高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:パーフェクトアライアンス / Perfect Alliance

場札選びで派閥組み決戦に備える
パーフェクトアライアンス / Perfect Alliance
制作団体: Loto & Beyser Games (ロト・ベイサー, 日本), 発行年: 2014年
作者: 佐藤 智也 (さとう ともや)
10才~大人, 3~5人用, 所要30〜45分, ルール難度:★★ (2)

パーフェクトアライアンス:箱

『パーフェクトアライアンス』は、後半でカードセット条件をチームで満たしてより得点を高められるように、前半で場のカード選択によって手の内やチーム分けを操作していくゲームです。

パーフェクトアライアンス:展示用写真

すべてのカードは、山(赤色)や海(青色)などの色ごとに、〈クエスト〉と呼ばれるカードセット条件と得点を記したレシピのようなカードと、その条件の素となる武器やモンスターなどの〈リソース〉カードで構成されています。

前半でこれらのカードを各自が集めていき、ゲーム後半では、その集めた山札から1枚ずつランダムで出てくるカードを使って、どのような組み合わせでセットを完成させて得点を稼ぐのかの勝負を行ないます。

重要になるのがチーム分けです。このゲームは、二手のチームに分かれてチーム単位で勝敗が決まります。後半のカードセットはチームで協力して作れるため、お互いに補完しあえるようなカードを持っているほど有利になります。

ところが、チームはあらかじめ決まっていません。前半で場の5枚からカードを1人1枚ずつ選択するにあたり、獲得したものに応じて暫定のチーム組みが次々に変化していくのです。
このため、各自の獲得物の色や種類をよく考えた上で、ゲーム後半に移るまで(チームが確定してしまうまで)に、より自分にとって得になる相手とチームを組めるようにしなければなりません。ときには、仲間だと思っていた相手が、僅かな点差を期待して寝返ってしまうこともあるかもしれません。

こうして、前半のカード選択→後半の決戦とゲームを続けていき、最後により多くのセット得点を達成できたチームが勝ちです。

ここがオススメ: 獲得カードの選択でチーム編成を操作するという、一風変わった仕組みを体験できるでしょう。じっくり考える人向けの比較的短時間で遊べるゲームです

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/28(日) 16:40:52|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:バトルシープ / Battle Sheep

羊重ねを分派させて領土を抑える
バトルシープ / Battle Sheep
メーカー: Blue Orange (ブルーオレンジ, フランス), 発行年: 2014年(原版2010年)
作者: Francesco Rotta (フランシスコ・ロッタ)
7才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★ (1)

ドイツ 2014年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)

バトルシープ:箱

『バトルシープ』は、六角形マス目の領土上で、自駒の積み重なりを分派させながら壁か駒で止まるマスまで進めていき、より多くのマスを抑える陣取りゲームです。

バトルシープ:初期状態

初期状態では各自のヒツジ駒がひとつの山として積み重なっています。この状態から1人ずつ代わりばんこに、

  1. 自分のヒツジ駒の積み重なりから任意枚数を取って、
  2. 今いるマスに接している好きな方向に向かい、
  3. 壁(マスがない)か駒に当たるところまで運んで置く

という〈分派によるマス抑え〉を繰り返していきます。すると、

バトルシープ:展示用写真

このようになります。
さまざまな場所で、ライバルの駒で封じられて行けなかったり、空いていて行けるのに分派させた枚数が少なくて抑えきれなかったりと、いろいろな攻防が繰り広げられるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、誰もがそれ以上分派できなくなったらゲーム終了。より多くのマス数を抑えた人が勝ちです。

ここがオススメ: シンプルなルールですが、序盤ですら封じ込まれてしまうと何もできなくなるようなシビアな理詰めの先読みがとても重要です。短時間で決着がつけられる、じっくり集中して遊ぶ大人向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/22(月) 17:07:16|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:もぐらの父さん宝を探す。

