高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ワニに乗る?回してドボン! / Tier auf Tier - Jetzt geht's rund!

動物を積んでは土台を回して鳴く
ワニに乗る?回してドボン! / Tier auf Tier - Jetzt geht's rund!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2012年
作者: Klaus Miltenberger (クラウス・ミルテンベルガー) & Kristin Mückel (クリスティン・ミュッケル)
5才~大人, 2~4人用, 所要15〜20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ワニに乗る?回してドボン!:箱

『ワニに乗る?回してドボン!』は、人気の『ワニに乗る?』をベースに、海原に漂流する丸太とワニの上に動物コマを崩さないように積み上げつつ、動物の声を真似ながら土台の回転盤を回す、より緊張感が高められたゲームです。

ワニに乗る?回してドボン!:遊戯中

【物語】勝手気ままに丸太に乗って海原を漂流したいワニなのに、あいかわらずいろんな動物たちが一緒に同行しようとワニの背中を狙って押し寄せてきます。動物が積み重なるたびに丸太はぐるぐると回り、サメが待つ水面に落ちてしまう危険がどんどん高まっていきます。

5〜9匹のさまざまな形状の動物コマが各自の手元にあり、崩さないように積み上げていくことでいち早く無くすことを目指します。
1人ずつ代わりばんこに、特殊なサイコロを振って出た印の指示に従い、1〜2匹を積み上げたり、ご指名によって他の人に積ませたりしていきます。

動物を積み上げるたびに、土台の回転盤を少し回さなければなりません。しかも、「パオー!」「にゃあ!」などと、回すときに回転盤の矢印が示す動物の声を真似ながら、です。これを忘れると追加で動物を引き取らなければなりません。
もちろんいつでも、動物の山を崩してはいけません。もし崩してしまうと、そのうちの1〜2匹をやはり引き取ります。

サイコロの指示で、ときどき恐ろしい〈360°回転〉の指示が出ます。回転盤を1周分、完全に回さなければならないのです。もちろん全動物の鳴き声付きで!

こうしてゲームを続けていき、いち早く手持ちの動物を無くした人が勝ちです。
上級者向けとして、回転盤がとても不安定になる半球型の軸コマも用意されています。

ここがオススメ: サイズや形状さまざまのバリエーション豊かな動物コマを慎重に積み上げつつ、祈るような気持ちで回す緊張感が楽しい、子供から大人まで手軽に盛り上がれるおすすめのゲームです。少し恥ずかしい〈鳴き真似〉がスパイスになっています。
元の『ワニに乗る?』がちょうど次の人で崩れるくらいの嫌な置き方をするゲームだったのに対し、置いた後に自分で回すこの『回してドボン!』では、動物が安定するように積み上げられていきます。そのため、かなり大きな山ができ、崩れるときにはガッシャーン!とダイナミックに崩れることが多いのが特徴です。
また、緊張が高まってくるとつい鳴き真似を忘れてしまいます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2012/12/11(火) 14:26:47|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2415-5b3da540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)