高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

補充&新入荷7品目:さまことば,ふしぎなぼうし,ポニーラン,リスのこのみなど

新入荷品4タイトル他、補充分併せて7タイトルを入荷しました。 海外の製品もすべて日本語の説明書付きです。

※ この入荷案内の記事は、ある程度経ったら削除します。

【新入荷品】
取り扱い商品リスト:新入荷順

増える形容詞に合う物を捻り出す

さまことば / Quick Eye

4才以上,1〜10人用, 所要15分 , 解読難度:★, ¥1,620 確認/購入

和訳シール付き

探りと交換で帽子と人を合わせる

ふしぎなぼうし / Magic Hat

5才以上,2〜4人用, 所要20分 , 解読難度:★☆, ¥2,160 確認/購入

協力し馬札を集めて牧場を埋める

ポニーラン / Pony Run

4才以上,2〜6人用, 所要20分 , 解読難度:★☆, ¥2,484 確認/購入

山札を選んで仕込み木の実を収集

リスのこのみ / Squeeerrels

5才以上,2〜4人用, 所要15分 , 解読難度:★★, ¥1,620 確認/購入

【その他の補充品】

折り曲げカードでビルを高く築く

キャプテン・リノ (日英独語版) / Rhino Hero

5才以上,2〜5人用, 所要10分 , 解読難度:★☆, ¥1,728 確認/購入

要求食物を揃えてヒナ鳥を育てる

腹ぺこヒナの成長物語 / Kleiner Vogel, großer Hunger

3才以上,2〜4人用, 所要10分 , 解読難度:★, ¥1,620 確認/購入

色ペア宝石をめくり首飾りを彩る

プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り / Prinzessin Mina Juwelen-Memo

4才以上,2〜4人用, 所要15分 , 解読難度:★, ¥1,728 確認/購入


  1. 2017/10/07(土) 20:53:47|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:リスのこのみ / Squeeerrels

山札を選んで仕込み木の実を収集
リスのこのみ / Squeeerrels / Сквирики
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2016年
作者: Evgeniy Nikitin (エヴゲニー・ニキティン)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

リスのこのみ:箱

『リスのこのみ』は、得点になる木の実カードがより多く眠る山札がどれかを、事前の覗き見とライバルの仕込み方から察知し、より多く木の実を獲得できるよう、3種類のリスを巧みに振り分けるカードゲームです。

リスのこのみ:近影

場に4〜5束の山札が「森」として用意され、ランダムで「木の実」や「テン」「ハリネズミ」が混ぜられています。 ゲームは〈探索〉→〈仕込み〉→〈獲得〉の3段階を1ラウンドとして数回繰り返し、獲得した木の実の得点を競います。

リスのこのみ:仕込み

〈探索〉では、各自が1束だけ「森」を選んで内容を把握します。

〈仕込み〉では、自分のリス3匹(3種類)のうち1匹ずつ、「森」を選んで仕込んでいきます。〈力持ち〉は木の実を2個取れて、〈足じまん〉はハリネズミがいたとしても木の実を取れて、〈リーダー〉は一度だけ自分の他のリスと場所交換ができます。

全員が3匹すべてを仕込んだら、いよいよ〈獲得〉です。

リスのこのみ:展示用写真

森の山札と各自が仕込んだリスカードをすべて公開し、1人ずつ順番に〈どの自分のリスでそこの木の実を取るか〉を選んで、そのリスを回収しつつそこの森の木の実を獲得していきます。
どの森も木の実はそれほど多くありません。ライバルに取られてしまいそうな森から優先的に選ぶことになるでしょう。 特に、自分の他リスと交換できる〈リーダー〉リスを使うタイミングはとても大事です。

全員が自分のリスを3匹使ったら、集めた木の実の分だけ得点をもらい、カードを集めてまた森の準備をして…とラウンドをくりかえしていき、規定ラウンドを終えたときにいちばん得点を多く集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 木の実をより多く集められるように、誰がどの山を見たのか、なぜその人はそこに仕込むのか、今仕込んだリスの種類で考えられるのは何か、などの推理や心理的な読みを効かせるのが楽しいゲームです。比較的短時間でじっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:59|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ふしぎなぼうし / Magic Hat

探りと交換で帽子と人を合わせる
ふしぎなぼうし / Magic Hat / Шапка-невидимка
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2016年
作者: Paltsev Alexey (パルツェフ・アレクシー) & Shklyarov Anatoliy (シュクレーロフ・アナトリー) & Konnov Alexey (コーノフ・アレクシー)
5才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ふしぎなぼうし:箱

『ふしぎなぼうし』は、各人物の頭上に伏せられた帽子カードを、1枚だけこっそり覗いたり、どこかの帽子と場所を交換したりした上で、「揃っているはず」と公開してペア揃いにチャレンジし、揃えて集めたペアの数を競うゲームです。

ふしぎなぼうし:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈帽子を1枚こっそり覗く〉か〈どこかの帽子と場所交換〉か〈ペア揃いにチャレンジ〉を行なっていきます。

帽子カードを自分だけ〈こっそり覗く〉ことで、その帽子がどこの人物のものかが判ります。次の番でその人物の帽子と〈場所交換〉し、さらに次の番で〈ペア揃いにチャレンジ〉すれば揃えられそうです。
ペア揃いが成功すればそのペアを貰って得点となり、また別の人物と帽子が補充されます。

