高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:酒魅人(しゅみじん)

良質素材を揃え日本酒の出来競う
酒魅人(しゅみじん)
発行元: スーパーナンバーワンゲームス (日本), 発行年: 2017年
作者: 由利 真珠郎 (ゆり しんじゅろう)
20才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

酒魅人:箱

『酒魅人』は、オリジナル日本酒を造って広めるための酒米・種麹選びから名前決め、宣伝などの8行程に対して、提示された選択要素とライバルの動向を鑑みて、行程ごとの注力優先度を割り当て、出来上がった日本酒の評価点を競うゲームです。

酒魅人:完成酒サンプル

1年ごとに1本の日本酒を造り、計3本の出来栄えの評価合計で競います。

毎年、酒米・種麹選びから名前決め、宣伝などの8行程の要素に対して、良い要素タイルや悪い要素タイルなどがランダムで並びます。

酒魅人:展示用写真

各自、組み合わせの善し悪しを考えつつ、各行程において欲しい要素タイルの優先度を見定め、ライバルとの凌ぎ合いも考慮しつつ、[一]〜[七]の〈注力値タイル〉を配置していきます。結果、各行程において、より大きい値の〈注力値タイル〉を置いている人から優先的にタイルを選んで獲得してきます。

全8行程が済み、各要素タイルを組み合わせ、完成したものが自分の日本酒として評価対象となります。 ときには〈熟成〉によって寝かせる必要もあるでしょう。

これを3年分繰り返し、完成した3本の総合評価がもっとも高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 日本酒造りの複雑な行程を学べるゲームです。選択具合によってどうしようもないお酒になることも。遊んだ後には、いっぱしの日本酒通になったつもりで、日本酒を見ると瓶のラベルをまじまじと見たくなるでしょう。
じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/29(金) 18:00:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:マジックメイズ / Magic Maze

無言で協力し迷路の4色駒を脱出
マジックメイズ / Magic Maze
メーカー: Sit Down!(シットダウン, ベルギー), 発行年: 2017年
国内版発売元: ヘムズユニバーサルゲームズ, 国内版発行年: 2017年
作者: Kasper Lapp (キャスパー・ラップ)
8才~大人, 2~7人用, 所要3〜15分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2017年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)
すごろくやゲーム大賞ロゴ すごろくやゲーム大賞
2017年 大賞受賞
マジックメイズ:箱

『マジックメイズ』は、全員の共有物である勇者たち4色コマを、デパートを模したマス目の迷路から制限時間内に脱出させるため、1人1人に割り当てられた〈→東担当〉〈↓南担当〉といったコマの移動方向縛りの役割分担と連携で、全員いっせいに無言でコマを動かすゲームです。

マジックメイズ:展示用写真

ここがオススメ: 駒が迷路上のあちこちに4体もいるのでつい見落としが発生し、誰かのせいで重要な局面が止まってしまうもどかしさが楽しめます。唯一主張ができる〈あなたの行動待ち!〉を示すマーカーが目の前に置かれるととても動揺します。〈役割担当を左に回せ!〉〈監視カメラをまず止めろ!〉など、徐々に難易度が上がる章立てになっていて、何度もやりごたえがある点もポイントです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとして超おすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/22(金) 19:55:49|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:チューリップ・バブル / Tulip Bubble

暴落時期を鑑み球根種売買で稼ぐ
チューリップバブル(第三版) / Tulip Bubble
発行元: ぐうのね (日本), 発行年: 2016年(初版2015年)
作者: 紅陽 (こうよう)
10才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

チューリップ・バブル:箱

『チューリップ・バブル』は、各自チューリップの投機家となって、徐々に高騰する6品種×赤白黄色の花球根の値動きと入荷状況、愛好家の需要などを見定めつつ、安く購入し高く売ることでバブル崩壊時までに収益を競う、オランダでの史実を題材にしたゲームです。

チューリップ・バブル:近影

17世紀のオランダで実際に起こった、チューリップ球根の価格が異常に高騰して突然下降した(泡=バブルのように弾けた)ために経済に大打撃を与えた社会事件をテーマにしています。

