高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:八分帝国 / Eight-Minute Empire

派兵方法を選び地域毎の個数競う
八分帝国(エイトミニッツエンパイア) / Eight-Minute Empire
メーカー: Red Raven (レッドレイヴン, アメリカ), 発行年: 2013年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2014年
作者: Ryan Laukat (ライアン・ラウカット)
13才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★★ (2)

八分帝国(日本語版):箱

『八分帝国』は、地形区域ごとのコマ数最多による支配地を増やすため、自軍コマの増加や移動といった派兵方法カードを、コストと値下がりを鑑みて場から選抜していくゲームです。

八分帝国:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、自色の軍隊コマをボード上で移動させたり増やしたりして、最終的な〈各区域の最多コマ数による得点獲得〉に備えます。

自軍のコマを移動させたり増やしたりするには、カードを購入してその効果を使います。ランダムで常に6枚公開されているカード群の中から、適切な効果をもつものを選び、その分のコストを支払って獲得します。カードのコストは、新しく登場したものほど高く、古いものほど安くなるため、所持金とライバルたちの狙いを鑑みて選びましょう。

エイトミニッツエンパイア:近影

またカードには、併せて特産物も描かれています。獲得したカードの特産物は、同じものを集めるほど高得点につながり、その種類によって個数に応じた得点効率が異なります。なるべくライバルたちと被らずに高効率の特産物を狙いたいものですが、コマ操作の効果も合わせて考えなければなりません。

こうしてゲームを続けていき、8回ほどの規定ラウンドを終えたらゲーム終了。最多コマ数で支配した区域得点や特産物の得点などを総合し、最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 短時間で遊べて、たいてい1〜2点差になるシビアな得点を競って、ライバルたちの思惑の隙間を狙っていくのが楽しいゲームです。じっくり考えるタイプのゲームを好む大人向けとしておすすめです。
なお、タイトルにもあるように箱には「所要時間8分〜」とありますが、実際には20分ほど必要でしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2013/08/25(日) 12:08:03|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2665-d7f010e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)