高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

テーブル部屋付きネットカフェでの無料貸し出し店舗が5ヶ所に増えます

昨年4月から開始した、テーブル部屋付きネットカフェでのボードゲーム無料貸し出しサービス「すごろくゲームスポット」が、全国5ヶ所に拡大します。
⇒過去の記事:2013年4月2日「ボードゲーム無料貸し出しサービス始めます」

すごろくゲームスポット二次展開ポスター

「すごろくゲームスポット」は、全国1,027店のインターネットカフェやマンガ喫茶が加盟する団体『日本複合カフェ協会』との連携で展開している、テーブルを囲んで遊べるような「ファミリースペース」を備えたネットカフェ店舗にて、24時間いつでも無料貸し出しでボードゲームを遊べるサービスです。

都市部のネットカフェだと1人がやっと入れるような個室の密集施設を思い浮かべがちですが、実は、カラオケルームのような、大勢で楽しめる部屋を備えた店舗があり、都市部から離れるほどその軒数と充実度が増していきます。

サービス開始時から加盟していただいている、東京・高田馬場の「自遊空間 BIGBOX高田馬場店」さんに加え、今回新たに4店舗が増えました。

  • 【東京・秋葉原】アイカフェ AKIBA PLACE店
  • 【兵庫県伊丹市】ワイプ 阪急伊丹駅前店
  • 【群馬県前橋市】自遊空間 前橋国領町店
  • 【茨城県日立市】ビッグベンカフェ 日立店

なお、昨年のサービス開始時に加盟いただいた「ワイプ立川北口駅前店」は残念ながら昨年11月に閉店されたためご利用いただけません。

我々としては全国のさまざまなところに置いていただきたいのですが、「よしやってみよう」と言っていただけるネットカフェ店舗さんもまだそれほど多くはないため、少しずつ成果を上げながら浸透するのを期待しています。

また、この5店舗拡大のキャンペーンとしてゲームイベントを催します。
2月からこの5店舗それぞれで、「人狼伝道の旅」と題して、ゲームライターの“田下広夢(たおりひろむ)”さんによる、人狼ゲームやボードゲームを遊ぶイベントを随時開催します。

サービス店舗や内容、イベントなどの詳しい情報は「すごろくゲームスポット」の公式ページをご覧ください。
すごろくゲームスポット http://www.sugorokugamespot.com/

もしお近くの方がいらっしゃいましたら、またお近くにお立ち寄りの際にはぜひご利用くださいー。


  1. 2014/01/31(金) 20:38:10|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:北西航路探検 / Expedition: Northwest Passage

北西航路を切り開き地図作成競う
北西航路探検 / Expedition: Northwest Passage
メーカー: Matagot (マタゴー, フランス), 発行年: 2013年
作者: Yves Tourigny (イヴ・トゥリニー, 代表作:『ブループリント』など)
14才~大人, 2~4人用, 所要60分, ルール難度:★★ (2)

北西航路探検;箱

『北西航路探検』は、極寒のアメリカ北側ルート「北西航路」を舞台に、地形タイルで海岸線を繋げて開拓しながら船を進め、海域の凍結具合を見計らって船とそりの乗組員をうまく配分し、海峡や前探検団の亡骸、イヌイットなどを発見して地図完成への貢献度を競うゲームです。

北西航路探検:展示用写真

大航海時代後期の19世紀、北アメリカ大陸の北側を通って大西洋と太平洋間を行き来する航路「北西航路」に至る、グリーンランド西の入り組んだ地形が舞台です。
未踏の海岸線を制覇するはずだったジョン・フランクリンの北極探検隊が消息を断った数年後。フランクリン隊の捜索と残された地形調査によって地図を完成させるべく、各自、グリーンランドから船を進めます。

1人ずつ代わりばんこに、タイルの配置(開拓)や補充、船の移動などのアクションを行なっていきます。海岸線に矛盾がないように置かれるタイルによって、毎回異なる地図が徐々にできあがっていきます。
独立した〈島〉を完成させたり、タイル配置で設置される〈フランクリン隊の残骸〉〈海峡〉〈イヌイット〉などを獲得することで得点を稼ぎましょう。

これらの、配置や移動、獲得などのアクションの種類に応じて、必要な数の自分の乗組員コマを〈使用した〉ことにします。乗組員コマは数個しかなく、ラウンドを経るまでは使用可能にならないため、よく考えてアクションを行なわなければなりません。

北西航路探検:近影

また、陸地の移動には〈そり〉が威力を発揮します。そりは、乗組員コマを〈そり部隊用〉に任意の数だけ割り当てることで船から分離します。 配置や移動、獲得などのアクションは、船の行為なのか、そりの行為なのかを乗組員コマで明確に消費しなければならないため、乗組員コマの割り当てや合流の計画立てがたいへん重要になります。

