高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

11/23(木祝) 対談:丸田康司×松本太一 〜ボードゲームって教育に使えますか〜

「すごろくや」代表の丸田と「アナログゲーム療育」の松本太一さんによる、ボードゲームの教育的活用をテーマにした対談形式の2時間トークイベントを11月23日(木曜祝日:勤労感謝の日) 14時に開催します。

タイトルは、

対談:丸田康司×松本太一 〜ボードゲームって教育に使えますか〜

です。ぜひご参加ください。

【 丸田 康司(こうじ)

株式会社すごろくや代表取締役。
1991年より15年間テレビゲーム開発に従事。その後独立し、2006年4月に近代ボードゲーム・カードゲームの専門店「すごろくや」を設立。2010年に法人化。

親子やカップルでにぎわう店舗展開と、「Twitter割引」などメディアを活用した情報発信企画、オリジナルゲームの企画制作、ボードゲーム関連書籍の企画/制作/執筆、ボードゲームのイベントやワークショップの企画/開催など、ゲームを主軸として活動、現在に至ります。

2016-08-ボードゲームを作ろう教室風景-w1070

リンク⇒ Wikipedia:丸田康司

【 松本 太一(たいち)さん 】

主に発達障害のあるお子さんを対象に、社会的自立のために行なう医療と保育を「療育(りょういく)」と言います。

松本太一さんは、その「療育」を専門とする療育アドバイザー。すごろくやで取り扱っているような、知的で協同性に優れた近代のボードゲームやカードゲームを、発達段階に合わせて活用し、コミュニケーション能力を伸ばす療育方法のひとつとして「アナログゲーム療育」の手法を開発、実践されています。

2016-05-15-ゲームで療育講座風景-w1070

リンク⇒松本太一さん「アナログ療育のススメ」

【 議題ごとの対談形式 】

対談は、子を持つお母さん代表の進行役が、教育とボードゲームについての有用な議題を対談の2人に投げかける形式で進行します。

議題の例:
  • おもちゃやデジタルゲームとの違いは?
  • ボードゲームでコミュニケーション力は身につきますか?
  • ゲームで学んだことは実生活で役立ちますか?
  • プログラミング教育・アクティブラーニングに使えますか?
  • 子ども向けゲームを選ぶ際に大事な点はなんですか?
  • ゲームをやったことのない人に楽しさや価値を伝えるためのコツは?
  • 対象年代別のおすすめボードゲーム

などです。最後に聴講者からの質疑応答の時間も設ける予定です。

【 会場は「す箱」 】

開催場所は、JR高円寺駅から徒歩4分、すごろくやからだと徒歩3分のところにある、すごろくやが運営する「ボードゲームスペース す箱」です。

す箱新館ロゴ入り-w1070

【 イベント詳細情報 】

名称:
対談:丸田康司×松本太一
〜ボードゲームって教育に使えますか〜
開催日:
2017年11月23日(木曜祝日)
時間:
14:00〜16:00(2時間)
対象:
18歳以上
定員:
30名
参加費:
前売券3,000円,当日券3,500円
申し込み方法:
チケット購入予約制です。参加予約券(ペーパーレス)を店頭、もしくは通信販売にてご購入ください。
すごろくや取り扱いリスト:イベント参加予約
会場:
ボードゲームスペース「す箱」 (JR高円寺駅から徒歩4分)
東京都杉並区高円寺北2-18-7千恵ビル4階
すごろくやとす箱地図
入場受付:
13:30 (開演30分前)
開演:
14:00 (5分前までにはお越しください)
飲み物:
自動販売機あり(100円〜)。会場内の飲用はペットボトルなどフタ付きのものに限ります。
会場撮影:
開催中、カメラマンが撮影を行ない、今後のイベント告知に有用な映像などを開催後のリポートなどで一部公開する場合がございます。もし不都合がある方は事前にお申し出ください。
払い戻し:
開催3日前まで受け付けます。
主催:
すごろくや sugorokuya.jp

参加申し込みは、ペーパーレスチケットのご購入にて承ります。紙チケットの発券は行ないませんのでご注意ください。確認/購入は下記のリンクボタンからどうぞ。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/31(火) 16:35:56|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:パッチワーク / Patchwork