全員、チューリップの花球根でひと儲けしようと目論む投機家となって、毎ラウンド市場に並ぶ6品種×3色(赤白黄)のチューリップカードを購入したり、売却したりします。

チューリップ・バブル:展示用写真

毎ラウンドが終了する度に、市場に少なくなっている(=より買われた)色の花は価値が高まり、余り気味な色のは価値が下がります。 さらに、毎ラウンドめくられる〈相場変動カード〉によって、意外な色種が上下します。 今何が安く買えて、次に何が高まるのかを予想したり操作したりすることで、うまく高値で売却して利益を稼いでいきましょう。

また、特定の品種や色の組み合わせでチューリップを欲しがっているマニアたちのリクエストも提示されています。 もし彼らのリクエストを満たせれば大きな利益となりますので、どの組み合わせが効率的か、や、次回ラウンドの入荷予定にも目を配る必要があります。

このため、市場での品種購入ではライバルと希望が被りがちになります。 希望が被った場合には競りが発生します。ただし、ゲームを通して所持金は常にギリギリであることや、落札したときに競り値を釣り上げた分はライバルに分配されてしまうため、むしろ手番順の優先度を活かして絶妙な初値を設定することが重要になります。

こうしてゲームを続けていき、相場変動カードの終盤でランダムな「バブル崩壊」が現れたときに所持金額が一番高いか、バブル崩壊までに異常に高価な「伝説の黒いチューリップ」を購入できた人が勝ちです。

ここがオススメ: 常にジリ貧の状態で、ときには借金をしながら売却と購入を繰り返し、少しずつ利益が出て資産が拡大する喜びが楽しめるゲームです。相場変動カードによってかなり展開が異なりますので、何度も遊びごたえがあります。
じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。美しいイラストのチューリップカードやチューリップ型のコマなど、豪華なコンポーネントも魅力です。

台湾版(2017年発行) オリジナルの日本版は生産終了とのことで、2018年4月から台湾 Moaideas Game Design社版を取り扱っています。
内容物にほとんど違いはありませんが、チューリップ駒の形状が変更されていることと、競りのルールに少し調整が加わって改善されていることが特徴です。 丁寧な日本語ルールが同封されていますし、ボードやカードなど、内容物に記されている言葉は英語と中国語だとしてもゲームを遊ぶ上ではそれほど重要ではありませんのでご安心ください。

チューリップバブル(台湾版):展示用写真

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/20(水) 20:36:30|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

10/9(月祝) 世話焼きMCニシヤマの縁結びボードゲーム会 第6回

毎回満席で大好評の、ニシヤマ エリカさん司会進行による「世話焼きMCニシヤマの縁結びボードゲーム会」の第5回を、10月9日(月曜祝日) 16時から開催します!

2017-06-11 縁結びゲーム会説明風景-w1070

【 25歳以上の独身男女向け 】

イベント司会やナレーションのプロでもあり、大手結婚相談所で婚活パーティの司会をされてきた、いわば「縁結びのプロ」であるニシヤマさんに、多種多様な趣味を持つ独身の男性・女性向けとして、楽しいボードゲームやカードゲームを活用した「縁結び会」を開催していただきます。

すぐに遊べて、誰でも打ち解けられるように厳選したボードゲーム・カードゲームを気軽に楽しみながら、「もしいい感じの人がいたら連絡から取り合ってみてもいいな…」という独身25歳以上の男性、女性の参加者を大募集します。

「人と話すのが苦手……」というシャイなお兄さんも、「この手のイベントに参加したことないので不安……」という心配症なお姉さんも、「世話焼き」としてベテランMCのニシヤマさんがバッチリフォローしますので、 どうぞご安心ください。

とはいえ、このイベントはいわゆる「婚活パーティ」や「お見合い」ほど肩肘張った会ではありませんし、カップルを無理矢理作るような「ノリ重視」の会でもありません。お付き合いに真面目な方のための大切な第一歩として、まずは「気が合いそうな友人探し」のつもりで気軽にご参加ください。

