高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ムガル / Mogul

売買権を巡る入札競争で株券収集
ムガル / Mogul
メーカー: ゲームフィールド (日本), 発行年: 2013年(原版2002年ドイツ)
作者: Michael Schacht (ミヒャエル・シャハト, 代表作:『コロレット』『ズーロレット』など多数)
10才~大人, 3~6人用, 所要45分, ルール難度:★☆ (1.5)

ムガル:箱

『ムガル』は、山札から1枚ずつ現れる株券の種類を鑑みて、獲得または売却のためにチップを捧げて競り勝つか、ほどよく降りてチップを回収するかしながら、株券の売却などで得点を競うゲームです。
※ 「ムガル」とは、「大物」「権力者」といった意味を持つ言葉で、元々は「ムガル帝国の皇帝」に由来するそうです。

ムガル:展示用写真

「ユニオンパシフィック」や「グレイトノーザンレイルウェイ」など、鉄道会社の種類を表す5色の株券カードをたくさん使います。
毎回、山札から1枚ずつランダムでこの株券がめくられ、これが競りの対象となります。競り勝つ理由は2つあって、

  1. この株券を手元に獲得することで、以降、売却で得点できたり、同じ〈背景色〉が山札から出てくるたびに得点できたりするようになる。
  2. この株券の〈縁(ふち)の色〉で示された色の株券をすでに手元に獲得していれば、売却して市場に出回っている分だけ得点できる。

と、どちらもできることなら行ないたいのですが、競り勝つにはチップを払い続けなければなりません。

競りは、〈1枚ずつチップを提出する〉か〈降りて提出されたチップを回収する〉かを選びながら、1位と2位を決める方式を取ります。 チップ欲しさに降りていては1位や2位は取れません。しかし、チップがなければ、同じく1位や2位は取れないでしょう。
ライバルたちがどの株券種類に将来性を見出しているのか、それぞれの思惑を察知しながら、ギリギリの線で駆け引きが行なわれます。

また、株券は色(種類)ごとに枚数が決まっています。ゲーム中盤ですでに出尽くした種類の株券は価値が下がることが目に見えています。早目に売却したほうがいいでしょう。ピークで売り抜けるタイミングがとても重要なゲームです。

こうしてゲームを続けていき、突然の〈暴落〉カードの出現でゲーム終了。もっとも得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 手持ちチップの残り枚数を悟られないようにしつつ、株券ごとの将来性を見極めた勝負どころと引き際の駆け引きが楽しめるゲームです。 ルールはシンプルですが、じっくり楽しめる大人向けとしておすすめの名作です。

日本語版第二版: 日本国内流通用リメイク版が第二版になり、チップが金属製(写真のもの)から半透明オレンジ色の樹脂製に変わっています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/09/29(日) 12:21:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ミラーズホロウの人狼拡張:新たなる村人 / The Werewolves of Miller's Hollow: Characters

新能力を持つ16種類、24枚の追加
ミラーズホロウの人狼拡張:新たなる村人 / The Werewolves of Miller's Hollow: Characters
メーカー: lui-meme (ルイメメ, フランス), 発行年: 2013年
作者: Philippe des Pallières & Hervé Marly
10才~大人, 9~29人(司会者含む)用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ミラーズホロウの人狼拡張:新たなる村人:箱

『ミラーズホロウの人狼拡張:新たなる村人』は、人気の人狼系ゲーム『ミラーズホロウの人狼』に追加して遊ぶことで、よりトリッキーな能力者を楽しめる新16種22枚のカードが入った拡張カードセットです。

ミラーズホロウの人狼拡張:新たなる村人:全カード

脱落者の正体を公開するシステムを使って、1日目に人狼を処刑することに固執する「天使」や、特定範囲が人狼ではないと判らせる「錆びた剣を持つ騎士」など、一筋縄ではいかない、一風変わった新しい能力をキャラクターたちが詰め込まれています。

  • 村人の中の村人
  • 姉妹
  • 三兄弟
  • 天使
  • どもる裁判官
  • 錆びた剣を持つ騎士
  • 役者
  • 忠実な使用人
  • 熊使い
  • 偏見を持つ扇動者
  • 野生児
  • ウルフハウンド
  • 白狼
  • 大きな悪い狼
  • 祟られた父狼

