隣合うテーブルを1卓ずつ確認し、〈周囲に何人座っているか〉の数が得点になります。また、テーブル指定の国籍だけで独占していればさらに高得点が得られます。

積極的に高得点を狙っていきたいものですが、ゲストは〈国籍が合うテーブルの隣に〉かつ〈どのテーブルにおいても男女比率ができるだけ等しくなるように〉置かなければならない条件があるため、混雑すればするほどなかなかカードが出せなくなります。

このようにカードが出せないときには、山札から補充します。補充すれば活路が見出せそうな気もしますが、ゲーム終了時に、余っている手札はすべて大きな失点となってしまいます。
これを利用して、ライバルがゲストを置きづらくなるような、イヤな組み合わせで出すのも有効です。もちろん、それによって自分も出せなくなるようではあまり意味がないでしょう。

こうして、どこかのテーブルの周囲が埋まったらそこの一団を一掃し、また新たなテーブルが現れて…、と続けていき、補充用のカードがなくなったり、誰かの手札がなくなったりしたタイミングでゲーム終了。ゲーム中の獲得点と余った手札などの失点を総合して、より高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 国籍と男女によるパズルのような組み合わせを考えながら、条件を満たせるカードの出しどころを狙ったり、先にそこをライバルに出されて使い道を失なってしまったりするドラマが生まれるゲームです。全員が「誰か早くなんとかしてくれ…」と祈りながら手札ばかりが増えていく苦しさと、一気に得点する気持ち良さが味わえる、子供から大人まで短時間でじっくりと遊べるおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/30(火) 18:53:33|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ル・アーブル内陸港 / Le Havre: Der Binnenhafen

建物31種の効果を活用し交易競う
ル・アーブル内陸港 / Le Havre: Der Binnenhafen
メーカー: Lookout Games (ルックアウト, ドイツ), 発行年: 2013年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2013年
作者: Uwe Rosenberg (ウヴェ・ローゼンベルク、代表作:『アグリコラ』『ボーナンザ』など多数)
10才~大人, 2人専用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ル・アーブル内陸港:箱

『ル・アーブル内陸港』は、自分の建物群の熟成期間を管理しながら生産効率を高め、材木や麦などの品物とお金を蓄えてより生産能力の高い建物を入手し、建物の価値と所持金の合計を競う、2人専用のゲームです。

ル・アーブル内陸港:展示用写真

31種類のチップ状の建物を使い、交互に〈建物の能力を使う〉か〈建物を購入する〉かのどちらかを行なっていきながら、より得点価値の高い建物を集めていきます。

〈建物の能力を使う〉と、自分の建物1軒を選んで、そこに書かれている独自の能力を発揮できます。例えば〈木材店〉なら木材を生み、〈燻製所〉なら魚を生む、といった具合に、主に品物を生み出します。

ただし、建物の使用には〈熟成期間〉が必要です。この熟成期間を管理するために、入手した建物群はダイヤル状のボードに置きます。ボード上の円が6分割された区域が熟成期間を表していて、お互いの順番を数回こなすたびに、ダイヤルの針が1段階回り、ダイヤル中央で示された熟成期間が進行します。
この熟成期間が長いほど、使用したときの効果が2→3→4倍と高まっていきます。また、使用した建物は熟成度0に戻ります。うまく管理して効率よく使っていきましょう。

ところが、実はお金を支払いさえすれば相手の建物を使用できます。自分の建物がしっかり熟成するまで待ちたいものですが、美味しいところで相手に使われてしまっては元も子もありません。

こうして蓄えた品物を消費することで〈建物を購入する〉ことができます。購入のコストとして、より能力が高い建物ほど多くの品物が必要なため、今所持している品物の数と照らし合わせて、段階的にグレードアップしていくことになります。

こうした品物の個数管理に、少し変わったマス目のボードを使います。例えば魚を7個持っているとすれば、魚コマをマス目の「6個行の1個列目」に置いたりするのです。建物の生産効果のほとんどが、コマをこのマス目の上で特定の方向に動かすものなので、コマがマス目の端っこにあったりすると無駄な動きになってしまいかねません。品物を消費する際には「どっち向きに減らすか」も重要になるのです。

