高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ワンナイト人狼 モンスターver / One Night Werewolf Monster ver

役職強化版、狼男&村人の特定劇
ワンナイト人狼(じんろう) モンスターver(バージョン) / One Night Werewolf Monster ver
発行年: 2014年
作者: 奥井 晶久 (おくい あきひさ)
10才~大人, 3~5人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ワンナイト人狼 モンスターver:箱

脱落者を出しながら30分以上掛かる人狼(じんろう)系ゲームを、わずか10分で決着がついて司会者がいなくても良いように、究極にシンプルにアレンジされた『ワンナイト人狼』。

ゲーム紹介:ワンナイト人狼

『ワンナイト人狼 モンスターver』は、その『ワンナイト人狼』をベースとして、「ゾンビ」や「吊り人」など、登場人物全員に備わった特別な能力により、高度な駆け引きができるようになったさらなる上級者向け版です。

ワンナイト人狼 モンスターver:展示用写真

【物語】人狼は人間を食べ続け、ついに大狼(おおおおかみ)へと進化を遂げた。人類がほとんど食べられてしまったこの世界で、唯一の人間に手を貸してくれたのは、魔女っこ、吸血鬼などのモンスターばかり。果たして、敵か、味方か? 人間は大狼に勝てるのか?

基本的な遊び方は『ゲーム紹介:ワンナイト人狼』と変わりありませんが、6種類の8人全員が特殊な能力を備えています。

  • もし、夜に選んでいた1枚が狼だったら、村人側が一見負けたとしても逆転できる「GJハンター」
  • 中央の場(墓地)からもらった「新しい体」として新しい人になり替わる「ゾンビ」
  • ただ自分が処刑されることを望む、村人側でも狼側でもない「吊り人」
  • 他の人のカードだけ見られる「魔女っこ」
  • 中央の場(墓地)や人のカードとこっそり交換できる「吸血鬼」
  • 夜の間に中央の場(墓地)の内容を見られる「大狼」

これら6種類の役割が高度に絡み合い、通常版『ワンナイト人狼』とも、また『超人バージョン』とも異なる、より深い腹の探り合いが楽しめます。

ここがオススメ: モンスターたちの新しい能力によって、からみ合う能力の新しい活かし方を新鮮な気持ちで探り合って楽しめます。特に「GJハンター」や第三勢力の「吊り人」によって混乱させられることでしょう。『ワンナイト人狼』をやりこんだ方や、通常の「人狼系ゲーム」でさまざまな役職を混ぜてやりこんでいる大人向けとしておすすめのゲームです。

なお、(このゲームに限りませんが)カードの裏面同士を比べて「よく見ると判る」レベルの傷や色の差は仕様となりますのでご注意ください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/30(土) 23:44:50|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ハエのごちそう / Fliegenschmaus

マス効能を置換し蝿で糞を目指す
ハエのごちそう / Fliegenschmaus
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2015年
作者: Dietmar Keusch (ディットマー・コイシュ)
6才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2015年
キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)

ハエのごちそう:箱

『ハエのごちそう』は、自分のハエ4匹でゴール(魅力的な糞塊)までの8マスを導くため、1匹を1〜2歩ずつ進めながら、ランダムで引いたカードを好きなマスに置いて、自分だけの連続進みマスを作ったり、そのマスのハエをすべて振り出しに戻したりするゲームです。

ハエのごちそう:展示用写真

むむむっ。このかぐわしい臭いはいったい何でしょう? すべてのハエが、大きくて美しい“ハエケーキ”のてんこもりに魔法のように惹きつけられながらも、彼らの前には遠く険しい道が立ちはだかっています。

リアルな自分の色のハエ4匹で、8マス先にあるゴールの“ハエケーキ”のてんこもりを目指しましょう。

ハエのごちそう:ハエ近影

1人ずつ代わりばんこに、カードを引いては、その効能〈カードを置いた、もしくはそこに着いたら振り出しに戻される〉や〈特定色のハエだけは着地したら2歩進める〉などに応じて好きなマスに重ね、その上で自分のハエを1匹選んで1〜2歩進めていきます。

その都度、どのハエを進めるかはマスのカード状況によって変わります。〈2歩進める〉カードは必ず、しかも連鎖して進めるので一見良さそうですが、その先に〈振り出しに戻る〉カードが置かれているならば、そこに進めるのは自殺行為です。
どのハエが動かされるとどうなるかを見定めた上で、進めるハエを選んだり、カードを置くマスを選ばなければなりません。

また、カードには他にも即座に適用する〈マスの交換〉や〈1歩進める〉などの効能もあります。うまく活用していきましょう。

こうしてゲームを続けていきながら、いち早く4匹目のハエをゴールの“ハエケーキ”のてんこもりに辿り着かせられた人が勝ちです。

ここがオススメ: リアルなハエコマで糞塊を目指すという強烈なインパクトの題材の上で、連鎖を鑑みたマス目効能の上書きによって、じっくり考えつつ自分の有利な場所や相手の足を引っ張る方法を見出していくのが楽しくて盛り上がるゲームです。子供はじっくりと、大人は気軽に、幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/29(金) 16:21:55|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム関連書籍紹介:ボードゲームって本当におもしろいの?