柄パズル片をマス目盤に詰め込む
パッチワーク / Patchwork
メーカー: Lookout Spiele (ルックアウト・シュピーレ, ドイツ), 発行年: 2014年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2014年
作者: Uwe Rosenberg (ウヴェ・ローゼンベルク, 代表作:『ボーナンザ』『アグリコラ』など多数)
8才~大人, 2人専用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2015年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
パッチワーク(日本語版):箱

『パッチワーク』は、パズルピース形状の柄パッチで自分のマス目ボードをより多く埋められるように、終了に至る時間ポイントを消費して得られるボタン(お金)をうまく運用しながら、相手も欲しいであろうピース形状や収入力を見極めて柄パッチを獲得していく2人専用ゲームです。

パッチワーク:近影
パッチワーク:展示用写真

ここがオススメ: ピースの形を上手に埋める単純なパズルゲームかと思いきや、ピース獲得のために消費する要素が時間とボタンの2種類あるのがポイントで、時間という「減る一方」の要素を軸に、「ときどき増やせる」ボタンをどう運用するかの計画とマネジメント力が問われます。 また、うまくその2要素を運用できるようになってくると、良いボタン収入源となりうるピースやぴったりはまる形状のピースを取らせないようにする攻防も繰り広げられるはずです。さまざまな攻略要素が詰まっているのが魅力のゲームです。
じっくり楽しめる、大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/18(水) 16:30:36|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:クラスク / Klask

台下から選手を操り玉を弾き合う
クラスク / Klask
メーカー: Klask ApS (クラスク, デンマーク), 発行年: 2017年(原版2014年)
作者: Mikkel Bertelsen (代表作: ミッケル・ベーテルセン)
8才~大人, 2人専用, 所要10分, ルール難度:★ (1)

ドイツ 2017年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
クラスク:箱

『クラスク』は、台の下から磁力で連動する選手コマを動かし、エアホッケーゲームのように玉1個を相手ゴールに入るように打ち返したり、磁石障害コマを敵陣に運んで敵コマに2個付着させたりするアクションゲームです。

クラスク:遊戯中

コロコロ転がる玉を、エアホッケーゲームのように敵陣の凹みに入れるようにうまく打ち返していき、ゴールできれば+1点。6点先取を競います。

いくつかの特徴によって、よくあるエアホッケーゲームにはない工夫や戦略方法があるのがポイントです。

  • 台下中央に仕切りがあり、敵陣まで自分のコマを運べない。
  • 盤面に置かれた白い〈磁石障害コマ〉を自分のコマに2個付着させてしまうと失点。
  • 自分のコマを、うっかり自分側のゴール凹みにハマらせてしまっても失点。

特に特徴的なのが〈磁石障害コマ〉です。
この磁石障害コマは玉を当てることで敵陣に運ぶことができ、敵コマは(2個付着すると失点してしまうので)その付着を嫌って動きが牽制されるのです。さらに、この動きが制限された中で、〈うっかり凹み落ち〉も狙えるかもしれません。

こうして、どちらかに点が入るたびに盤面をリセットしながらゲームを続けていき、先に6点目を獲得した人が勝ちです。

ここがオススメ: 玉の打ち返し攻防に加えて、磁石障害コマをどう誘導するか、制限された範囲でどう立ち回るかなど、戦略要素の高さが魅力のアクションゲームです。ギャラリー含めてわあわあと騒ぎながら遊ぶのがいいでしょう。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。
なお、コマも小さいため、小さな子供だと玉に当てることすらままならないこともありますのでご注意ください。

店頭販売限定: 国内販売代理店の都合により通信販売ができないため、店頭販売のみとさせていただきます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/17(火) 15:30:43|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁

11/26 ゲストMC企画イベント:5時間耐久ディプロマシー!(第4回)

さまざまなゲストをお迎えして企画イベントを行なっていただいている、すごろくや主催の「ゲストMC企画イベント」シリーズ

ゲストMC企画ロゴ
リンク⇒ブログ記事:「ゲストMC企画イベント」シリーズを始めます
5時間耐久ディプロマシータイトル

 今回は、ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE(ジェリージェリーカフェ)」の渋谷店店長、和久 卓磨(わく たくま)さんによるMC企画「5時間耐久ディプロマシー!」の第4回目です。