こうしてゲームを続けていき、ダイヤルの針が12回進んだらゲーム終了。建物の価値と所持金が多い方が勝ちです。

ここがオススメ: 運の要素はいっさいありません。品物を効率的に増やしていくための建物の購入と運営計画が悩ましく、あれこれやりたいことがたくさんある中で優先度を考えて決断していくのが楽しい、じっくり遊ぶシビアな大人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/20(土) 16:36:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:スシゴー / SUSHI GO!

手札選抜でお寿司セットを揃える
スシゴー / SUSHI GO!
メーカー: Adventureland (アドベンチャーランド, オーストラリア), 発行年: 2013年
作者: Phil Walker-Harding (フィル・ハーディング, 代表作:『ダンジョンレイダース』)
7才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

スシゴー:箱

『スシゴー』は、手元に置いた寿司ネタカードごとのセット条件を満たして得点を稼ぐため、各自の損得を鑑みて、毎回、全員が手札から1枚を出しては残りの手札すべてを隣に回していくゲームです。

スシゴー:展示用写真

〈イカ握り〉や〈巻き寿司〉〈天ぷら〉などの寿司(系)カードを、全員せーので同時に手札から1枚ずつ手元に出していき、〈天ぷらなら2枚で5点〉〈握り系ならワサビとセットで3倍〉など、それらの寿司ネタごとに設定されたセット条件を満たすことで得点を高めていきます。

しかし、1枚出すたびに、残りの手札をすべて隣りの人に回さなければなりません(トレーディングカードゲーム由来の〈ドラフト〉と呼ばれる選抜方式です)。
このため、手札の中から自分が欲しいカードを選ぶことも大切ですが、残ったカードが隣りへ隣りへと渡っていくことを想定して、ライバルたちに出させたくないカードも把握しておく必要があるのです。

こうしてゲームを続けていき、手札が尽きたら1ラウンド終了。3ラウンドの総合得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 巡っているカード内容や各自の手元に出されたカードから思惑を読み取って、何を出すべきか/渡さぬべきかのジレンマが悩ましいながらも、テンポよく進む手軽さが魅力のゲームです。少し考えるタイプの気軽な大人向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/19(金) 19:09:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ダンシングエッグ・カードゲーム / Eiertanz das Kartenspiele

カードを体のあちこちで挟み持つ
ダンシングエッグ・カードゲーム / Eiertanz das Kartenspiele
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2013年
作者: Roberto Fraga (ロベルト・フラガ, 代表作:『ダンシングエッグ』『ジャングルの秘宝』など多数)
6才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ダンシングエッグ・カードゲーム:箱

『ダンシングエッグ・カードゲーム』は、サイコロで指示されるさまざまなアクションをこなすことでカードをより多く集めながら、それを落とさないように、体のあちこちに挟み持っておくゲームです。
2003年に発行された人気のフィジカル系ゲーム『ダンシングエッグ』がカードゲーム化されたものです。

ダンシングエッグ・カードゲーム:展示用写真

毎回、専用の特別なサイコロ2つが振られると、〈たまごの早取り〉〈たまごの放り投げキャッチ〉など、出た印に応じて、カードを獲得するためのアクションが示されます。 これをすばやく実行すれば、ごほうびの〈たまごカード〉をもらえます。

しかし、もらったたまごカードは、〈脇の下〉や〈膝の間〉〈あごの下〉など、そこに描かれている体の部位で挟み持たなければなりません。
もしうっかり落としてしまうと、そこでゲームが終わって負けてしまいますので、ほどよい力加減でしっかり挟んでおきましょう。

