高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:リカーーーリング / ReCURRRing

常に取替えて数札が巡る我慢比べ
リカーーーリング / ReCURRRing
発行元: 賽苑(さいえん, 日本), 発行年: 2016年
8才~大人, 3~5人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

リカーーーリング:箱

『リカーーーリング』は、場の〈より小さな同値揃いで枚数が多い数札〉の組み合わせを、より強いものを出しながら交換・回収し、他全員がそれ以上更新できないような組み合わせを出して得点できるように、意図的に手札内容を整えていくカードゲームです。

リカーーーリング:展示用写真

中央の1ヶ所に、最初の1枚から始めて、1人ずつ代わりばんこに、より強い数字カードを出しては、元あったカードを手札に引き取る、という交換を繰り返していきます。より「強い」とは、同値揃いで枚数を1枚多くするか、同じ枚数ならその値をより小さくするか、を指します。

もし出せない、または出したくないときには、今回のラウンドからの脱落を宣言します。
場に出されるカードはどんどん枚数が増えていきます。しかし、カードはそもそも1なら1枚、2なら2枚、…と、数字が示す枚数分しかありませんので、いつかは〈最強〉が現れます。それを出した本人が〈枚数得点〉としてそのカードを受け取り、手元に貯えます。

これを1ラウンドとして繰り返していきますが、次のような駆け引き要素が頭を悩ませるでしょう。

  • 狙いを定めて同値カードを手札にたくさん集めた上で出したい。
  • できれば、5なら5枚など、もっとも効率が良い、数値分の枚数で上がりたい。
  • たくさん集まっていない中途半端な状態では放出したくない、とはいえ降りたくもない。
  • 得点化されたカードはもう巡ってこないため、例えば2枚だけある9などはほぼ役に立たない。
  • 〈R〉という、〈9〉よりも弱いが枚数が10枚以上あるカードが存在するが、先に手札を無くした1人を除いて得点にはならない。
  • カードが交換されて巡るたびに「誰が何を持っているか」が判る。

こうしてゲームを続けていき、誰かが手札を無くしたラウンドでゲーム終了。その人だけが〈R〉カードを枚数得点に数えられ、いちばん得点として貯えた枚数が多い人が勝ちです。

ここがオススメ: 初めて遊ぶと雲を掴むような感覚ですが、交換で巡ることで各自の手札内容が判ってくると、頭の中で「何を出すとその後どう動く」が見えるようになってきます。鋭い駆け引きを好む大人向けとしてたいへんおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/31(火) 22:12:56|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:パフューマー(調香師) / The Perfumer

特殊芳香札を嗅ぎ分け香水を調合
パフューマー(調香師) / The Perfumer
メーカー: BigFun (ビッグファン, 台湾), 発行年: 2016年
作者: Chu-Lan Kao (チュンラン・カオ)
12才~大人, 2~5人用, 所要60〜90分, ルール難度:★★☆ (2.5)

パフューマー(調香師):箱

『パフューマー(調香師)』は、芳香植物産地のコマ移動で情報を集めつつ、ラベンダーやライムなどの「香る」特殊なカードを実際に匂うことで7種類の芳香と色の割り当てを特定し、各自個別の香水を調合するゲームです。

パフューマー(調香師):展示用写真

ユニークな、「匂いを嗅いで判断する」ボードゲームです。ラベンダーやライム、ローズ、シナモンなど、実際に香りを発する7種類の芳香原料植物のカードが2枚ずつあり、その1枚ずつは裏にしてランダムに色ケースに入っていて、もう1枚ずつはボード上の対応する産地に置かれます。

パフューマー(調香師):近影

1人ずつ代わりばんこに、ボード上でコマを動かして産地を巡り、そこの芳香カードと任意の色ケースを手に入れ、くんくんと匂って香りを確認します。

芳香カードの香りは、特殊な印刷によってカード裏面に塗布されています(写真の薄黄色の部分)。もし香りが弱くなってきたら軽くこすると復活し、最低でも2年間持続します。また、7種類の芳香ごとに予備の1枚ずつが同封されています。

コマ移動と香りの確認を繰り返すことで、各自どの色ケースがどの色かを特定していくのですが、自分の番で2枚とも入れ替えながら匂いを確認するため、驚くほど判らなくなってしまいます。