名作48品,初体験9人の多角的評価
ボードゲームって本当におもしろいの?
〜 ボードゲーム クロスレビュー 〜
出版社: スモール出版 (日本), 発行年: 2015年
発行者: 中村 孝司 (なかむら こうじ / スモールライト)
著者: ふうか (ブログ:『ふうかのボードゲーム日記』)
A5変形判並製, フルカラー112ページ, ISBN978-4-905158-27-1

ボードゲームって本当におもしろいの?:表紙

書籍『ボードゲームって本当におもしろいの?』は、ドイツのゲーム大賞(Spiel des Jahres)受賞作を中心に、名作ボードゲーム48タイトルを、趣向がかなり異なる男女が初めて遊んだ評価をまとめた、リアルで多角的な「自分に合ったゲームを見つけられる」一冊です。

ボードゲームって本当におもしろいの?:54〜54P見開き

すごろくやで取り扱っているような近代のボードゲームにあまり触れたことがなく、しかも趣味が食べ歩き, プログラミング, 編み物, 登山, アナログレコード集め、と趣向がばらばらな男女9名に、名作ボードゲーム48タイトルを遊んでもらった上で、各個人の評価点数と感想をまとめた書籍です。

対象となるボードゲームは、歴代のドイツゲーム大賞(Spiel des Jahres)受賞作を中心とした名作ボードゲーム・カードゲーム48タイトルで、どれも名作には違いありませんが、趣向の差によってさまざまな評価があることが解ります。

それぞれのページでは、美しいゲーム写真とおおまかなゲーム内容、各自の評価点数と感想、著者が脇で見ていた感想で構成されています。

巷でよくあるクロスレビュー形式の記事の中には、多角的な感想を表現するために著者が架空の人格を作り上げているものも少なからずありますが、この書籍の評価者たちは全員実在の人物です。
また、この9名は、遊び方以外の口出しはいっさい受けずに遊んでいます。さらに、各自の評価は、他の人の影響を受けないように個別にインタビューするというたいへんな手間が掛けられています。
ボードゲームを買ってきて初めて遊ぶとどうなるか、というリアルな評価を感じられることでしょう。

目次

  • はじめに
  • この本の見方
  • ■第1章 ドイツ年間ゲーム大賞受賞のゲーム
    アルハンブラ / マンハッタン / ラミィキューブ / バルバ ロッサ / カタンの開拓者たち / カフェインターナショナル / ケルト / ズーロレット / ウサギとハリネズミ / ヴィラ・パレッティ / アンダーカバー / 花火 / スコッ トランドヤード / カルカソンヌ / 貴族のつとめ / キャメルアップ / 郵便馬車 / ブラフ / アウフアクセ / チケット・トゥ・ライド・アメリカ / エル グランデ / クワークル / ミシシッピ・クイーン / キングダムビルダー / ドミニオン / トーレス / ナイアガラ / エルフェンランド / ディクシット
  • [コラム]突撃! ボードゲーム専門店
  • ■第2章 ドイツ年間キッズゲーム大賞受賞のゲーム くるりんパニック / 海賊ブラック / ねことねずみの大レース / カラフルミミズ / おばけ屋敷の宝石ハンター / にわとりのしっぽ / オバケだぞ〜
  • 歴代大賞受賞ゲーム一覧
  • ■第3章 惜しくも大賞を逃したゲーム ファウナ / モウ / クウィックス / ボーナンザ / ウミガメの島 / パンデミック / ハゲタカのえじき / ニムト / キャプテン・リノ / マンマミーア! / スカル / ヒューゴ
  • 教えてヴェルネックさん! (Spiel des Jahres創設者インタビュー)
  • 参加者紹介
  • あとがき

ここがオススメ: ゲームの「面白い」は、各個人の潜在能力・年齢・素養・経験などによって大きく異なります。「誰でも面白い」が存在しないことや、楽しめるかどうかに「初心者」という括りはほとんど意味がないことがよく解る、「ボードゲームを誰と一緒に楽しもうか」を考える上でたいへん役立つ貴重な書籍です。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/19(火) 14:10:12|
  2. その他の商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:マタンガ! / Matanga!

長〜い鉛筆を奪い合って紙に記す
マタンガ! / Matanga!
メーカー: COLON ARC (コロンアーク, 日本), 発行年: 2015年(原版メキシコ2009年)
作者: Gerardo Cuevas (ゲラルド・クエバス)
8才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★ (1)

マタンガ!:箱

『マタンガ!』は、各自、いち早く自分のシートに番号順ですべて印を付けられるように、サイコロを振り続けては、1本しかない長さ30cmの曲がる鉛筆を奪い合うゲームです。

マタンガ!:展示用写真

各自、1〜60の番号が紙一面にランダム配置された自分のシートを手元に置き、1人ずつ順番に素早く、専用の特殊なサイコロを振っていきます。

振ったサイコロが鉛筆マークを示したら、1本しかない、ぐにゃぐにゃした長さ30cmの鉛筆を取って、1から番号順に印を付けていきます。しかし、他の人は間髪入れずにどんどんサイコロを振っていきます。
誰かが鉛筆マークを出せば、せっかく書いていた鉛筆をシュッと奪われてしまいます。急いでサイコロを振って取り戻しましょう!

