FC2ブログ

ゲーム紹介: タブラの狼 / Lupus in Tabula

4 Comments
すごろくや

嘘付く狼男&村人,会話での殺戮劇
タブラの狼 / Lupus in Tabula (Second Edition)
メーカー/発売年: daVinci(ダヴィンチ, イタリア) / 2004年
作者:特定不可(欧州古典ゲームを元にして様々な改良が加えられたため)
8才~、9~25人用、20~45分、ルール難易度★☆~

タブラの狼:セット
『タブラの狼』は、欧州の古典を元にした、村人と村人に化けて潜む人喰い狼男の生き残りを賭けたゲームです。

タブラの狼:カード配布
参加者の1人は進行役になります。 ゲームの最初に役割のカードを配り、誰かが狼(2匹以上)、その他は村人となります。

「みなさん、目を閉じてください。」進行役が声を掛け、ゲームは、狼たちが誰を食い殺すかを決める「夜」と、村人たちが狼の疑いがある1人を吊るし上げる「昼」を繰り返すことで進んでいきます。 徐々に減っていく参加者。 村人が狼全員を吊るし上げるか、狼だけが生き残るかしたら、ゲーム終了です。

タブラの狼:占い師のカード
「村人」「狼」以外に、特殊な役割を入れることで、より判断が難しいものになっていきます。たとえば「占い師」。占い師は、自分だけこっそりと1人指名して、狼かどうか知ることができます。「みなさん、私は占い師で、○○さんを調べたら狼でした。」
でも、その人は占い師ではなく、狼かもしれません…。

ここがオススメ: 自分が村人だと信じてもらうためにはどうしたら…? 徐々に減っていく参加者と渦巻く疑惑の中で真実を見極め、自分の側を勝利に導くのがとても楽しいゲームです。
ラジオ番組で すごろくや を紹介していただいたタレントの伊集院光さんが「すごく面白い」と絶賛していたのがこのゲームです。
店内でサンプルをご覧いただけます。


すごろくやのオリジナル商品として、この“タブラの狼”の進行役をアシストするカードセット 「タブラの友。」 を発売中です。
ゲームの鍵を握る大事な進行役が、誰でも、的確にできる便利な優れものです!
『タブラの狼』と一緒になったお得なセット、『タブラの狼&友。セット』もあります。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

[2011.1.24追記:] メーカー絶版です。新しく改訂された『タブラの狼(2009新版)』を取り扱っています。

『タブラの狼』と同様の内容を持つ『ミラーズホロウの狼男』もどうぞ。

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 4

まだコメントはありません。
すごろくや店主  
メーカーにて絶版となりました

メーカーにて絶版となり、当店の在庫分も完売となりました。
再入荷予定はありません。
ありがとうございました。

2008/07/03 (Thu) 11:40 | EDIT | REPLY |   
とある人狼好き  

メーカーさんのサイト(URL参照)等を見たところ、
最近新デザインになって出ているようですが…。
勘違いでしたらごめんなさい。

2009/03/27 (Fri) 21:01 | EDIT | REPLY |   
すごろくや店主  

はい、イラストとカードが刷新され、トークン等を使って合理的に進行するようになり、犠牲者も投票に参加できるようにリニューアルした『タブラの狼(2008新版)』が新発売です。
この『2008新版』用の『タブラの友。』は、現在準備中です。

2009/03/28 (Sat) 14:15 | EDIT | REPLY |   
とある人狼好き  

すばやいレスありがとうございました。
助かります。

2009/03/28 (Sat) 23:52 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入