高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:シロクマ救助隊 / Rescue Polar Bear: Data and Temperature

沈む氷山の白熊を助け北極を調査
シロクマ救助隊 / Rescue Polar Bearsl: Data & Temperature
メーカー: TWOPLUS Games (トゥープラスゲームズ, 台湾), 発行年: 2017年
作者: Jog Kung (ジョ・クン), Huang Yi Ming (フアン・イー・ミン)
10才~大人, 1~4人用, 所要30〜60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

シロクマ救助隊:箱

『シロクマ救助隊』は、北極を舞台に、自分の船を操って、溶け出している危険な氷山群の上にいる白熊たちを全員で手分けして救助しながら、随所に現れる調査データを一定数集められるかかどうかに挑戦する協力型ゲームです。
2016年発行の原版『Rescue Polar Bears (拯救北极熊)』をベースに、ゲームの主目的が調査データの収集へと変更された、より深みのあるやりごたえが楽しめるアップグレード版です。

シロクマ救助隊:近影

◆物語:
人類が長期的に化石燃料を燃やしてきたことで、温室効果ガスが継続的に排出され、地球温暖化はどんどん進行しています。 北極にある氷河もその影響で溶け続けていて、そこに住む白熊たちは絶滅の危機に瀕しています。
各自、多国間科学組織の研究者となり、各国政府にエネルギー政策の方向性を変えるような説得材料として、北極で船を走らせて氷山を避けながら、また白熊を救助しながら、一刻も早く調査データを集めます。

シロクマ救助隊:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈救助船を移動〉させたり、チップとして盤面上に落ちている〈調査データを回収〉したりしていきます。

アクションを終えるたびに、サイコロで無作為に氷山が選ばれ、そこの白熊状況に応じて、子が産まれて白熊が増えたり、成長したりします。
各氷山の上には白熊は3匹までしか居られません。あぶれてしまった白熊は隣のマスに追い出されることになります。 また、さらに、気温が上昇します。気温が上昇すると、番号で指定された氷山が溶けて無くなってしまいます。

もし、白熊が行き場がなくして海に落ちてしまうと、その度に緊急ヘリを出動させなければなりません。規定回数出動させると失敗として全員負けです。 このため、海に落ちそうな白熊たちを事前に察知し、救助船で運ばなければなりません。

各自の救助船は、移動が速かったり積載量が多かったりと、それぞれに異なる特徴が備わっています。 それらの特徴を活かし、予想される事態に対して誰が何を担当するのかをよく相談しましょう。

こうしてゲームを続けていき、調査データを20枚集められれば全員の勝ち。それまでに白熊救助のための緊急ヘリを規定回数呼んでしまうと全員の負けです。

上級者のための高難易度ルールも用意されています。

ここがオススメ: 盤面全体に目を配り、落ちそうな白熊の救助を優先するのか、多少のリスクを冒してでも調査データを集めるのかの決断を全員で相談しながら役割を分担しつつも、予想外のトラブルに翻弄されるのが盛り上がります。 小さな陶器でできた白熊たちの可愛らしい駒の魅力に目が行きがちですが、計画性と戦略が求められるゲームです。
じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/12/27(水) 09:00:00|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:エクスペディション (2016年版) / Expedition

矢印つなげて世界中の遺跡を巡る
エクスペディション(2016年版) / Expedition
メーカー: AMIGO (アミーゴ, ドイツ), 発行年: 2016年 (原版1996年)
作者: Wolfgang Kramer (ヴォルフガング・クラマー, 代表作:『アンダーカバー』『ニムト』など多数)
8才~大人, 2~6人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 1997年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
エクスペディション (2016年版):箱

探検家となって、世界地図上のルートに赤/青/黄の矢印を先へ先へと置いてつなげることで世界中を巡り、自分の遺跡名所ノルマカードをすべて達成するために、連続矢印配置チケットを上手に使って「相乗り」していくゲームです。