というのも、どの芳香の中にもさまざまな成分が存在します。このため、ある芳香の「特徴的」だと思った成分を、他の芳香の中に少しでも感じてしまうと、途端に混乱をきたすのです。確認のために何度も同じ芳香を確かめたくなるでしょう。

もし色ケースの芳香種類に自信が持てたら、その色のピペットを自分の香水調合に必要な場所に割り当て、確定させていきます。

またそれ以外にも、産地の移動で集めた材料を組み合わせ、商品化して得点したり、助手の特殊なボーナス能力をうまく活用していきましょう。

こうしてゲームを続けていき、商品化タイルが尽きるとゲーム終了、色ケースの中身を確かめて、正しいピペットを割り当てて完成した香水には高得点が与えられ、合計得点がもっとも高い人が勝ちです。

慣れてきてもっとじっくり遊びたい方のために、少しルールを加えて長めに遊ぶ上級ルールもあります。

ここがオススメ: 本物の〈香り〉という曖昧な判断基準がゆえに、正確に記憶に留めておくことができないまま「何となく」確定しなければならないもどかしさが楽しいゲームです。単純にいくつかの香りを比べ続けるのではなく、手番から手番の間に2枚だけしか確認できず、しかもコマ移動での材料収集の効率化などを考える必要があるために、香りの記憶をほどよく忘れて判らなくなる点がポイントです。たいてい「おかしいぞ、同じ香りが3枚ある…?」といった混乱をきたして盛り上がります。
このゲームならではの体験が新しい、じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

日本語版:

パフューマー(調香師):日本語説明書など

英語版仕様のパッケージに、日本語で記された説明書と行動まとめのスタンド、助手能力のまとめなどが同梱されています。英語の説明書などは入っていません。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/29(日) 11:56:11|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:スパイフォール / Spyfall

質問重ね"状況知らず"を炙り出す
スパイフォール / Spyfall
メーカー: Hobby World (ホビーワールド, ロシア), 発行年: 2014年
国内版発売元: ヘムズユニバーサルゲームズ, 国内版発行年: 2016年
作者: Alexander Ushan (代表作:アレクサンダー・ウスハン)
13才~大人, 3~8人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2016年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
スパイフォール(日本語版第二版):箱

『スパイフォール』は、他全員が知っているのに、秘密裏に割り当てられるスパイ役の1人だけが知らされていない「カジノ」「飛行場」などの〈今回の場所〉について、全員で指名形式の質問をしながらそのスパイをあぶり出そうとするゲームです。

スパイフォール(日本語版):展示用写真

毎回、ゲームを遊ぶたびに、「カジノ」や「飛行場」など、同じ〈場所〉カードが束になって分けられているチャック袋30個の中から、ランダムで1つだけを選び、表側を見ないようにして各自に1枚ずつ配ります。

スパイフォール(日本語版):カード束

全員に同じ場所のカードが配られているかと思いきや、あらかじめ1枚だけ混ぜられている〈スパイ〉カードを受け取ってしまった人だけは、今回のお題である〈場所〉が判りません。

さあ、全員でこの〈お題知らず〉のスパイをあぶり出していきましょう。
1人ずつ、自分の番が来たときに怪しいと思う人を指名し、この場所についての質問をします。例えば、「ここに始めて行ったのはいつごろかな?」「ここで使うお金ってどのくらい?」といった具合です。

スパイフォール(日本語版):状況群

これらの質問内容や、質問の答えによっては、スパイにお題の場所を悟らせてしまうかもしれません。自分はちゃんとお題を知っていることを伝えつつ、スパイにはお題を悟らせないような質問や回答を心掛けましょう。
お題の場所にそぐわないようなおかしなことを言った人には、より多くの質問が浴びせられるかもしれません。

こうして、制限時間内で質問と回答を続けていきながら、途中で1人1回のチャンスを使って疑わしい人を指名して票を集め、もし全票一致だったら、その疑われた人の真偽を確かめる勝負に出ます。さて、その人は本当にスパイだったのでしょうか…?

