高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:サルガッソーからの脱出 / Sargasso

船員達の連携で危険宇宙域を脱出
サルガッソーからの脱出 / Sargasso
メーカー: GIANTHOBBY(ジャイアントホビー, 日本), 発行年: 2013年
作者: KTR
10才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★★☆ (2.5)

サルガッソーからの脱出:箱

サルガッソーからの脱出:近影

『サルガッソーからの脱出』は、酸素室炎上や隕石飛来、宇宙海藻付着といった宇宙船トラブルが頻発する中で、各自のコマ移動や操縦、修理、船外活動などの連携によって、危険宇宙域からの脱出に挑戦する協力型ゲームです。

サルガッソーからの脱出:展示用写真

【物語】人類も宇宙人も混在するはるか未来。クルーを乗せたオンボロ宇宙船『ナイトクラーケン号』が危険宙域「サルガッソー」に迷い込んでしまいました。次々と巻き起こる船内トラブル。迫りくる小惑星群。船の外にはへんてこな宇宙海藻。はたして無事サルガッソーを脱出できるのでしょうか?!

1人ずつ代わりばんこに、〈アクシデント発生〉→〈部屋間の移動〉→〈アクション〉を繰り返しながら、トラブルへの対応をしつつ、脱出ゲージのマーカーを上げていきます。

〈アクシデント発生〉では、サイコロによって、船内の6つの部屋のどこかにトラブルが発生したり、隕石が飛来したり、宇宙海藻が船に貼り付いたりします。
トラブルが蓄積されて既定値に達すると、酸素不足に陥ったりして、最終的には「失敗」としてゲーム終了になってしまいます。

全員で相談しながら、〈部屋間の移動〉で優先すべき蓄積トラブルの場所に向かい、〈アクション〉によって、トラブルを取り除いたり、操縦によって隕石をかわしたり、船外活動によって宇宙海藻を取り除いたりします。
しかし、これらのアクションはすべてサイコロで判定を行なうため、ときには失敗するかもしれません。失敗のリカバーのために、体力を使って振り直しもできますが、それをやるべきかどうかはその都度相談が必要でしょう。

中央の部屋で体力を回復したり、各クルーのキャラクターに応じた使用サイコロ個数や特殊能力を使って役割を分担したりしながら、操縦室での操縦アクションによって脱出レベルを上げていきます。既定値に達したら見事成功で、もしその前にクルーの誰かの体力が尽きてしまったり、トラブルの連動で酸素が尽きたり、小惑星や海藻にやられてしまったりすると失敗です。

ここがオススメ: サイコロによるアクシデントに翻弄されながら、全員で相談して対応の優先度を決めていくのが楽しいゲームです。適任キャラクターに託したのに失敗して尻拭いをするなど、ドタバタ劇が楽しめるでしょう。大人向けの手軽なゲームとしておすすめです。
コマは、小さくてもずっしりとした精巧なメタル製で、細かな塗装をすればより雰囲気を盛り上げられるでしょう。

2015年版「リボーン」: 2015年に改訂版として「サルガッソーからの脱出:リボーン」になって再発行されました。新たに「船体ダメージ」というゲーム全体のタイムリミットのルールが加わり、さらにゲーム難易度を選択できるようになりました。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/11/30(土) 15:22:37|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:シェフィ / Shephy

統率/災害/繁殖管理で羊を増やす
シェフィ / Shephy
メーカー: 冒険企画局(ぼうけんきかくきょく, 日本), 発行年: 2013年
作者/イラスト: Pawn (ポーン)
12才~大人, 1人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

シェフィ:箱

『シェフィ』は、たった1匹の羊を1000匹まで増やすため、手札5枚の選択肢から、複製や集合などの増大カードと疫病や狼などの減少カードの順番をよく考えて使う、1人で遊ぶカードゲームです。

シェフィ:展示用写真

たった1枚の〈1匹〉分の羊カードから始めて、さまざまな事象カードがランダムで補充される手札5枚の中から、「産めよ(=1枚を複製)」などを使うことで、羊カードを増やしていきます。
羊カードはどんなに増やしても7枚が限度のため、〈1匹〉カードだけがたくさんあっても限界があります。「統率(=複数を1枚分に統合)」などのカードを使って、〈3匹〉カードや〈10匹〉カードにランクアップさせましょう。

一方、減少系のカードもたくさん入っています。羊にとって恐ろしい、「疫病(=1種類をすべて戻す)」や「狼(=1枚ランクダウン)」などのアクシデントです。
一見、これらは使わなければ良さそうですが、手札は常に5枚になるように補充されるため、適度に使っていかないと、アクシデントだらけで全滅してしまいかねません。
破滅的なアクシデントは「牧羊犬」などのカードで処理してしまいましょう。