通常ならできるアクションも、体のあちこちにカードを挟み持っている状態ではなかなかうまくできません。こうした全員のギクシャク・ヨチヨチした動きがこのゲームの醍醐味です。
このギクシャク・ヨチヨチ動きの可笑しさをさらに顕著にするのが、サイコロの〈部屋に散らばらせた特定色のカードにタッチして鳴く〉という移動アクション指示です。この指示が出ると、あらかじめゲームの前に部屋のあちこちに散らばらせておいた色カードのうち、指示された色のカードの場所までいち早く行って、タッチしながら「コッ、コッ、コケーッ!」と鳴かなければならないのです。

こうしてゲームを続けていき、誰かがカードを落としてしまったらゲーム終了。落としてしまった人以外でたまごカードをたくさん集めた人が勝ちです。

他の人に告発されなければ、こっそりカードを落としても構わない〈いかさまルール〉もあります。

ここがオススメ: みんながぎこちなくアクションをこなす様子がとても可笑しくて笑いを誘う、子供から大人まで、お友達とや家族で盛り上がれるおすすめのゲームです。
本家の『ダンシングエッグ』と比べると、あまり強く挟むと折れ曲がってしまうカードの特性上、より力加減を必要としますが、カードタッチアクションの「あの色どこだっけ?」の混乱がとても盛り上がります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/15(月) 15:08:38|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:タイム&スペース / Time 'n' Space

砂時計2本を采配し他惑星と交易
タイム&スペース / Time 'n' Space
メーカー: eggertspiele (エッガート, ドイツ), 発行年: 2013年
作者: Tobias Stapelfeldt (トビアス・シュタペルフェルト, 代表作:『スペース・ディーラー』)
10才~大人, 3~4人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

タイム&スペース:箱

『タイム&スペース』は、各自の惑星で建造したり商品を生産したり、需要と供給が合うように効率よく他の惑星に運んでは交換したりして得点を稼ぐため、各工程の実施と完了までを砂時計で管理するゲームです。

タイム&スペース:展示用写真

タイマーによって30分間、全員、順番なくいっせいに遊びます。

各自、自分の惑星を受け持ち、その惑星上の施設で生産することによって4種類の商品が蓄積されていきます。
商品は、どの種類にも〈供給用〉と〈需要〉があり、〈供給用〉を宇宙船に乗せてワームホール経路を移動し、同じ種類の〈需要〉を持つ他の惑星に運ぶことで、満たした需要の分だけ得点が得られます。
〈需要〉は、一見相手だけに有利に思えますが、最後の得点集計上〈需要〉をたくさん作らなければ得点につながらないため、各自、ライバルたちの〈供給用〉商品の生産状況を睨みながら逐次用意するでしょう。

一方、こうした商品の需要と供給を効率良く回すため、施設の増強も欠かせません。宇宙の衛星マスに積まれている増強用の施設タイルを集めて自惑星に組み込んでいきましょう。

このような〈生産〉〈移動〉〈建造〉などのさまざまな工程を、30秒の砂時計2本で管理します。実施する工程に砂時計を置き、その砂が尽きたときに〈完了した〉と見なすのです。
ゲーム時間はちょうど30分間しかありませんから、ひとつの工程が終わったら、ただちに砂時計を次の工程に割り振らなければなりません。しかし、無駄な工程に割り当ててしまうと、交易をうまく回せません。 このため、時計の砂が落ちている間に、ライバルたちの状況を鑑みながら、次にやるべきことを常に考えておく必要があるのです。

こうしてゲームを続けていき、30分が経過した後に、自惑星で一定数の需要を用意し、もっとも様々な惑星で需要を満たした人が勝ちです。

ここがオススメ: 砂時計で目的までの多段階工程を管理するという、一風変わった仕組みが特徴的なゲームです。砂時計を使うので、一見慌しいアクションゲームかと思いきや、実は、現状を把握しながらの中長期を睨んだ計画と対応が求められます。 あまり例をみない仕組みのため、最初はあたふたしてしまいますが、2度目からは落ち着いて周囲の状況に対応できるようになるでしょう。
じっくり考えるタイプのゲームを好む大人向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/11(木) 19:18:04|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:アウグストゥス / Augustus

