高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:お宝猛ダッシュ / Hetzen nach Schätzen

人の行き先を置き替え家中を走る
お宝猛ダッシュ / Hetzen nach Schätzen
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2013年
作者: Treo Game Designers (トゥレオゲームデザイナーズ)
7才~大人, 2~4人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

お宝猛ダッシュ:箱

『お宝猛ダッシュ』は、全員一斉に、家中や部屋の隅に置かれたあちこちの宝の缶箱に急いで出向き、中を見ては次の行き先を確認しつつ、手持ちのカードを入れて後着の人の行き先を上書きしながら、いち早くカード5枚を無くすゲームです。

お宝猛ダッシュ:展示用写真

部屋中や家中が舞台です。各自、海賊たちとなって、中央から一斉にスタートし、舞台の4隅付近に配置された4色の各宝箱(大きな缶箱)に向かって走り出します。

お宝猛ダッシュ:遊戯中

着いた所の宝箱を手に取り、蓋を開けると、次の行き先となる宝箱を示す色カードが入っています。次の行き先を確認したら、手持ちの袋から好きな色のカードを選び、宝箱に元々入っていたカードに乗せて〈上書き〉します。後からこの宝箱を開けた人にとっては、この色が次の行き先となります。対角などの遠いところや行きづらいところがいいかもしれません。また、特殊な〈さっきの場所に戻れ〉カードも有効かもしれません。
蓋を閉め、急いで次の行き先に向かいましょう。これを全員スピード勝負で行ないます。

ときどき、偶然か、はたまた他の誰かの仕込みによって、何人かが1ヶ所に集中することがあります。着順に応じて行列を作って待たなければなりません。スピード勝負のゲームとしては耐えがたいロスで、文字通り地団駄踏むことになるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、袋の中の5枚をすべて使い切って中央のスタート地点に戻り、いち早く勝利コマを奪取した人が勝ちです。
宝箱に入れられたカードの絵柄で個人個人の識別ができるため、重なりを追って検証すると不正がなかったかどうか判るようになっています。

さらに、「フェクス」と呼ばれる、段階的に複雑にするルール構成が用意されています。

  • 宝箱とカードの対応識別が色ではなく蓋の絵柄になる。
  • 宝箱とカードの対応識別が、色になったり、蓋の絵柄になったり、ときどき変わる。
  • 宝箱のどれか1つに、〈屈伸5回〉など、予め決めた必須アクションが設定され、しかもその場所が移動する。

…など、混乱しながらも柔軟な対応が求められます。

ここがオススメ: オリエンテーリングのように、わーっ!と体を動かしながらあちこちを巡るのが猛烈に楽しい画期的なゲームです。はたから人が右往左往するさまを見ているだけでもとても楽しめます。1ヶ所で行列ができるとかなり時間の無駄になるため、行き先の上書きを狡猾に行なったり、蓋をきつく閉めたりしましょう。子どもから大人まで、幅広い年齢層向けとして超おすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/30(金) 17:34:58|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ごちそうがこぼれちゃう! / Oh Schreck, der Speck fliegt weg!

積み木を乗せ続け限界を見極める
ごちそうがこぼれちゃう! / Oh Schreck, der Speck Fliegt weg!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2013年
作者: Christian Hutzler (クリスチャン・フッツラー) & Thilo Hutzler (シロ・フッツラー)
6才~大人, 2~5人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2014年
キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)

ごちそうがこぼれちゃう!:箱

『ごちそうがこぼれちゃう!』は、カラフルなブロックを1人1個ずつ積み上げながら、崩れるギリギリの線と各自の得点状況を見極めて、パスで誰かの失敗を誘って得点を得るか、自分が挑戦するはめになるかの駆け引きによって得点を競うゲームです。

ごちそうがこぼれちゃう!:展示用写真

はらぺこ象のエミルが、ごちそうをたくさん買い込んではカートに積み上げています。いたずらネズミたちの脅かしから守ってあげられるでしょうか?

1人ずつ代わりばんこに、適当にめくったタイルの色指示に応じて、その色のごちそうブロックを1個、形状を選んで積み上げていきます。すると、ちぐはぐな形状で積み上げられるにしたがって、次第にバランスを欠いていきます。

選んだブロックを積み上げようとして崩してしまうと、他全員に+1点を与えてしまいます。勝負は先に3点集めた人が勝ちです。そこで、危ないと判断したら、そのブロックを左隣の人に託す〈パス〉ができます。
もしその人が挑戦して成功したならば、その人だけに+1点が与えられます。でも、もしその人が崩してしまうと、やはりその人以外の(自分も含む)全員に+1点です。危険だと判断すれば、挑戦せずにさらに隣の人に回すでしょう。

誰かが挑戦してくれれば良いものの、ぐるりと全員がパスすると、最後は自分が必ず積み上げなければなりません。しかし、もしこの状態で積み上げられれば、自分だけ+1点できる上に、リセットせずに塔の積み上げが続行されます。
続行されるということは、次の人がさらに危険な状態で挑戦(もしくはパス)することになり、他全員+1点の恩恵にあやかれる可能性がとても高くなります。