確定時期を見極め袋から宝を掘る
もぐらの父さん宝を探す。
メーカー: タガミゲームズ (日本), 発行年: 2014年
作者: 田上 雄一 (たがみ ゆういち, 代表作:『あてずっぽ殺人事件』)
6才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

『もぐらの父さん宝を探す。』は、各自もぐら家族の大黒柱となって、袋の中に眠るお宝をたくさん集めるため、毎回、1枚だけ取り出すか、おばけを恐れて集めたものを家に持ち帰り確定させるかの選択に悩むゲームです。

もぐらの父さん宝を探す。:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈袋からタイルを1枚取り出す〉か〈それまでに溜めたものを持ち帰って確定させる〉かのどちらかを選んで1回行なったら次の人の番、を繰り返していきます。

袋の中身はほとんどが得点+1〜3点のお宝です。自分の番のたびに1枚ずつ取り出していくと、徐々にお宝の得点が溜まっていきます。ただし、〈おばけ〉と取り出してしまうと、ご破算となってすべてを袋に戻さなければなりません。
そうならないよう、ほどよく溜まったところで〈持ち帰って確定〉し、おばけの被害に合わないようにしましょう。

袋には、お宝やおばけの他にも、一度だけおばけのご破算から守ってくれる〈お守り〉や、追加で1枚を引ける〈つるはし〉、人から1枚奪える〈ネズミ小僧〉が入っています。
ネズミ小僧は家に持ち帰ったものですら奪っていきます。貴重な+3点タイルを取られないように、家に扉を付ければ安心です。でも、扉のために+3点払うのはもったいないかもしれません。

こうしてゲームを続けていき、家に持ち帰ったお宝の合計得点が、先に+10点に達した人が勝ちです。

ここがオススメ: かんたんな損得勘定と運試しで、各自がどこまで溜め込むか、どこで持ち帰るかの判断がドラマが生んで盛り上がります。おばけなどの特殊タイルは、用が済むと再び袋に戻されるため、後半になると引く確率が上がっていろいろなことが起こりやすくなるのもポイントです。子どもから大人まで幅広い年齢層で手軽に楽しめるゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/21(日) 21:36:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:プエルトリコ14 / Puerto Rico: 2014 Edition

生産加工体制を作り出荷で点競う
プエルトリコ14 / Puerto Rico: 2014 Edition
メーカー: Alea (アレア, ドイツ) / Ravensburger (ラベンズバーガー, ドイツ)
発売年: 2014年(原版2002年)
作者: Andreas Seyfarth (アンドレアス・ザイファルト, 代表作: 『マンハッタン』『郵便馬車』)
12才~大人, 2~5人用, 所要120分, ルール難度:★★☆(2.5)

ドイツ 2002年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
最終候補(Nominierungsliste)
ドイツ 2002年
ファン投票(Deutscher Spiele Preis)
第1位
国際ゲーマーズ賞 (International Gamers Award)
2003年 大賞受賞

プエルトリコ14:箱と内容物の展開

『プエルトリコ14』は、各自の入植地ボードに農地や加工施設の組織体制を作り上げ、栽培と加工による生産物で収入を得つつ、出荷による得点を競うゲームです。
名作『プエルトリコ』が、発売10周年を記念して作られた「豪華版」の影響を受け、アートワークを一新してさまざまな拡張セットを同梱した新版です。

プエルトリコ:展示用写真
『プエルトリコ』旧版

各自、まっさらな自分の入植地ボードを受け取り、そこに作物生産の組織体制を発展させていきます。
トウモロコシやコーヒーなどの農作物を出荷して名誉点を稼ぐのが目的ですが、それには何段階かの準備が必要です。

まず、畑タイルを獲得→農園部に配置して農地を〈1.開拓〉し、その作物に合う加工施設をお金で獲得→都市部に〈2.建築〉してから、それぞれに〈3.労働者を配備〉して稼働させます。
これでやっと栽培と加工による〈4.農作物の生産〉が可能となります。