こうしてゲームを続けていき、いち早くすべて60まで印を付けられた人が勝ちです。

ここがオススメ: 真剣に探して印を付けようと集中しようとしているところで突然鉛筆を奪われて、あっけにとられたりムカッときたりする楽しい感情の起伏がとても盛り上がります。手軽に楽しめる子供から大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

同梱のシートは100回分で、各シートの番号配置は完全にランダムになっています。また、遊ぶ際には、特殊な曲がる鉛筆の芯を削り出すためにカッターやハサミが必要になります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/11(月) 18:17:26|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

7/26 イベント「親子でボードゲームとお寿司 第35回」

お寿司付き親子向けボードゲーム会、7/26開催のお知らせです。

高円寺の幸寿司(こうずし)さんの宴会場にて、恒例、親子向けのボードゲーム&お食事会「親子でボードゲームとお寿司」の第35回目を開催します。

2014-10-12 すごろくや親子ゲーム会 ミッドナイトパーティ

「幸寿司」は、すごろくやから西へ徒歩5分ほどにある、高円寺の老舗の寿司処です。何箇所かある幸寿司さんの会場のうち、お座敷の広い宴会場(60名収納可)をお借りしてのゲーム体験会です。
幸寿司さんのウェブサイト

午後3~6時の3時間、まずはボードゲームやカードゲームで遊びます。小学生以上の親子向けにおすすめの定番ゲームをたくさんご用意します。

ゲームを遊ぶたびに、ばらばらに机を移動しながら、いろんな方と一緒にゲームを遊んでみましょう。遊び方は、かならず初めて遊ぶものとしてスタッフがていねいに説明しますのでご安心ください。

たくさんのゲームで遊んだ18:00からは、仲良くなったみなさんで一緒に美味しいお寿司をいただきましょう! 幸寿司さん自慢の、肉厚の大人用のにぎり寿司を1人前と、茶碗蒸し・お味噌汁などをご用意します。

2014-07-13 幸寿司1人前-w1070

ネタや小鉢は当日のお楽しみとなりますので、写真のとおりではありません。
たくさん遊んだゲームを思い返して「どれが面白かった??」など会話も楽しく弾みます。 大盛りや追加、ワサビ抜きなどのリクエストは、参加申し込み時、または当日の来場時にお伺いします。

2014-10-12 すごろくや親子ゲーム会 記念撮影

イベント情報まとめ

名称
親子でボードゲームとお寿司:第35回
日時
2015年7月26日(日曜) 15:00〜19:00
開始時間
15:00 (全員揃ってから説明を始めます。かならず10分前にはお越しください)
参加対象
最低でも小学生以上の親子 (中学生以上や大人の親子でももちろんOK)
参加費
お一人につき 2,700円 (大人/子供共通、お寿司代込み)
定員
30名 (予約制)
主催
すごろくや

なお、お友だちなど、親子以外の参加者は承れませんのでご注意ください。
ご予約は下記リンクの予約フォームからどうぞ。もし不都合がある場合にはお電話(03-5327-4568)でも構いません。

  • 7/26(日曜) 第35回 親子ゲーム会 予約申し込みフォーム(締め切りました)
    7/12現在、参加予約は満席です。

親子でみなさんと一緒に楽しいひとときを過ごしてみませんか?
お申し込み、お待ちしてます!


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2015/05/10(日) 22:46:02|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

7/19 イベント「大人で!ボードゲームとお寿司 第3回」

大人限定のお寿司付きボードゲーム会、7/19(日曜日)開催のお知らせです。

高円寺の幸寿司(こうずし)さんの宴会場にて、楽しいボードゲームと新鮮なお寿司の素敵な“美味しいとこ取り”イベント「大人で!ボードゲームとお寿司 第3回」を開催します。

2015-05-03大人お寿司ゲーム会風景
第2回の開催風景

「幸寿司」は、すごろくやから西へ徒歩5分ほどにある、高円寺の老舗の寿司処です。何箇所かある幸寿司さんの会場のうち、お座敷の広い宴会場(60名収納可)をお借りしてのゲーム体験会です。

幸寿司さんウェブサイト

午後3~6時の3時間、まずはボードゲームやカードゲームで遊びます。大人向けの会ではありますが、その場ですぐ説明できるくらいルールが解りやすくて手軽に遊べるおすすめの定番ゲームをたくさんご用意します。