また、ボーナスカードとして、別の拡張カードセット「NEW MOON」のためのイベントカードと降神術カードを使えるキャラクターも入っています。

  • ジプシー
  • 町の触れ役

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/09/28(土) 11:56:14|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ピクショナリー / Pictionary

お題を絵で描き仲間に当てさせる
ピクショナリー / Pictionary
メーカー: Hasbro (ハズブロ, アメリカ), 発行年: 2012年 (原版1985年)
作者: Rob Angel (ロブ・エンジェル)
12才~大人, 3人以上用, 所要60分, ルール難度:★ (1)

ピクショナリー:箱

『ピクショナリー』は、カードで示されたお題を、絵で素早く描いて自チームの仲間に当ててもらい、自チームのコマをより早くゴールまで進めるゲームです。

ピクショナリー:展示用写真

2人以上で構成されたチームを2〜4組作ります。順番にチーム内で絵のジェスチャークイズを行ない、うまく当てることでボード上の自チームコマをゴールに向かって進めていきます。

チームごとに代わりばんこに、現在自分たちのチームのコマが置かれているマスに応じて、〈アクション〉〈もの〉〈難問〉などのジャンルが示されます。チーム内で絵を描く担当者を1人決め、無作為に引いたカードの候補から、該当するジャンルのお題を確認してもらいます。
カードの表記は英語ですので、日本語として遊ぶ場合には、アルファベット順の日本語訳リストから引いてお題を確認します。なお、お題の総数は3,200問を越えます。

よーいスタート!の合図とともに、砂時計の砂が尽きるまでの1分間が勝負です。絵描きの担当者は、お題を当ててもらえるように的を射た絵をすばやく描き、チームの仲間はそれを見ながら、正解が出るまで当てずっぽうでも何でも構わないので答えを言い続けます。
もしうまく正解できれば、自チームのコマをサイコロの分だけ進められます。

ピクショナリー:絵描き例

絵描き役はいっさい喋ったりジェスチャーしたりしてはいけません。このため、いったん回答がおかしな方向に行ってしまうと、軌道修正が難しくなってしまいます。このあたりのもどかしさもまた盛り上がるでしょう。

ときどき〈全チームで一斉に勝負〉が発生します。より早く当てられたチームだけがコマを進められるため、白熱した回答合戦が繰り広げられます。

いちばんの醍醐味は、その回で描かれた絵の寸評です。「for ADULT(大人用)」と示されているだけあって、お題は難しいものも多く、絵での表現にとても苦労します。時間制限の中で描いた、苦しまぎれの絵はどれも可笑しなものです。奇跡のような絵から、宇宙の神秘まで、たくさんの名画・珍画が生まれることでしょう。

こうしてゲームを続けていき、先に自分たちのコマをゴールまで導いたチームが優勝です。

20〜30分で終わるショートコースルールや、上級ルールとして、〈目を閉じて描く〉〈一筆書きで描く〉などの縛りがランダムで発生させる特殊サイコロの導入が用意されています。

ここがオススメ: 分かってもらおうとする絵描き役の気持ちと、分かりたいと思うチームメイトの気持ちが見事にシンクロする気持ち良さが楽しめて間違いなく盛り上がる、手軽に遊ぶ大人向けの大定番ゲームです。
3人以上用とありますが、役割を兼用するような特殊ルールで行なうため、4人以上で遊ぶのをおすすめします。

すごろくやの日本語訳お題 付属の日本語お題リストを制作するにあたり、3,200問を越えるお題の翻訳と監修を当店で行ないました。オリジナルのものは、英語圏ならではの独特な慣用句や、アメリカ文化にちなんだものなど難しいものが多いのですが、絵描きのお題として相応わしいように、またお題の狙いや難易度を壊さないように、丁寧に日本語化したつもりです。

2013年9月よりも前にご購入された方は、この すごろくや版ではない、輸入業者によるお題リストが付属していました。例えば「cold feet」が「ぎっくり腰」となっているものがそれで、すごろくや版では「逃げ腰」となっています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2013/09/27(金) 18:44:34|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:アンドールの伝説 / Die Legenden von Andor