慣れてきたら、うまく勝った陣営に入る得点をゲームを繰り返すたびに累計していって個人得点を競ってみたり、各お題カードに個別に記されている〈役割〉を演じることで、さらに深みのある質問と回答が楽しめるでしょう。

ここがオススメ: 「お題を知っている人には解る」ギリギリの線での質問や回答の妙が楽しいゲームです。 お題を知らされていないスパイ役は、他の人たちがやりとりする質問と回答をヒントに、うまく口裏を合わせなければなりません。かなりハードです。顔が硬ばって冷や汗が出そうになります。また、各自、少しずつお題に対する知識や感じ方の個人差があるため、誰もが怪しく思えてとても盛り上がります。
手軽に楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

第二版(2017年3月発売)の変更点:

  • パッケージのデザインが変更されました。
  • チャック袋とカードの強度が上がりました。
  • ロケーションカード「ガソリンスタンド」の名称が「自動車修理場」に変更されました。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/17(火) 22:00:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

すごろくやゲーム大賞2016発表:コードネーム

「すごろくやゲーム大賞2016」の発表です。

すごろくやゲーム大賞2016ロゴ

「すごろくやゲーム大賞」は、2005年の開業準備の段階から毎年選んでおり、当初はお店でお客さんに「実は昨年度のすごろくや大賞はこれなんですよ」といった形式でお伝えしていました。書籍『ボードゲームカタログ 201』にも掲載しています。

大賞の選考基準は、次のような4つの柱を軸とし、お店での紹介やゲーム会、イベントなどで実際にいろんな方に遊んでいただいた経験を基にして独自に選んでいます。

  • すごろくやで取り扱いがある(あった)。
  • より多くの人が楽しめる大衆性がある。
  • 面白さにゲーム作りを牽引するような新しさや独自性がある。
  • 商品として成り立っており、その位置付けに新しさがある。

遊ぶ人を選ぶような、難しい手順を踏むようなゲームであっても、突出した面白さや新しさを優先することもあります。

これまでの受賞タイトルは次のようなものでした。

昨年2016年の、すごろくやが選ぶベストゲーム「すごろくやゲーム大賞2016」は、『コードネーム / Codenames (発行元:チェコ共和国 Czech Games Edition社 / 国内発売元:ホビージャパン)』です!

コードネーム(日本語版):箱

『コードネーム』は、全員が2チームに分かれ、それぞれのリーダーが、場のカード25枚の名詞群から特定のものだけを一度により多くチームメイトに当てさせるべく、その当ててほしい何枚かに共通する連想ヒントを捻り出して伝えるゲームです。

コードネーム(日本語版):展示用写真

語彙の豊富さや、他者の心情・理解度への洞察を必要とすることから、最低14才と対象年齢のハードルは高いものの、ルールはシンプルで、似たような言葉の中から一部だけを連想させるための「言葉を濾過する言葉」が悩ましい、抽象思考を遺憾なく発揮できる新しい仕組みを設けている点、そして、対象人数の幅は2〜8人と広く、例えうまくいってもいかなくても盛り上がり、何度もいろんな人とチーム構成を変えながら、ぜひヒントを出すリーダーをやってみたい!と思わせる、「繰り返し遊びたい欲」を発揮させる点を評価し、大賞とさせていただきました。

残念ながら、2017年1月15日現在は品切れとなっています。春ごろの再入荷を予定しています。

ヒントで25語内の部分集合を導く

コードネーム (日本語版) / Codenames

14才以上,2〜8人用, 所要15分 , 解読難度:★★ 確認/購入

なお、次選(最終候補3タイトルと準候補18タイトル)は次のようになっています。

【 最終候補 】

協力し賽の印で食材升目を埋める

マウスマウス(ムムムッ!) / Mmm!

5才以上,2〜4人用, 所要15分 , 解読難度:★☆ 確認/購入

ルール補足付き

交換/強奪有りの悪賢い遺品競売

リッチモンド貴婦人 / Lady Richmond: Ein erzocktes Erbe

8才以上,2〜5人用, 所要30分 , 解読難度:★★ 確認/購入

質問重ね"状況知らず"を炙り出す

スパイフォール / Spyfall

13才以上,3〜8人用, 所要15分 , 解読難度:★☆ 確認/購入


この記事には続きがあります。【全文を表示する】

  1. 2017/01/16(月) 21:51:54|
  2. お店のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:コードネーム / Codenames