これらのことを考慮して、「誰が何点取っているか」「誰が崩すと得点の優劣状況はどうなるか」「失敗が期待できる、挑戦しそうな人はいるか」「他全員がパスするだろうが自分だけは乗せられる自信がある」など、さまざまな状況判断と予測をしながら駆け引きを行なうのがこのゲームの醍醐味です。

こうして、崩れる、もしくは託されて成功するたびにリセットしながらゲームを続けていき、先に3点に達した人が勝ちです。

小さな子用のかんたんルールもあります。

ここがオススメ: 3点先取という短期決戦の中、駆け引きとジレンマとともに大きなプレッシャーのピークが突然やってきて、崩しても、また成功しても喝采が起きて盛り上がります。子どもからでも遊べますが、駆け引き好きな大人にこそ超おすすめの、手軽に楽しめるありそうでなかったバランスゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/30(金) 14:49:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:酋長ボンバボン / Häuptling Bumm-Ba-Bumm

太鼓のリズムに合う絵柄をピシリ
酋長ボンバボン / Häuptling Bumm-Ba-Bumm
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Stefan Dorra (シュテファン・ドーラ) & Manfred Reindl (マンフレッド・ラインドル)
6才~大人, 3~5人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

酋長ボンバボン:箱

『酋長ボンバボン』は、場のカードに集中しながら、酋長役が叩く太鼓のリズムはいったいどのカードを指しているのかを察知して、ピシャリと〈手の棒〉で叩き、正解カードをたくさん集めるゲームです。

酋長ボンバボン:遊戯中

酋長ボンバボン:展示用写真

部族の呪術医が高齢のために通じなくなってしまった太鼓のメッセージを、もっともうまく聞き分けられるのは誰でしょうか?

1人ずつ代わりばんこに、酋長役となってお題カードを引き、そこに描かれている絵柄と同じもの(必ずあります)を場から探して、太鼓と「ピシャリハンド」を握り持ち、カードに示されたリズム構成の通りに打ち鳴らして「何を伝えたがっているか」を表現します。

さあ、他の人たちはカルタ取りの要領で、これだ!と思うものをピシャリハンドを使って叩いていち早く抑えましょう。序盤で慌てて叩いてしまうと、実は後半が違うかもしれません。
全員が叩いたら答え合わせです。正解のカードを先に叩いた人に、今回のお題カードが与えられます。

こうして酋長役を代わりながら続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。カードをもっともたくさん集めた人が勝ちです。

さらに、「フェクス」と呼ばれる、段階的に複雑にするルール構成が用意されています。〈中央の「シャーマン」カードのリズムだけはあらかじめ覚えて伏せる〉〈リズム印の意味が逆になる〉〈リズム印の意味がときどき逆になったり戻ったりする〉など、混乱しながらも柔軟な対応が求められます。

ここがオススメ: 「タン!」とかなり響きの良い本格的な太鼓で、少々緊張しながらもリズムを打ち鳴らす楽しさと、耳を立てて集中しながらメッセージを聞き分けて素早く当てたり、勇み足で間違えてしまったりする楽しさで盛り上がります。手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/29(木) 18:23:14|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:タンブジー / Tambuzi

不意の落雷を避け急ぎ自駒を非難
タンブジー / Tambuzi ... den Letzen trifft der Blitz!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Günter Burkhardt (ギュンター・ブルクハルト, 代表作:『銅鍋屋』『ケープからカイロまで』)
6才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★ (1)

タンブジー:箱

『タンブジー』は、電子制御のボンゴブザーから鳴るBGMとボタン押しルーレットに従って、自分の動物たちにボード外を周回させながら、不意に轟く稲妻に当たると脱落、を繰り返して生き残りの高得点を狙うゲームです。

タンブジー:展示用写真

サバンナでの動物たちによる危険な雨乞い儀式です。「ボンゴブザー」と呼ばれる電子制御の器具を使ってゲームを進行します。
ボンゴブザーから流れるジャングル風のBGMで焦らされながら、今、自分が担当する動物コマがボードの外側に出ている人に番が回ってきます(写真ではワニの持ち主)。ブザー上部のボタンを押すと、光のルーレットが回り、〈1〜4進む〉〈小屋に入る〉が指示されます。

もし〈1〜4進む〉なら、その外側に出ている自分の動物コマを、指示された数の分だけ周回するように進ませます。もしそこに他の動物がいるなら、その動物と入れ替えてしまいましょう。今度はその動物の持ち主の番です。

もし〈小屋に入る〉なら、その場にある小屋に入れます。これでこのコマは安全です。元々その場にいた動物が外側に追い出されてしまいます。今度はその動物の持ち主の番です。

こうして大急ぎでゲームを続けていきながら、突然BGMが止まって不意に稲妻が轟いたとき、外にいる動物がアウト! そのコマは取り除かれ、持ち主は低い方から得点タイルを受け取ります。生き残っているコマたちは再び小屋から出され、また最初からBGMを始めて…と繰り返していき、生き残りが3匹になったときにラウンド終了。その3匹には高得点が与えられつつ、脱落時の得点と合わせて、最高得点の人がこのラウンドを制した者として〈雨のしずく〉を貰います。
そしてまた全コマ復活して最初から…とラウンドを繰り返していき、〈雨のしずく〉を先に2個集めた人が優勝です。

ここがオススメ: ボンゴブザーのBGMに焦らされながら、風船破裂ゲームのようにドキドキしながら順番を素早くこなしたり、得点状況を踏まえつつあえてゆっくり行動したりして、やいのやいのとせっつきながら盛り上がるのがおすすめの、子どもから大人まで手軽に遊べるゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/29(木) 14:15:55|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ビーバー建設会社 / Biberbau & Co.