勇者として協力し怪物たちに挑む
アンドールの伝説 / Die Legenden von Andor
メーカー: KOSMOS (コスモス, ドイツ), 発行年: 2013年
国内版発売元: アークライト, 国内版発行年: 2013年
作者: Michael Menzel (ミヒャエル・メンツェル, 代表作:『アンドールの伝説』)
10才~大人, 1~4人用, 所要60分, ルール難度:★★〜★★☆ (2〜2.5)

ドイツ 2013年
エキスパート(熟練者)ゲーム大賞 (Kennerspiel des Jahres)
大賞受賞

アンドールの伝説:箱

『アンドールの伝説』は、剣と魔法の中世世界を舞台に、各自勇者としての特徴を活かして連携を取りながら、怪物たちから城と王国を奪還する全5章構成のシナリオに挑戦するゲームです。

アンドールの伝説:展示用写真

戦士・射手・魔術師・ドワーフの勇者となって、全員で協力しあい、全5章から構成される、邪悪な怪物の進撃からアンドール王国を守るシナリオをひとつずつクリアしていきましょう。

どのシナリオも、〈1日〉が経過するたびに置こる、怪物たちの進軍やイベント、突発的なアクシデントを予測しながら、1日の中で、ボード上の移動や、金貨・アイテムの入手、サイコロ振りによる怪物との戦闘などを、うまく、効率的に行なうことで全員の勝利を目指します。

シナリオは伝説#1〜5が用意されていて、順番に遊ぶことで、最初は最小限のルールから始めて、徐々にさまざまな要素を覚えていけるようになっています。また、各シナリオごとに異なる条件が用意されてもいます。

  1. 勇者たちの到来 (導入)
  2. 王を救うために (本格的な冒険)
  3. 闇は舞い降りた (遊ぶたびに変化する要素)
  4. 宝石でいっぱいの廃墟 (新しい勝利条件)
  5. 竜の逆鱗 (最終章)

また、1つのシナリオの中でも、進行に合わせて段階的に新しい要素の登場とともにルール説明がなされるため、ドイツの熟練者向けボードゲーム大賞を受賞してはいるものの、膨大なルールで面喰らってしまうことはあまりありません。

また、〈協力ゲーム〉としてのやりごたえも充分にあります。序盤のシナリオからして、準備のどの程度しておくべきなのか、誰がどの敵を担当するのか、書簡の運び役とルートの選定、護衛は誰なのか、など、全員で考えることはたくさんあります。おそらく2〜3度は失敗し、簡単ではないことを知るでしょう。

ここがオススメ: 怪物たちの大群が押し寄せてくる剣と魔法世界の壮大なロマンを感じながら、シナリオに応じた計画を立てつつも突発的なイベントやサイコロ目で翻弄され、全員の知恵で解決していくのが楽しい、わいわい言いながらじっくり遊べる、家族・大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/09/21(土) 14:59:50|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:タブラの狼拡張:人狼の貴婦人の復讐 / Lupus in Tabula - La Vendetta della Lupa Mannara

追加異能者10種と少人数用ルール
タブラの狼拡張:人狼の貴婦人の復讐 / Lupus in Tabula - La Vendetta della Lupa Mannara
メーカー: dV Giochi (ディーヴィー・ジョーキ, イタリア), 発行年: 2011年
作者: Andrés J. Voicu (アンドレアス・ボイク) & Domenico Di Giorgio (ドメニコ・ディ・ジョルジオ)
8才~大人, 4~30人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2, 追加分として)

タブラの狼拡張:人狼の貴婦人の復讐:箱

『タブラの狼拡張:人狼の貴婦人の復讐』は、人気の人狼系ゲームの代表作『タブラの狼』に追加することで、新たな異能者10種類と、新システム「オーラ」を伴った少人数用ルールで遊べる拡張セットです。

タブラの狼拡張:人狼の貴婦人の復讐:展示用写真

30人までの大人数に対応するための基本的な村人2枚+人狼1枚に加えて、10種類の新しい異能者キャラクターが入っています。

  • 人狼に恨みを抱き、仲間の人狼を1人ずつ葬る「人狼の貴婦人」
  • 死んだ人を復活させる「サムディ男爵」
  • 邪悪系の生き残り人数を把握できる「ミス・パープル」
  • 単独での勝利を狙う「影の守護者ダリウス」
  • 味方である人狼が誰かを一方的に知る「人牛」
  • 生存者数に数えない「生きている死者」
  • 自分の身代りを指名する「ドリアン・ウルフ」
  • 1回だけ誰かを葬れる「ジキル博士」
  • 道連れの印を盥回しにさせる「ハムレット」
  • お互いを知らない、もう1人の予言者「占い師」