 ヨーロッパを舞台に他国と熾烈な交渉、外交をし長時間に渡るゲームの中で覇権を争いたいという参加者を募集します。

2016-12-18 す箱ディプロマシー大会 行動決定風景-w1070
2016年12月18日開催の第1回の様子

【 1959年製の名作ボードゲーム『ディプロマシー』】

ディプロマシー:展示用写真

ディプロマシーとは「外交」を意味する言葉です。
第一次世界大戦時のヨーロッパを舞台に、7つの国が交渉や同盟、約束と裏切りを繰り返しながら自国の軍隊を操り、覇権を争うボードゲームです。
「友情破壊ゲーム」としても名高いこのゲームには、ダイスなどの運要素が一切ありません。
勝利するには、交渉によって他国と同盟を組み、他国を撃退し、同盟を組んだ相手であっても裏切る必要があります。

【 5時間耐久ディプロマシー! 】

2016-12-18 す箱ディプロマシー大会 作戦会議中-w1070
2016年12月18日開催の第1回の様子

『ディプロマシー』の面白さを最大限に味わうには、人数を7人、そして所要5〜6時間を要するため、なかなか遊ぶ機会がありません。
そこで今回、そんな『ディプロマシー』を存分に遊んでみたい!という方を対象に、5時間掛けて遊び尽くすイベントを開催いたします。

「興味はあったけどやる機会がなくて…」「ルールを知らないけどやってみたい!」という方々も大歓迎!
ルール説明やゲーム進行はゲストMCである、和久(わく)さんに行なっていただきます。

また、わかりやすく、スムーズなゲーム進行が行なえるように、各プレイヤーにはホワイトボードや、ルールや指示書の書き方をまとめたサマリーをご用意します。

参加者が7人を超えた場合、1つの国を3人までのチームで受け持っていただきます。チームで話し合い、交渉や外交を行ないます。

6時間というイベント時間中に、ゲーム体験時間は5時間ご用意しています。ルール説明のあと、それぞれの国ごとに分かれてゲームを開始します。
ゲームが終わったあとに、軽く内容を振り返りつつ、その時の予想・意図などを楽しく話し合う時間も設けます。

【 今回の企画MC:和久 卓磨さんからのメッセージ 】

Jelly Jelly Cafe 和久さん写真

世界中のボードゲームで遊べるカフェ、「JELLY JELLY CAFE」渋谷店店長の和久です。

「興味はあるけどやる機会なかった」ゲームの代表といってもよい「ディプロマシー」を、じっくり時間をかけて遊びます。

イベントは、経験者の方も初めての方も大歓迎!

最大3人1組でチームとなって遊びますので、経験者の方はいつも以上に大規模なゲームとして遊べますし、初めてでちょっと心細いという方も、メンバーと話し合いながら協力してゲームに参加できます。

 この機会にぜひ、ディプロマシーで遊んでみませんか? 戦略と交渉力がものをいうディプロマシー、絶対面白いですよ!

リンク⇒JELLY JELLY CAFEさんのウェブサイト

【 イベント詳細情報 】

名称:
JELLY JELLY CAFE 渋谷店店長 和久さん「5時間耐久ディプロマシー!」第4回
日にち:
2017年11月26日(日曜)
時間:
13:00~19:00 (6時間)
会場:
ボードゲームスペース「す箱」 (JR高円寺駅から徒歩4分)
東京都杉並区高円寺北2-18-7千恵ビル4階
すごろくやとす箱(新館)地図
対象:
対象:16歳以上の男女、経験の有無は問いません。
※友人・知人同士でも別々のグループにわける可能性あり
入場受付:
12:30〜
開始時間:
13:00 (5分前までにはお越しください)
飲み物:
会場内に自動販売機(100円〜)あり。会場内の飲用はペットボトルなどのフタ付き飲料に限ります。
参加費:
前売2,500円/当日3,000円
定員:
21名 (参加人数に応じて1〜3名で1カ国担当)
申し込み方法:
予約制です。参加予約チケット(ペーパーレス)を店頭、もしくは通信販売にてご購入ください。
すごろくや取り扱いリスト:イベント参加予約
払い戻し:
開催3日前まで受け付けます。
会場撮影:
開催中、カメラマンが撮影を行ない、イベント告知に有用な映像などを開催後のリポートなどで一部公開する場合がございます。もし不都合がある方は、事前にお申し出ください。
主催:
すごろくや