止め時を計り建築階層札をめくる
ビーバー建設会社 / Biberbau & Co.
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2013年
作者: Michael Schacht (ミヒャエル・シャハト, 代表作:『コロレット』『ムガル』など多数)
4才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ビーバー建設会社:箱

『ビーバー建設会社』は、〈同じ色の部屋カードが出るとご破算〉の条件下で山札をめくり続けて部屋を積み上げ、2〜5階建ての設計図を1件ずつ割り当てて、全4件をいち早く達成するカードゲームです。

ビーバー建設会社:展示用写真

動物たちのために家を建てる建設競争です。各自、2階、3階、4階分の設計図を持っていて、これらをすべて使い切ることを目指します。

1人ずつ代わりばんこに、山札から1枚ずつ部屋をめくっては積み上げ、建築していきます。しかし、これまで積み上げてきたのと同じ色が出てしまうと、ご破算となって何も達成できずに次の人の番に移ってしまいます。
このため、2階建てや3階建てなど、ほどよいところでノルマである設計図のうち対応するものを割り当てます。ただし、いったん割り当てると自分の番はやはりそこで終わってしまいますし、次回以降もうその設計図は割り当てられません。カード引きの運の流れを読んで、2階建て程度でいいのか、もうちょっとがんばるかを決断していきましょう。

さらに1軒分、どこかのタイミングで特別な〈ハムスターの家〉を建てなければなりません。この家だけは最初からこの家のための建築だと宣言しなければならず、かつ、1〜5階建てのどこで止めても構いません。最終的には建築を完了した階数(建てた部屋カードの枚数)合計が問われるため、ライバルに勝つためにはより高い階数を目指したいものの、欲を出して失敗してしまうと貴重な手番を失なってしまいます。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたときにゲーム終了。それまでに建築を完了した階数(建てた部屋カードの枚数)合計がいちばん多い人が勝ちです。

ここがオススメ: カード引きの運の流れを読みつつ、どこで引くのを止めるかの判断に段階的なノルマの割り当てが絡む軽いジレンマが新しくて悩ましく、ドラマを生みます。子どもから大人まで手軽に楽しめるゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/27(火) 18:30:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

補充&新入荷8品目:ブラッドバウンド,ギフトトラップなど

新入荷品1タイトル他、補充分併せて8タイトルを入荷しました。 海外の製品もすべて日本語の説明書付きです。

※ この入荷案内の記事は、ある程度経ったら削除します。

【新入荷品】

攻撃で断片情報得て敵味方を推理

ブラッドバウンド (日本語版) / Blood Bound

14才以上,6〜12人用, 所要30分 , 解読難度:★★☆, ¥2,800 確認/購入

【品切れ分の補充品】

各自の趣向を考えて贈り物を選ぶ

ギフトトラップ (日本語版) / GiftTRAP

12才以上,3〜8人用, 所要60分 , 解読難度:★☆, ¥4,320 確認/購入

すごろくや製 誤ルール補足付き


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2014/05/27(火) 16:44:33|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

6月1日の東京ビッグサイト“ゲームマーケット2014春”での出展内容

今週末の日曜日、6月1日に東京ビッグサイトで開催されるイベント「ゲームマーケット 2014 春」のご案内です。

東京ビッグサイト外観

ゲームマーケット公式サイト http://gamemarket.jp/

『ゲームマーケット』は、毎年春と秋に開催されるボードゲーム愛好家のためのイベントで、広い会場の中、個人制作ゲームのブースを中心に、企業やボードゲーム店などのブースが並び、創作&新作ゲームの購入や体験ができます。

会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西3ホール
住所:
東京都江東区有明3-11-1 (⇒グーグルマップ)
日時:
2014年6月1日(日曜日) 10:00~17:00
入場料:
事前購入のカタログを提示、もしくは当日チケット(1,000 円)を購入
主催:
ゲームマーケット事務局
運営:
株式会社アークライト