こうして、減っては増やし、を繰り返しながら続けていき、事象カードの補充用山札の作り直しが3回目に達するまでに〈1000匹〉カードを手に入れられたら成功です。

ここがオススメ: かわいいイラストの羊たちが、さまざまなアクシデントに見舞われつつも、ぎりぎりの線で健気に少しずつ増えるのが楽しいゲームです。最初は失敗の連続でも、回数を重ねるごとに少しずつ長期的な視野で対処方法を見出して上達している実感が得られるでしょう。子供から大人まで、手軽に、少しじっくり考えて遊べる、かなりおすすめのゲームです。
羊カードのかわいいイラストが1枚1枚すべて異なる点にも注目です。

じっくり型のゲームを好まれる方にとっては、成功はそれほど難しくありません。協力型ゲームの『パンデミック』初級くらいの難易度だと考えると良いでしょう。ただし、1000匹獲得で終わらずに、より高得点を目指せるようになっているため、もっと高度なやりくりへと挑戦しがいがあるはずです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/11/29(金) 02:56:38|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:キャンディチェイサー

担当色をひた隠し、キャンディ5色を進める
キャンディチェイサー
メーカー: グランディング (日本), 発行年: 2013年
作者: 菅沼 正夫 (すがぬま まさお, 代表作:『街コロ』など)
10才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

キャンディチェイサー:箱

『キャンディチェイサー』は、秘密の自分の担当色を悟られないように、サイコロで全5色のコマをそれとなく進めていきながら、告発による脱落を避けつつ、担当色のキャンディを遠くまで運ぶゲームです。

キャンディチェイサー:展示用写真

全員、キャンディの密輸商人です。他の人に担当色がバレて告発されないようにしつつ、より価値を高めなければなりません。

ゲーム開始時に、各自に自分の担当色が秘密裏に指示されます。
その後は、1人ずつ代わりばんこに、特殊なサイコロを振って、出た結果の〈進む〉か〈退く〉かの1〜3歩分に合わせて、好きな色のキャンディコマを動かしていきます。

どれかのコマが端のゴールまで到達したとき、自分の担当色のコマがより進んでいるのが理想ですが、あまり露骨に自分のコマを進めていると告発の対象となってしまいます。

告発はゴール到達後に行なわれ、1人ずつ、告発する/しないを選択します。もし告発するのであれば、どの色だと思うかをカードで伏せて対象者に確認してもらいます。つまり、他の人は告発色が判らないのです。
告発が成功すれば対象者を脱落させられます。しかし、失敗すれば自分が脱落させられます。コマの進み具合による有利不利で告発のリスクも変化するでしょう。

ポイントは、1人が連続告発して複数を脱落させられることにあります。もしコマの進み具合が圧倒的に不利でも、他全員の色を読み切れば勝てるのです。 とはいえ、告発を間違えれば即脱落ですし、告発しなければ進み具合で負けてしまうとしたら、不利なことには変わりありません。

こうした告発での駆け引きを踏まえた上で、1人ずつ任意のコマを動かしていき、ゴールに着いたら告発タイムです。最後に生き残った人の中で、よりコマを進めている色の担当者が勝ちです。

ここがオススメ: 変化する進み具合の状況と各自の進め方・退け方に注意しながら、狙いと偽りとをするどく察知して告発戦に臨む駆け引きが楽しいゲームです。
僅差の優劣要素が駆け引きに影響するため、じっくり考えるのを好む大人向けの短時間ゲームとしておすすめです。よく解らずに遊ぶと、色をまんべんなく動かし、運にまかせて告発してしまうかもしれません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/11/28(木) 15:33:44|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

2014年用すごろくやオリジナル「遊べるカレンダー」の配付を始めました!

年末恒例、すごろくやでのご購入時(店頭 / すごろくやウェブサイトでの通信販売とも)にプレゼントする、2014年用すごろくやオリジナルカレンダーの配付を始めます!