ゲームを遊ぶたびに、ばらばらに机を移動しながら、いろんな方と一緒にゲームを遊んでみましょう。遊び方は、かならず初めて遊ぶものとしてスタッフがていねいに説明しますのでご安心ください。

たくさんのゲームで遊んだ18:00からは、仲良くなったみなさんで一緒に美味しいお寿司をいただきましょう! 幸寿司さん自慢の、肉厚のにぎり寿司1人前と、茶碗蒸し・お味噌汁などをご用意します。

2015-05-03大人お寿司ゲーム会記念撮影
2014-07-13 幸寿司1人前-w1070

ネタや小鉢は当日のお楽しみとなりますので、写真のとおりではありません。
たくさん遊んだゲームを思い返して、会話も楽しく弾みます。 ワサビ抜きなどのリクエストは、参加申し込み時、または当日の来場時にお伺いします。

イベント情報まとめ

名称
大人で!ボードゲームとお寿司 第3回
日時
2015年7月19日(日曜) 15:00〜19:00
開始時間
15:00 (全員揃ってから説明を始めます。かならず10分前にはお越しください)
参加対象
最低限18歳
参加費
お一人につき 3,000円 (お寿司代込み)
定員
30名 (予約制)
主催
すごろくや

ご予約は下記リンクの予約フォームからどうぞ。もし不都合がある場合にはお電話(03-5327-4568)でも構いません。

  • 7/19(日曜) 大人で!ボードゲームとお寿司 予約申し込みフォーム
    ※ 7/10現在、満席につき申し込みを承れません。

お申し込み、お待ちしてます!


  1. 2015/05/10(日) 22:37:46|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ヒーローカンパニー / Hero Company

超人同士で事件解決の評価を競う
ヒーローカンパニー / Hero Company
メーカー: グランディング (日本), 発行年: 2015年
作者: 菅沼 正夫 (すがぬま まさお, 代表作:『街コロ』など)
イラスト: 島本 和彦 (しまもと かずひこ, 代表作:『炎の転校生』『アオイホノオ』など)
10才~大人, 3~5人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ヒーローカンパニー:箱

『ヒーローカンパニー』は、人気コミック「ヒーローカンパニー」を題材に、会社から派遣される変身ヒーローとなって、自らを鍛えながら、毎回提示される事件を解決して高評価を集めるため、自分の非力さと事件内容を鑑みて、3つの事件のどこに注力すると最小限に相乗りしてもらえるかに悩むゲームです。

ヒーローカンパニー:展示用写真

ここがオススメ: 1人だけで解決できる小さな事件を選んで小さな評価を稼ぐのか、2〜3人が協力してさえくれれば解決できるような高評価につながる事件を選ぶのかが悩ましいゲームです。コミックスの原作を知らなくても充分楽しめます。ややじっくり目に楽しめる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/10(日) 20:00:00|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:忍者ボウリング / Ninja Bowling

敵のピン札に手裏剣を投げ乗せる
忍者ボウリング / Ninja Bowling
発行元: Hacko Games (ハッコゲームズ, 台湾), 発行年: 2015年
作者: Odd Hackwelder (オッド・ハックウェルダー)
8才~大人, 2人専用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

『忍者ボウリング』は、互いに、相手の手元に並べられたボウリングピンのカードに向けて手裏剣カードを飛ばし、より多くのピンを抑えてスペアやストライクの得点を競う、2人専用のゲームです。

忍者ボウリング:展示用写真

1人ずつ交互に、3枚の手裏剣カードで、相手側のピンカードをより多く覆えるよう、手裏剣のようにぴゅっと飛ばします。
3枚投げて、より多くのピンカードを覆えたほうが+0.5点の「スペア(/)」を貰えます。もしすべてのカードを覆えていたなら、+1点の「ストライク(×)」を貰えます。

これを繰り返していき、先にストライクを3枚集められた人が勝ちです。

ここがオススメ: 手軽に、ばかばかしく、手裏剣投げによる忍者アクションが楽しめるゲームです。何も気にしなければうまく投げられるのに、得点が絡んでしまうと、途端に遠くに投げすぎたり、届かなかったりして笑えます。とても気軽に遊べる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

チャック付きクリアパック入り 価格を抑えるため、箱はなく、チャック付きのクリアパック(背面銀色)に入っています。

ルール補足付き 付属の説明書に不明瞭なところが多いため、合わせて読むためのルール補足書をお付けしています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/10(日) 17:35:30|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁

6/6(土) ごいた覚えたて大会@す箱

ロゴ入りす箱内観西-w1070

ボードゲーム専用に特化したイベントスペース「す箱」にて、未経験者限定ゲームイベント「覚えたてゲーム大会」シリーズの第10回目、「ごいた覚えたて大会」を6月6日(土曜) 16:00より開催。参加者を募集します。

ごいたカード:展示用写真

【 覚えたてゲーム大会 】

「覚えたてゲーム大会」は、毎回、面白さ保障付きの超名作ボードゲーム1タイトルを選び、参加者全員をそのゲームの未経験者に限定して、その場で遊び方を説明し、スタートラインを一定にして競技形式で優勝を決めよう、という「美味しいとこ取り」のゲーム大会です。

