ゲーム紹介:ピクニック大作戦 / Picnic Blitz

0 Comments
すごろくや

サイコロ6個で6列毎の駒を進める
ピクニック大作戦 / Picnic Blitz
メーカー: MJ Games(エムジェイゲームズ, カナダ), 発売年: 2011年
作者: Alex Weldon (アレックス・ウェルドン)
7才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★☆(1.5)

ピクニック大作戦:箱

『ピクニック大作戦』は、サイコロ6個の出目の選択で対応する列のアリを進め、ゴールの得点を競うゲームです。

ピクニック大作戦:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、サイコロ6個を一度に振って出た1~6の出目グループをひとつだけ選び、ボード上の対応する1~6番の列で自分の色のアリを、その出目の個数の分だけマスを進めていきます。
写真の例では、もし1を選べば1番の列で1マスしか進めませんが、もし2や5を選べば、その列で2マス進められます。

進んでいくことでその列で先にゴールできれば、2~4点を得られます。先に合計6~9点(遊ぶ人数による)を獲得できた人が勝ちです。

6列に対してまんべんなく自分のアリを登場させて進めても構いませんが、誰かがいったんゴールしてしまうと、その列ではもう進められなくなります。ライバルたちの進み具合を考えてサイコロの出目を選びましょう。

他にも、次のような要素があって、出目選びに頭を悩ませます。

  • 他のアリの上に乗ると、下のアリは進められなくなる
  • いったん振ったサイコロを、今ボード上にいて“見えている”自分のアリの数と同じ個数だけ振り直せる
  • 出目で2・3・4・5のようなストレートを作ることができれば、〈攻撃〉としてライバルのコマを後退させられる
  • 〈今回は何もしない〉ことで、振り直しなどの効力を持つ“女王アリ”のコマを獲得できる

こうしてゲームを続けていき、先に規定の合計点を獲得した人が勝ちです。

ここがオススメ: ライバルたちの進み状況を鑑みながら、ザッと振ったサイコロの出目選びと攻撃が楽しいゲームです。少し考える人向けの手軽なゲームといった趣です。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入