また、相性を計る目的でボードゲームやカードゲームを楽しみますが、「ボードゲーム好き」に特化した会ではありません。ボードゲームやカードゲームの知識はまったく必要ありませんので、スポーツや音楽、食べ歩きなど、多種多様な趣味・趣向をお持ちの方々、ぜひお越しください。

カードで高いビルを積み上げる、スリル満点の『キャプテン・リノ』や、

2017-03-20-キャプテンリノ遊戯中-w1070

お互いがどう見えているかが判って面白い、この縁結びゲーム会のために作ったすごろくやのオリジナルゲーム『誰がどれ?ゲーム』、

2017-06-11-縁結びゲーム会:誰がどれ?遊戯中-w1070

…など、誰でも楽しめるお手軽ゲームをご用意しています。性格や特徴がより出やすいゲームを遊びますが、どのゲームも、まずは遊び方からていねいに説明しますのでご安心を。

当日のゲーム中は、司会のニシヤマさんが各卓を巡りながら、さりげなく縁を結ぶべく世話を焼いてくれるかもしれませんよ?

【 会場は高円寺の「す箱」 】

す箱新館ロゴ入り-w1070

開催場所は、JR高円寺駅から徒歩4分、すごろくやからだと徒歩3分のところにある、すごろくやが運営する「ボードゲームスペース す箱」です。最大50人が遊べる広いスペースで、正多角形のテーブルや最高級のプレイマットなど、テーブルを囲んで楽しくゲームを遊ぶのに最適な環境をご用意しています。

【 当日のプログラム 】

  • ゲームタイム
  • 1対1のトークタイム
  • パティシエ自慢の特製ケーキタイム
  • 縁結び(秘密の連絡先交換)タイム
2017-03-20-ケーキ-w1070
2017.3.20 第1回での豪華なケーキ

ボードゲームを一緒に遊ぶことで自然と会話もはずみ、相性ぴったりの人を見つけやすいことでしょう。新しい出会いの季節に、ボードゲームを通じた「ゆる〜いご縁結び」に興味がある方、ぜひご参加ください!

【 これまでの参加者の声(一部) 】

女性の声

「ニシヤマさんがとても親しみやすかったです! 進行もわかりやすかったし、ゲームもよかった」

「ボードゲームは全くわからないで参加しましたが、楽しめました。」

「ケーキがすごいテンション上がりました! 同じような趣味の方と知りあえるので良いと思いました。」

「ゲームで楽しめると、リラックスして、その後のお話も出来ました。会の雰囲気もよかったです。」

男性の声

「相手を知れるゲームは良いですね! そして何より純粋にゲームがとても楽しかったです。」

「とにかくとても楽しかったです。こういった会は初めてですが来て良かったです。」

「普通の出会い系パーティより楽しめるし雰囲気も良かった。」

「ケーキのクオリティに感動しました!! すごい良かった!! また来たい!」

早くも第5回目となる今回も、ゆったりと会話やゲームを楽しみつつ、縁結びにも繋がる会になるはずです。どうぞご期待ください。

【 世話焼きMC:ニシヤマ エリカさん 】

  • イベントやパーティー司会を1,000回以上担当
  • すごろくやイベントでの企画・MC『ボードゲーム女子会』『夜のお茶会』
  • 結婚相談所ツヴァイ:『ボードゲーム婚活パーティー』企画・進行
  • J-COM東京「素敵にダイニングstyle」(ナレーション)
  • モバイルゲーム「ぼくとドラゴン」TV-CM(司会者役で声の出演中)

他、情報番組等でボイスオーバー(台詞や見出しなどの声あて)を担当中。

【 ニシヤマさんからのメッセージ 】

西山さん司会中写真-w480

こんにちは。 イベント司会やナレーターとして活動している ニシヤマ エリカと申します。

これまで、婚活パーティー司会約300回と、たくさんのカップルの誕生をお手伝いしてきた私が、ボードゲームをツールに皆さんの縁結びのお手伝いをさせていただきます。

本格的な婚活はまだ始めてないけれど「いい出会いがあったらいいなぁ。」と最近思うようになった方も、ゲーム初心者の方ももちろん大歓迎♪

デザインも優れた世界のボードゲーム&カードゲームは、コミュニケーションツールとしても大変優れています!  初めての人でもあっという間に打ち解けてしまう・・・ボードゲームにはそんな力があるのです!