出現確率を鑑み役札の印を埋める
アウグストゥス / Augustus
メーカー: Hurrican (ハリケーン, スイス), 発行年: 2013年
作者: Paolo Mori (パオロ・モリ, 代表作:『バスコ・ダ・ガマ』『リベルタリア』)
8才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★★☆ (2.5)

ドイツ 2013年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)

アウグストゥス:箱

『アウグストゥス』は、くじ引きで現れる印の種類とその確率を鑑みて、現れた印を埋めるカードを選んだり、効率よく埋められそうな印の組み合わせを持つカードを補充したりして、より多くのカード報酬得点を競うゲームです。

アウグストゥス:展示用写真

毎回毎回、〈各自が1個だけ埋めていい印〉として、〈短剣〉〈戦車〉〈投石機〉などの印が、袋からランダムに1枚取り出されます。 各自、もし手元のカードにこの印が空いていれば、そのうち1個だけコマを置いて埋めます。
これを繰り返していき、あるカードの印セットがすべて埋まれば、〈達成〉としてカードに記された得点を獲得できます。この報酬得点を高めるゲームです。

アウグストゥス:目的カードの印

カードは88種類もあり、そのどれもが異なる印セットを持っています。袋の中の印は、種類に応じて枚数が異なっていて、出やすいもの/出にくいものがあるため、この出現確率と印セット、また報酬得点をよく考えた上で、より効率的に埋められそうなカードを選んだ方がいいでしょう。

また、自分の手元にはカードを何枚も置くことになるため、毎回1個ずつしか埋められないことを考えると、すでに持っているカードの印セットとは被らない方がいいかもしれません。印が確率どおりに出てくるとは限りませんから、臨機応変に対応できるようにしておきたいものです。

さらに、印セットを埋めてカードを達成した際、そのカードは、得点だけではなく、ほとんどが特別な効能をもたらします。同種数枚集めるとボーナス得点を得られるもの、印を別種に変換できるもの、相手のカードを破壊するものなど、さまざまです。
カードを選ぶ際には、これらの効能も鑑みる必要があるでしょう。

こうして、ビンゴのように出た印を各自が埋めながらカードを達成→場から選んで補充、を繰り返してゲームを進めていき、達成カードが規定枚数に達した人が現れたらゲーム終了。得点を清算してより高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 印を効率よく待ち受けるにはどうしたらいいのかの悩ましさと、くじ引きによる各自の一喜一憂で盛り上がるゲームです。 最初に遊んだときには運が強く作用するように感じられますが、多岐に渡るカード効能の使い方が解ってくるたびにうまくやれるようになるでしょう。じっくり遊ぶ大人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/06(土) 17:06:21|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クウィックス / Qwixx

6個の賽の目を得点枠に割り振る
クウィックス / Qwixx
メーカー: Nürnberger-Spielkarten-Verlag (NSV, ドイツ), 発行年: 2012年
作者: Steffen Benndorf (シュテフェン・ベンドルフ, 代表作: 『フィーゼ15』など)
8才~大人, 2~5人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2013年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)

クウィックス:箱

『クウィックス』は、毎回振られるサイコロ6個のうち、2個の出目の組み合わせを選んでは、各自のシートの対応する場所にチェックしていき、なるべくペナルティを受けないようにチェック済み個数を競うゲームです。

クウィックス:展示用写真

各自、ペンとまっさらな専用の得点シートを持ってゲームスタートです。
1人ずつ代わりばんこに、サイコロ6個を一度に振って、結果の出目を見た上でうち2個(白い1個と他の1個)を選びます。その2個の出目の合計(2〜12)を、自分のシート上にある、対応する色列のマスにチェックしていきます。
このチェックしたマスの個数を競います。

しかし、列の中ならどこでも自由にチェックできるわけではありません。チェックするには、色列ごとに〈常により大きい(列によっては より小さい)数にしかチェックできない〉などの条件があります。適当に選んでしまうと、あっという間にチェックできる場所がなくなってしまいます。サイコロ2個の組み合わせをあれこれ考えて、先々まで何度もチェックできるようにしましょう。

