高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:タルギ / Targi

マス効能を駒3個と交点で抑える
タルギ / Targi
メーカー: KOSMOS (コスモス, ドイツ), 発行年: 2012年
国内版発売元: コザイク, 国内版発行年: 2013年
作者: Andreas Steiger (アンドレーアス・シュタイガー)
13才~大人, 2人専用, 所要60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

ドイツ 2012年
エキスパートゲーム大賞 (Kennerspiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)

タルギ(日本語版):箱

『タルギ』は、5×5マスが並んだ砂漠を舞台に、自駒3個で抑えた周囲のマスとその交点2箇所のマスの効能によって、各種商品や金貨、特殊効果を得ながら得点を競う2人専用のゲームです。

タルギ(日本語版):展示用写真

自分の部族(色)のタルギ(サハラ砂漠西部の遊牧民トゥアレグ族の男性)を使って、ナツメヤシ・塩・胡椒といった商品や、金貨、得点などを砂漠から効率よく得て得点につなげていきましょう。

交互に、自色の駒をひとつずつ砂漠の周囲のマスに配置して、それらのマスを抑えていきます。抑えたマスの恩恵を受けることができますが、自駒は3つしかありませんので、相手が抑えそうな場所も考えて、先に抑えるべき場所はどこか、優先度を決めておく必要があります。

また、周囲に置いたそれら3つの駒の交点の、内側のマスの恩恵も得られます。 内側には、商品や金貨もあれば、砂漠の内側にしかない〈部族カード〉を手元に集めることで、獲得効率を上げたり、相手を邪魔したり、得点要素を増やしたりできます。 周囲に駒を置く際、そこのマスだけ見ればそれほど良くはないマスでも、内側のマスを利益を考えれば抑えるべきかもしれないのです。

お互いに3個の駒を置ききったら、駒と交点のマス5ヶ所の効能を得ます。このたびに内側の3×3マスのカードが一掃され、新たなカード群がランダムに登場します。これらの配置の妙で頭を悩ませることになるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、規定ラウンドか、収集部族カードが規定数に達したらゲーム終了。得点を清算してより高い方が勝ちです。

ここがオススメ: お互いに相手の獲得状況を鑑みながら狙いを察知しつつ、有益なマスを優先的に抑えるにあたってのシビアな交点の奪い合いが楽しいゲームです。 じっくり型の大人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2013/10/11(金) 14:08:56|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2705-7e65f060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)