こうして生産した農作物を〈5.売却〉してお金にするか、〈6.船に出荷〉することで名誉(=得点)に変えていきます。

1人ずつ順番に、「全員が行なう行動」としてこれらの1~6のアクションを個別に選ぶことでゲームが進みます。例えば〈1.開拓〉を選択したのであれば、全員が順番に畑タイルの選択と農地への配置を行なうのです。
もちろん、あえて全員の行動を選択する上での優位性があります。ひとつは、限られた要素を順番に選ぶような行動のとき、一番最初に選べること。もうひとつは、アクションごとに有利に働く特典が選択者だけに与えられることです。
全員の組織体制の発展具合を見つつ、他の人に選んでもらえばいいアクションは放っておき、自分が目指す発展の方向性にとって有利に働くアクションとその特典を見極めて選んでいかなければなりません。

また、都市部に建設する施設には、加工施設以外にも、1~6のアクションや得点を有利に働かせるものがたくさんあります。相互に作用するコンビネーションを考え、効率良く回る強固な体制を組織していきましょう。

こうしてゲームを続けていき、都市部が埋まるか、労働者の供給が尽きたらゲーム終了、得点がいちばん多い人が勝ちです。

ここがオススメ: 勝利につながる方向性がたくさんある中で、段階的な発展が必要となるため、各自がいったい何を狙おうとしているのか、それに対抗する方向で動くのか、別の方向性で発展を目指すのかを常に探らなければなりません。状況判断と計画性が遺憾無く発揮される、じっくりと緻密なマネジメントを好む大人向けとして超おすすめのゲームです。
カタンの開拓者 (1995年)』以降に登場した、勝利につながる要素がたくさんある重厚型の中で決定打となった金字塔的なゲームです。運の要素が少なく、実力がはっきりと出るシビアなゲームですが、そのやり込み具合の奥深さは他の追随を許しません。フリークが集う世界最大のボードゲームファンサイト「BoardGameGeek (ボードゲームギーク) 」でも、長期に渡り1~3位を保持したままでした。

2つの拡張セット入り: 新しい建物タイル群と、入植者の代わりに加えて貴族を入植させられる、2つの拡張セットが含まれています。

日本語化タイル付き: アクション選択のタイルと、さまざまな効能がある紫色の施設タイルを置き換えて使用する日本語化タイル、また日本語化されたゲームボードが付属しています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/20(土) 09:00:00|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. | 印刷用の体裁

9/13〜15の3日間:お店移転キャンペーンを実施します

先日お伝えした新しいお店への引っ越し(8/25の記事:9月11日より店舗を100メートルほど移転します)を記念して、13日(土)・14日(日)・15日(月祝)の3日間、お店移転キャンペーンを実施します。

新店舗へのルート

キャンペーン内容は次の4つです。

  1. 店頭全品5%割り引きセール
  2. 中古品セール
  3. サーカステントでのゲーム披露
  4. イベントスペース(旧店舗)でのクク21体験会

1. 店頭全品5%割り引きセール

3日間、お店限定で、すべての商品を5%割り引きにて販売します(ごく一部の最新作等は対象外)。

2. 中古品セール

絶版などを理由に取り扱いリストから外れたゲームのサンプルを、中古品として割安価格で販売します。内容物はすべて検査済みですのでご安心ください。
無くなり次第終了となりますのでお早めにどうぞ。

3. サーカステントでのゲーム披露

新しい店舗には、ビル正面に自動車を止められる駐車場(事前予約制)があります。
キャンペーンの3日間、その駐車場に大きな4メートル四方のサーカステント(写真はイメージです)が設置され、中でいろいろなボードゲームやカードゲームを体験できる会場になります。
黄色くて大きなトンガリテントを目印にしてお店にいらしてください。