初対面の人と話をするのが苦手という方も、楽しくゲームをするうちに自然と距離が近づけるはず♪

様々なゲームで、みんなでわいわい頭と心をほぐしながらゲームを楽しんでいくうちに、「もっと一緒に過ごしてみたい!」・・・、 そんな風に思える相手に出会えるかもしれません♪ 

たくさんの方々のご参加をお待ち致しております!

【 イベント詳細情報 】

名称:
世話焼きMCニシヤマの縁結びボードゲーム会 第6回
開催日時:
2017年10月9日(月曜祝日/体育の日) 16:00~18:30 (2時間半)
会場:
ボードゲームスペース「す箱」 (JR高円寺駅から徒歩4分)
東京都杉並区高円寺北2-18-7千恵ビル4階
すごろくやとす箱(新館)地図
対象:
25歳以上の独身男女
入場受付:
15:30〜
開始時間:
16:00 (5分前までにはお越しください)
飲食提供:
お茶、ケーキ付き(持ち込みはご遠慮ください)
参加費:
前売3,500円/当日:4,000円
定員:
24名(男女12名ずつ)
撮影:
人物が特定できるような写真を撮影したり公開することはありません。
キャンセル料:
開催4日前の10月5日(木曜)以降は50〜100%のキャンセル料が発生します。ご注意ください。
主催:
株式会社すごろくや

参加は、下記の申し込みフォームをご記入の上でお申し込みください。
【2017.9.27追記:】女性のみ。男性枠は満席です。

申し込みフォーム

【2017.9.26追記:】女性のみ募集中です。男性は定員に達したため締め切りました。

9月25日(月曜)までは申し込みエントリー期間です。この期間内にもし応募多数で定員数(男女各12名)を越えた場合は抽選とします。 【2017.9.26追記:】抽選エントリー期間は終了しています。

そのエントリー期間終了後から3日後(9月26日〜9月28日)までを目処に、当選者の方々にご案内をお知らせします。料金(3,500円)は当日会場でお支払いください。

開催日近くのキャンセルについては次の通りキャンセル料を申し受けます。悪しからずご了承ください。

開催4日前以降:
参加費の50%(1,750円)
開催2日前以降:
参加費の100%(3,500円)

なお、エントリー期間終了後(9月25日以降)にキャンセル等により空席が発生した場合、先着順で募集、または既応募者内で再度抽選を行ないます。

ご参加、お待ちしております!


  1. 2017/09/15(金) 19:52:03|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:みんなでぽんこつペイント

丸と直線縛りの絵画ジェスチャー
みんなでぽんこつペイント
発行元: モグワイ (日本), 発行年: 2017年(原版2011年)
作者: ちかすず (『トゥーアンリミテッド』『じゃんけんノーボーダー』など)
6才~大人, 3~12人用, 所要10分, ルール難度:★ (1)

みんなでぽんこつペイント:箱

『みんなでぽんこつペイント』は、毎回、お題カードのリスト候補からサイコロで決まった「とあるもの」を、それを1人だけ知らない回答者に当ててもらうべく、他全員で、真円と直線だけのできるだけ画数が少ない図を捻り出して描いて発表するゲームです。

みんなでぽんこつペイント:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに回答者になります。 お題カードとサイコロで決まった「あるもの」をそれ以外の人にいっせいに絵で描いてもらい、1人ずつ発表してもらいながら、もし当てられれば、その当てたきっかけになった絵を描いた人と一緒に得点がもらえます。

ただし、絵といっても、真円と直線だけしか描いてはいけません。 また、1人ずつ発表する順番は、真円を1画、直線1本を1画と数えて、より少ない合計画数で描けた人で決まります。