すごろくやブースでは、6月1日から新発売するおすすめのゲーム8タイトルの販売と体験コーナー、6月中旬発売予定の新しい便利グッズの展示を行ないます。

新発売のゲーム8タイトル

  • 人の行き先を置き替え家中を走る『お宝猛ダッシュ』【HABA】
  • 積み木を乗せ続け限界を見極める『ごちそうがこぼれちゃう!』【HABA】
  • 太鼓のリズムに合う絵柄をパチリ『酋長ボンバボン』【HABA】
  • 不意の落雷を避け急ぎ自駒を非難『タンブジー』【HABA】
  • 止め時を計り建築階層札をめくる『ビーバー建設会社』【HABA】
  • 全員一斉に僅差の豚絵札を早集め『ピック・ア・ピッグ』【Heidelberger】
  • 人のカード重ねの記憶ミスを告発『野郎ども反乱だ』【HABA】
  • 止め時を計り指示色の宝箱を探す『ワイルドバイキングの宝探し』【HABA】

便利グッズ『おにぎりカードホルダー (4色セット)』

おにぎりカードホルダー:展示用写真

おにぎり型のカードホルダーで、カードを広げたまま、机に立たせて両手を自由にしたり、片手で持ったり、一度に伏せたり、そのまま人に渡して手札を見せたりと自在に使えます。あらゆるカードゲームにぴったりの便利グッズです。今回は展示のみを行ないます。6月中旬ごろの発売を予定しています。

価格や詳細は、すごろくやウェブサイトの取り扱いゲームリスト(新入荷順)をご覧ください。

当日から、これらの新商品をご紹介するチラシを配付します。ゲームマーケット会場でも配付しますので、ぜひお手に取ってご覧ください。

会場にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。お待ちしています。


  1. 2014/05/26(月) 22:33:58|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ピック・ア・ピッグ(ドッグ) / Pick-a-Pig(Dog)

全員一斉に僅差の豚絵札を早集め
ピック・ア・ピッグ(ドッグ) / Pick-a-Pig(Dog)
メーカー: Heidelberger (ドイツ), 発行年: 2013年(原版2012中国)
作者: Torsten Landsvogt (トルシュテン・ランズフォークト, 代表作:『ザヴァンドールのノーム』 )
8才~大人, 1~5人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

ピック・ア・ピッグ:箱 ピック・ア・ドッグ:箱

『ピック・ア・ピッグ』は、全員いっせいに場のブタさんカードをあさり、直前に集めた絵柄と比べて同じか1要素だけ違う絵柄を連鎖させながら、スピード勝負で集めていくカードゲームです。
イラストがブタさんではなく犬になっていて、単独で遊べて、「〜ピッグ」とも合わせて遊べる『ピック・ア・ドッグ』もあります。

ピック・ア・ピッグ:展示用写真

「よーいスタート!」の合図とともに、全員一斉に、場の30枚の1枚1枚と、手元の山の一番上にあるブタさんカードの絵柄とを見比べて、条件に合うものを取っては山に重ねていきます。

カードの絵柄には、基本となるブタさんに、色、大きさ、腕の数、ポップコーン有無、サングラス有無の5つの要素の組み合わせでさまざまなものが存在します。カードを取れる条件は、最後に取ったカードの絵柄と〈同じ〉か〈1要素だけ違う〉ものだけです。同じ絵柄はほとんどありませんので、主に1要素だけ違うものを探すことになります。
この〈違い〉をどんどん連鎖させていくのがこのゲームの特徴で、写真手前の例だと、左から右へ〈同じ〉→〈ピンクになった〉→〈大きくなった〉→〈サングラスを外した〉と取ったことを表しています。

全員スピード勝負でわーっと集めていき、誰かがもう取れるものがないと思ったらストップ!の合図をかけて全員止め。検証に移ります。
もし、連鎖のどこかで「要素が2つ違う」などのミスをしていると、今回は非情にも0点です。もしすべてがつながっていれば、その枚数分だけ得点です。

そしてまた30枚を用意して…、とゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。最高得点の人が勝ちです。

連鎖の可能性をできるだけ延ばすように考えて取っていく1人用のルールや、姉妹品の「ピック・ア・ドッグ (犬バージョン)」を合わせると8人まで遊べます。

ピック・ア・ドッグ:カードサンプル

ここがオススメ: 簡単なルールで誰でもすぐに遊べて、「これは取れる…いや違う」「ちょっとそれ取らないで!」など、わあわあと楽しく盛り上がるゲームです。 瞬間的な判断だけかと思いきや、より多く取れるように先々を見据えて絵柄を選んだり、早く終わらせる方を選んだ方がよかったりと、考える要素もあります。子どもから大人まで手軽に楽しめる、かなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/26(月) 19:27:33|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:野郎ども反乱だ / Wild Meuterei

人のカード重ねの記憶ミスを告発
野郎ども反乱だ / Wild Meuterei
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2012年
作者: Markus Hagenauer (マルクス・ハーゲナウアー)
7才~大人, 2~5人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

野郎ども反乱だ:箱

『野郎ども反乱だ』は、〈青のボトルシップ〉〈白いブーツ〉などのカードを、色と形のどちらも連続しないであろう山を選んで伏せて重ねていきつつ、人の間違いを告発するゲームです。

野郎ども反乱だ:展示用写真

〈青のボトルシップ〉〈白いブーツ〉など、さまざまな色と形の組み合わせで構成された絵柄のカードを使います。
1人ずつ代わりばんこに、山札からめくった1枚を、中央の山に伏せて重ねていきます。