エクスペディション (2016年版):近影

各自探検家となって、世界地図上のルートに、赤/青/黄の矢印を先へ先へと置いてつなげることで世界中を巡ります。

矢印の色に担当はありません。 どの矢印の色でも、また他の人の番の途中でつなげられた矢印でも構わないので、自分が隠し持っているカードの名所に到達したら表明します。

特定のマス目に到達すると貰えるチケットを蓄え、矢印の連続配置などをうまく活用していきましょう。いち早く規定の名所にすべて到達した人が勝ちです。

エクスペディション (2016年版):展示用写真

ここがオススメ: 自分が狙っている名所を悟られないようにドキドキしながら、各自の矢印の進め方から、ライバルたちがどの辺りを目指しているのかを察し、上手に「相乗り」をしていくのが楽しいゲームです。一度付近を通り過ぎられてしまうと後戻りが難しく、悲鳴を上げたくなります。
じっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/12/25(月) 19:56:40|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ナンバーナイン / NMBR9

数字型片を敷き詰め重なりを競う
ナンバーナイン / NMBR9
メーカー: ABACUS Spiele(アバクスシュピーレ, ドイツ), 発行年: 2017年
国内版発売元: メビウスゲームズ, 国内版発行年: 2017年
作者: Peter Wichmann (ぺーター・ヴィッヒマン, 代表作:『パンダ・ゴリラ』)
8才~大人, 1~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ナンバーナイン(日本語版):箱

『ナンバーナイン』は、カードでのランダム数字0〜9の指示に応じて、各自、対応する数字型ピース1枚を手元のピース塊に繋げたり重ねたりし、高い階層ほど倍数が高まるピースの数値合計得点を競うゲームです。

ナンバーナイン:展示用写真

いくつかのマス目の集合で表現された、0〜9の数字タイルを使って遊びます。

それらの数字タイルに対応するカードが、同数字2枚ずつの計20枚あり、毎回1枚ずつランダムに〈各自が今回置く数字タイル〉の意味で提示されます。 各自、ストックからその数字タイルを取り、自分の手元の島にくっつけたり重ねたりしていきます。

タイルの数字は、2階層目以上に置くとやっと得点と見なされ、階層が上に行くほど、置いた数字の値の1倍、2倍、3倍が獲得できます。
ただし、上に重ねるには複数ピースにまたがって〈完全接地〉していなければなりません。なるべく隙間がないように、マス目をぴったり合わせて土台を作っていきたいものですが、ほどほどの諦めも肝心です。

ナンバーナイン:近影

こうしてゲームを続けていき、全20枚を使い切ったらゲーム終了。各自、置いた数字タイルの得点を階層ごとの倍率で合計し、合計得点が一番高い人が勝ちです。

ここがオススメ: ピース同士を隙間なく組み合わせようと、独り言が出つつ向きや位置をあれこれ悩むのが楽しいゲームです。ピースの組み合わせパターンや期待すべき形状への対処など、遊ぶたびに上達するのが実感できるでしょう。
短時間でじっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/12/23(土) 20:00:38|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:デジャブ / Deja-vu

札めくりで2度現れた品物を確保
デジャブ / DEJA-VU
メーカー:メビウスゲームズ(日本) ,発行年: 2017年
作者:Heinz Meister (ハインツ・マイスター,代表作:『スティッキー』、『窓ふき職人』など多数)
8才~大人, 2~6人用, 所要 15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2017年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
デジャブ(日本語版):箱

『デジャブ』は、山札のカードで1枚ずつ現れるサングラスやシャベルなどの絵柄を見て、それらの出現履歴をなんとなく覚えながら、「この絵柄はたしか2度目」と思ったら、その絵柄に該当するピースを場から探して手で抑えて早取りし、これを繰り返して集めた個数を競うゲームです。