参加申し込みは、ペーパーレスチケットのご購入にて承ります。紙チケットの発券は行ないませんのでご注意ください。確認/購入は下記のリンクボタンからどうぞ。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/10/08(日) 19:00:12|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

10/21(土) 原始時代が舞台の戦略ダイスゲーム『ダイスエイジ』先行体験会

原始部族の族長として、自部族を発展させつつ戦士を狩場に送り込み、獲物を奪い合う、11月2日(木曜)発売予定の新作ボードゲーム、『ダイスエイジ』。
制作・販売元のホビージャパンさんの特別協力のもと、発売に先駆け、10月21日(土曜) 19時からこの『ダイスエイジ』の先行体験会を開催、参加者を募集します。

ダイスエイジ:発売日
ホビージャパン社:『ダイスエイジ』紹介ページ

【 ゲーム『ダイスエイジ!』とは 】

ダイスエイジ:箱

原始人部族の頭領として、部族の戦士たちに見立てたダイスを狩場に送り込み、獲物を奪い合うゲームです。

ダイスエイジ:展示用写真

6つの「狩場」に、それぞれダイスの出目に対応した獲物カードが置かれており、狩場ごとにいちばんたくさんダイスを置いた人がカードを獲得します。 狩場で優位に立つべく、ラウンドごとに獲得できる「世代カード」で、戦士を「成長」させたり、「出産」で部族に新たな戦士を迎え入れるなどして、自部族の勢力を拡大していきましょう。

手持ちのダイスや狩場の状況に応じて、戦略を柔軟に変化させなければなりません。 運だけでなく、狩場に送り込む戦士の種類やタイミング、どの世代カードで部族を繁栄させていくかという戦略もたいへん重要です。

話題作「8ビットモックアップ」や「もぐらのすごもり」などを手掛けた気鋭のゲームデザイナー、佐藤敏樹さんによる日本発の豪華ダイスゲームを、発売に先駆けて体験できる大変貴重なチャンスです。是非ご参加ください。

【 特別ゲスト:長谷川登鯉さん 】

当日、特別ゲストとしてこの『ダイスエイジ』のアートデザインを担当された長谷川登鯉さんをお迎えします。 『トリックオブスパイ』や『エスカレーション!』といった数々のボードゲームのアートワークを担当されており、開発秘話などのこぼれ話・裏話をたくさんお話しいただきます。

リンク⇒長谷川登鯉さんのウェブサイト「Studio H」

【 会場はボードゲームスペース「す箱」 】

開催場所は、JR高円寺駅から徒歩4分、すごろくやからだと徒歩3分のところにある、すごろくやが運営する「ボードゲームスペース す箱」です。

す箱新館ロゴ入り-w1070

最大50人が遊べる広いスペースで、正多角形のテーブルや最高級のプレイマットなど、テーブルを囲んで楽しくゲームを遊ぶのに最適な環境をご用意しています。

【 先行で特価販売します 】

イベント後に会場にて購入予約を承ります。 定価4,104円(税込)のところ、イベント特別価格3,604円(税込)にてお買い求めいただけます。

ただ、あいにく、イベント当日には商品の納品が間に合いません。 たいへん申し訳ありませんが、特価での予約販売とし、当日お支払いいただいた上で、入荷し次第配送料無料にてお送りする形式にさせていただきます。

【 イベント詳細情報 】

名称:
最新作ゲーム『ダイスエイジ』体験会
開催日:
2017年10月21日(土曜)
時間:
19:00〜21:00(2時間)
司会進行:
宮本 誠 (すごろくや)
対象:
18歳以上
定員:
40名
参加費:
前売券1,000円,当日券1,500円
申し込み方法:
チケット購入予約制です。参加予約券(ペーパーレス)を店頭、もしくは通信販売にてご購入ください。
すごろくや取り扱いリスト:イベント参加予約
会場:
ボードゲームスペース「す箱」 (JR高円寺駅から徒歩4分)
東京都杉並区高円寺北2-18-7千恵ビル4階
すごろくやとす箱地図
入場受付:
18:30 (開演30分前)
開演:
19:00 (5分前までにはお越しください)
飲み物:
自動販売機あり(100円〜)。会場内の飲用はペットボトルなどフタ付きのものに限ります。
会場撮影:
開催中、カメラマンが撮影を行ない、今後のイベント告知に有用な映像などを開催後のリポートなどで一部公開する場合がございます。もし不都合がある方は事前にお申し出ください。
払い戻し:
開催3日前まで受け付けます。
主催:
すごろくや sugorokuya.jp
協力:
ホビージャパン hobbyjapan.co.jp