また、司会者(調停者)を必要とせずに4〜7人の少人数で楽しめる遊び方と用具が入っています。
この遊び方では、「オーラ」と呼ばれる〈善悪を表すヒント〉カードが導入されます。

各自、自分のキャラクターに応じた善(村人など)か悪(人狼など)のオーラを1枚秘密裏に持っていて、犠牲者として標的になったときには、まずこのオーラが剥されて、裏向きのままで場に提出します。
異能者の中には、この提出されたオーラや、まだ剥されていない誰かのオーラを見ることができる者がいます。これによって、〈脱落してはいないけれども、狙われたことで少しヒントを与える〉ことができ、たとえ少人数であっても、あっさり終わってしまわずに、少しずつ得られるヒントによって推理が楽しめるようになっています。

ここがオススメ: たくさんの人狼系ゲームがある中で、他にはない創造性のある新しい能力10種類が楽しめて、さらに少人数でもじっくり遊べる遊び方が入った、『タブラの狼』の基本セットを遊び尽くした人にも、そうでない人にもおすすめの拡張セットです。

タブラの狼 2009年バージョン初版との相性問題: 基本セットにあたる『タブラの狼』2009年バージョンには、初版と新版が存在することが判りました。初版ではカード裏面がセピア調風景であり、この貴婦人拡張セットと混ぜられません(区別がついてしまいます)。
2012年以降〜現在販売しているものは新版ですのでご安心ください。

タブラの狼:2009年旧版と新版の違い

【2013.11.7追記】メーカーと代理店さん経由で交換分のカードを少しいただきましたので、希望される方は交換致します。当店でご購入いただいた方は、旧型カード束を店頭にお持ちいただくか、郵送にてお送りいただければ、こちらから新型カードをお渡しします。ご購入時の情報(日時・お名前など)も併せてお知らせください。なお、旧型カード束はお返しできませんのでご了承ください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/09/15(日) 19:19:53|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:バン!ダイスゲーム / BANG! the Dice Game

ガンマン達が役割隠して撃ち合う
バン!ダイスゲーム / BANG! The Dice Game
メーカー: dV GIOCHI (ディーヴィー・ジョーキ, イタリア), 発行年: 2013年
作者: Michael Palm (ミヒャエル・パルム), Lukas Zach (ルーカス・ツァッハ)
8才~大人, 3~8人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

バン!ダイスゲーム:箱

『バン!ダイスゲーム』は各自に秘密裏に与えられた〈保安官陣営〉か〈ならず者陣営〉か〈裏切り者陣営〉のガンマン1人として、勝利条件となる宿敵陣営を倒すため、特殊サイコロの取捨選択と振り直しで銃を撃ち合うゲームです。
元になっているカードゲーム『バン! / BANG!』の雰囲気をそのままに、手札のカードがサイコロに置き換わりました。

バン!ダイスゲーム:展示用写真

各自に、ランダムにかつ秘密裏に配られる役割カードによって、自分に与えられた役割をこなしましょう。
役割は〈保安官陣営〉〈ならず者陣営〉〈裏切り者陣営〉の三手に分かれており、互いに相手陣営を見極めて倒そうとします。

それぞれの陣営には異なる勝利条件があります。

  • 保安官:他陣営がすべて脱落したとき
  • ならず者:保安官が脱落したとき
  • 裏切り者:1人で生き残ったとき

保安官の1人以外は役割が秘密のままゲームが始まるため、その行動で敵か味方かを探っていかなければなりません。

1人ずつ代わりばんこに、5つの特殊なサイコロを、任意個数の振り直しを交えながら3度振り、出た結果に応じて行動します。〈隣を攻撃〉〈向こう隣を攻撃〉〈他全員を攻撃〉〈回復〉〈暴発〉といった具合です。攻撃などでダメージを受けると弾丸マークの生命力が失なわれていき、なくなると脱落させられてしまいます。
この、サイコロを振り直すにあたっての取捨選択や、選ぶときに誰を攻撃したのかなどを手掛かりに、誰がどの役割かがおぼろげに判ってくるのです。