すごろくやサーカステントイメージw535

4. イベントスペース(旧店舗)でのクク21体験会

これまでの南口ビル4階のお店は、今後イベントスペースとして活躍します。
その第1弾として『クク21体験会』を行ないます。参加費は無料です。

六角テーブルとカラフル椅子w535

司会は、元すごろくやスタッフで、現在はシチュエーションに合わせた出張ゲームサービス『あだちのYEAH(イェー)!!!』を展開している「あだち先生」です。 美しいイラストと運命を感じたカード交換でドラマが生まれる、人気のカードゲーム『クク21』が、司会者の女性ならでは心遣いによって、きゃあきゃあと楽しく盛り上がること必至です!

クク21(第三版):展示用写真

会は、12時ちょうど、13時ちょうど、と、1時間に一度ずつ、休憩と入れ替えを挟みながら、定員12名制限で12:00〜18:00まで行ないます。参加を希望される方は少しお早目に会場までお越しください。

…と、もりだくさんの3日間です。ぜひご家族・お友だちをお誘いの上、新しいすごろくやのお店にお越しくださいー!


  1. 2014/09/07(日) 23:32:22|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:アール・ライバルズ / R-Rivals

効能付き8種札で数値ジャンケン
アール・ライバルズ / R-Rivals
メーカー: キュービスト (日本), 発行年: 2014年(原版2011年)
作者: カナイセイジ (代表作:『ラブレター』『成敗』など)
10才~大人, 2人専用, 所要5分, ルール難度:★ (1)

アール・ライバルズ:箱

『アール・ライバルズ』は、0〜7のカードを互いに1枚提示する〈数値ジャンケン〉で先に4勝するため、カード毎の特別な効能を巧みに活用する、『ラブレター』の前身ともいえる2人専用ゲームです。

アール・ライバルズ:展示用写真

0〜7の効能付きカードを手札として、互いに1枚ずつ選んだカードをせーので開き、より数値が大きい方が1勝、という〈数値ジャンケン〉を繰り返していきます。先に4勝した方が優勝です。
一度使った数値カードはもう使えないため、後半になるに従って互いの手の内が判っていきます。

カードの特殊な効能、特に、その都度の勝負ではなく、連続した勝負に作用する効能が特徴で、〈次は相手に先に出させる〉〈次の数値に+2の補正〉などをうまく使っていきましょう。

他にも、相手が最強の〈王子(7)〉を出してくると予想したならば、〈姫(1)〉を出すことで4勝を待たずにいきなり優勝することもできたりします。しかし、予想が外れれば、1ですのでほぼ負けてしまいます。

このような基本ルールの他、14種類の応用ルールが入っています。中には3人以上で遊べるものもあります。

ここがオススメ: それぞれのカードに得手不得手があり、どのカードを出してくるかを読み合う悩ましさと、後半になるにつれてバランスが崩れてくるその得手不得手の関係性を巧みに突く戦略性が楽しいゲームです。じっくり考えるのを好む大人向けの手軽なゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/06(土) 20:07:53|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:スピードダイス / Würfel-Ligretto

賽の目と色に応じ一斉に配置競争
スピードダイス / Würfel-Ligretto
メーカー: Schmidt (シュミット, ドイツ), 発行年: 2009年
作者: Inka Brand (インカ・ブラント) & Markus Brand (マルクス・ブラント), 2人での代表作:『村の人生』『モンスターがすむ家』など
8才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★ (1)

スピードダイス:箱

『スピードダイス』は、各自一斉に、ボードへのサイコロ配置状況を睨みつつ、自分のサイコロ群を振り直し続け、色と出目の条件が一致したサイコロを素早くボード上に置いていくゲームです。

スピードダイス:展示用写真

各自、色はランダムで配られた6個(人数による)のサイコロを使い、スタートの合図とともに全員一斉にカップに入れて振り出し、〈条件に合うサイコロをボードに置く〉か〈全部振り直す〉かを素早く判断して、おのおの大急ぎで繰り返していきます。