特にすることがなく、全員が〈パス〉してラウンドを経ると、ボード上の太陽コマが移動します。この太陽コマの移動によって、太陽コマよりも北側にある海は〈すべて凍結して陸路化〉していると見なします。もし船がこの凍結区域いた場合には身動きが取れなくなってしまいます。

この太陽の位置を利用しながら、もし地形タイルの繋げ方、船やそりの移動などを駆使して盤面左の北西航路まで到達できれば、先着順で高得点ボーナスが手に入ります。
ライバルの動向を伺いながら、ルートや獲得物に目を光らせる必要があるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、全10ラウンドでゲーム終了。グリーンランドに帰還できなかった場合のペナルティや、獲得物のボーナスなどを総合し、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 船重視で行くのか、そり重視で行くのか。それぞれの割り当て人数はどのくらいか…。 限られた期間内で、ライバルたちと凌ぎを削りながら得点源を狡猾に狙う計画が楽しい、じっくり楽しむ大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。
ドラマチックなフランクリン探検隊の一連の出来事を知った上で遊ぶと、さらに楽しめることでしょう。
Wikipedia:ジョン・フランクリン

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/01/23(木) 10:11:14|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:1、2、3で見つけてね! / 1,2,3! Now you see me...

散乱した駒の意図的変化を当てる
1、2、3で見つけてね! / 1,2,3! now you see me...
メーカー: homoludicus (ホモルディクス, スペイン), 発行年: 2013年
国内版発売元: テンデイズゲームズ, 国内版発行年: 2013年
作者: Perepau LListosella (ペレパウ・リストセーリャ, 代表作:『シディ・ババ』 )
8才~大人, 3~8人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

1、2、3で見つけてね!:箱

『1、2、3で見つけてね!』は、数秒間で覚えた動物コマたちの位置と個数の記憶を頼りに、見ていない間に親が位置を変えたり増減させたりした動物が何かを当てて得点を競うゲームです。

1、2、3で見つけてね!:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに出題者となって、牛や羊などの動物コマ群(樹脂製)を適当にたくさん握り、少し高いところからバラバラと落として散乱させたらゲーム開始です。

他全員は、10秒程度の間に、動物種類ごとの個数や位置をできるだけたくさん覚えてから目をつむります。
親は、その他全員が目をつむっている間に指示カードを引き、指示どおりに、ある動物コマを場に足したり、場にあるものを箱に戻したり、少し離れたところに移動させたり、場所を交換したりします。

さあ、他全員は、目を開けたとき、記憶との相違を察知して「どの動物が変わったのか」を当てなければなりません。
手持ちの動物カードで1枚選び、せーの!で公表します。当たっていたのは誰でしょうか? 正解者にはチップで+1点が与えられます。

ただし、もし誰も当てられなかったときには、親の勝ちとして得点が与えられます。親としては、場の配置を見て、できるだけ他全員が覚えてなさそうな、さりげない場所の動物を操作しようとするでしょう。

こうして、親を変えながらゲームを続けていき、規定回数を行なったらゲーム終了。集めた得点がもっとも多い人が勝ちです。

ここがオススメ: 「間違い探し」と「だるまさんが転んだ」が合わさったような、ありそうでなかったゲームです。完璧に覚えたつもりでも、目をつむっている短い間にどんどん記憶が怪しくなっていきます。指示カードによって難易度の緩急があり、大人でもなかなか侮れません。最大8人の大人数まで遊べて、子供から大人まで手軽に楽しめるゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/01/12(日) 20:58:48|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:犯人は踊る

手札の移動と探索で犯人札を特定
犯人は踊る
メーカー: すごろくや (日本), 発行年: 2015年(原版2013年)
作者: 鍋野ぺす (鍋野企画), イラスト: 鍋野たま (鍋野企画)
8才~大人, 3~8人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

犯人は踊る(2015年すごろくや版):箱

『犯人は踊る』は、たった1枚の犯人カードが、誰もが「持っていたくない」と嫌われて全員の手札から手札へと秘密裏に巡っていく中で、所在を推理して最後の持ち主を当てるカードゲームです。

犯人は踊る(第三版):展示用写真

事件が起きました。犯人は今日この場所に集まった、私たちの中にいます。
バラバラに配られた全員の手札の中に、たった1枚だけ〈犯人〉カードがあります。この〈犯人〉を持っている人を当てられれば勝ち、当てられてしまうと負けです。

1人ずつ代わりばんこに、手札から1枚くり出しては、その効能を使っていきます。例えば〈目撃者〉は、誰かの手札をすべて見られます。また〈探偵〉を使えば、「きみが犯人だ!」と1人を告発できます。