どこにもチェックできなかったり、どうしても良い出目の組み合わせがなくてパスしたいときには、大きな失点を受けてしまいます。パスしてでも将来的な見込みがあるかどうか、賢い判断が求められます。

特徴的なのが、誰かがある色列でチェック7個以上の〈完了状態〉を作ると、もう誰もその色列にはチェックできなくなる点です。このため、常に他の人のチェック状況をにらみながら、完了状態に近づいていると感じた列には、将来的な見込みなどは考えずにチェックする必要がありますし、そのようにライバルたちを〈追い込む〉ことができるのです。

こうしてゲームを続けていき、2列が完了状態になったりするとゲーム終了です。列ごとのチェック数と失点を総合して、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 最初に遊ぶときには勝手が解らずに玉砕しながらも、短時間で終わるため、何度も繰り返していくうちに高得点が狙えるようになる要素がたくさん詰まっています。短時間で集中して楽しめる大人向けとしておすすめのゲームです。 自分のシートに書き込むタイプのため、一見、徒競走のように自分だけの結果をもくもくと追求するゲームだと思われがちですが、ライバルたちの動向を見た上での判断が大切なゲームです。

同梱の専用シートは約100枚綴りです。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2013/07/05(金) 16:45:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:流氷スマーッシュ! / Eiskalt erwischt!

流氷を氷山に当て分散物を集める
流氷スマーッシュ! / Eiskalt erwischt!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2012年
作者: Heinz Meister (ハインツ・マイスター, 代表作:『スティッキー』など多数)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

流氷スマーッシュ!:箱

『流氷スマーッシュ!』は、氷の弾を指ではじいて、流氷や魚のコマが積み上げられた氷山に豪快にぶつけることで、海に落ちて分散したコマを集めつつも、氷山の上に立つペンギンを崩さないように、弾を当てる位置や向きを工夫するゲームです。

流氷スマーッシュ!:展示用写真

ペンギンのパウルは、氷山のてっぺんに登って立ち、どんな流氷がぶつかってきても自分は踏ん張って耐えられることをみんなに認めさせたいようです。
舞台の海に、流氷ブロック群を4段にした氷山を積み上げ、魚とペンギンを置いてゲームスタートです。

1人ずつ代わりばんこに、手持ちの氷の弾を、指か棒で勢いよくはじいて、この氷山にぶつけます。このぶつかった衝撃で氷山が崩れ、いくつかのコマが分散します。これらのうち、どれとも触れていない、単独のコマを自分の得点としてすべてもらいます。

しかし、あまり無計画にぶつけると、てっぺんに立っているペンギンまでをも倒してしまいます。もしこうなると、分散したコマは、自分を除く他全員の得点として分配されてしまいます。
コマをより多く手に入れる豪快さが求められつつも、ペンギンを倒さないような慎重さも必要なのです。

また、ゲームが進んでくると、氷山が崩れる寸前になったり、あちこちに流氷と魚セットが点在したりと、状況が変わっていきます。次の人にうまみを与えないように、どこから・どの向きで・どのくらいの強さではじくのか、腕の見せどころです。
慣れてくると〈得点を支払ってペンギンを移動する〉技を活用できるようになるでしょう。

こうして、ペンギンの氷山がコマ1個になるまでゲームを続けて、獲得したコマ群を積み重ね、いちばん高い人が勝ちです。

ここがオススメ: ドカーン!とぶつけて山が崩れつつ、自分の得点につながるような状況の変化が起こるのが楽しいゲームです。
初めて遊ぶときにはたいてい豪快に崩しすぎて得点に大差がつきますが、何度か遊んではじく力の加減が解ってくると、戦略的な組み立てができるようになるでしょう。ジレンマが効いた立体ビリヤードといった趣の、子供から大人まで手軽に楽しめて、むしろ大人の方が熱中しそうなおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/07/01(月) 17:45:49|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