デジャブ:展示用写真

なるべくたくさん抑えたいものの、過去に誰かが取ったピースが、その後のカード絵柄の出現によって「2度目」ではなかったことが判明すると、その「お手付き」をした人は、なんと脱落(=得点ナシ)させられてしまいます。

また、各絵柄には何種類かの「似ている紛らわしいもの」があり、それもあって手を出したのに出せない悩ましさが発生します。

山札が尽きたら1ゲーム終了。お手付きしなかった人は集められた枚数が得点です。 これを3ゲーム分繰り返し、累計得点が一番多い人が勝ちです。

ここがオススメ: すべてのピースを履歴を覚えられないのは誰しも同じです。また、ゲームを最初から繰り返すごとにどんどん記憶はあやふやになります。お手付きすると脱落させられてしまう厳しいルールの元、「2度目のような気がするけど脱落は怖いし…」と全員で悩ましい顔をしながら首をかしげて取れずにいる様がおもしろおかしいゲームです。
手軽に楽しめる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとして超おすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/12/22(金) 15:41:09|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ボトルインプ (2017年版) / The Bottle Imp

低下する基準値に沿って数札勝負
ボトルインプ(2017年版) / The Bottle Imp (原題:Flaschenteufel)
メーカー: Lautapelit.fi (ラウタペリット, フィンランド), 発売年: 2017年(原版:1995年)
国内版発売元: 数寄ゲームズ (すきゲームズ), 国内版発行年: 2017年
作者: Günter Cornett (ギュンター・コルネット, 代表作: 『それはオレの魚だ!』『カフナ』など)
10才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

ボトルインプ(2017年版、日本語版):箱

『ボトルインプ』は、手札の番号カードを毎回1人1枚ずつ出して最大の人が得点として総取り、を繰り返しながら、小さな番号でも得点できる強力な小鬼の力に頼りすぎて最終的な失点対象とならないように得点を稼ぐカードゲームです。

ボトルインプ(2017年版):展示用写真

「びんの小鬼」の富と力を得る魔力に溺れた最後の所持者を地獄へ連れていくという、『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』のスティーヴンスンの短編、『びんの小鬼』がテーマの、トリックテイキング系カードゲームです。

⇒すごろくや記事リンク:ゲームジャンル紹介:トリックテイキング系ゲーム

1~37の数値が1枚ずつのカード37枚がランダムに全員の手札として配られ、毎回〈小勝負〉として1人1枚ずつ手元に出します。
全員が出したとき、もっとも大きい値を出した人が今回出されたカードを総取りし、それらに描かれたコインマークが得点となります。

カードの数値には赤/青/黄の色属性があり、同色カードを出さなければならない〈色縛り〉を活用して、関係ないタイミングでライバルたちに強いカードを吐き出させたりするなど、手札と手元の色分布カードをよく見ながら戦略を立てましょう。

一方、たとえ小さな値でも、〈びんの小鬼〉を手元に呼び、その力を借りさえすれば得点できます。びんの小鬼の初期値“19”以下で、しかも より近い値を出した人には、無条件で総取りの権利が発生するのです。 びんの小鬼の値は、力が使用されるたびにその「より小さな値」に更新されていき、びんの小鬼の保持者は新しい使用者へと転々と移っていきます。

もし手札に小さな数値のカードがあれば積極的にびんの小鬼を狙っていきたいところですが、物語と同様に、最後にびんの小鬼を持つ人には破滅が待っています。全員がカードを使い切った集計時にびんの小鬼を持っていると、獲得した得点をすべて没収され、さらに、各自があらかじめ1枚ずつ仕込んでおいたカードの値合計がマイナスとして与えられてしまうのです。

これを避けるため、どこまで小さい数値なら大丈夫そうか、また、1、2、3などの小さな数値のカードをどのタイミングで安全に手放すか、全員が探り合いながらゲームを続けていき、全員が手札を使い切ったら集計です。
びんの小鬼の最終保持者はマイナス点を、他の人たちは獲得したプラス点を集計してメモし、再びカード配りから始めて、これを人数分の回数行なったらゲーム終了、もっとも得点が大きい人が勝ちです。