また、特徴的なのがサイコロの〈インディアンの矢〉印です。この印が出るたびに、振った本人に〈予約1ダメージ〉として矢が刺さっていきます。ストックの矢がなくなると、〈インディアンの襲撃〉として、その刺さった予約分のダメージを一気に受けなければなりません。
これにより、サイコロをとにかく振り直せばいいというものでもなかったり、とにかく矢を取り除くことに専念したり、あえて矢を受けることで予約ダメージを発動させたりする狙いが生まれます。

さらに、ゲーム開始時、陣営の役割とは別に、各自にランダムで〈キャラクター〉が割り当てられています。キャラクターは16種類あり、その種類ごとに〈矢を取り除く〉〈瀕死で大回復〉〈仕返しに矢をお見舞いする〉など、強力な特殊能力が揃っています。

こうしてゲームを続けていき、いち早く勝利条件を満たした陣営が勝ちです。

ここがオススメ: サイコロの結果に一喜一憂しながら、大勢でわいわいと攻撃の矛先が自分に向かないように主張しつつ、徐々に陣営を探って連携を取るのが盛り上がるゲームです。手軽な大人向けとしておすすめです。
3人用では特殊なルールが働き、運の要素がかなり強まります。4人以上で遊ぶのが良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/09/06(金) 11:31:55|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:成敗 / Say Bye to the Villains

協力で能力駆使し江戸の悪を斬る
成敗(せいばい) / Say Bye to the Villains
メーカー: カナイ製作所, 発行年: 2012年
作者: カナイセイジ (代表作:『R』『ラブレター』など)
10才~大人, 3~8人用(推奨4〜6人), 所要30〜60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

成敗:箱

『成敗』は、江戸の町を舞台に、全員の連携によって手札のやりくりを行ないながら、自らを鍛えたり、悪党たちの懐を探ったりして、最後の悪党たちとの1対1の対決で全員成敗できるかどうかに挑戦するゲームです。

成敗:展示用写真

〈越後屋〉や〈山犬の甚五郎〉など、場の中央に並べられた悪党ども。これが今回、自分たち〈成敗人〉が裁きを下す相手です。
手札のカードを使って、悪党たちの懐を探って強さを確かめたり、自らを鍛えたりして、対決する相手を決め、最後の成敗決行に備えましょう。

最後の1対1ずつの対決は、各人物が持つ能力〈攻撃優先度〉〈攻撃力〉〈攻撃に耐えうる生命力〉に従って、1回ずつの斬り合いで勝負が決まります。それに備えて、全員で相談しながら、誰がどの悪党を担当するか、担当するとしたらどの要素をどのくらい鍛えなければならないかなどを判断して、1人ずつ代わりばんこに手札を自分で使ったり、相手に渡したりしていきます。

しかし、悪党たちも、自分の懐に伏せられたカードで、〈用心棒〉〈番犬〉などを備えており、能力に補正が加わります。 どんな備えをしているのか、手札のカードを使って探っていかなければなりません。
ところが、伏せられたカードの中には〈待ち伏せ〉〈偽情報〉などの罠が仕掛けられている可能性もあるのです。

こうしてゲームを続けていき、全員の対決相手が決まったらいよいよ成敗の決行です。1人ずつ、悪党の備えを明らかにした上で対決を行なっていき、すべての成敗が成功したら全員の勝ち、できなければ全員の負けです。

ここがオススメ: 「辰っつぁん、そいつはあんたにゃあ無理だ」「あたしにまかせておきな」など、テレビドラマ「必殺仕事人」シリーズのような成敗人の役になりきって、各自の能力を最大限に活かせるように立ち回りながら、伏せられた悪党の備えに翻弄されるのが楽しい、超おすすめのゲームです。
安定して成功できるようになるのはかなり難しいですが、毎回予想外の〈失敗し様(ざま)〉が楽しめるため、何度も用意する人物を変えて挑戦したくなります。作者さんからのコメントでも、長く楽しめるように難易度を高めに設定してあるそうです。

ルール上の「手札情報などは具体的に言ってはいけない」などの制限は、「活劇としての台詞は○。ゲームシステム的な情報のやりとりは×。」と捉えると良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/09/05(木) 12:56:46|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. | 印刷用の体裁