このとき、重ねる山札の一番上には、同じ色や同じ形があってはなりません。例えば、写真のように〈赤い本〉をめくったのであれば、赤いものの上や、本の上には重ねられないのです。ときどき起こる、どの山にも置けないときには、サメの所に置きます。

これを繰り返していきますが、最初はかんたんと思いきや、次第にわけが判らなくなっていくでしょう。他の人の行動に目を光らせ、誰かが間違った所に置いたと思ったら、すばやくオウムのコマを掴んで「野郎ども反乱だ!」と告発します。その真偽を確かめ、正しかった方の人にご褒美として今回置かれたカードが与えられます。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたときにゲーム終了。カードをより多く集めた人が勝ちです。

さらに、「フェクス」と呼ばれる、段階的に複雑にするルール構成が用意されています。〈紙幣だけは別の場所に額面に応じて(もちろん伏せて)並べなければならない〉〈カードを重ねる条件として「同じもの」が導入され、ときどき切り替わる〉など、混乱しながらも柔軟な対応が求められます。

ここがオススメ: 誰しもが記憶量の限界を越えて朦朧とする中、祈るような気持ちで重ねる不安と、ピンポイントで憶えていた箇所で告発するドラマが盛り上がります。子どもから大人まで短時間で集中して遊べるかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/24(土) 14:05:46|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ワイルドバイキングの宝探し / Wilde Wikinger - Schatzjagd

止め時を計り指示色の宝箱を探す
ワイルドバイキングの宝探し / Wilde Wikinger - Schatzjagd
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2012年
作者: Wolfgang Dirscherl (ヴォルフガング・ディルシェール, 代表作:『ワイルドバイキング』など)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ワイルドバイキングの宝探し:箱

『ワイルドバイキングの宝探し』は、縦横に並べられたカードの中で、指示された色の宝箱を2個以上見つけて獲得するため、過去のめくられ具合と止め時を計って1枚ずめくっていくカードゲームです。
2008年発行の『ワイルドバイキング』とは世界観やイラストが同じですがまったく別のゲームです。

ワイルドバイキングの宝探し:展示用写真

またしてもバイキングたちの宝探しの航海です。今度は、場に縦横に伏せて並べられた宝箱カードが舞台です。
1人ずつ代わりばんこに、専用のサイコロを振って出た絵柄に従って宝探しをしていきましょう。

もし赤青黄色の指示が出れば、これだと思う場のカードを1枚ずつめくっていき、指示された色の宝箱を2枚以上見つけられればそれらをすべてもらえます。1枚1点です。
しかし、もらえるのは「もうめくるの止め。」と決断したときだけです。途中で他の色の宝箱をめくっても構いません(もらえないだけで続けられます)が、もし止める決断が遅れてネッシーをめくってしまうと、1枚ももらえずに次の人の番になってしまいます。
たくさんめくってから失敗すると、他の人にかなりおいしいヒントを与えてしまいます。しかし、サイコロで出てほしい色が出るとは限りません。

さらに、サイコロでときどきネッシーの指示が出ます。この指示が出たらネッシーだけを捕まえなければなりません。
それまでに厄介者だったネッシーを一気に減らして得点できるチャンスですが、ネッシーが減るということは、全員にとって以降のめくりが簡単になるということを忘れてはいけません。

こうして、ときどき縦横並びの空いた所にカードが補充されながらゲームを続けていき、補充分が尽きたときにゲーム終了。もっともカード枚数を多く集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 記憶力を使うメモリーゲーム(神経衰弱)風ではありますが、他の人においしい思いをさせないためにはどうしたらいいかの駆け引きが新しくて楽しくて盛り上がります。子どもから大人まで手軽に遊べるゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/22(木) 18:41:08|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ビッグディール / Big Deal

2枚出しや強奪で贅沢品を集める
ビッグディール / Big Deal
メーカー: Schmidt (シュミット, ドイツ), 発行年: 2014年 (原版2011年アメリカ)
作者: Brent Beck (ブレント・ベック)
8才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

ビッグディール:箱

『ビッグディール』は、スポーツカーなどの贅沢品を集めるため、手札から2枚セットでカードを出して収集を宣言したり、人が宣言したものと同じカードを出して強奪したり、それを守ったりするカードゲームです。

ビッグディール:展示用写真

スポーツカーや邸宅、ヨットなどが描かれたカードを使って、1人ずつ代わりばんこに手札のカードを取捨選択しながら場に捨てたり山札から補充したりしていきます。もし2枚同じものが揃ったら、その額面の得点源として手元に重ね、この2枚セットの累積によって得点を稼いでいきます。

