高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:お姫様を助けるのは誰だ / Der verzauberte Turm

床の鍵を駒の磁力で探し姫を救う
お姫様を助けるのは誰だ / Der verzauberte Turm
メーカー: Drei Magier (ドライマギア, ドイツ), 発行年: 2012年
作者: Inka Brand (インカ・ブラント) & Markus Brand (マルクス・ブラント, 2人での代表作:『村の人生』『モンスターがすむ家』 )
5才~大人, 2~4人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2013年
キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres)
大賞受賞

お姫様を助けるのは誰だ:箱

『お姫様を助けるのは誰だ』は、囚われのお姫様を救う鍵を床下から見つけるため、隠した張本人である魔法使い役の動きを察知しつつ、全員共通の勇者コマで盤上の経路を探索するゲームです。

お姫様を助けるのは誰だ:展示用写真

魔法使い役1人と、その他全員(勇者)で、順番にサイコロを振ってはその目の数に合わせてコマに盤上の経路を歩かせながら、床下に隠された鍵をいち早く見つけることを目指します。

実は鍵を床下に隠したのは、魔法使い役、その人です。ということは、魔法使い役の方が見つけるのに有利に思えますが、そうでもありません。魔法使い役はスタート地点が離れていて、盤上に登場するまでに3〜4回は移動させられるような足かせがあるため、勇者はその間に見つけてしまうこともできるのです。

そうはいっても鍵はなかなか見つけられません。そこで、あとから遅れて盤面に登場する魔法使いの動きを察知することで、だいたいどの辺りかの見当をつけましょう。しかし、魔法使い役もそれを知った上でフェイントを掛けてくるかもしれません。

お姫様を助けるのは誰だ:鍵を見つけた 鍵が隠されたタイルの上にコマをもっていくと、カチッと小気味好い感触とともに、磁石の力で鍵がくっついて見つかります。

お姫様を助けるのは誰だ:鍵を差し込む しかし、必ずしもこれで姫を助けられたかどうかはわかりません。見つかった鍵を、塔の6ヶ所のどれか、正しい鍵穴に差し込まなければ救出は失敗です。再び魔法使いが鍵を隠してスタート地点からやり直します。

こうしてゲームを続けていき、正しい鍵穴で姫をピョンと飛び出させたら、その陣営(勇者か魔法使い)が勝ちです。

ここがオススメ: 魔法使い役は、勇者陣営に見つからないようにときには大胆に隠したりする必要があるでしょう。うまく意外な場所に隠した鍵を先に見つけられるととても嬉しいものです。また、勇者たちは勇者たちで、魔法使い役のコマの動きや視線などから、みんなで相談しながら方針を立てる楽しさがあります。子供から大人まで手軽に遊べるおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2013/06/14(金) 19:50:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2599-ff8f1d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)