高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ロンバルディアの王冠

同種札数枚を狙い手札を取捨選択
ロンバルディアの王冠
メーカー: ゲーム工房スパ帝国 (日本), 発行年: 2013年 (原版2012年)
作者: やがもん
8才~大人, 2人専用, 所要10分, ルール難度:★☆ (1.5)

ロンバルディアの王冠:箱

『ロンバルディアの王冠』は、たった4種類28枚のカードを使って、引いたカード3枚から取捨選択によって1枚だけを手札に加えながら、同種カードのセットを揃えて得点に変えたり、相手を攻撃して捨てさせたりする2人専用のカードゲームです。

ロンバルディアの王冠:展示用写真

手札にカードを溜め、同種のカードセットを揃えて得点に変えていきます。
代わりばんこに、山札から取ったカードを1枚ずつ手札に加えていきながら、同じカードが2枚揃ったら、それを得点に変えます。先に10点に達することを目指しましょう。

しかし、実は〈セットを捨てて得点〉するのは4種類のうち「貴族」の1種類だけで、〈3〜4枚セットを見せるだけで得点〉できる「司教」のように何度も使えるものや、極めつけは〈3枚しかないが運良く集めたら勝利〉の「王子」などという強力なものがあったりします。

相手のこうした強力なセット揃いを阻止するため、〈揃えると相手の1種類をすべて捨てさせる〉「騎士」をうまく使っていきましょう。一方、相手の「騎士」の攻撃には「騎士」で防御できるため、使わずに取っておく戦法もあるかもしれません。

また、自分の番で山札からカードを引く際には、3枚取ってから秘密裏に〈1枚を自分のもの〉にして、残り2枚は〈相手が1枚取って残り1枚は捨てる〉用に渡しますので、お互いの手札内容を読み合いながらうまく取捨選択をしなければなりません。

こうしてゲームを続けていきながら、10点先取するか、「王子」を3枚揃えるかした人が勝ちです。

ここがオススメ: たった4種類でありながら、カードの枚数構成が絶妙で、常に「相手がアレさえしなければなんとかなるかも…」という期待感を保ちながら、抜きつ抜かれつの手軽な駆け引きが楽しい、子供から大人までかなりおすすめのゲームです。
また、簡単なことではありますが、偶然のラッキー勝利を発生させないための準備も気が効いています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2013/05/01(水) 02:04:46|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2542-36df304f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)