犯人を持っていることを見られたり、当てられて負けてしまうのは嫌なので、〈取り引き〉や〈情報交換〉などで左隣や任意の誰かに渡してしまいましょう。渡したその人が犯人なのですから、自分が当てられるチャンスです。
でも、同じように、人の手へ、また人の手へと、どんどん渡っていきます。「こうきて、ああきて、今はあそこにあるはずだ…」と、よく見て所在を推理しましょう。

他のいろいろなカードも巡ってきます。〈探偵〉が手に入れば「きみが犯人だ!」と当てにいけます。しかし、確信があったにもかかわらず、相手の回答は「違います」だったりします。なぜでしょうか?
〈アリバイ〉カードを併せて持っているからかもしれません。もしかしたら、少し前に二者間で渡されたのは〈犯人〉ではなかったのかもしれません。

実は〈犯人〉カードでも勝つことができます。手札を使うたびに、各自の手札枚数は次第に減っていきます。最後の手札1枚が〈犯人〉だったとき、自分の番で逃げ切りが成立します。枚数が限られた〈探偵〉は、確信をもって使わなければ〈犯人〉を逃がしてしまうかもしれないのです。

こうしてゲームを続けていき、〈犯人〉を当てたらその人の勝ちで〈犯人〉の負け、〈犯人〉が逃げ切ったらその人の勝ちで他全員の負けです。

ここがオススメ: みんなでわいわいカードを渡しながら、「なるほどなるほど、むふふふ」「えー、またこのカードかぁー」などと情報を集めていき、〈犯人〉を持っているのを当てられてしまうドキドキや、予想外のハプニングで貴重な手札が巡るドラマが盛り上がる、子供から大人まで手軽に遊べる超おすすめのゲームです。
ゲーム内容に合った、ゆるくて可愛いイラストも魅力です。

2014年 第二版: 2014年春の改訂版では、次のような変更点があります。

  • 共犯者なのに犯人ではない、新しい「たくらみ」カードが追加されました。
  • カードイラストが1枚1枚すべて別のものになりました。
  • カード構成が調整されています。
  • 自由な役割を作れる白紙カード2枚入り。
  • 説明書が新しくなりました。
  • 箱の絵が少し変わっています(窓の中で踊っているのが2人)。

2015年 第三版: 2015年秋の改訂版では、次のような変更点があります。

  • すごろくやとの共同制作により、カードテキスト・説明書を全面的に見直し、さらに簡潔に、とてもわかりやすくなっています。
  • 他全員が目をつぶる中で犯人とだけアイコンタクトを取る「少年」カードが追加されました。
  • より低価格になりました。
  • カード構成が調整されています。
  • 「いぬ」の効能が犬らしく変わりました。
  • 「第一発見者」は今回の事件内容を考える役目になりました。
  • カード裏面のデザインが変わりました。
  • 箱が形状が変わり、より薄型になりました。格安で全国配送できる投函便をご利用いただけます。
  • 箱の絵が少し変わっています(窓の中で踊っているのが2匹)。
  • 白紙カードは入っていません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2014/01/10(金) 17:37:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | 印刷用の体裁

1/11(土):名古屋ボードゲームフリーマーケットに出展します

もう明日になってしまいましたが、1月11日(土曜) 10:30~16:00、名古屋駅近くの愛知県産業労働センター(通称ウインクあいち) 5階:小ホールにて開催される「名古屋ボードゲームフリーマーケット」に、すごろくやも参加・出展します。

ウインクあいち(愛知県産業労働センター):外観イメージ
ウィンクあいちのウェブサイト
http://www.winc-aichi.jp/

この「名古屋ボードゲームフリーマーケット」は、中古ゲームの販売や、試遊、インディーズゲームの頒布、企画展示等をメインにしたイベントとのことで、名古屋近郊のボードゲーム愛好家の来場が見込まれます。

名古屋ボードゲームフリーマーケット公式サイト
http://nagoya.boardgame-freemarket.com/

すごろくやのブースでは、『キャプテン・リノ』『気球で大空へ』『フロレンツァ・カードゲーム』『ゴビット』の4タイトルを中心に、試遊を交えながら販売を行なう予定です。

他の出展者さんのところでは変わったものがいろいろと手に入るかもしれません。入場料は無料とのことで、お近くの方でご都合が合いましたら気軽に遊びにいらしてください。


  1. 2014/01/10(金) 14:47:54|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

2014年 新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。

2014年すごろくや年賀イラスト

いつもありがとうございます。おかげさまですごろくやは8年目の新春を迎えることができました。

今年も、たくさんの新しい試みを少しずつ実現していくつもりです。
2014年もどうぞよろしくお願い致します。


  1. 2014/01/06(月) 18:04:29|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