すごろくやのねずみキャラクターを描いていただいた、イラストレーターの有澤(ありさわ) 好洋(よしひろ)さんによる描き下ろしイラストが、2014年(1~12月)のカレンダーになりました。

有澤好洋さんのウェブサイト:Albireo

すごろくやの歴代カレンダー

2008年
すごろくやカレンダー2008
2009年
すごろくやカレンダー2009
2010年
すごろくやカレンダー2010
2011年
すごろくやカレンダー2011
2012年
すごろくやカレンダー2012
2013年
すごろくやカレンダー2013

今年のイラストは、お城が見える美しい海のほとりの部屋から、一風変わったアングルで描かれています。イラストのあちこちにねずみくんたちがいて、さまざまな発見があることでしょう。

カレンダー2014告知用断片イメージ

大きさもこれまでと同様、横幅がB4サイズ(25.7cm)×縦がA3サイズ(42cm)で、いろいろなところに飾れるお手頃なサイズです。

また、今年も「遊べるカレンダー」になっています。「1~9の数字探し」「A~Zの文字探し」が隠されていますので、イラストをあちこち見回してみて、お友達やご家族間で「わかった?」「○○だけ見つからないんだけど…?」などと楽しんでいただけることでしょう。難易度的にも歴代の中でいちばん完成度が高く、ずっと楽しめるようになっています。
さらに、今年はもう2種類の探し遊びができるようになっています。

このカレンダーは、店頭またはすごろくやウェブサイト(sugorokuya.jp)での通信販売でご購入の方に、お1人様につき1部お渡しします。通信販売でご購入の方には、カレンダーが梱包内で潰れて折り筋がついてしまわないように頑丈な紙筒(1本100円)もご用意しています。もしよろしければご利用ください。

カレンダー用紙筒

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

なお、申し訳ありませんが、通信販売にて、ヤマト運輸さんのメール便速達を含む、時間帯指定を省いた「格安コース」ではカレンダーを入れられないことがあります。カレンダーをご希望になる場合は、「通常コース」をご指定ください。

無料配付は年末まで行ないます。無くなりしだい配付終了となりますので、お早目にどうぞー!


  1. 2013/11/14(木) 13:14:19|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:レーベンヘルツ / Löwenherz

領地の施設を狙い壁でマス目を囲む
レーベンヘルツ(新版) / Löwenherz (Domaine)
メーカー: KOSMOS (コスモス, ドイツ), 発行年: 2003年
作者: Klaus Teuber (クラウス・トイバー, 代表作:『カタンの開拓者』『バルバロッサ』など多数)
12才~大人, 2~4人用, 所要60分, ルール難度:★★ (2)

レーベンヘルツ:箱

『レーベンヘルツ』は、盤上の、より価値のある施設を自分の領地として囲い込むため、お金とカードを使って、マス目の辺に壁を置いたり、増兵して他領地を侵略したりするゲームです。

レーベンヘルツ:展示用写真

ボード上の地形のマス目が舞台です。初期状態では各自の城と騎士のセットがいくつか点在しています。ここから自分の城を拠点として、より広く、より価値のある施設(鉱山や村など)を同居させるように、マス目の辺に壁コマを置いて囲い込んでいきましょう。

1人ずつ代わりばんこに、手札のカードを使って未開拓の場所に壁コマ1〜3個を置いていきます。
もし、その壁で自分の城や騎士だけを完全に囲い込んだ領域ができたなら、そこが自分の領地となって、森や村など、含まれる施設の分だけ得点を得られます。

レーベンヘルツ:近影

自分の領域を作るつもりで置いた壁は、その向こう側の領域作りを手伝っていることにもなります。序盤から中盤に向けて、盤上には大小さまざまな領域ができていくでしょう。

カードには壁作りの他にもいくつかの種類があり、例えば、〈自領地の拡大〉カードは、壁の並びを変えて膨らませることで領地を拡大できます。しかし、他人の領地に侵略するには、互いの領地内騎士の個数が上まわってなければなりません。この騎士を増やすにも、やはりカードを使います。
騎士数で負けそうな相手には、隣の領地との強制的な同盟関係を結んで、不可侵状態を作りだすカードも有効でしょう。

カードにはどれも強力な効能があり、どんどん使っていきたいものの、こうしたカードを使うには、その効能の強力さに応じたコストとしてお金を支払う必要があります。お金を入手方法は〈何かカードを手放す〉か〈支配した鉱山から湧き出る〉かしかありません。
このため、ぐるぐると手番を回しつつ、じわじわとお金を溜めてからドカン!とカードを出すタイミングとマネジメントが問われるのです。

こうして領地の鍔迫り合いをしながらゲームを続けていき、誰かが規定得点に達するか、カード補充ができなくなったらゲーム終了、もっとも高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 俯瞰して大きく全体を捉えなければと解ってはいつつも、ついつい目の前の小競り合いに熱くなってしまい、意外な領地を見逃していたことに「あっ」と気付いて大逆転されたりするのが盛り上がります。 大人向けのじっくり型にしては比較的シンプルなルールですが、繰り返し遊ぶたび面白さに深みが出る超おすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2013/11/01(金) 13:00:51|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