贅沢品ごとに同じカードがたくさんあります。他の人が最後に重ねた2枚セットと同じカードを1枚出すことで、「それをよこせ」と強奪ができます。出したカードも含めて自分のものになりますから、かなりお得です。
しかし、強奪の対象になった方の人も同じカードを出すことで断れます。でも、さらに相手は追加で同じカードを出してくるかもしれません。いざとなれば高額のジョーカー(金や銀)も惜しみなく使いましょう。こうして、どちらかがカードを出せずに〈参った〉するまで続け、この応酬に使われたカード群もすべて獲得されます。
もしこうした大量のカード群があり、守るためのカードが消費されたのであれば、これを見計らって他の人がたった1枚でまるごと横取りしていくかもしれません…。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了、獲得した贅沢品の額面合計がもっとも高い人が勝ちです。

ここがオススメ: かんたんなルールで、全員の横取りしあいが盛り上がります。子どもから手軽に遊べるゲームとしてとてもおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/20(火) 16:01:21|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ラリー / Larry

虚実混ぜて限界値まで数札を提出
ラリー / Larry
メーカー: Schmidt (シュミット, ドイツ), 発行年: 2014年 (原版ドイツ2007年)
作者: Ronald Hofstätter (ローナルト・ホフステッター, 代表作:『カメのオリンピック』など)
8才~大人, 2~8人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ラリー:箱

『ラリー』は、上限値7を越えないように、また嘘を見抜かれないように、手札から数値カードを伏せて場の山に積み、合計値を上げ下げしていくカードゲームです。
2007年発行『Blöff / ブロフ』のリメイクタイトルです。

ラリー:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、手札から1枚ずつ、-2〜+7の数値カードを場に伏せて重ねていき、手札をどんどん減らしていきます。このとき、今重ねたカードの値に、それまでに積み重ねられたカード数値の合計を加えた値を宣言します。例えば、直前の合計が3だったときに、2を出しながら「5」と宣言する、といった具合です。
しかし、合計値の上限が7と決まっています。これを越える値を宣言すると、ペナルティとして山札から2枚補充しなければなりません。そしてまた0からやりなおしです。

上限の7付近になれば、マイナスのカードなどでやり過ごしたところですが、そうそうマイナスは回ってきません。そこで、カードは伏せて重ねるのですから、合計値を偽って宣言してしまえばいいのです。
しかし、安易なウソは他の人に疑われ、告発されてしまいます。告発を受けてウソがバレても、告発に失敗してもやはりペナルティを受けます。ウソの仕込みも告発も、どちらも慎重に行ないましょう。

また、特殊な効能カードがいくつかあり、〈上限が5になる〉〈指名した人に次は表側を上にして出させる〉〈これが1枚か3枚入っていると絶対に宣言が本当になる〉など、うまく使ったり仕込んだりしてライバルをおとしいれていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、誰かが手札をすべて無くしたらゲーム終了。その人の勝ちです。

ここがオススメ: 序盤にウソの値を仕込んでおいてから自分の番に告発したり、それが何故か本当になっていたりと、悪巧みな仕込みとその読み合いによって盛り上がります。情報戦型のゲームが楽しめる大人向けの手軽なゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/19(月) 19:32:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

5/23(金) ゲームイベント「すごろく夜@原宿」第2回目

5月23日(金)夜、原宿にて開催するゲームイベント「すごろく夜@原宿 Vol.2:カラダ、うごかせ! FRIDAY GAME NIGHT」の参加者を募集しています。

2014-01-30 原宿すごろく夜風景

「すごろく夜@原宿」は、原宿のデザインオフィスMAQ(マック)さん協力の元、1階の多目的スペース「空き地」を利用させていただいて、飲みながら手軽なゲームを大勢の大人で楽しく遊ぼうという催しです。

2014-05-23 すごろく夜@原宿バナー

今回第2回目は、「カラダ、うごかせ! FRIDAY GAME NIGHT」として、フィジカル系のゲームをテーマにしています。

  • 全員のお題ポーズをタイマー撮影『フォトパーティ』(すごろくやゲーム大賞2010)
  • ミス避けて他人のポーズをご指名『ウィ・ウィル・ロック・ユー
  • 人の行き先を置き替え家中を巡る『お宝猛ダッシュ』(超おすすめのHABA社最新作)

…など、体を動かして楽しいボードゲーム・カードゲームをご用意して遊びます。

日時:
19:00〜21:30
会場:
原宿 空き地 (東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-9)
参加費:
2,000円 (ワンドリンク付)
定員:
20名 (男性10名・女性10名)

イベント詳細やお申し込み、お問い合わせなどは、下記イベントページをご覧ください。

すごろく夜@原宿 「カラダ、うごかせ! FRIDAY GAME NIGHT」(Facebookページ)

19日現在、男女とも10名がすでに申し込まれています。
お知り合いを誘って、金曜の楽しい夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?! ご参加、お待ちしております。


  1. 2014/05/19(月) 14:41:56|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:レミングス / Lemminge

地形に応じた札で進む動物レース
レミングス / Lemming
メーカー: AMIGO (アミーゴ, ドイツ), 発行年: 2014年
多言語版発売元: ブラザージョルダン
作者: Sebastian Bleasdale (セバスチャン・ブリースデイル, 代表作:『キーフラワー』『モルゲンランド』など)
8才~大人, 2~5人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

