FC2ブログ

ゲーム紹介: ピット / Pit

3 Comments
すごろくや

掛け声で手札を交し同種に揃える
ピット(ベル付き) / Pit
ライセンス: Hasbro (ハズブロ, アメリカ), 発売年: 2010年(原版は1903年)
国内版発売元: アークライト, 国内版発行年: 2014年
作者: Edgar Cayce & George S. Parker & Harry Gavitt
7才~大人, 3~8人用, 所要30分, ルール難度:★ (1)

ピット(2014年アークライト版):箱

『ピット』は、全員いっせいに、手札の中で人と交換したいカードの枚数を叫び合っては交換し、手札の入れ替えを効率よく行なうことで、いち早く手札のカードをすべて同じ種類に揃えるゲームです。

ピット(2014年アークライト版):カード

ピット:手札 配られた状態のバラバラな手札。これをどれか同じ種類に揃えるのが目的です。
※ 写真は旧版のものです。


ピット:ベル ベルをチン!と鳴らし「取り引き開始!」の掛け声ともにゲーム開始です。


全員一斉に、不要なカードを揃えたいカードに交換するため、声を出しあいます。
2枚、2枚! 3枚、3枚あるよ! 1枚、1枚ないか?!
同じカードの束の、枚数だけを声に出して交換を求めます。

もし同じ枚数を求めている相手がいれば、交換します。

ピット:カードが揃った こうして交換を進めていき、手札がすべて同じカードに揃ったら、「独占!」とベルを鳴らして勝ちです。


何度も遊ぶ場合には、揃えたカードの得点を累計していき、先に決めた250点や500点に達したら勝ち、とします。
また上級ルールとして、ワイルドカード2種類を入れて、得点ボーナスや、マイナス点の罠(ピット)を仕掛ける遊び方もあります。

ここがオススメ: にぎやかに、そしてスピーディに遊べる楽しいゲームです! ただし、漫然と交換していては勝つことができません。ライバルたちの交換具合を観察し、相手にとって有利なカードを渡さないようにしましょう。
100年位前からあるゲームですので、メーカーや版によってカードの絵柄がいろいろあります。

もし 小さな子が遊ぶ場合には、カードを9枚も手に保持することができませんので、各種類5~6枚に減らして遊ぶと良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

このゲームのにぎやかな雰囲気がよく伝わる映像です(2008/8/3の記事より) たいていこういう盛り上がりになりますよ。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 3

まだコメントはありません。
しゃんだ  
大盛り上がりでした!

以前、会社のスキー部合宿でこのPITをやったのですが、めちゃめちゃおもしろくて夜中まで大盛り上がりでした!!!
交渉ごとになると性格が出て面白いですね。

大好きなゲームなのですがなくしてしまったので買えるところを探しています。
高円寺のお店で販売していますか?

2011/01/12 (Wed) 15:12 | EDIT | REPLY |   
すごろくや店主  
Re: 大盛り上がりでした!

しゃんださん

申し訳ありません、現在品切れ中なのです。
次回入荷は今のところ未定です。2~3ヶ月以内には入ってくると思うのですが。

2011/01/13 (Thu) 11:49 | EDIT | REPLY |   
-  

「ピット」はトランプでやるゲームだと思っていましたが、これが元なんですね・・・とても楽しいゲームだと思います!

2011/12/28 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入