重要な注意点として、一度でもそのゲームを遊んだことがある方は申し訳ありませんがご参加いただけません。「見たり聞いたりしてなんとなく面白そうだけど、遊んだことがなかったのでぜひ覚えてみたい。」という方のための会です。
手探りで攻略し合う「戦友」としての連帯感も生まれます。経験者が誤って参加されてしまうと会場内でたいへん気まずいと思われます。また、当日あまりに会の主旨に反すると思われる方はやむなく敗者確定や退席などの対応をすることもあります。十分ご注意ください。

その面白さが段階的に理解できるよう、すごろくやのノウハウを活かして、エクササイズやショートゲームなどの特別な構成で行ないます。「購入したのに遊び方が解らないまま通り過ぎてしまった」「面白いと聞いたのに面白さがいまひとつ解らなかった」といった方もぜひご参加ください。

未経験者同士、穏やかな雰囲気の中で遊びながらも、競技形式としていることで、適度な緊張感を持ってゲームの深みを試行錯誤しながら探る楽しさがあります。 優勝しても特段高価な賞品があるわけでもありませんので、初めて遊ぶ方同士で気遣いながら楽しく遊んでいただけます。

さらに、当日の参加者全員に「すごろくやでの『ごいた』購入時400円引き券」をお渡しします。もし、とても面白くて「もっと遊んでみたい!」という方は、この券でご購入いただき、家族やお友達と存分に楽しんでみてください。

【種目ゲーム:ごいた】

『ごいた』は、全32枚のカード種別枚数を念頭に、誰がどのカードを持っているのか/いないのかを察知しながら、 自分が出したカードと同じものを他の人に出されないように導いて いち早く手札を無くす、ペア戦4人専用の傑作ゲームのカード仕様版です。

⇒ゲーム紹介:ごいた

短い時間でとても濃い内容の駆け引きが楽しめて、遊ぶたびに新たな発見があるゲームです。ペアの連携がうまくいったときには嬉しくて思わずハイタッチしたくなります。他のゲームがほとんど流通していなかったはずの1900年頃の奥能登地方で局所的に作られて遊ばれていたとは思えないほど、驚くべきオリジナリティと完成度を誇る超おすすめのゲームです。
「ちょっとしたときにやりたくなる駆け引きゲーム」のうちでもトップクラスのゲームです。

【催しの詳細】

開催日:
2015年 6月 6日(土曜)
イベント名称:
覚えたてゲーム大会 第10回:ごいた
会場:
ボードゲームスペース「す箱」(JR高円寺駅すぐ目の前)
東京都杉並区高円寺南4-45-7壱番館4F (Google地図)
会場時間:
15:30
開催時間:
16:00〜19:00 (3時間。途中入場不可)
種目ゲーム:
ごいた (カードゲーム版)
対象者:
種目ゲームの未経験者、最低限8歳
定員:
24名
参加費:
入場券前売り1,900円 / 当日券 2,300円
払い戻しは開催3日前まで可
飲み物:
自販機あり。持ち込み不可
特典:
当日参加者全員に、種目ゲーム購入時400円引き券
参加方法:
入場券を店頭、もしくは通信販売にてご購入ください。
すごろくやウェブサイト:取り扱いチケットリスト
主催:
すごろくや

参加申し込みは、前売り/当日の入場券のご購入にて承ります。確認/購入は下記のリンクボタンからどうぞ。
ご参加、お待ちしております!

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2015/05/10(日) 14:23:12|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

5/30(土) 激突カップ覚えたて大会@す箱

ロゴ入りす箱内観西-w1070

ボードゲーム専用に特化したイベントスペース「す箱」にて、未経験者限定ゲームイベント「覚えたてゲーム大会」シリーズの第9回目、「激突カップ覚えたて大会」を5月30日(土曜) 16:00より開催。参加者を募集します。

激突カップ ドンガラガッシャーン:ゲーム3セットアップ

【 覚えたてゲーム大会 】

「覚えたてゲーム大会」は、毎回、面白さ保障付きの超名作ボードゲーム1タイトルを選び、参加者全員をそのゲームの未経験者に限定して、その場で遊び方を説明し、スタートラインを一定にして競技形式で優勝を決めよう、という「美味しいとこ取り」のゲーム大会です。

重要な注意点として、一度でもそのゲームを遊んだことがある方は申し訳ありませんがご参加いただけません。「見たり聞いたりしてなんとなく面白そうだけど、遊んだことがなかったのでぜひ覚えてみたい。」という方のための会です。
手探りで攻略し合う「戦友」としての連帯感も生まれます。経験者が誤って参加されてしまうと会場内でたいへん気まずいと思われます。また、当日あまりに会の主旨に反すると思われる方はやむなく敗者確定や退席などの対応をすることもあります。十分ご注意ください。