参加申し込みは、ペーパーレスチケットのご購入にて承ります。紙チケットの発券は行ないませんのでご注意ください。確認/購入は下記のリンクボタンからどうぞ。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/08(日) 18:53:07|
  2. 催しもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:リスのこのみ / Squeeerrels

山札を選んで仕込み木の実を収集
リスのこのみ / Squeeerrels / Сквирики
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2016年
作者: Evgeniy Nikitin (エヴゲニー・ニキティン)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

リスのこのみ:箱

『リスのこのみ』は、得点になる木の実カードがより多く眠る山札がどれかを、事前の覗き見とライバルの仕込み方から察知し、より多く木の実を獲得できるよう、3種類のリスを巧みに振り分けるカードゲームです。

リスのこのみ:近影

場に4〜5束の山札が「森」として用意され、ランダムで「木の実」や「テン」「ハリネズミ」が混ぜられています。 ゲームは〈探索〉→〈仕込み〉→〈獲得〉の3段階を1ラウンドとして数回繰り返し、獲得した木の実の得点を競います。

リスのこのみ:仕込み

〈探索〉では、各自が1束だけ「森」を選んで内容を把握します。

〈仕込み〉では、自分のリス3匹(3種類)のうち1匹ずつ、「森」を選んで仕込んでいきます。〈力持ち〉は木の実を2個取れて、〈足じまん〉はハリネズミがいたとしても木の実を取れて、〈リーダー〉は一度だけ自分の他のリスと場所交換ができます。

全員が3匹すべてを仕込んだら、いよいよ〈獲得〉です。

リスのこのみ:展示用写真

森の山札と各自が仕込んだリスカードをすべて公開し、1人ずつ順番に〈どの自分のリスでそこの木の実を取るか〉を選んで、そのリスを回収しつつそこの森の木の実を獲得していきます。
どの森も木の実はそれほど多くありません。ライバルに取られてしまいそうな森から優先的に選ぶことになるでしょう。 特に、自分の他リスと交換できる〈リーダー〉リスを使うタイミングはとても大事です。

全員が自分のリスを3匹使ったら、集めた木の実の分だけ得点をもらい、カードを集めてまた森の準備をして…とラウンドをくりかえしていき、規定ラウンドを終えたときにいちばん得点を多く集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 木の実をより多く集められるように、誰がどの山を見たのか、なぜその人はそこに仕込むのか、今仕込んだリスの種類で考えられるのは何か、などの推理や心理的な読みを効かせるのが楽しいゲームです。比較的短時間でじっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:59|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ふしぎなぼうし / Magic Hat

探りと交換で帽子と人を合わせる
ふしぎなぼうし / Magic Hat / Шапка-невидимка
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2016年
作者: Paltsev Alexey (パルツェフ・アレクシー) & Shklyarov Anatoliy (シュクレーロフ・アナトリー) & Konnov Alexey (コーノフ・アレクシー)
5才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ふしぎなぼうし:箱

『ふしぎなぼうし』は、各人物の頭上に伏せられた帽子カードを、1枚だけこっそり覗いたり、どこかの帽子と場所を交換したりした上で、「揃っているはず」と公開してペア揃いにチャレンジし、揃えて集めたペアの数を競うゲームです。

ふしぎなぼうし:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈帽子を1枚こっそり覗く〉か〈どこかの帽子と場所交換〉か〈ペア揃いにチャレンジ〉を行なっていきます。

帽子カードを自分だけ〈こっそり覗く〉ことで、その帽子がどこの人物のものかが判ります。次の番でその人物の帽子と〈場所交換〉し、さらに次の番で〈ペア揃いにチャレンジ〉すれば揃えられそうです。
ペア揃いが成功すればそのペアを貰って得点となり、また別の人物と帽子が補充されます。