ヒントで25語内の部分集合を導く
コードネーム / Codenames
メーカー: Czech Games Edition (チェコゲームズ, チェコ共和国), 発行年: 2015年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2016年
作者: Vlaada Chvátil (ヴラーダ・フヴァチル, 代表作:『スルー・ジ・エイジズ』『ギャラクシートラッカー』など多数)
14才~大人, 2~8人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2016年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
大賞受賞
ドイツ 2016年
ファン投票賞 (Deutscher Spiele Preis)
第2位
すごろくやゲーム大賞ロゴ すごろくやゲーム大賞
2016年 大賞受賞
コードネーム(日本語版):箱

『コードネーム』は、赤青のスパイ2チームに分かれ、各リーダーが、分布図に基いて場の25語内の自チームのスパイ達を一度により多くチームメイトに当てさせるべく、連想ヒント1語を捻り出して伝えるゲームです。

コードネーム(日本語版):展示用写真

赤スパイと青スパイの2チームに分かれて戦います。

各チームから「スパイマスター」と呼ばれるリーダー1人ずつを選び、この2人だけが自立型の「スパイ分布」カードを見られる位置につきます。

この、毎回ランダムで選ばれる「スパイ分布」カードには、場に5×5のマス状にカードで用意された、暗号(コードネーム)で表わされた25人のスパイそれぞれについて〈赤青どちらのチームか〉という区別が示されています。

コードネーム(日本語版):セットアップ後

写真でいうと、コードネーム「エンジン」や「ピアノ」は赤スパイですし、コードネーム「サメ」や「救急車」は青スパイです。

リーダーは、この「スパイ分布」に従って、連想ヒントで自チームのコードネームをメンバーに当てさせ、相手チームよりも先に自チームのスパイを全員特定させることを目指します。

チーム交互に番が回ってきます。リーダーは、25個のコードネームをよく見た上で、「これしか該当しないはず」のつもりで、「演奏会」などの連想ヒントを〈ひとこと〉で出し、メンバーに当ててもらいます。

その連想ヒントを聞いたメンバーが指したカードが、もし自チームのものなら、自チームの色タイルがそこに被せられます。しかし、それが〈ただの一般人〉だったり、さらには相手チームのものだったりすると、貴重な機会を使ったのにも拘らず、相手を有利にしてしまいます。

そして、特に気を付けなければならないことが2つあります。

1つは〈暗殺者〉です。
暗殺者は、スパイ分布カード上で〈黒い×〉で示されており(写真では「タイ」)、このコードネームを連想させてしまうと、問答無用でそのチームは負けになってします。

もう1つは、「タカで、2枚。」というように、複数を当てられるような連想ヒントとその枚数を示せることです。 これにより「1枚ずつ確実に当てていけばいいさ。」が通用しません。とはいえ、複数当てを狙ったために、連想当てがズレてしまい、暗殺者や相手チームのスパイを当てさせてしまうようなことは避けなければなりません。

この、「特定のものは除外した上で複数の言葉を当てられるような連想ヒントの捻り出し」がこのゲームのいちばんの魅力です。

こうして、交互に番を行なっていきながらゲームを続けていき、いち早く自チームのスパイを全員特定、つまり、自チームの色タイルをすべて使いきったチームが勝ちです。

ここがオススメ: シンプルなルールで、大人ならではの語彙を活かし、うまく当てさせるための連想ヒントを捻り出したり、思いもよらないような連想で盛り上がったりするのが楽しいゲームです。特定の言葉には該当しないような複数の連想ヒントを捻り出すのはかなり難しく、それゆえにうまく当ててもらったときの嬉しさはひとしおです。
短時間でじっくり楽しめつつも盛り上がる、大人向けとして超おすすめのゲームです。

言葉の代わりにイラストカードで遊ぶ、姉妹品の『コードネーム・ピクチャーズ』もあります。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/16(月) 21:51:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

2/19 ゲストMC企画イベント:アナログゲーム療育講座 ~就労訓練編〜

さまざまなゲストをお迎えして企画イベントを行なっていただいている、すごろくやの「ゲストMC企画イベント」シリーズ

(リンク⇒ブログ記事:「ゲストMC企画イベント」シリーズを始めます)

