高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:リフフート / Riff Route

迫る猛魚を避け自魚を升目右端へ
リフルート / Riff Route
メーカー: LOGiS(ロジス, リトアニア), 発行年: 2016年
作者: Arpad Fritsche (アルパッド・フリッシェ)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

リフルート:箱

『リフルート』は、マス目の海中を舞台に魚たちを進め、自色の魚を右端のサンゴ礁にいち早く辿り着かせるべく、サイコロの指示に応じて人の魚を動かしたり、猛魚たちを動かして人の魚を食べさせたりする熾烈な生き残り競争ゲームです。

リフルート:展示用写真

マス目の海中ボードが舞台で、左端列が自色の小魚のスタート地点、右端の列が目的地のサンゴ礁入口です。その入口には獰猛なモンスターフィッシュたちが小魚を狙っています。

1人ずつ代わりばんこに、特殊な魚サイコロを2個振っては、出た面の魚を1マスずつ動かしていきます。モンスターフィッシュなら左か上下へ、小魚なら右か上下へ、といった具合です。

各自の目的は、ライバルたちの小魚をモンスターフィッシュに食べさせて自色の小魚だけを生き残らせるか、いち早く右端のサンゴ礁に辿り着くことです。

自分の小魚をさっさと進めてしまいたいところですが、サイコロの小魚は、出た色に応じたものしか動かせません。ほとんどの場合は、モンスターフィッシュか、他の人の小魚を動かすことになるのです。このため、全員でこぞって「人の小魚とモンスターフィッシュを近づける」ような、えげつない〈誘導合戦〉が行なわれます。

例えときどきでも、自分の小魚が動かせるならラッキーです。モンスターフィッシュの隙間を縫って急いで通り抜けましょう! でも、ライバルたちはそれを許してはくれないはずです。

こうしてゲームを続けていき、自色の小魚が1匹でもいいので右端のサンゴ礁に辿り着くか、または自色の小魚だけが生き残った人が勝ちです。

各自の小魚やモンスターフィッシュは、写真のもの以外にも用意されており、使う魚を増減させることで難易度と所要時間の調整ができるようになっています。

ここがオススメ: 「動かすならそっちそっち!」「ちょっと、そのデカいのをこっちに寄せないでよ!」など、全員で自分以外を邪魔しようとする押し付けあいが楽しく盛り上がるゲームです。現状の配置を考えて、多少のリスクがあっても抜け道を確保したり、ライバルの小魚を隠れ蓑にして自分の小魚を温存したりと、作戦が立てられるのがポイントです。
子どもはじっくり、大人は気軽に、と、幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/03/02(木) 15:28:55|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クイビット! / Quibbit!

歩数札を保つ蛙の脱落円環レース
クイビット! / Quibbit!
メーカー: LOGIS(ロジス, リトアニア), 発行年: 2016年
作者: Dennis Kirps(デニス・キープス) & Gunter Burkhard(ギュンター・ブルクハルト)
7才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

クイビット!:箱

『クイビット!』は、睡蓮の円環マスを舞台に、進める歩数カードを同時に表明しては自色のカエルを動かし、自色マスに着地できないと使用カードを没収されるという過酷な条件の元、最後の生き残りを目指す脱落式レースゲームです。

クイビット!:展示用写真

睡蓮の葉っぱや花の円環マスをコースに展開される、カエルたちの脱落式レースです。

毎回、各自が〈自色のカエルを、自色の葉っぱか花に着地するように進める歩数〉を狙って、手札の1〜5の番号カードから選んだ1枚を全員同時に表明します。

〈番号がより小さく〉て〈王冠カエルを先頭に、より後方にいる〉人から順番に、出した歩数通りに自分のカエルを進めていきます。 ただし、進む歩数は、カエルがいるマスは飛び越え、空いているマスしか数えないため、動かす順番によっては位置関係がズレて想定していたところに着地しないかもしれません。

もしうまく自色の葉っぱや花に着地できれば、今回自分が出した番号カードを回収できますが、もし着地できないと、捨て札にさせられてしまいます。つまり、うまく選ばないと、手札という選択肢そのものが徐々に削られてしまいます。さらには手札が尽きると〈脱落〉です。

こうしてゲームを続けていき、1匹だけ生き残るか、最後尾に追い付いたカエルの持ち主が勝ちです。

ここがオススメ: 大胆なデフォルメが可愛らしいカエルコマなどの内容物とはうらはらに、選択肢が削られるという過酷な条件の元、「自分のカエルがどこに行きたいか」「だとすると歩数はいくつか」「その歩数だと何番目の移動になりそうか」「うわだめだアイツがあそこを狙ってくるはずだからズレる…、いや待てよ…」と、各自の狙いがほどほどに解るがゆえに、読み合いがたいへんアツく盛り上がるゲームです。 安全に回収できるように進めてばかりではなく、時には予想外の仕込みでライバルたちを混乱におとしいれましょう。
短時間でじっくりと駆け引きを楽しめる大人向けとして超おすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/03/02(木) 15:28:45|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:いろどりシティ / Multi City

敷地を繋げ色を跨いで町並を作る
いろどりシティ / Multi City
メーカー: LOGIS(ロジス, リトアニア), 発行年: 2016年
作者: Jean-Claude Pellin (ジーン・クラウデ・ペリン) & Steve Brück (スティーブ・ブリュック)
5才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★ (1)

いろどりシティ:箱

『いろどりシティ』は、敷地カードを場につなげていきながら、自分の色の街コマを〈両端が同じ色のマスを抑えるように〉置くことで、いち早く手持ちの街コマをすべて置ききることを目指すゲームです。

いろどりシティ:近影

1人ずつ代わりばんこに、〈敷地カードをめくってつなげる〉か〈自分の街コマを置く〉かをしていき、いち早く手持ちの街コマ6個を無くすことを目指します。

いろどりシティ:展示用写真

各自の街コマは色で分けられていて、住民や自動車、樹木など絵柄も異なります。これらがどんどん置かれていくと、カラフルで素敵な町並ができていきます。

自分の街コマを置くには、コマのマス数(2〜6個分)が収まる敷地で、かつ両端が自分の色と同じところでなければなりません。また、工事中マークの上にも置けません。このため、めくった敷地カードの置こうとするたびに、そのマス色の構成に応じて、どこに、どの向きでつなげるかに頭を悩ませるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、いち早く手持ちの街コマ6個をすべて無くせた人が勝ちです。

ここがオススメ: とても可愛いイラストのカラフルな街並ができていくのが楽しくて、シンプルなルールながらも、手持ちコマのマス数違い(2〜6個)を考えて、どれから置くのを狙うか、ライバルたちにとっておいしい踏み台にならないような敷地の置き方はどれか、意外に頭を使うゲームです。
子どもも大人も、短時間でじっくり集中して楽しめる、幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/03/02(木) 15:28:37|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