でも、ライバルたちにその計画を悟られてはいけません。場所交換したときに「たしかその帽子は覗いていたはず…ということは…」と感付かれてしまえば、自分より前にチャレンジされ取られてしまいます。
いろんな帽子を覗いてみたり、いったん別のところを交換してみたり、と、狙いを特定されないように散らしていきましょう。でも、あまりやりすぎると、自分自身でもよくわからなくなってしまうかもしれません。

もしチャレンジを間違えてしまうと、失点の帽子コマを受け取ってしまいます。確実に、でも悟られないようにペアを揃えていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、補充用の山札も尽きて残り人物がわずかになったらゲーム終了。集めたペアと失点などを計算して、いちばん得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 誰が何を狙っているのかに目を光らせつつ、自分だけが知っている帽子をライバルたちが気付いていない頃合いを計って交換する〈こっそり遂行〉が楽しいゲームです。 頻繁に2箇所の帽子が入れ替わり、さらに補充によって人物と帽子が入れ替わることで、ほどよく混乱して失敗し笑いが起こります。短時間でじっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:41|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ポニーラン / Pony Run

協力し馬札を集めて牧場を埋める
ポニーラン / Pony Run / Чудопони
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2016年
作者: Daria Ermakova (ダリア・エルマコヴァ)
4才~大人, 2~6人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ポニーラン:箱

『ポニーラン』は、柵24枚の囲いが完成してしまうまでに、全員で協力して、手札の馬カードの体か服かたてがみの色を3枚揃えて囲いの中に敷き詰めるため、手番の人に1枚だけ進呈する人は誰がいいのか、うまく相談していくカードゲームです。

ポニーラン:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈柵の強制並べ〉→〈相談〉→〈カードを敷く〉→〈補充〉を繰り返していきます。

〈カードを敷く〉では、干し草1枚か、体か服かたてがみの色が揃っている馬3枚を、囲いの中に並べます。
囲いが完成する前にすべて敷き詰めなければ全員負けてしまいますから、できれば馬3枚のほうがいいには違いありませんが、なかなか3枚となると揃いません。

そこで、もし「2枚までは色が揃っている」要素があるなら、他の人たちに相談し、貰えないか聞いてみましょう。誰か1人から1枚だけなら貰えます。
ただし、単純に「今出せるから」と誰かのカードをもらうことが良いこととは限りません。その人や他の人が連携してもっとたくさん出せる可能性を奪ってしまうかもしれないのです。

さらに〈補充〉では自分だけしか手札を補充できません。カードを提供してくれた人は、その人の番が来て終わるまでは少ない枚数で進めなければなりません。それぞれの考えをよく聞いて話し、最善を尽くしていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、囲いが先に完成すれば全員の負け。それまでに囲いの中をすべて埋められれば全員の勝ちです。
ゲームに使う柵カードの枚数調整によって難易度を上げて再挑戦してみてもいいでしょう。

ここがオススメ: 可愛らしいポニーと牧場を題材にした、全員の知恵を集めて挑戦する協力型ゲームです。 それぞれの手札に基いた言い分を聞きつつ、どの要素で誰がどのタイミングで3枚揃えるかのとりまとめが盛り上がります。 意外に早いペースで柵が作られていくのでテンポ良く遊べます。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:33|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:さまことば / Quick Eye

増える形容詞に合う物を捻り出す
さまことば / Quick Eye / Мягкий знак
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2017年(原版2011年)
作者: Maria Aleksandrova (マリア・アレクサンドロヴァ) & Daria Ermakova (ダリア・エルマコヴァ)
4才~大人, 1~10人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

さまことば:箱

『さまことば』は、「柔らかい」「汚れた」などの形容詞カード群を題材に、すべてに当てはまるものを言える自信を元に1枚増やすか、または「もう限界」とそれまでのカードを回収するかを選んで、集めた枚数を競うカードゲームです。

さまことば:カード散らばり

「ふわふわの」「くさい」「白い」など、全50枚の形容詞カードを使って遊びます。

さまことば:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈新しいカードをめくって手元に足す〉か〈手元のカードを回収する〉かを選んでいきます。

〈新しいカードをめくって手元に足す〉なら、手元にあるすべての形容詞に当てはまるものを言わなければなりません。 「軽い」「四角い」「白い」なら、例えば「紙」があるかもしれません。 あるいは「中身を出したすごろくやの荷物箱」でもいいかもしれません。 自由な発想で、みんなが「なるほど」と思えばOKです。
もしどうしても思い付かないときは、手元のカードをすべて捨てさせられてしまいます。

