FC2ブログ

ゲーム紹介:ドラゴンゴールド城 / Burg Drachengold

0 Comments
すごろくや

放った騎士の着地具合で行動競う
ドラゴンゴールド城 / Burg Drachengold
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2011年
作者: Markus Nikisch (マルクス・ニキシュ) & Sabine Kubesch (ザビーネ・クベシュ) & Laura Walk (ラウラ・ヴァルク)
6才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆(1.5)~★★(2)

ドラゴンゴールド城:箱

『ドラゴンゴールド城』は、カタパルトで騎士タイルがお城に投げ込まれたとき、着地場所や表裏の着地状態などによって、声を上げたりポーズを取ったりと対応するアクションを競うゲームです。

ドラゴンゴールド城:遊戯中

1人ずつ代わりばんこに、手元のカタパルトを使って騎士タイルをお城(=箱)に投げ込みます。
城内は4区画に区切られていて、それぞれに道化師・魔法使い・ドラゴンといった住人がいます。タイルが着地した場所の住人に応じたアクションを、全員一斉に素早く行なわなければなりません。

投げ込んだ騎士タイルには、2桁の数字かアルファベットが書かれています。

道化師の部屋:
そのまま数値やアルファベットを大声で言います。
魔法使の部屋:
2桁の数字を足した合計か、アルファベットで始まる単語を大声で言います。(T=た行、など、アルファベットと日本語頭文字の対応表があります)
ドラゴンの部屋:
塔の頂上にいるドラゴンを素早く掴みます。
誰もいない:
「フェクス王ばんざい!」と大声で言います。

最初にうまくアクションを行なえた人が、ごほうびに今回の騎士タイルを貰えます。
こうして続けていき、誰かが4枚の騎士タイルを集めたら、その人の勝ちとしてゲーム終了です。

…と、ここまでがもっともシンプルな基本ゲームで、ここに様々な応用ルールを追加することで真価が発揮されます。

  • 魔法使いのときに、数字を足すか引くかを決める「+と-のサイコロ」。
  • 騎士タイルが裏面を上にして着地したときに、指示された動作を行なうか描かれている人物の名前を呼ぶ「動作カード」。
  • 騎士タイルの表裏を逆に捉える「道化師の背面タイル」と「魔法使いの背面タイル」。
  • 手番を終えるたびに部屋の住人タイルを入れ換える。
  • アルファベットや数字、動作など、特定の行動を禁止する「フェクス王のコマ」。

…などなどです。
特にお勧めなのが動作カードの追加で、みんなでおかしなポーズを取ったり、走りまわったりしますが、実は正解は「名前を言う」だけだったりして、恥ずかしい思いをしてしまいます。
また「呼ぶときの名前」は自分たちで決めるので、「けんじくん」「ヨーヨーマ」「きらこうずけのすけ」など、工夫を凝らしましょう。

ここがオススメ: 瞬時には判断できないくらいのたくさんの条件を設けることで、「何ジャンプしちゃってんの~?!」と間違えて恥ずかしい思いをしたり、1人だけ正解だったりとドラマが生まれるのが楽しい、子供から大人まで気軽に盛り上がれるお薦めのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入