つまり、細かな描写の上手さは必要ありません。 むしろ、構図や連想させるようなシチュエーションの想像力が問われるのです。

こうして、出題→お絵描き→1人ずつ発表→得点、を、回答者を変えながら繰り返していき、いちばん得点が高かった人が勝ちです。

ここがオススメ: 「絵のジェスチャーゲーム」の一種ですが、できるだけ少ない画数で描かないとライバルよりも発表の機会で遅れをとってしまうため、絵の巧さではなく「大胆な特徴描写」が必要になるゲームです。いっぽうで、画数の少なさにこだわるあまり「何だかさっぱりわからない」絵も続出します。そんな「わかるわけない」絵でも、いろんな人の構図を組み合わせることで次第に判るようになってくるのが楽しくて盛り上がります。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/14(木) 15:19:13|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:箱庭鉄道 / Mini Rails

49マス内で路線拡大と株式を競う
箱庭鉄道 / Mini Rails
メーカー: Moaideas Game Design (モアイデアズ, 台湾), 発行年: 2017年
作者: Mark Gerrits (マーク・ゲーリッツ)
15才~大人, 3~5人用, 所要40〜60分, ルール難度:★★ (2)

箱庭鉄道:箱

『箱庭鉄道』は、場に並べられた鉄道会社6社(色)のマーカーを選んでは、〈株券〉として手元に獲得するのか、〈線路〉としてボード上に敷設(ふせつ)して株価を変動させるのかを決め、最終的な6社の株価に応じた得点を競うゲームです。

箱庭鉄道:展示用写真

全員の共有物として、色で分けられた鉄道会社6社があり、ボード上でこの6社のマーカー配置による勢力拡大が行なわれることで、株価(=得点)が変動していきます。

中央市場ボード(写真右下)に、6社のマーカーが袋からランダムに配置されています。
1人ずつ代わりばんこに、コマの並び順で自分の番を行なっていきます。自分の番を示すそのコマを取り、市場に並んだ6社のマーカーのうちどれかを選択して置き換え、取ったそのマーカーを〈株価マーカーとして手元の損益のボードに置く〉か〈その会社の勢力拡大線路として地形に配置する〉かを選ぶ、を繰り返していきます。

〈株価マーカーとして手元の損益のボードに置く〉と、まずは0点ですが、その会社が勢力を拡大するたびにその分だけ得点が入ります。

〈その会社の勢力拡大線路として地形に配置する〉と、その会社が勢力を拡大したものとして、その会社の株価マーカーを持っている全員が利益(得点)を得ます。利益は配置した地形マスに描かれたポッチの個数です。しかし、減益になってしまう〈赤いポッチ〉もいくつか存在します。

今後の有望性や、誰が得するか/損するかを見極めつつ、取得する会社マーカーや配置するマスを選びましょう。

こうして、コマ並びに従ってマーカーと置き換えながら、自分の番を全員が2回行なったら1ラウンド終了です。 特に決算などは行ないません。市場に必ず余るマーカー1個を、「課税対象」として市場ボード上で避け、再度、袋からランダムで引いた会社マーカーを市場に補充して…と次ラウンドを始めます。

次のラウンドでの手番順は、先ほどマーカーと置き換えてできたコマの並びで決まります。つまり、会社マーカー選びは、次ラウンドの手番優先順位も考える必要があるのです。

こうしてゲームを続けていき、6ラウンドを終えるとゲーム終了です。
ただし、各ラウンドで余ったマーカー計6個によって、課税対象の会社が決まり、恐ろしいことが起こります。 一度でも課税対象となった、つまり「余るほど動きが鈍かった」会社は、各自の損益ボード上で、どんなマイナスでも「0」として免除されます。逆に、一度も課税対象にならなかった、つまり「誰もが使いたがった」会社は、各自の損益ボード上で、どんなにプラスでも「0」にされます。
このため、ゲーム中では各自のマーカー選択による「このラウンドでは何が余るのか」の読みと計画性がたいへん重要になります。