ここがオススメ: 最初はちんぷんかんぷんながらも、ドギツいマイナスを被らないように四苦八苦するうちに数値と色の分布をどう使えば良いかが解ってきて、うまくやれば特定の人を「ハメる」ような策略も狙うことができるようになるのが楽しいゲームです。
じっくり楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

世界最大のボードゲームファンサイト「Boardgame Geek(ボードゲームギーク)」にて、最高得点10点の高評価コメント(英語, 日本語機械翻訳版)がたくさん寄せられています。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/12/18(月) 22:13:08|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ドデリド / Do De Li Do

場札の動物と色構成で瞬時に対応
ドデリド / Do De Li Do
メーカー: Drei Magier (ドライマギア, ドイツ), 発行年: 2016年
作者: Jacques Zeimet (ジャック・ゼメ, 代表作:『ごきぶりポーカー』『おばけキャッチ』)
8才~大人, 2~6人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2017年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
準候補 (Empfehlungsliste)
ドデリド:箱

『ドデリド』は、1人ずつ、自分のノルマ山札をめくっては1枚ずつ場の3ヶ所に重ねながら、1枚出すたびに、その3ヶ所のカード絵柄構成をよく見て、より多勢を占める動物や色、「多勢該当なし」などの〈構成名〉を、間違えたりつかえたりしないように宣言するカードゲームです。

ドデリド:展示用写真

多勢を占める要素が重なったときの特殊な「ドデリド」宣言や、匹数分だけ「おー、」を言わされる〈亀〉、突発的に手重ねを置こす〈ワニ〉など、特殊な事例をしっかり念頭に置いて、場の3枚の組み合わせに臨機応変に対応していきましょう。

間違うと場に重なったカードをすべて引き取ります。いち早く自分の山札を無くした人が勝ちです。

ここがオススメ: 人間が把握できる量をわずかに越える絶妙の条件ルール構成によって、全員で緊張しながらこなしていきつつも、その「わずか」を突いたシチュエーションがときどき発生し、つい間違えてしまいます。そんな誰かの「ついやらかす」間違いによって、安堵とともに爆笑が起こるのが楽しいゲームです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとして超おすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/12/16(土) 20:48:19|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:海底探険 / Deep Sea Adventure

浮上の機会を計り潜水で宝を収集
海底探険 / Deep Sea Adventure
メーカー:オインクゲームズ ,(日本)発行年: 2014年
作者:佐々木 隼 & 佐々木 吾朗
8才~大人, 3~6人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

海底探険:箱

『海底探険』は、サイコロで自分の探険家コマを海の底へと道マスに沿って進ませながら、宝を獲得するほど減ってしまう全員共通の酸素が尽きるまでに、より多くの財宝を持ち帰るゲームです。

海底探険:展示用写真

海底深くに進むほどより高価な宝が眠っていますが、スタート地点の潜水艦まで持ち帰らなければ得点になりません。酸素の残量やライバルの進み具合なども考慮して、思い切って進むのか、あるいは慎重を期して帰るべきか、決断する勇気が求められます。

ここがオススメ: 酸素があるうちに海面に帰りたいものの、まだまだ宝が取れそうな状況で帰ればライバルに負けてしまうジレンマが楽しめます。ついつい欲を出して全員で玉砕、がよくありますが、大いに盛り上がるでしょう。 子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]


  1. 2017/12/11(月) 17:00:04|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ペングルー / Pengoloo

親鳥持ち上げダイス色の卵を探す
ペングルー / Pengoloo
メーカー: Blue Orange (ブルーオレンジ, フランス), 発行年: 2015年(初版2007年)
作者: Thierry Denoual (ティエリ・ドヌアール, 代表作:『ゴブレット』)
4才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ペングルー:箱

