高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:バン!ダイスゲーム / BANG! the Dice Game

ガンマン達が役割隠して撃ち合う
バン!ダイスゲーム / BANG! The Dice Game
メーカー: dV GIOCHI (ディーヴィー・ジョーキ, イタリア), 発行年: 2013年
作者: Michael Palm (ミヒャエル・パルム), Lukas Zach (ルーカス・ツァッハ)
8才~大人, 3~8人用, 所要15分, ルール難度:★★ (2)

バン!ダイスゲーム:箱

『バン!ダイスゲーム』は各自に秘密裏に与えられた〈保安官陣営〉か〈ならず者陣営〉か〈裏切り者陣営〉のガンマン1人として、勝利条件となる宿敵陣営を倒すため、特殊サイコロの取捨選択と振り直しで銃を撃ち合うゲームです。
元になっているカードゲーム『バン! / BANG!』の雰囲気をそのままに、手札のカードがサイコロに置き換わりました。

バン!ダイスゲーム:展示用写真

各自に、ランダムにかつ秘密裏に配られる役割カードによって、自分に与えられた役割をこなしましょう。
役割は〈保安官陣営〉〈ならず者陣営〉〈裏切り者陣営〉の三手に分かれており、互いに相手陣営を見極めて倒そうとします。

それぞれの陣営には異なる勝利条件があります。

  • 保安官:他陣営がすべて脱落したとき
  • ならず者:保安官が脱落したとき
  • 裏切り者:1人で生き残ったとき

保安官の1人以外は役割が秘密のままゲームが始まるため、その行動で敵か味方かを探っていかなければなりません。

1人ずつ代わりばんこに、5つの特殊なサイコロを、任意個数の振り直しを交えながら3度振り、出た結果に応じて行動します。〈隣を攻撃〉〈向こう隣を攻撃〉〈他全員を攻撃〉〈回復〉〈暴発〉といった具合です。攻撃などでダメージを受けると弾丸マークの生命力が失なわれていき、なくなると脱落させられてしまいます。
この、サイコロを振り直すにあたっての取捨選択や、選ぶときに誰を攻撃したのかなどを手掛かりに、誰がどの役割かがおぼろげに判ってくるのです。

また、特徴的なのがサイコロの〈インディアンの矢〉印です。この印が出るたびに、振った本人に〈予約1ダメージ〉として矢が刺さっていきます。ストックの矢がなくなると、〈インディアンの襲撃〉として、その刺さった予約分のダメージを一気に受けなければなりません。
これにより、サイコロをとにかく振り直せばいいというものでもなかったり、とにかく矢を取り除くことに専念したり、あえて矢を受けることで予約ダメージを発動させたりする狙いが生まれます。

さらに、ゲーム開始時、陣営の役割とは別に、各自にランダムで〈キャラクター〉が割り当てられています。キャラクターは16種類あり、その種類ごとに〈矢を取り除く〉〈瀕死で大回復〉〈仕返しに矢をお見舞いする〉など、強力な特殊能力が揃っています。

こうしてゲームを続けていき、いち早く勝利条件を満たした陣営が勝ちです。

ここがオススメ: サイコロの結果に一喜一憂しながら、大勢でわいわいと攻撃の矛先が自分に向かないように主張しつつ、徐々に陣営を探って連携を取るのが盛り上がるゲームです。手軽な大人向けとしておすすめです。
3人用では特殊なルールが働き、運の要素がかなり強まります。4人以上で遊ぶのが良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2013/09/06(金) 11:31:55|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2677-3e39db09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)