めくって手元を増やすとこれ以上思い付かないかもしれない、と思ったら、〈手元のカードを回収する〉ことで得点になります。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。集めたカードがいちばん多い人が勝ちです。

このゲームのほかにも、幼い子向けに1枚ずつ当てはまるものを考えるルールや、複数の候補が同時に示されたときに全員で一斉にスピード勝負で当てはまるものが言えるかどうかに挑戦するルールと、全部で3つのルールで楽しめるようになっています。

ここがオススメ: 最初はこんなの無理!と思っても、頭の中で情景や大きさなど、いろいろな角度で物事を捉えることで意外なものが導き出せる「閃き」が楽しいゲームです。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてとってもおすすめです。

和訳シール付き: 形容詞の表記は英語のため、カードにさりげなく貼れる和訳シールを添付しています。

さまことば:和訳シール例

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ペアネコ / The Waltzing Cat

衝立駒を前後に倒し猫ペアを作る
ペアネコ / The Waltzing Cat
発行元: 賽苑(さいえん, 日本), 発行年: 2016年
12才~大人, 2人専用, 所要5分, ルール難度:★☆ (1.5)

ペアネコ:箱

『ペアネコ』は、場にランダムに立てられたブロックの表裏のネコ色が必ず異なる前提で、交互に1個ずつ、〈向こう側〉か〈手前に〉倒していくことで、倒されたネコ色をペアにできたら獲得し、高得点の〈王様ネコ〉や〈カップルネコ〉を狙って総合得点で競う2人専用のゲームです。

ペアネコ:展示用写真

表にも裏にもネコ絵が描かれたブロック10枚が場にランダムに立てられたらゲームスタートです。
ブロック両面のネコ絵は色で区別されていますが、全部でたった6色しかありません。 どのブロックも表と裏には必ず異なる色のネコが描かれていて、遊ぶ2人はそれらの〈表裏の色の組み合わせ〉をよく理解した上でゲームを始めます。

交互に、任意のまだ立っているブロック1枚を選び、〈手前に倒す〉か〈奥に倒す〉かをすることで、毎回1枚ずつネコ色を確定させていきます。
倒した結果、もし場に倒されて見えている同じ色のペアが揃ったら、得点としてそのブロックを手元に獲得します。

ただし、もし、〈奥に倒す〉、つまり元々自分側から見えていたネコ色を倒してペアを揃えた場合には、「簡単に揃えた」扱いとなり、揃った2枚のブロックのうち1枚しか貰えません。 一方、〈手前に倒す〉、つまり元々自分側からは見えていなかったネコ色でペアを揃えた場合には、「推理して揃えた」扱いとなり、揃った2枚を両方とも貰えます。

このため、自分の側から見えている色のネコと、全体的な〈表裏の色の組み合わせ〉をヒントに、それぞれのブロックの相手側には「どの色がありうるか」を常に察知しつつ、倒されて相手側の色が明らかになるたびに論理的に絞り込んで推理・特定していく必要があります。
また、相手もその推理を行なっていると判れば、相手の視点に立って「なぜ今それを手前/奥に倒したのか」も重要なヒントになります。

他にも次のような要素が推理と心理戦に深みを持たせて悩ませます。

  • 金色の王様ネコは高得点
  • 獲得した全ブロックを集計する際、赤と青の対(つい)ごとに「カップル」として高得点ボーナス
  • 「もう揃わない」と読んだら、倒さずに〈いち抜け宣言〉することで、最終的にペアが揃わなかったブロックをすべて獲得できる

こうしてゲームを続けていき、場のブロックが無くなったら互いの獲得ブロックを集計して得点が高いほうが勝ちです。

ここがオススメ: 自分側に見えているネコ色を材料に、相手がどう見えているかを考えながら、ときには手前に倒すことで、個々のブロックに対して「可能性」を絞り込んで推理・特定するのが悩ましくも楽しいゲームです。ゴロンとした、ちょうど握れるくらいの絶妙な大きさの木製ブロックと、可愛らしいネコたちのプリントも魅力です。
短時間でじっくりと駆け引きと心理戦を楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/04(水) 02:14:47|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