最終的な株価を合計し、いちばん高い人が勝ちです。

ここがオススメ: さまざまなことに影響する会社マーカー選択という無駄のない研ぎ澄まされたルールによって、比較的短時間で重厚鉄道ゲームのような線路敷設の陣取りや鉄道会社の株価変動の運営ドラマが味わえるゲームです。ルールはシンプルで、説明書の巻末1ページに収まるほどしかありません。 また、毎回異なる地形で遊べるようにボードが六角形パーツに分かれているのですが、組み合わせたときに継ぎ目の隙間が出ない成形も見事です。
じっくり楽しめる大人向けとして超おすすめです。ぜひ遊んでみてください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/09(土) 22:16:10|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クレイジービル / Palazzo Pazzo

足場を方向縛りで積み高みを競う
クレイジービル / Palazzo Pazzo
メーカー: milaniwood (ミラニウッド, イタリア), 発行年: 2017年
作者: Bice Dantona (ビーチェ・ダントーナ) & Bernardo Corbellini (ベルナルド・コルベリーニ)
5才~大人, 2人専用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

クレイジービル:箱

『クレイジービル』は、交互に木製ブロックをサイコロ指示の面を上にしてビルの好きなところに積んでは、自駒をその上に乗せ、ビルを崩さないようにより高い位置を競うゲームです。

クレイジービル:展示用写真

ブロック1個を基礎として、木製ブロックでビルを建設していきます。
1人ずつ代わりばんこ、サイコロを振り、そのS(小)/M(中)/L(大)で示された面をかならず上にして、ビルの中の好きなところに積みます。かならずしも上へ上へ積み上げるわけではないところがポイントです。

うまくブロックを積めたら、その上に自分の色の〈工事おじさん〉駒を運び乗せます。ブロックを積んだ位置によっては、駒が下がることもあるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、相手がビルを崩すか、ブロックを使い切ったときにより自分の駒が高いところにいると勝ちです。

ここがオススメ: 毎回、ブロックを置く面がランダムで指示されることで、遊ぶたびにまったく違う形状のビルができていきます。どこがどう支えているか、重心がどのように変化しているかを見極めて、戦略上、ときには安全に「いったん降りる」勇気も重要な「戦略バランスゲーム」です。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/08(金) 17:26:17|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ゴーゴージェラート! / Go Go Gelato!

指示通りにコーン上の色玉を移す
ゴーゴージェラート! / Go Go Gelato!
メーカー: Blue Orange (ブルーオレンジ, フランス), 発行年: 2017年
国内版発売元: テンデイズゲームズ, 国内版発行年: 2017年
作者: Roberto Fraga (ロベルト・フラガ, 代表作:『ダンシングエッグ』『ドクターエウレカ』など多数)
6才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

ゴーゴージェラート!:箱

『ゴーゴージェラート!』は、毎回、お題カードで指示されたジェラート群と同じ並び・同じ色の構成にするべく、全員が一斉に、コーンだけを取っ替え引っ替えしながら傾け、乗っているアイスクリーム玉をスピード勝負で移すゲームです。

ゴーゴージェラート!:展示用写真

1人ずつ、コーン4色分と色玉3個を持ってゲームスタートです。 毎回めくられるお題カードの指示通りの色構成になるように、空いているコーンを使ってアイスクリーム玉を移していきます。ただし、そう簡単ではありません。

コーンは、床と接している面積が小さいため、コーンを床に置いたままでアイスクリーム玉を移そうとすると倒れてしまいます。 必ず両手で2本のコーンを握りながら玉を移す必要があるのです。ライバルに負けないように急がなければなりません。

でも、アイスクリーム玉をコーンの上からこぼさないよう慎重に。 もしこぼすと、空いたコーン2本だけをうまく使って、挟むようにアイスクリーム玉回収しなければなりません。 床に落とそうものなら最悪です。