レミング:箱

『レミングス』は、各自の小さな哺乳類『レミング』の2匹を、手札の地形カードを使って地形種に合わせて近道したり、人のを通せんぼしたり押し退けたりしながらマス目の盤面上で進めていき、いち早くゴールさせるレースゲームです。

レミング:近影

ハムスターのような小さな哺乳類『レミング』たちのレースゲームです。六角形のマス目が敷き詰められた盤面のコースで自色の2匹をうまく進めていき、いち早くゴールを目指します。

レミング:展示用写真

1人ずつ、代わりばんこに自分のレミングを進ませるにあたって、手札から選んだカードを1枚使っていきます。カードには〈岩場〉〈池〉などの地形種と数値が示されていて、地形種はその特殊地形のマスに進入できることを意味し、数値は何歩分進めるかを意味します。
コースのマスは、そのほとんどがどんな地形カードでも通れる汎用的な〈草原〉なのですが、うねうねと蛇行しており、そのままではかなり歩数を必要とします。しかも、もし他のコマに邪魔されているとそれ以上進めません。適切な地形カードをうまく使うことで近道をしていきましょう。

場には使われたカードが地形種ごとに並べられたカード列があります。もし、今回使うカードに合う列があれば、その列の全数値合計分を加えていっきに進められます。ただし、この恩恵に預かれるのは、その列の最小値以下の値を持つカードを出したときだけです。それ以外の値の場合は、使う前にその列のカード群がすべて一掃されてしまい、追加分はありません。
このため、自分の番にはできるだけ追加分が稼げる列を狙い、かつ、他の人がその後そこを利用しづらい小さな値で〈上書き〉しようとするでしょう。手札の補充はひと手番分を補充だけに当てなければならないため、誰しもできるだけ効率良く手札を使い切ってから補充したいのですが、ライバルたちによって計画が狂わされることが頻繁に起こります。

また、列を一掃するときに、地形タイルによってマス目の地形種を〈上書き〉できます。ライバルの独走を阻止したり、自分に有利な近道を作っていきましょう。

さらに、移動歩数を使って他のコマを〈押す〉ことができます。押されるコマの分も歩数を消費するため、その機会はあまりない(自分のコマを進めるのに使った方が良い)のですが、ここぞという地形や陣形を見計らって〈押す〉ことで、意外な活路を切り開くことができるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、自色のレミングを2匹ともゴールに辿り着かせた人が勝ちです。

ここがオススメ: カードで地形をうまく利用して、一気にコマを進められたり、人のをブロックしたりして盛り上がります。子どもから大人まで幅広い年齢層でじっくり楽しめる、かなりおすすめのゲームです。
名作『アベカエサル』を彷彿とさせる「ちょっと邪魔しないでよ!」という楽しい罵り合いが盛り上がることでしょう。

多言語版: ボードやカードに言語の記載はありませんので、ゲームの内容に違いはありません。 説明書は、日本語を含むドイツ語、英語、フランス語、ハンガリー語の5ヶ国語で構成されています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/17(土) 17:31:56|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ディクシット3 / Dixit 3

新しいカード84枚の拡張セット
ディクシット3(追加カードセット) / Dixit 3
メーカー: Libellud (リベリュー, フランス), 発売年: 2012年
作者: Jean-Louis Roubira (ジャン=ルイ・ルビラ), イラスト: Xavier Collette
8才~大人, 3~6人用, 所要30分, ルール難度:★ (追加分として)

ディクシット3:箱

『ディクシット3』は、不思議で意味深なイラストカードを使って語り部の感受性を探る人気のゲーム『ディクシット』または『ディクシット:オデッセイ』用に、まったく新しい絵柄のカード84枚を提供する追加カードセットです。
北米圏でのみ流通した、単体で遊べるように回答用や得点用のボードやコマが同梱された『ディクシット・ジャーニー』のカードと同一のものです。

ディクシット3:カード例10枚

不思議で、かつ意味深な、美しい84枚のイラストカードがさらに追加されます。今度の絵柄からは、いったいどんなフレーズが思い浮かぶのでしょう。

カードは元のとまったく同じサイズで、かつ裏面も同じ模様ですので、混ぜた上で84枚を選んでも構いませんし、これだけで遊んでも構いません。

ルールや、投票タイル・得点方式などの必要な用具は、基本セットの『ディクシット』または『ディクシット:オデッセイ』のものをお使いください。このカードセットだけでは遊ぶことはできません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/08(木) 18:47:59|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ノルダーヴィント / Norderwind

立体帆船を成長させ3海域を航海
ノルダーヴィント / Norderwind
メーカー: KOSMOS (コスモス, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Klaus Teuber (クラウス・トイバー, 代表作:『カタンの開拓者たち』『バルバロッサ』など多数)
10才~大人, 2~4人用, 所要45分, ルール難度:★★ (2)

ノルダーヴィント:箱

『ノルダーヴィント』は、交易や海賊、島などが待ち受ける3つの海域を航海して探索し、自分の豪華な立体帆船に乗組員や品物、大砲、捕虜を蓄えていきながら、海域ごとの出来事を組み合わせて名誉点を集めるゲームです。