ボードに置けるのは、サイコロの色に合った列で、1のマスから順番に見て空いているところだけです。色ごとの空きマスと振ったサイコロ群とを比較し、素早く判断しましょう。
よく「誰かがあと1個置けばこれを置けるのに」といった状況が発生します。誰かが置いてくれるのを待つのか、それともすべて振り直して他のチャンスに賭けるのか、悩ましいところです。

また、サイコロを置く際は片手しか使えません。このため、1、2、3などと連続で置ける状況にあったとしても、1を置いた途端に「待ってました!」と2を置かれてしまうこともよくあります。

こうしてゲームを続けていき、誰かがいち早く自分のサイコロをすべて置ききったらラウンド終了。その人は空きマスの分だけ得点し、他全員は残ったサイコロの個数分だけ減点です。これを12ラウンド繰り返し、最高得点の人が優勝です。

ここがオススメ: 「待てば良かった」「置けたのに振ってしまった」など、ささいな後悔の積み重ねで心が折れそうになって素早い判断に影響してしまうのをぐっと堪え、がんばって集中するのが楽しいゲームです。ルールだけ聞くと面白さが解りづらいですが、実はうまくやる工夫ができて独特の面白さがあるゲームです。手軽にわいわいと盛り上がる、幅広い年齢層向けとしておすすめです。
ノルウェーのファミリー向けゲーム賞2010の候補にも選ばれています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/06(土) 14:31:09|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:レシピ / Recipe

自分のレシピを隠し食材を揃える
レシピ / Recipe
メーカー: ホッパーエンタテインメント (日本), 発行年: 2014年
作者: 小倉 大輔 (おぐら だいすけ)
4才~大人, 2~4人用, 所要5分, ルール難度:★☆ (1.5)

レシピ:箱

レシピ:近影

『レシピ』は、各自、自分の秘密レシピにもとづいていち早く料理を完成させるべく、具材を山札から引いたり、誰かが放出した具材を拾ったりして集めるゲームです。

レシピ:展示用写真

各自に配られた〈にくじゃが〉や〈チーズハンバーグ〉などのレシピカードにもとづいて、〈にんじん〉や〈パイナップル〉〈デミグラスソース〉などの具材カードを集めていきます。
はじめに配られた手札のうち、必要な具材があれば、手元に配置してゲームスタートです。

1人ずつ代わりばんこに、〈不要な具材を捨てる〉→〈山札から1枚補充〉を繰り返していきます。
補充したとき、自分のレシピに必要な具材であれば配置します。

また、人が放出した具材をもらって配置することもできます。
このため、自分が捨てる際には誰かが欲しそうな具材は捨てないようにしたいものですが、実は、配置する具材は写真のように表向きではなく裏向きに置かれます。放出された具材の獲得結果から、ライバルたちの狙いを察知していきましょう。

こうしてゲームを続けていき、レシピどおりの具材をいち早く集めて料理を完成させた人が勝ちです。

ここがオススメ: 他の人はいったい何を作っているんだろう?と、獲得された具材で作れる料理を思い浮かべながら、その料理に必要な具材を考えた手札の取捨選択が楽しい「ほんわか駆け引き」ゲームです。子どもが遊べば、普段食べている料理とその材料に興味が湧くようになるでしょう。子どもから大人まで、幅広い年齢層で気軽に楽しめるゲームとしておすすめです。

オリジナルの『洋食編』に対して、姉妹品の『和食編』『ワールド編』もあります。どちらも単体で遊べます。お好みでどうぞ。

わしょくレシピ:箱
わしょくレシピ:カード例14枚

レシピ:ワールド編:紹介用

2015年、さらに追加の『ワールド編』も登場しました。「パエリア」や「ケバブ」「ボルシチ」など、世界の料理作りが楽しめます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2014/09/04(木) 18:58:34|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