さらに、ときどき「コーン同士を塔のように積み重ねてその上にアイスクリーム玉」といったいじわるなお題も登場します。

こうして、お題通りにいち早く作れたがお題カードをもらい、新しいお題をめくり、…とゲームを続けていき、先に5枚目を集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: スピードと慎重さ、そして効率良く入れ替える頭を求められ、「玉こぼし」も含めてわあわあと盛り上がります。 手軽に楽しめる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/05(火) 14:52:37|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:キャプテン・リノ:スーパーバトル / Rhino Hero - Super Battle

紙札でビルを作り自駒の上昇競う
キャプテン・リノ:スーパーバトル / Rhino Hero - Super Battle
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2017年
国内版発売元: すごろくや, 国内版発行年: 2017年
作者: Steven Strumpf (スティーブン・シュテュンフ) & Scott Frisco (スコット・フリスコ)
6才~大人, 2~4人用, 所要 10〜20分, ルール難度:★★ (2)

キャプテン・リノ:スーパーバトル:箱

『キャプテン・リノ:スーパーバトル』は、複数の足場から折り曲げカードを柱にして床を積み重ね、複雑な立体高層ビルを築きながら、崩さないように自分のヒーロー駒を登らせ、ライバルとのサイコロバトルによってより高い位置を制する、大人気の『キャプテン・リノ』を豪華に発展させたゲームです。

キャプテン・リノ:スーパーバトル:展示用写真

キャプテン・リノがまたもや活躍しに帰ってきました! 今度は、スーパーヒーロー仲間の「ジラフボーイ」と「ビッグE(イー)」、「バットギン」の3人も加わります。

いくつもの柱が立てられる印が付いた、まっさらな土台ボード3枚を基礎として高層ビルの建設を始めます。
1人ずつ代わりばんこに、

  1. 折り曲げカードの壁(柱)を支えにして、手札から床カードを1枚重ねる
  2. 自分のヒーロー駒を上昇
  3. 手札を補充

を繰り返していきます。

〈壁を支えに床を重ねる〉では、手札から選んだ「今回置く床カード」に描かれた1〜2本の壁をストックから取り、土台ボードの印のどこかに壁を立てて、その上にその床カードを重ねていきます。

キャプテン・リノ:スーパーバトル:建設

土台の印のどこに壁を立てるのかによって、置かれる床はあちこちの方角を向きますし、ゲームが進むと置かれた床の上にも壁が立てられていきます。 また、床カードの指示には、壁カードの〈1階層分〉と〈2階層分〉の高低2種類も含まれます。これらの要素によって、とても複雑で奇怪な立体建造物が築かれていきます。

キャプテン・リノ:スーパーバトル:遊戯中

しかし、たとえ一部分でも崩してはいけません。ときどき床カードで指示される〈スパイダーモンキーぶら下げ〉の試練にも耐え、強固なビルを築いていきましょう。

キャプテン・リノ:スーパーバトル:スパイダーモンキー

うまく築けたら、サイコロ指示の階層分だけ〈自分のヒーロー駒を上昇〉させます。駒を運ぶときにも慎重に。

ここで、もし駒を運んだのと同じ階層にライバルのヒーロー駒がいたら、サイコロ勝負の「スーパーバトル」が発生します。負けたヒーローは1階層分降ろされてしまいます。

キャプテン・リノ:スーパーバトル:衝突

もしライバルよりも高い階層を制したら、「暫定優勝」としてヒーローメダルをもらいます。 誰かビルを崩したとき、このヒーローメダル保持者が勝者となります。

番の最後に〈手札の床カードを1枚補充〉して、今度は次の人の番、…とゲームは続いていきます。
誰かがビルを崩してしまったり、建設用のカードが尽きたらゲーム終了。 ビルを崩さずにヒーローメダルを保持して最後に勝つのはいったい誰でしょうか?