ノルダーヴィント:豪華な立体帆船

各自、豪華な立体帆船を手元に置き、ここに、より船を強化する〈乗組員〉や〈帆〉〈大砲〉、また航海中に獲得した〈品物〉や〈海賊の捕虜〉などのコマを載せていきます。

ノルダーヴィント:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、3つある、山札で表わされた〈海域〉の1つを選んで、カードをランダムにめくっていきます。最初はそれぞれの海域に何が入っているのか判りません。めくるたびに、お金を使った〈交易品の売買〉や〈帆船の強化〉、〈海賊との遭遇〉などの出来事が示され、それに応じた対応を迫られます。

カードを4枚めくるともう次の人の番です。しかし、引いたカードはその山札に再び混ぜ入れられます。これをくり返していくと、どの海域に何があるのかが次第に判ってきます。
例えば、葡萄が安く手に入る海域に出掛けてから、次の番ではそれを高く売れる別の海域に出向く、といったことができるようになるのです。

毎回4枚しかめくれないのでは効率が悪いですから、〈帆〉を強化してめくれる枚数を増やしましょう。また、乗組員を配置することで、出来事の予見や交易の効率化を計れます。追加の大砲を備えて、現れる海賊どもにも立ち向かいましょう。

ときどき現れる〈島〉に到着したとき、条件に合う積荷を提供できれば名誉点がもらえます。
こうして、3つの海域を巡りつつ島で積荷を降ろして…とゲームを続けていきながら、規定の名誉点を達成した上でより高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 海域ごとの徐々に判ってくる内包要素が、ほどよく航海の不確かさと発見の嬉しさを演出していて、うまく計画を立て、見ただけでわくわくする豪華な立体帆船に装備を付けたり、乗組員や品物を積んだりするのが楽しいゲームです。終始冒険心を掻き立てられつつ、さまざまなドラマが起こるのが盛り上がる、子どもから大人まで超おすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/03(土) 15:37:28|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ガーデン / Gardens

タイルを繋げ庭師で花壇を増やす
ガーデン / Gardens
メーカー: KOSMOS (コスモス, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Perepau LListosella (ペレパウ・リストセーリャ, 代表作:『シディ・ババ』)
8才~大人, 2~4人用, 所要45分, ルール難度:★★ (2)

ガーデン:箱

『ガーデン』は、正方形のカードタイルを道や水路の絵が合うようにつなげていくにあたって、タイルの角位置にある花壇が完成したときに自色要素がより多く含まれるようにするゲームです。

ガーデン:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、山札からランダムに引いたタイルを中央の庭園につなげていきます。

つなげるためにはタイルに描かれている道や水路が周囲に対してきちんとつながっている必要があります。また、タイルの四隅には各色の花壇の断片があり、つながった4枚のタイルの花壇が〈完成〉すると、その完成した花壇の中で最も多い色1色に染まり(その色のタイルを置く)、その色の担当者のポイントとなります。
これを踏まえて、タイルを置いたとき、それぞれの四隅がどのように影響するかを考えて置き場所と向きを考えなければなりません。

さらに自色の庭師コマが縛りを設けます。たとえタイルの絶好の置き場所があったしても、自分のコマが道を辿ってそのタイルに辿り着けないならば、タイルを置くことができないのです。
これを狙って、ライバルたちは〈美味しい場所〉に他の人がアクセスできないようにコマで道を塞ぐことでしょう。

こうしてゲームを続けていき、誰かの色の完成した花壇が8つに達したらゲーム終了。完成した花壇の数などの総合得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 四隅の花壇の断片が将来的にどう影響するかや、庭師の位置、置くタイルの場所、向きなど、考えることがたくさんある中で、相手がどう置いても自分の得になるような場所を見出していくのが楽しい、じっくり考えるのを好む大人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/02(金) 21:11:33|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:コロレット10周年記念版 / Coloretto 10 Jahre Jubiläumsausgabe

発行10周年記念のカラフルカード
コロレット10周年記念版 / Coloretto 10 Jahre Jubiläumsausgabe
メーカー: Abacus (アバクス, ドイツ), 発行年: 2013年
作者: Michael Schacht (ミヒャエル・シャハト, 代表作: 『コロレット』『ズーロレット』『王と枢機卿』など多数)
8才~大人, 2~5人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

コロレット10周年記念版:箱

『コロレット10周年記念版』は、7色のカードを3色に抑えて獲得するジレンマが楽しい、人気のカードゲーム『コロレット』の発行10周年を記念して作られた限定版です。

ゲーム紹介:コロレット / Coloretto

コロレット10周年記念版:カードサンプル

ゲームの内容はほとんど同じですが、唯一、〈ゴールデンジョーカー〉という、引き取ると山札から1枚がおまけで付いてくる、金色の特別なジョーカーが1枚入っています。

すべてのカードが、Oksana Svistunさんによるカラフルで楽しげなイラストで彩られています。
なお、元の『コロレット』のイラストは作者のミヒャエル・シャハトさん自身によるものです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/05/02(金) 13:52:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. | 印刷用の体裁