今回は、療育アドバイザーの松本太一(たいち)さんによる、「アナログゲームによる療育講座」の、初講演となる「就労訓練編」を開催いたします。

発達障害のある成人と関わる支援者の方を対象とした講座です。アナログゲームを使い、楽しみながら就職に必要なコミュニケーション能力を身につける方法をご紹介します。
発達障害のある中高生と関わる方、一般の就職支援や人事研修に関わる方にもお役立ていただける内容です。

【 講座内容 】

  • レクチャー:就労支援の現場から見えてきた課題や、現代社会で求められる「臨機応変なコミュニケーション力」を身につけるためのノウハウをお伝えします。
  • ゲーム体験:「周りをみて動く」「見通しをもって行動する」など、就職に役立つコミュニケーションスキルを身につけられるゲームを実際に遊んで体験します。
  • 質疑応答:参加者の方からの疑問にお答えします。

2016-06-19-松本さん療育講座3-講演風景
2016年6月19日 松本さんの療育講座の様子

【 企画MC:松本太一さんからのメッセージ 】

2016-05-15 講演中の松本さん-w400

こんにちは! アナログゲーム療育アドバイザーの松本 太一(たいち)です。

今回の講座は、私が以前、精神/発達障害のある人の就労支援に仕事をしていたときの経験がベースになっています。

企業が求めるのは多様化・複雑化する業務内容に対応できる「臨機応変なコミュニケーション力」。 発達障害のある人にとっては難しい課題ですが、複数の施設でアナログゲームを使った就労訓練を行う中で、それぞれの人にあわせてコミュニケーション力の成長を促せることがわかってきました。

今回はそのノウハウを惜しみなくお伝えします。

リンク⇒松本太一さんのウェブサイト「アナログ療育のススメ」

【 イベント詳細情報 】

名称:
ゲストMC企画イベント:松本太一さん 「アナログゲーム療育講座 ~就労訓練編~」
日にち:
2017年2月19日(日曜)
時間:
14:00~17:00(3時間)
会場:
ボードゲームスペース「す箱」 (JR高円寺駅から徒歩4分)
東京都杉並区高円寺北2-18-7千恵ビル4階
すごろくやとす箱(新館)地図
対象:
  • 発達障害のある中高生~成人と関わる施設で働く方
  • 就労移行支援・生活訓練施設の職員の方
  • 放課後等デイサービスで中高生と関わる方
  • 特別支援教育に関わる教員の方
  • 心理職の方
  • 一般の就職支援や人事研修に関わる方
入場受付:
13:30〜
開始時間:
14:00 (5分前までにはお越しください)
飲み物:
会場内に自動販売機(100円〜)あり。会場内の飲用はペットボトルなどのフタ付き飲料に限ります。
参加費:
前売3,000円/当日4,000円
定員:
30名
申し込み方法:
予約制です。参加予約チケット(ペーパーレス)を店頭、もしくは通信販売にてご購入ください。
すごろくや取り扱いリスト:イベント参加予約
払い戻し:
開催3日前まで受け付けます。
会場撮影:
開催中、カメラマンが撮影を行ない、講義告知に有用な映像を開催後のリポートなどで一部公開します。もし不都合がある方は事前にお申し出ください。
主催:
すごろくや/松本太一

参加申し込みは、ペーパーレスチケットのご購入にて承ります。紙チケットの発券は行ないませんのでご注意ください。確認/購入は下記のリンクボタンからどうぞ。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/08(日) 20:16:24|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:カルバ拡張チップセット

全員で同じ道タイルを置き、森林経路を形成する、幅広い人気のボードゲーム『カルバ』。 この『カルバ』に追加して、便利に、そして少し新しい遊び方ができる『拡張チップセット』のご紹介です。

カルバ:追加チップセット

この拡張チップセットは、番号1〜36と?マークのチップ40枚で構成されています。

ゲーム中、1人ずつ代わりばんこにランダムにめくることで、番号が出てきたら対応するタイルを全員が置きます。
一方もし「?」マークが出たら、〈めくった人が意図的に選んだ番号タイル〉を全員が置きます。

この「?」マークは全4枚あるため、通常よりも「引きの運」に依存するような状態が作りやすくなっています。新たに新鮮な気持ちで遊べることでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/01/07(土) 15:55:42|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