ここがオススメ: 慎重な建設によって複雑で大掛かりな大迫力の立体ビルが建造されていく一方で、バランスに多大な影響を及ぼすヒーロー駒たちの階層移動と熱い最上階争いが盛り上がります。 気軽に始められつつもじっくり集中して楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとして超おすすめのゲームです。

『キャプテン・リノ』が混ぜられる: このゲームの前身『キャプテン・リノ』と壁の高さが統一されているため、組み込んで遊ぶとより複雑なビルが造れて、5人まで遊べるようになります。

すごろくやの日本国内流通版: ドイツHABA社の協力の下、日本語・英語・ドイツ語・スペイン語の説明書が同梱された日本国内流通版をすごろくやで制作しました。内容物はドイツ/ヨーロッパ流通版とまったく変わりませんが、日本語の説明書は原版の不明瞭な箇所を補って充実させています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

この記事には続きがあります。【全文を表示する】

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/09/05(火) 12:51:56|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:スイートハニー、ビーマイン!/ Sweet Honey,Bee Mine!

同数を避け得点追加か公開に悩む
スイートハニー、ビーマイン! / Sweet Honey,Bee Mine!
発行元: 新ボードゲーム党(日本) , 発行年: 2017年
作者: 北野 克哉(きたの かつや)
8才~大人, 2~6人用, 所要 15分, ルール難度:★★ (2)

スイートハニー、ビーマイン!:箱

『スイートハニー、ビーマイン!』は、他の人の誰かに、すでにその人が集めたのと同じ数値カードを受け取らせて脱落させるように、 選んだ数値カードを裏向きにして1人ずつ、パスでチップを溜めさせるか、受け取って溜まったチップを総取りするかを選択させるゲームです。

スイートハニー、ビーマイン!:展示用写真

昭和テイストの名作漫画・アニメを彷彿とさせる女の子のハチが描かれた1〜10の数値カードを使います。「1」は1枚、「10」は10枚と、それぞれの値の分の枚数で構成されています。

毎回カードを回すリーダーが、手札から誰かに押し付けたいハチカードを裏向きにし、その上にチップを乗せて隣の人に渡します。 渡された人は〈カードとチップを受け取る〉か〈チップを乗せて次の人にパス〉かを選択します。

もし〈受け取る〉をした場合は、そのカードをめくり、すでに自分の場にあるのと同じ値かどうかを確認します。同じものがなければ、カード上のチップを受け取り、受け取ったカードを自分の場に並べます。 もしすでに同じものがあったら、ペナルティを支払って脱落してしまいます。

一方、〈パス〉した場合は、チップを乗せ次の人に回します。パスされるたびに、乗せられるチップの量が段々増えていくため、「脱落はしたくないけど、沢山のチップが欲しい」と苦しい選択を強いられるでしょう。 しかし、リーダーはそれを見越して、よりチップが溜まった後半の人を脱落させるためにカードを選んでいるかもしれません。

自分が〈受け取る〉〈パス〉を選択するときには、脱落を恐れてパスばかりしたくなります。しかし、勝敗はチップの枚数で決するため、パスばかりしていてはチップを失うばかりで勝てません。リーダーが回したカードの値を予想して、ここぞという場面ではカードを受け取り、チップを集めていきましょう。

これを繰り返していき、1人が生き残るなどの条件を満たしたらゲーム終了となります。一番多くのハチミツチップを稼いだ人が勝ちです。ただし、1人生き残った人が勝つとは限りません。たとえ脱落していた人でも、チップの枚数さえ多ければ勝てる可能性が残されているのです。

さらに、ゲームを悩ましくするさまざまな駆け引き要素があります。
  • 約半数のカードには、裏面に〈LOW=1〜5〉〈HIGH=6〜10〉の指標が示されているものがある
  • パスが1周すると、リーダーがそのカードをかならず受け取る
  • 1〜3のカードには、手札を減らす、脱落ペナルティが増えるなど、特殊な効能がある

ここがオススメ: 可愛らしい見た目のカードと裏腹に、多くの駆け引き要素があり「沢山チップを持ってる人を脱落させ、チップを放出させたい」「もっと沢山チップを取りたい」などの思惑が交錯します。 時にはハッタリを言ったり、「これなら安全だろう」と思い受け取って足元をすくわれたり、一か八かの賭けに出ることでドラマチックな展開もあり、とても盛り上がります。 わいわい話しながら手軽に遊べる、駆け引きを楽しめる大人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/09/02(土) 16:06:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