FC2ブログ

ゲーム紹介: カルタヘナ

2 Comments
すごろくや

6つの印で海賊6人を脱獄させる
カルタヘナ / Cartagena
カルタヘナ:箱

『カルタヘナ』は、通路に書かれた6つの印に対応するカードを出すことで、要塞都市カルタヘナから海賊たちを脱出させるゲームです。
カルタヘナ:遊戯中

時計回りに進めていき、自分の番になったら、自分の色のコマ6個からどれか1つを選んで、「カードを出して進める」か、「後退させて手札カードを補充する」かを選びます。

カルタヘナ:移動 コマを進める場合には、出したカードと同じ印を進行方向で探し、一番近くの空いている所まで一気に進みます。

カルタヘナ:乗船 もし空いている印がなかったら、脱出用の船に乗り込むことができます。

カルタヘナ:退く カードを出し続けていると、手札がどんどん少なくなってしまいます。コマを他のコマが1~2個いる所まで退かせると、そのコマの個数分だけカードを補充できます。
コマ1個の所まで退いたら1枚、コマ2個の所までなら2枚を補充します。3個いる場所には戻れません。

こうして、6人の海賊コマを全員、脱出用の船に進められたらゲーム終了。その人の勝ちです。

ここがオススメ: 人や自分のコマを踏み台にして、一気にコマを進めるのが楽しいゲームです! 逆に自分のコマが踏み台にされると、とってもくやしい! 場の状態がコロコロ変わるので、思惑が崩れたりして盛り上がります。
お店でサンプルをお見せできます。

発売元:Winning Moves < Venice Connection (ドイツ)
作者:Leo Colovini
8才~, 2~5人用, 所要40分, ルール難易度:★☆, サイズ:中, ¥3200

メビウスゲームズでの紹介ページ

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 2

まだコメントはありません。
名無し  
あれ?

カード補充枚数のルールなんですが
戻った数じゃなくて
「他にいるコマの数」だったと思うのですが…

2006/07/27 (Thu) 14:15 | EDIT | REPLY |   
店長  
Re: #89

>「他にいるコマの数」だったと思うのですが…

ありゃ! ほんとだ。勘違いしてました。
直しておきました。
失礼しました & 指摘ありがとうございましたー!

2006/07/27 (Thu) 14:37 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  カルタヘナ_(ゲーム)について
  • カルタヘナ_(ゲーム)カルタヘナ (CARTAGENA) は、いかに早く自分のチームのコマを脱出させることができるかという双六系のボードゲームである。カルタヘナ (コロンビア)|カルタヘナとはコロンビアのカリブ海沿岸の要塞都市で、1672年に実際にあった、海賊の脱獄をモチーフと
  • 2007.02.07 (Wed) 21:28 | ボードゲームなどなど
この記事へのトラックバック
  •  Flucht aus Mangrovia (1989) / Mattel
  • &amp;nbsp;さて、今回紹介するゲームは、Flucht aus Mangrovia(マングローブからの脱出)である。このゲームは、Mattelというアメリカの会社から発売されていますが、ボードゲームはドイツ国内でしか発売されていなかったのか、日本には全くと言ってよいほど輸入されていま...
  • 2010.08.07 (Sat) 13:42 | レガシーワールド