でも、ライバルたちにその計画を悟られてはいけません。場所交換したときに「たしかその帽子は覗いていたはず…ということは…」と感付かれてしまえば、自分より前にチャレンジされ取られてしまいます。
いろんな帽子を覗いてみたり、いったん別のところを交換してみたり、と、狙いを特定されないように散らしていきましょう。でも、あまりやりすぎると、自分自身でもよくわからなくなってしまうかもしれません。

もしチャレンジを間違えてしまうと、失点の帽子コマを受け取ってしまいます。確実に、でも悟られないようにペアを揃えていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、補充用の山札も尽きて残り人物がわずかになったらゲーム終了。集めたペアと失点などを計算して、いちばん得点が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 誰が何を狙っているのかに目を光らせつつ、自分だけが知っている帽子をライバルたちが気付いていない頃合いを計って交換する〈こっそり遂行〉が楽しいゲームです。 頻繁に2箇所の帽子が入れ替わり、さらに補充によって人物と帽子が入れ替わることで、ほどよく混乱して失敗し笑いが起こります。短時間でじっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:41|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ポニーラン / Pony Run

協力し馬札を集めて牧場を埋める
ポニーラン / Pony Run / Чудопони
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2016年
作者: Daria Ermakova (ダリア・エルマコヴァ)
4才~大人, 2~6人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ポニーラン:箱

『ポニーラン』は、柵24枚の囲いが完成してしまうまでに、全員で協力して、手札の馬カードの体か服かたてがみの色を3枚揃えて囲いの中に敷き詰めるため、手番の人に1枚だけ進呈する人は誰がいいのか、うまく相談していくカードゲームです。

ポニーラン:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈柵の強制並べ〉→〈相談〉→〈カードを敷く〉→〈補充〉を繰り返していきます。

〈カードを敷く〉では、干し草1枚か、体か服かたてがみの色が揃っている馬3枚を、囲いの中に並べます。
囲いが完成する前にすべて敷き詰めなければ全員負けてしまいますから、できれば馬3枚のほうがいいには違いありませんが、なかなか3枚となると揃いません。

そこで、もし「2枚までは色が揃っている」要素があるなら、他の人たちに相談し、貰えないか聞いてみましょう。誰か1人から1枚だけなら貰えます。
ただし、単純に「今出せるから」と誰かのカードをもらうことが良いこととは限りません。その人や他の人が連携してもっとたくさん出せる可能性を奪ってしまうかもしれないのです。

さらに〈補充〉では自分だけしか手札を補充できません。カードを提供してくれた人は、その人の番が来て終わるまでは少ない枚数で進めなければなりません。それぞれの考えをよく聞いて話し、最善を尽くしていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、囲いが先に完成すれば全員の負け。それまでに囲いの中をすべて埋められれば全員の勝ちです。
ゲームに使う柵カードの枚数調整によって難易度を上げて再挑戦してみてもいいでしょう。

ここがオススメ: 可愛らしいポニーと牧場を題材にした、全員の知恵を集めて挑戦する協力型ゲームです。 それぞれの手札に基いた言い分を聞きつつ、どの要素で誰がどのタイミングで3枚揃えるかのとりまとめが盛り上がります。 意外に早いペースで柵が作られていくのでテンポ良く遊べます。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:33|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:さまことば / Quick Eye

増える形容詞に合う物を捻り出す
さまことば / Quick Eye / Мягкий знак
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2017年(原版2011年)
作者: Maria Aleksandrova (マリア・アレクサンドロヴァ) & Daria Ermakova (ダリア・エルマコヴァ)
4才~大人, 1~10人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

さまことば:箱

『さまことば』は、「柔らかい」「汚れた」などの形容詞カード群を題材に、すべてに当てはまるものを言える自信を元に1枚増やすか、または「もう限界」とそれまでのカードを回収するかを選んで、集めた枚数を競うカードゲームです。

さまことば:カード散らばり

「ふわふわの」「くさい」「白い」など、全50枚の形容詞カードを使って遊びます。

さまことば:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈新しいカードをめくって手元に足す〉か〈手元のカードを回収する〉かを選んでいきます。

〈新しいカードをめくって手元に足す〉なら、手元にあるすべての形容詞に当てはまるものを言わなければなりません。 「軽い」「四角い」「白い」なら、例えば「紙」があるかもしれません。 あるいは「中身を出したすごろくやの荷物箱」でもいいかもしれません。 自由な発想で、みんなが「なるほど」と思えばOKです。
もしどうしても思い付かないときは、手元のカードをすべて捨てさせられてしまいます。

めくって手元を増やすとこれ以上思い付かないかもしれない、と思ったら、〈手元のカードを回収する〉ことで得点になります。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。集めたカードがいちばん多い人が勝ちです。

このゲームのほかにも、幼い子向けに1枚ずつ当てはまるものを考えるルールや、複数の候補が同時に示されたときに全員で一斉にスピード勝負で当てはまるものが言えるかどうかに挑戦するルールと、全部で3つのルールで楽しめるようになっています。

ここがオススメ: 最初はこんなの無理!と思っても、頭の中で情景や大きさなど、いろいろな角度で物事を捉えることで意外なものが導き出せる「閃き」が楽しいゲームです。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてとってもおすすめです。

和訳シール付き: 形容詞の表記は英語のため、カードにさりげなく貼れる和訳シールを添付しています。

さまことば:和訳シール例

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