その面白さが段階的に理解できるよう、すごろくやのノウハウを活かして、エクササイズやショートゲームなどの特別な構成で行ないます。「購入したのに遊び方が解らないまま通り過ぎてしまった」「面白いと聞いたのに面白さがいまひとつ解らなかった」といった方もぜひご参加ください。

未経験者同士、穏やかな雰囲気の中で遊びながらも、競技形式としていることで、適度な緊張感を持ってゲームの深みを試行錯誤しながら探る楽しさがあります。 優勝しても特段高価な賞品があるわけでもありませんので、初めて遊ぶ方同士で気遣いながら楽しく遊んでいただけます。

さらに、当日の参加者全員に「すごろくやでの『激突カップ ドンガラガッシャーン』購入時400円引き券」をお渡しします。もし、とても面白くて「もっと遊んでみたい!」という方は、この券でご購入いただき、家族やお友達と存分に楽しんでみてください。

【種目ゲーム:激突カップ ドンガラガッシャーン】

『激突カップ ドンガラガッシャーン』は、フェンスを組み合わせたコースやステージで、ひも弾きや反射を駆使して車を操作する、ドリフト競争やレースなどの3つの遊び方が楽しめるゲームです。

激突カップ ドンガラガッシャーン:遊戯中
⇒ゲーム紹介:激突カップ ドンガラガッシャーン / Crash Cup Karambolage

慎重にじっくりやるアクションゲームです。
ひもで弾いて車を操るのは、最初はかなり難しいですが、慣れるにつれて自在に操れるようになります。そうなってからがこのゲームの真骨頂です。どの遊び方にも用意された、リスクを冒してでもチャンスをものにする駆け引きにかなり熱くなるでしょう。

今回の大会では、ゲーム1→2を訓練として経たのち、ゲーム3の白熱のレースゲームで大会を行ないます。

先日のボードゲームイベントでの試遊では、参加したどの大人たちも、わあわあとうるさいくらいににぎわいました。大会ともなれば間違いなく盛り上がるタイトルです。

【催しの詳細】

開催日:
2015年 5月30日(土曜)
イベント名称:
覚えたてゲーム大会 第9回:激突カップ ドンガラガッシャーン
会場:
ボードゲームスペース「す箱」(JR高円寺駅すぐ目の前)
東京都杉並区高円寺南4-45-7壱番館4F (Google地図)
会場時間:
15:30
開催時間:
16:00〜19:00 (3時間。途中入場不可)
種目ゲーム:
激突カップ ドンガラガッシャーン / Crash Cup Karambolage
対象者:
種目ゲームの未経験者、最低限8歳
定員:
24名
参加費:
入場券前売り1,900円 / 当日券 2,300円
払い戻しは開催3日前まで可
飲み物:
自販機あり。持ち込み不可
特典:
当日参加者全員に、種目ゲーム購入時400円引き券
参加方法:
入場券を店頭、もしくは通信販売にてご購入ください。
すごろくやウェブサイト:取り扱いチケットリスト
主催:
すごろくや

参加申し込みは、前売り/当日の入場券のご購入にて承ります。確認/購入は下記のリンクボタンからどうぞ。
ご参加、お待ちしております!

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2015/05/10(日) 14:00:17|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

5/31(日) 「紙ペンゲーム活用講座」を開催します(5回目再講演)

5月31日(日曜)、東京・高円寺にて、実践型講座「紙ペンゲーム活用講座」の第5回目(再講演)を行ないます。
(「紙ペンゲーム」とは、何人か集まれば、紙やペンといった身の回りのものだけで特別な道具を使わずに遊べるゲームのことです。)

2014-11-09 紙ペン活用講座風景
第3回(2014年11月9日)の講座風景

主催:
スモール出版 & すごろくや
会場:
ボードゲームスペース「す箱」(JR高円寺駅すぐ目の前)
住所:
東京都杉並区高円寺南4-45-7 4F (すごろくや旧店舗)
開催日:
2015年5月31日(日曜)
入場:
13:30
講座:
14:00~16:30
講師:
丸田 康司 (すごろくや代表取締役)
受講料:
3,000円

すごろくやの書籍「大人が楽しい 紙ペンゲーム30選 (スモール出版発行)」に掲載されているゲームを使って、楽しませるコツや盛り上げ方、日常で応用するためのノウハウなどをお伝えします。「人にゲームを楽しんでもらうこと」に重点を置いた、ゲーム司会者を養成するための、ありそうでなかった実践型講座です。

いろんな人にゲームを楽しんでもらうにあたって、これさえやっておけばいいという「定番メニュー」は存在しません。ゲームを披露する対象について考察し、適切な振る舞い方に近づくための講座です。