『ペングルー』は、色サイコロ2個を振ってはペンギンを2匹持ち上げ、サイコロと同じ色の卵を見つけたら自分の氷山に連れてくる、を繰り返しながら、場や人の獲得物の卵色をよく覚えておくことで〈2個分とも発見〉による連続手番を活用し、いち早く6匹のペンギンを揃えるゲームです。

ペングルー:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに色サイコロ2個を振り、場のペンギン2匹を選んで持ち上げ、抱えている卵の色がサイコロの色と合っているなら、得点としてその卵とペンギンを自分の氷山に連れてきます。合っていなかった卵はまたペンギンで隠します。

最初はもちろん当てずっぽうですが、誰かが間違えるたびに、どのペンギンがどの色の卵を抱えているかがおぼろげに判ってきます。覚えられる範囲でしっかり狙っていきましょう。

ペングルー:遊戯中

紹介動画などではほとんど語られていない重要なルールとして、1回の番でサイコロ2個分の同じ色の卵を見つけられたら、もう一度自分の番ができることと、他の人がすでに獲得したペンギンを持ち上げて、奪えはしませんが、色が合っていれば、この〈2個分とも発見したら連続手番〉に使える、の2点があります。
サイコロ2個が示した色が場のどこにあるか判らないときや、そもそも終盤で場に存在しないことが判っているときでも、もし誰かが獲得したペンギンがその色の卵を持っていることを知っているならば、連続手番を狙うことで新たなチャンスを生み出せるかもしれないのです。

こうしてゲームを続けていき、先に6匹目を獲得するか、場のペンギンが取り尽くされたときに一番多く集めている人が勝ちです。

人のペンギンを持ち上げて、卵の色が合っていれば奪える上級ルールもあります。

ここがオススメ: 可愛らしいペンギンたちを題材に、「覚えている色よ出てくれ…」と願いながら振ったサイコロの結果に一喜一憂するのが楽しいゲームです。 サイコロを2個振ることで、まったく覚えていないということはなく、どちらかの色はかろうじて覚えているため「たしかここだったかな…?」の促しが絶妙に機能するのがポイントです。さらに〈人のも見られる〉のと〈2個見つけの連続手番〉の活用で考えどころがしっかりある点もとても良く出来ています。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/12/11(月) 12:37:42|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:フーッとケーキ / Pustekuchen

球に息を吹きかけ、指定の凹みへ運ぶ
フーッとケーキ / Pustekuchen
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2003年
作者: Markus Nikisch (マルクス・ニキッシュ, 代表作『そっとおやすみ』『おばけの試験』など多数)
4才~大人, 1~4人用, 所要5〜10分, ルール難度:★ (1)

フーッとケーキ:箱

『フーッとケーキ』は、小さなコルク球を、息の強弱を巧みに調節しながら「フーッ!」と吹いて動かしては、ステージ上の狙ったケーキの凹みに収め、そのケーキに対応するタイルを集めるゲームです。
原題ドイツ語の「Pustekuchen(プストクーヘン)」には、「フーッ!とケーキに息を吹きかける=馬鹿みたい(めちゃくちゃ)な行為」という意味があるそうです。

フーッとケーキ:遊戯中

ルールが大きく2段階あり、初級では自由にケーキ穴に収めて対応するタイルをもらい、同じタイルを2枚集めることで獲得できるホイップクリームコマを集めます。

上級では、タイルめくりでランダムで指示されるケーキの穴に球を収め、ごほうびのタイルを規定枚数集めます。
またさらに、コルクではなく、少し重い木製のほうの球を使うと、より難しい息の吹きかけが必要になるでしょう。

ここがオススメ: 手を使わずに息の吹きかけだけで必死になって物を動かす、遊ぶ人たちのとても愉快なしぐさが楽しめるゲームです。 口をすぼめて吹く息を巧みに操ることで、小さな子どもにとっては言葉を上手に話せるようになる運動発達も促しています。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/12/08(金) 21:04:30|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