内容は、2014年3月8日〜2015年1月31日に開催された第1〜4回目とほぼ同じものです。好評をいただいたため、第5回目の開催の運びとなりました。

  • 忘年会やクリスマス会など、会社・団体内の盛り上げ役を任される方
  • 教室内のアイスブレイクとして少し知的なゲームを導入してみたい教師・講師の方

…などなど、自宅・職場・学校・飲食店の会合で、ゲームを使って盛り上げたい方におすすめします。

申し込み・お問い合わせは、スモール出版さんの案内ページからどうぞ。前回のアンケート集計や感想コメントも掲載されています。

スモール出版:紙ペンゲーム活用講座 参加申し込みページ
http://www.small-light.com/books/workshop.html


  1. 2015/05/10(日) 01:09:38|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ひらがなセンテンス / HIRAGANA Sentence

文字の無作為行列から言葉を紡ぐ
ひらがなセンテンス / HIRAGANA Sentence
メーカー: YACO products (ヤコプロダクツ, 日本), 発行年: 2015年
作者: 矢野 由布子 (やの ゆうこ)
5才~大人, 2~10人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ひらがなセンテンス:箱

『ひらがなセンテンス』は、ひらがなカードによってランダムに配置された文字の行列の中から、ひと筆書きの要領でお題に沿った文章を紡いで楽しむゲームです。

ひらがなセンテンス:展示用写真

ひらがたセンテンス:かなカード

たくさんのひらがなカードを使って、山札からランダムに1枚ずつめくった文字を、各自、自分のシートのマス目にてきとうに書き込んでいきます。遊ぶには人数分のペンが必要です(写真のような色違いは必要ありません)。
ときどき、カードの指示で「シャッフル」が入るため、同じ文字が何度も出てくることもありえます。

マス目すべてが埋まったら、各自、ひと筆書きでマス目の縦・横・斜めの文字を拾いながら、今回のお題(ひみつ、りょうり、けしき、など)に沿った言葉や文章を紡いでいきましょう。

さあ全員で発表です。紡いだ文章とその背景をアピールしたのち、いちばん良いと思う人をせーの!で指差し、最多指示を集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: ランダム配置された文字から苦し紛れに紡ぎだす不思議な文章に盛り上がります。「ぬ」など、あまり使われない文字は一度しか出ず、よく使う文字はシャッフル指示によって何度も登場するあたりの気配りが光ります。気軽に言葉遊びで楽しむ、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/10(日) 00:53:52|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:激突カップ ドンガラガッシャーン / Crash Cup Karambolage

ひも弾きと反射で進むカーレース
激突カップ ドンガラガッシャーン / Crash Cup Karambolage
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Heinz Meister (ハインツ・マイスター, 代表作:『スティッキー』『金庫破りのジギ』など多数)
6才~大人, 2~4人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

激突カップ ドンガラガッシャーン:箱

『激突カップ ドンガラガッシャーン』は、フェンスを組み合わせたコースやステージで、ひも弾きや反射を駆使して車を操作する、ドリフト競争やレースなどの3つの遊び方が楽しめるゲームです。
1995年のドイツのキッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)を受賞した『ディスクショット / Karambolage』のレースゲーム追加版豪華リメイクです。

激突カップ ドンガラガッシャーン:遊戯中

専用の紐を使い、たわんだ状態を車(=ディスク駒)に合て、左右にいっきに引っ張ることで車を前方に弾くテクニックを競います。

激突カップ ドンガラガッシャーン:内容物

質のいい木製のジョイントや、1枚ずつ観客の絵が異なるフェンス、木製ディスク、色サイコロ、たくさんのチップなどなど豪華な内容物を組み合わせて、3つの遊び方ができるようになっています。

激突カップ ドンガラガッシャーン:ゲーム1&2セットアップ

ゲーム1とゲーム2は、広いステージを作って、その中で、色サイコロで指示された車をぶつけ合ったり、間をくぐらせたりして得点を競います。技術的な難しさももちろんありますが、どんどん仮の得点が高まる中で、失敗したら仮の得点がご破算になるリスクを冒しながら連続手番を行なうかどうかの判断が悩ましいところです。

激突カップ ドンガラガッシャーン:ゲーム3セットアップ

ゲーム3はレースゲームです。中央のフェンスの周囲をいち早く3周します。
ぶつけられることで互いの位置関係が変わっていったり、フェンス激突やテーブル落下によって故障→周頭に戻されるペナルティーを慎重に回避しながらも、〈ドリフトブロック〉と呼ばれる反射板をうまく活用することでいっきに現状を打破したりします。
また、落ちている〈パワーアップチップ〉に当てることで、故障修理や2連続弾きといった良い効果や、オイルスピンや故障などの悪い効果が発生したりします。ちょうどテレビゲームの『マリオカート』ようなドタバタレースが楽しめます。

ここがオススメ: ひもで弾いて車を操るのは、最初はかなり難しいですが、慣れるにつれて自在に操れるようになります。そうなってからがこのゲームの真骨頂です。どの遊び方にも用意された、リスクを冒してでもチャンスをものにする駆け引きにかなり熱くなるでしょう。
慎重にじっくりやるアクションゲームです。子供から大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/04(月) 02:10:41|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ダイスカンフー / Würfel Kung Fu

流派のダイス印を揃え組手に挑む
ダイスカンフー / Würfel Kung Fu
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Benjamin Schwer (ベンヤミン・シュヴェル)
6才~大人, 2~4人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ダイスカンフー:箱

『ダイスカンフー』は、次々現れるカンフー戦士を倒すため、4人の候補の流派と階級をよく思い出し、印サイコロを振り直しながら狙いを定めて印セットを揃えていくゲームです。

ダイスカンフー:展示用写真

大カンフー武闘会の始まりです。世界最強の戦士は誰なのでしょうか。対戦相手の流派と階級に応じて技を使い分け、相手をたくさん倒してその総合得点を競います。

まず、ランダムで4人のカンフー戦士候補がカードによって登場します。シンボルで示された炎・波・木の葉の〈流派〉と、シンボルの個数で示された弟子・師範・達人の〈階級〉があります。
この、戦士ごとの流派と階級を印サイコロによって揃えられれば、打ち負かすことができます。

ダイスカンフー:組手を意識したダイス選択

しかし、ゲームが始まると、これらのカードは伏せられ、戦士の流派や階級は確認できません。しっかりと覚えておかなければならないのです。
1人ずつ代わりばんこに、印サイコロ4個を一度に振り、出た印の傾向に応じて戦士候補に狙いを定めながら、シートのマス目に確定させるものを選んでは振り直していきます。運気を呼ぶ「龍」の印は、ジョーカーになったりしますので、うまく活用していきましょう。

4個ともシートに確定させたら、いよいよ対決です。確定させたシンボルと、おそらく合っているであろう選手カードをめくり、その結果を確認します。必要なシンボルが足りていれば打ち負かしたことになり、そのカードをもらえます。この、倒した戦士のシンボルの数が得点です。

こうして、戦士候補が補充されながらゲームを続けていき、誰かが4人目を打ち負かしたら終了の合図です。最終対決を行ない、総合得点がいちばん高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 印サイコロのままならなさによって、当初の狙いに方向転換を迫られます。すると、入れ替わっている戦士候補がほどよく分からなくなり、おかしな対戦相手を選んでしまったり、わずかにシンボルが足りなかったするドラマが生まれるのが楽しいゲームです。
大人は手軽に、子供はじっくりと集中しながら楽しめる、家族で遊ぶゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/04(月) 01:21:19|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ホラふきキング / Flunerkönig

鳴き声付き動物札重ねで嘘と告発
ホラふきキング / Flunkerkönig
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Anja Dreier-Brückner (アーニャ・ドライア=ブリュックナー) & Thomas Brückner(トーマス・ブリュックナー)
6才~大人, 2~5人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ホラふきキング:箱

『ホラふきキング』は、動物カードを1人1枚ずつ裏向きに重ねながら、鳴き声によって正しく動物の階級を吊り上げていると宣言していく中で、それを怪しんで告発しては真偽を確かめ、失点を押し付け合うゲームです。

王宮の中はいい加減なホラ話ばかり。人の話は鵜呑みにしないようにしつつ、自分は涼しい顔で人にホラ話を信じこませましょう。

ホラふきキング:カード

1人ずつ代わりばんこに、手札から動物カードを1枚、裏向きに出して中央に重ねながら、「ちゃんとその動物カードを出したんですよ」という意味で、その動物の鳴き声を、描かれている匹数の分だけ繰り返します。
「コケコッコー!」「ニャー! ニャー!」「モウ! モウ! モウ!」といった具合です。

ただし、動物なら何でも出せるわけではありません。彼らには大きさに基いた階級が設定されており、〈階級が上がる〉か〈階級が同じなら匹数が増える〉ような動物カードしか出せません。また、特別なカードとして、動物の階級をリセットする〈ジョーカー〉もありますが、ほんのわずかしか存在しません。
このため、重なりが進んでいくと、いくら毎回補充するといっても、吊り上げられるようなカードが手札には存在しなくなります。

そこでホラふきです。いかにも「ちゃんとその動物カードを持っていて出したんですよ」という涼しい顔で、階級がより高まるような動物の鳴き声を言います。
これで次の人がうまく「本当かもしれない」と思ってくれればいいのですが、「そんな都合よくあるわけないだろう」と怪しまれると、「このホラふきめ!」と告発を受けてしまいます。真偽を確かめ、正しくないほうの人が失点マーカーをもらわなければなりません。

こうして、また新たな重なりを始めて…とゲームを続けていき、失点マーカーのストックが尽きたらゲーム終了。いちばん失点が少ない人が勝ちです。

ここがオススメ: 誰しもが苦しい状況になりながらも、ここぞというところで「本当」を仕込んで盛り上がるのが楽しいゲームです。我慢比べの序列は数値ではなく〈動物の大きさ〉という曖昧なもので、かつ鳴き声で表現しなければならないため、つい「えーっと何を言えばいいんだ…?」と考えてしまってボロが出てしまい、見抜かれてしまいがちなのが面白いところです。 手軽に心理の駆け引きを楽しめる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2015/05/04(月) 00:43:07|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